飛行機 欠航。 飛行機欠航し振替便が満席!払戻・補償は?会社都合の場合の対処法を元スタッフ解説!

飛行機が欠航、どうしたらいい?|飛行機旅行研究所

飛行機 欠航

広告 会社都合か不可抗力か 飛行機の欠航には、「 会社都合」と「 不可抗力」の2つのパターンがあります。 「会社都合」とは、機材故障やシステム障害など、航空会社に責任があるものです。 一方「不可抗力」とは、大雪や台風など自然災害によるものです。 鳥がエンジンに衝突する「バードストライク」も不可抗力に含まれます。 会社都合と不可効力では、航空会社の欠航時の対応が大きく異なります。 この違いは頭に入れてきましょう。 欠航時の航空会社の対応 欠航時の航空機の対応は「 返金」と「 振替」が大きな柱です。 返金は、文字通りお金を返すこと。 お金は返ってきますが、目的地に飛ぶことはできません。 振替は、自社または他社の航空便に乗せかえることです。 会社都合による欠航の場合は、他社が運航している場合も多いので、他社便に振り替えてもらえることもあります。 ただし、他社便に振り替えてくれるのは、いわゆるレガシーキャリア(従来型の航空会社)だけです。 格安航空会社LCCなど一部の航空会社は他社便振替は行っていません。 JAL、ANA、スカイマークなどは他社便振替を実施しています。 一方、 不可抗力の場合は、他社便振替はなく、自社の後日便への振替が原則になります。 天候不良でA社が欠航した場合、たとえばB社が飛んでいたとしてもB社への振替はできない、というのが原則です。 ホテルや食事の提供はしてもらえるの? 欠航した場合に、航空会社はホテルなどの宿泊施設や食事の提供をしてくれるのでしょうか。 これはケース・バイ・ケースですが、 悪天候のような不可抗力による欠航の場合は、宿泊・食事の提供は基本的にありません。 悪天候によらない航空会社都合の欠航の場合は、航空会社がホテルや食事を用意する場合があります。 ただし、「必ず用意される」というものではありません。 格安航空会社LCCでは、ジェットスターを除き、いかなる欠航でも宿泊施設などの提供はありません。 宿泊費を航空会社が負担してくれる場合は、基本的に実費負担です。 あとで航空会社に費用請求する際に領収書が必要ですので、かならずもらっておきましょう。 広告 欠航したら、どうしたらいいのか 飛行機の欠航は、あらかじめ分かっていれば航空会社からメールなどで連絡があります。 メールの連絡がなくても、航空会社のホームページに掲示されます。 そのため、 飛行機に乗る日は、家を出る前に航空会社ホームページをまず確認しましょう。 その時点で欠航がわかったら振替があるかどうか確認し、振替がある場合は、なるべく早くその手続きをすることです。 振替の手続きは、大手航空会社はインターネットでも可能ですし、空港カウンターか電話予約センターでも対応してくれます。 空港では長い行列ができますので、欠航を知ったらなるべく早く並びましょう。 電話もラクでいいですが、欠航時にはなかなかつながりません。 返金は後日でも大丈夫なので、当日、空港カウンターに並ぶ必要はありません。 翌日や翌々日など、状況が落ち着いてから電話予約センターに連絡すればいいでしょう。 返金は購入したクレジットカードか、銀行振込で行われます。 欠航時の返金手続きも、大手航空会社ではインターネットで操作可能です。 振替に手数料はかかる? 欠航によって飛行機を振り替えるときに、振替手数料は不要です。 航空運賃の差額も必要ありません。 大量欠航時にはどうしたらいい? 悪天候やシステム障害の際は、大量欠航が発生します。 その場合は、空港カウンターは大行列で、電話予約センターもつながらず、ネットも重くて操作できないという状況に陥り、打つ手がなくなってしまいます。 このときは行列するよりも、とりあえず自腹で払って、飛行機以外の代替交通機関を探すか、ホテルの確保を先にしてしまうのがいいでしょう。 自腹で払っても後で航空会社がそれを負担してくれるわけではありませんが、大行列に並んでいるよりも、他の交通手段を探した方が目的地に早く着けるかもしれませんし、身体の消耗を防げます。 急がないなら、その日の搭乗は諦めて、家が近いなら家に帰るのも一つの方法です。 空港で待ち続けても家に帰っても、状況は変わりませんから、疲れないことが大事です。 急ぐ場合は、行列に並びながら、スマホから電話予約センターに電話をかけ続けましょう。 なかなかつながりませんが、二つの手段を並行利用することは有効です。 節約旅行に徹するなら、空港でのんびり待つしかありません。 行列に並んでも疲れますし、待っていればそのうち航空会社から案内があるかもしれません。 国内線の場合は、大抵1日待てば事態は改善します。

