立子山。 立烏帽子駐車場

福島交通

立子山

今年の冬は雪が少ない。 去年は恒例の富士山を見る山歩きができなかった。 しかし、富士山を見ながら歩く山歩きは楽しい。 そこで目を付けたのが大月市の滝子山だ。 2月23日(祝) 登山口である桜森林公園を目指してナビの案内通りに進もうとするが、あまりにも細い道なので通過しては戻るということを繰り返しながら進んでいく。 それにしても狭い道で当然すれ違いは不可能だ。 中央道に架かる橋を抜けるとすぐに桜森林公園となる。 森林公園というと広い駐車場を想像するが、駐車余地は少ない。 おまけに周辺で鳥獣害防止工事を行っているので一部が駐車禁止となっている。 登る人も少ないだろうが、何度か切り返して狭いスペースに駐車した。 準備をしていると周囲が徐々に明るくなり周囲がわかるようになってきた。 どうやら今日は雨の心配はなさそうだ。 予報では冬型の気圧配置になるということなので、北風が強くなることが心配だ。 コンクリート舗装された林道を歩いていくと左に脇道がある。 そこには標柱があるが文字が読みとれなかった。 さらに歩いていくと建物が見えてきた。 「寂悄苑(じゃくしょうえん)」と表札があり、今では利用されていないようだ。 かつては志あるものが頻繁に活動していたであろうことが推察できる。 ここからどうやって行けばよいのかわからぬが、とにかく直進していくことにする。 傾斜は徐々にきつくなり踏み跡は全くなくなってしまった。 地図を見ればこの先の鉄塔とその先の林道を目指していけばいいので不安はない。 立ち木に掴まりながらアキレス腱を伸ばして斜面を登ると「笛駒線83」と書かれた鉄塔にたどり着いた。 ここまでくると、どこから繋がっていたのか道が伸びてきていた。 ここは風があり寒いので、そのまま先に進むことにする。 数十メートル歩いてから振り返ると、単独行の登山者が追い付いてきて並ばれてしまった。 軽く挨拶しただけでその登山者の後姿は見る間に視界から消えていった。 鉄塔から10分で林道にたどり着く。 林道はさほど荒れてはおらず、ここまで車で来ることも可能だったに違いない。 そうすれば約1時間短縮できるはずだったが惜しいことをしたものだ・道はミズナラを中心とした明るい雑木林で、明瞭な道が尾根上を続いている。 この尾根は「寂悄尾根(じゃくしょうおね)」と呼ばれていたが、最近は「南尾根」と呼ぶことが多くなっているようだ。 標高1100m付近になると場所によっては北風をもろに受けることになる。 風がなければ汗ばむくらいなのでその切り替えが難しい。 しかたなくネックウオーマーとウインドヤッケをこまめに使い分けて登るしかない。 振り返れば木々の間から真っ白な富士山が山頂部を見せている。 標高を上げるにしたがって山頂部は徐々にせりあがってくる。 この南尾根は「山と高原地図」では破線となり危険と書いてある。 しかし、それほど危険な感じはしないし、難しいとも思えない。 しかし、大人数で利用した場合は落石などの危険があり事故となる可能性もあるだろう。 いくつかの小ピークを越えながら高度を上げていく。 岩場 やがて傾斜もゆるくなり、浜立山への分岐点にたどり着いた。 ここは屈曲点で大きく右に折れて山頂を目指す。 しかし、ここは風の通り道で強風が思いっきり吹き付けてくる。 ウインドヤッケは引きはがされそうになるのを必死でこらえる。 頭上の木々の枝が風でものすごい唸りを上げている。 それは飛行場の真下にいるような感じだ。 滝子山の山頂に到着すると、そこには360度の大展望が待っていた。 しかし乏しい知識では山座同定は富士山とアンテナが林立する三ッ峠山くらいだ。 それでも大展望は苦労したご褒美だ。 やがて山頂には単独行の2名が到着した。 ここでゆっくりしたい気持ちはあるが、風が強くとてもそんな気持ちにはなれない。 それでも山頂で滞在は15分ほどになった。 山頂から道をたどるとすぐに分岐がある。 道を確認していると立て続けに6人ほどの登山者が登ってきた。 足元を見るとチェーンスパイクを装着している。 聞けばこの分岐から下は凍結路になっており、アイゼンなしでは危険だということだ。 南尾根を登ってきたときは雪もなかったから、このまま使わなくとも済むと思ったが、意外なところでチェーンスパイクの出番となった。 実はここでミスを犯すことになる。 それは滝子山の三角点峰に行かなかったからだ。 分岐からわずかな時間で行けたのに惜しいことをしたと、あとで確認して気が付いた。 もっとも三角点峰は1590m、標識のある所は1620mだから問題ないだろう。 滝子山山頂から 凍結路もチェーンスパイクで何の問題もなく通過することができた。 下ったところには社がありその下には小さな流れのある水たまりがあった。 標識から社は「白縫神社」池は「鎮西ヶ池」ということが分かった。 ここは風もなく日差しが暖かいので大休憩をとることにした。 お湯を沸かして「カップ飯」を作り、カップの焼酎で暖まった。 まったりしていると山頂から引き上げてきた単独行の男性が「登山口でクマを見た」と言うことだ。 それは面白い、鈴を持ってきたが鳴らさずに下山しようと決めた。 鎮西ヶ池から歩くとすぐに大谷ヶ丸への道を分ける。 ここでどちらに進むか考えたが、大谷ヶ丸の大きな山容を見ると気力が萎えてしまった。 分岐からは防火帯をたどって道を下降していく。 防火帯は広く草木が伐採されて気持ちがいい。 しかし、地面は凸凹が多く歩きにくいことこの上ない。 なるべく日陰の霜柱が解けていない部分を歩くことにした。 その防火帯も1446mの手前で登山道は巻くようにつけられている。 登山道を少し進んだが、どうも気になるので1446mのピークに登ってみる。 しかしそこは防火帯の刈り払いがされているだけの何でもないところだった。 再び登山道に戻りわずかに下ると「すみ沢」の源頭部に出る。 その水の流れがあまりにもきれいだったので沢に降りてみる。 崩落した斜面の土砂が青緑の砂礫のみを川底に堆積しているものだから神秘的でもある。 しばらくはこの沢に沿って歩いていく。 ほどなく分岐となり「曲り沢峠」と「笹子駅」に道を分ける。 このまま下るにしても時刻は正午なのでまだたっぷりと時間がある。 地図を見ると「コンドウ丸」までそれほど時間はかからない。 そこで「曲り沢峠」に向かうことにする。 さほどの高低差もなく峠に到達した。 ここは風当たりが強く立ち止まっていると、どんどん体が冷えてくるのがわかる。 ともかくコンドウ丸に向かって歩き始める。 よく踏まれた道が雑木林の中に出来上がっている。 頭上から聞こえてくる風の音は相変わらずヘリコプターが飛んでいるような音として聞こえる。 コンドウ丸山頂は立派な標識があるが、展望はなく登山道の途中のような場所だった。 大谷ヶ丸分岐から曲り沢峠経由でコンドウ丸まで約2時間。 真面目に大谷ヶ丸経由でコンドウ丸までは2時間半だ。 そう考えれば初めから大谷ヶ丸経由で来たほうがよかったかもしれない。 (ちなみにコンドウ丸は「金洞丸」と書くらしい) 再び曲り沢峠に戻り地図を見ると目の前に「オッ立」というピークがある。 この際だから登っておくことにする。 踏み跡はないから適当に斜面を登って行く。 7分ほどで山頂に到着すると、こんな場所にも調子ぬけするような立派な山頂標識がある。 山頂は南北に細長いので南端に行ってみるが、展望は得られなかった。 三丈の滝を過ぎると道は傾斜もゆるくなり気分的に楽になってくる。 単管パイプに木板を取り付けた橋を渡り、わずかに上ると林道に飛び出した。 ここには道証地蔵があるが、どんないわれがあるのか不明だ。 しかし、この付近にクマがいた形跡がなくちょっとがっかりした。 林道には乗用車が2台あり、ここまで車で入れるのだと分かった。 道は荒れていないので全く問題なさそうなので、あの桜森林公園に無理して駐車しなくともよかったと思った。 あとは林道を30分ほど歩いて駐車場所に戻った。 朝は誰もいなかったのに10台ほどの車が駐車してありかなり賑やかになっていた。 林道を桜森林公園06:30-. 08 --06:38分岐-. 03 --06:41廃屋-. 28 --07:09笛駒線83鉄塔-. 10 --07:19林道- 1. 18 --09:37浜立山分岐-. 24 --10:01滝子山10:17-. 03 --10:20分岐10:28-. 07 --10:35鎮西ヶ池11:03-. 03 --11:06大谷ヶ丸分岐- 1. 00 --12:06曲り沢峠分岐-. 12 --12:18曲り沢峠--. 30 --12:48コンドウ丸12:54-. 15 --13:09曲り沢峠-. 07 --13:16オッ立13:18-. 03 --13:21曲り沢峠-. 48 --13:09曲り沢峠分岐-. 56 --14:05三丈の滝-. 20 --14:25道証地蔵-. 28 --14:53桜森林公園 群馬山岳移動通信/2020.