次の

飛行機は雨で欠航するの?直接航空会社に聞いてみた!

飛行機 欠航

もくじ• 海外旅行に出発……って飛行機が! 海外旅行当日、空港に到着して飛行機へ向かう。 ……って! 飛行機が欠航になった?! ……えっ? 飛行機が遅延している?! 海外旅行に限らず 飛行機ではこれも日常のこと。 僕も海外旅行の際には何度も飛行機に乗っているのですが、欠航はもちろん遅延にも何度か遭遇したことがあります。 こういうトラブルには思わず心もポキッ……。 しかも、往路だけではなく復路でもそういうトラブルに巻き込まれることもあって、完全に抜け殻のようになってしまうことも。 こればかりは仕方ないことなので 冷静な対処が必要なのですが、電光掲示板を見て 「欠航」「遅延」という文字を発見した時の衝撃は計り知れません! ただ、なぜ欠航や遅延になるのかという点に関しては、以外にも具体的な理由や原因を知らない人が多いのではないでしょうか? まずはそれだけでも知っておくと気休めになるので、ぜひとも興味がある人は読み進めてみてくださいね。 飛行機の欠航・遅延の理由と原因 まず、知っておきたいのは空港や航空会社の事情。 運休の判断基準はそれぞれ違うため、状況によって「A社の飛行機は飛んでいるのにB社の飛行機は飛んでいない」なんてことも。 実際にはその他にも様々な要因が絡んで欠航や遅延になります。 そこで、ここからは 飛行機の欠航・遅延の理由や原因について紹介するので、 航空券を予約する人は確認しておくと少し安心です! ほとんどの問題は乗客自身がどうにかできるものではないのですが、知っておくだけでもその後の対応が変わってくると思います。 まずはどんな要因で飛ばなかったり遅れたりするのかを知り、くれぐれも 地上係員に怒鳴り散らすことのないようにお願いします! 1. 天候や気象の状況 飛行機の欠航や遅延の多くは天気が関係しています。 天候や気象の状況次第によっては 遅延してしまうこともあるのはもちろん、 最悪の場合は欠航となることもあるので注意が必要です。 豪雨や豪雪、濃霧に暴風、雷などが諸悪の根源! これらの 天気に関しては人間では制御不可能です。 天候や気象が悪化している状態での離着陸は危険を伴うため、状況によっては遅延を決定しつつ回復しないなら欠航となります。 地震や津波など大きな災害も同様です。 普通の雨や風くらいなら離着陸もできるのですが、視界不良となる濃霧では飛ばなかったり遅れたりすることも意外と多いので注意。 雪もそれ単体でフライトキャンセルになることは稀ですが、豪雪地帯では除雪作業が間に合わずに欠航や遅延になることもあります。 また、吹雪などによる 視界不良が理由や原因になることも! また、 飛行機は前後の風には強いのですが横からの風には弱いということもあって、使用する機材ごとに判断基準も異なります。 実は機材ごとに横風制限が設けられており、その基準を超える横風が吹いている際には離着陸ができないと判断されることもあります。 機材の状況 海外旅行で空港を利用する際に頻繁に目にするのが、 機材の状況によって欠航や遅延になってしまうという状況です。 たまに発生するのが 使用する機材の到着遅れ! これはスケジュールが大幅に狂うので注意。 機材繰りの遅れで欠航することはほとんどないのですが、 遅延する要因としては十分あり得るのでこちらも注意が必要となります。 飛行機は複数の便を1つの機材で運行しているなんて状況も普通にあるわけで、前の便が遅れるとその後の便にも影響が出てしまいます。 整備や点検の時間を入れると、到着から出発までの時間が短いことで間に合わず、 遅れた時間がしわ寄せとなって押し寄せることも! この機材繰りでは30分ほど遅れることがあります。 しばらく飛べないという際には大手の航空会社だと別の飛行機で対応するなんてこともあるようですが、それは稀なケースです。 そのため、余裕を持った航空券の予約が必要です。 整備や点検の状況 飛行機は乗客の命を預かることになるため、整備や点検は 乾燥肌のスキンケアくらいに迅速かつ丁寧にやらなくてはなりません! しかし、飛行機は複雑な構造ということもあって、 エンジンだけではなく翼や窓、車輪、電気系統まで細かく確認しています。 そこまでして初めて安全な空の旅が実現するわけです。 限られたスケジュールの中で整備や点検を行うにも関わらず、 トラブルや問題が発生する可能性は0%にしなくてはなりません! これらの 作業による欠航や遅延もあるので、そこは「安全にフライトするためだ」と割り切って考える必要があります。 常に最新機材を取り揃えている航空会社であれば良いですが、中にはLCCなどの格安航空会社では機材も人手もギリギリなんてことも。 それぞれの状況で変わるのでこちらも注意しておきたいですね。 機長や乗員の状況 ほとんど遭遇することはないのですが、 稀に機長や乗員の体調不良によって欠航や遅延になる……こともあるかもしれません。 キャビンアテンダントであれば代わりの乗員も確保できますが、パイロットとなるとなかなか代わりとなる機長もいませんよね。 また、通常は数時間単位の長時間フライトの場合、機長や乗員は到着後に数時間~数日の休息が確保できるシフトとなっています。 ただ、短時間フライトの場合は飛行機の遅延や欠航によって休息が取れないこともあり、 休ませるためにわざと便を遅らせることも! 専門の知識や技術が必要な職業だけに、 上手にやりくりしつつ運行している航空会社もあるんですよね。 なお、パイロットによっては視界が悪くても離着陸が可能な資格を持つ機長とそうでない機長がいるため、代わりが見つからないことも。 人員の体調不良と天気などの悪条件が重なった際には、運休になる可能性も0%ではありません。 空港や航空会社の状況 飛行機の状況は刻一刻と変わります。 例えば、飛行機に乗ったものの、なかなか滑走路から移動しないという状況で待たされた経験がある人も多いのではないでしょうか? これはいわゆる 空港が混雑している状況です。 多数の飛行機が離着陸で行き交い立ち往生。 当然のように乗客が多くなるベストシーズンには空港を利用する人の数も多くなるため、自然と便数も増える傾向にあります。 離着陸する便数が増えると…… 結果は一目瞭然! 飛行機が上空で旋回して待機したり、地上で一向に進まずに待機したりするなど、 余計に時間がかかることもあるわけです。 それら飛行機自体の発着便が非常に混雑すると予測される場合には、 あえて航空会社が遅延や欠航と判断することもあるようです。 欠航はさすがにないと思いますが、遅延はたまにあるほど。 また、これも限りなく稀なのですが、航空会社によってはシステム障害が発生することで飛行機全体がストップなんてこともあります。 この規模だとかなり大事、 全面運休なんてことになる可能性も! 航空券は余裕を持って予約がおすすめ 海外旅行に行くなら優雅なクルーズ旅行でもない限り、ほとんどの人が飛行機を予約して旅立ちますよね。 その際、 後々の予定も考えて予約すると安心です。 ツアーによる手配なら現地にも余裕を持って到着できるのですが、個人での手配だと時間ギリギリになってしまうこともあります。 そうなると飛行機が万が一欠航や遅延となれば、 その後の計画まですべて崩れてしまうことに! 地方から出発の人は特に注意が必要となります。 例えば、成田国際空港や関西国際空港などを乗り継ぐ場合、 前の飛行機が遅れるとその後の飛行機にも乗れないかもしれません。 前の飛行機が飛ばなければ、 旅行自体が台無しになってしまいます! 心の中で大丈夫だとは思っていても、万が一のことを想定して予約しておくことである程度のハプニングにも対応できると思います。

次の

飛行機が雪で欠航や遅延する基準や確率は?払い戻しの条件も調査!

飛行機 欠航

便利な移動手段のひとつでもある飛行機ですが、電車やバスと同様に遅延・運休(欠航)することもあります。 特に冬の時期には雪による飛行機の欠航や遅延することがありますから、出張や旅行を考えている方にはちゃんと飛んでくれるのか不安ですよね。 そこで、飛行機が雪によって欠航や遅延になる基準や確率について調査してみました。 また、万が一遅延してしまった場合や欠航してしまった場合の払い戻しの条件について調べてみましたので、こちらも合わせてご覧ください。 スポンサードリンク そもそも飛行機が遅延・欠航する理由は? 飛行機が遅延もしくは欠航する理由として最初に考えられるのが、台風や大雪の影響などによる天候不順。 離着陸の際に滑走路が見えにくい場合や路面状況が悪い場合です。 台風はいわずもがな、雪であれば、ぽつりぽつりと降る雪ならなんの支障もないでしょうが、風吹となると事情は変わってきますね。 その他には、地震や火山噴火などの自然災害、そして、滅多にないことですし起こってほしくもありませんがテロや犯罪などが発生したとき。 人的ミスとしては、飛行機の整備不良、パイロットの遅刻といった理由も考えられます。 飛行機が雪で遅延や欠航する基準は? それぞれ飛行機が雪で遅延や欠航する条件は、大きく3つに分類することができるんです。 離着陸する滑走路の積雪状況• 飛行機の状態• 見通しの悪さ これらの状況によって、飛行機が欠航するか遅延するかが決定されるわけですね。 では、これらを詳しく見ていくことにしましょう。 離着陸する滑走路の積雪状況 国土交通省によると、下記の条件の場合には離着陸を行ってはいけないとされています。 積雪1. 3センチ以上で水あるいはSlush• 積雪5. 1センチ以上のWet snow• 積雪7. 1センチ以上のDry snow• 積雪15. 3センチ以上のDry snow このような天候の場合は滑走路の状態が悪く、離着陸を行ってはいけないと全国的に決められているんですね。 ちなみに、• 「Slush」というのは、水を十分に含んでいて、蹴ると水しぶきがあがるほどの雪。 「Wet snow」というのは、握ると水が出てくるほどの雪。 「Dry snow」というのは、乾いていて、降ってから時間があまり経っていない雪。 と定義されています。 飛行機の状態 飛行機の命でもある翼。 この翼の形というのは綿密な計算のもと、今の形になっているんです。 ただこの翼に雪が積もってしまったり、気温が下がってしまったりすると、翼の形が変化してしまうわけです。 そうなってしまうと、飛行機は上手く飛ぶことができず、最悪の場合だと大事故に繋がりかねません。 そのため、雪が降っている日には、• 飛行機の翼に積もった雪を溶かす作業• 離陸後に飛行機の翼に雪が積もるのを防ぐ作業 が必要になってきます。 これらの作業が追いつかない場合には遅延、作業が出来たとしても危険だと判断された場合には欠航になるというわけですね。 雪による視界の悪さ 雪が降ると大抵の場合、視界が悪くなってしまいますよね。 どんなに飛行機や滑走路の状態が良くても、飛行機を操縦するのは人です。 前が見えない状態での飛行機の操縦は極めて危険ですよね。 なので、前が見えないほど視界が悪くなる雪の日には、欠航を余儀なくされる場合もあります。 これらの飛行機が欠航や遅延する基準に関しては、航空会社によっても多少の違いはあります。 また飛行機の欠航を決定する最終的な判断は、現場の機長やパイロットに委ねられることが多く、同じ航空会社でも現場の機長やパイロットによって判断基準はさまざまなんですよ。 腕の良いパイロットなら多少の強風なんかでも、飛行機を安全に離着陸させる技術がありますからね。 しかし、どの航空会社も基本的には時間をずらしてでも、なんとか飛行機を飛ばす方向で話が進められます。 欠航を決めてしまうと航空会社の損失や乗客対応などが大変になりますしね。 スポンサードリンク 天候が理由による遅延・欠航の確率は? 飛行機が雪で遅延や欠航する基準はさまざまですが、一体どれくらいの確率で遅延・欠航してしまうのか気になりますよね。 そこで、全国ではどれくらいの確率で飛行機が遅延や欠航しているのかも調査してみました。 まず飛行機でいうところの「遅延」とは、出発が予定時刻から15分以上遅れた場合に言います。 国土交通省の統計データ(27年度)を参照してみると、飛行機の遅延率は約8%、さらに一部を除けば、天候を理由とする飛行機の遅延はほとんどありません。 これは、上の項目でもお伝えしたように、明らかな天候不順が予想される場合には航空会社が予め欠航を決めておくことが多いからでしょう。 「一部」の航空会社においても、それぞれ、そもそもの保持機体数が少ないことや、天候の影響を受けやすい離島への連絡便であるといった事情があるようです。 では、欠航する確率はどうかというと、天候不順は、あらゆるトラブルのなかで最も多い欠航理由とされていて、全体の欠航率(約4%)のうち約3%が天候によるものです。 それでも、電車やバスと比べれば飛行機の遅延・欠航率は非常に少ないですよね。 周りを遮る建物や交通渋滞のない空路だからこそ、出来ることだと思います。 飛行機の搭乗券の払い戻しについて チケットの払い戻しは各航空会社の対応カウンターで行うことが出来るほか、航空会社によってはネット経由、旅行を申し込んだ代理店や旅行会社などで対応してもらえる場合があります。 個人的な事情による払い戻しの場合には、手数料やキャンセル料が発生しますが、悪天候などの理由により、航空会社が、運航に影響があると判断した場合の払い戻しについては、手数料は発生しません。 払い戻しが可能な期間は、40日間以内と定められている場合がほとんどです。 悪天候による遅延・欠航の場合は、空港で足止めされた人々でカウンターが大混雑することが予想されますので注意が必要ですよ。 なので、「40日以内なら大丈夫」ということを覚えておくと、余計なストレスを抱えずにすむかも知れませんね。 飛行機の欠航や遅延時の対応まとめ 飛行機がやむを得ず遅延・欠航する場合は、同じ航空会社の別の便であれば変更手続きがスムーズに進められそうですが、翌日の便になってしまった際のホテル宿泊費などは、個人負担になってしまいます。 また、他の航空会社の便に乗る場合は別途手数料が発生してしまいます。 ちなみに、天候ではなく飛行機の整備不良など、航空会社の事情による遅延・欠航の場合は、ホテル宿泊などの手配に応じてもらえることもありますよ。 飛行機に乗る予定のあるときには、天候情報や利用する航空会社の運航情報をこまめにチェックしておくと良いですね。 新幹線の雪による遅延や運休の条件については、以下の記事をご覧ください。

次の