次の

小刀 立子山住人藤安将平作

立子山

新規会員登録 finetrackのテント「カミナドーム2」。 登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ... 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。 編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集! 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。 編集部からのコメントと共にお楽しみください。 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知? 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ! コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。 ご協力をお願いします(外部リンク) ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。 殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ... NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明... 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!.

次の

凍み豆腐立子山 3連(24枚×3)入り 自然健康美容食品 :FS24

立子山

Tony的自然人文旅記(962) [宜蘭礁溪].鵲子山(礁溪富士山) 圖:礁溪鵲子山 鵲子山,位於宜蘭縣礁溪鄉,名列台灣小百岳,是宜蘭名山之一。 從北宜公路石牌的觀景平台眺望蘭陽平原時, 就可以注意到前方這座醒目的尖狀山峰。 鵲子山有很多不同的稱呼,日治時代的《台灣地圖》,將它標示為「鴻仔山」, 由於山形似日本富士山,又有「礁溪富士山」之稱;更早以前的清朝時代,《噶瑪蘭廳志》稱其為「鳳頭山」, 而這座山最早的名稱是「擴仔山」 () 鵲子山,海拔679公尺,有南北兩個登山口,北登山口在圓通寺,南登山口在山之西南側的保線路林道, 山友多選擇從圓通寺登鵲子山,因為這裡的交通較便利。 從北宜公路里程約59K轉入產業道路, 循指標進入,前行不到一公里,即可抵達圓通寺的停車場。 從圓通寺前有小車道通往附近的民宅,前步行約一、二百公尺,過一座橋樑後,右側杉林及竹林之間有一條小路,路口樹枝掛著許多登山條, 即是鵲子山的登山口。 由此進入林間,小徑穿行於樹林,緩緩上行。 上稜之後,景觀變為視野開闊的草坡,是林務局羅東林管處的造林地, 種有台灣肖楠、青剛櫟、烏心石等樹木,以進行水土保持及森林復育。 圖:造林地。 山徑循稜爬向鵲子山 造林的時間約一至三年而已,成效未著,山坡仍以草地為主,新植的樹木仍處於劣勢,稀疏而孤零。 然而也因為如此,走在這段稜坡上,視野不受遮蔽,隨著海拔愈高,展望更為遼闊, 附近宜蘭的海岸線及龜山島一覽無遺。 上行約十四、五分鐘,來到芒草區。 面對強勁海風的山坡,樹木難立,無可避免的, 芒草成為優勢的植物。 我一向畏懼獨行芒草路,而幸好鵲子山是熱門的郊山,常有山友造訪,雖然芒草夾道, 路徑相當清楚。 走這段路最好還是要戴著手套,以免芒草割人。 穿行芒草路十餘分鐘,繞至背風面,才轉為怡人的森林小徑,心情由苦轉甜, 幾分鐘之後,繞上稜線,又遇芒草路。 時鑽芒草,時入樹林,終於等到鵲子山的峰頭出現眼前。 上爬再闖芒草路,七、八分鐘後,登上鵲子山。 山頂有小空地,埋有一顆八三九號三等三角點。 山頂四周被芒草包圍,抬頭有展望,勉強還可眺覽宜蘭海岸及龜山島, 但風景畫面被一根根長長的芒草毫末所切割,美觀反不如途中稜線草坡的眺覽。 從圓通寺出發,至鵲子山山頂, 費時約50分鐘。 闖過芒草區,終於接近鵲子山了。 鵲子山,三等三角點(八三九號)。 圖:回程改走保線路林道下山,走環狀路線。 回程不走原路,而走往鵲子山南登山口。 從山頂續行,不久遇岔路,須取右行,下行一路都是森林小徑, 由於南線坡度較陡,因此山徑呈之字形迂迴下行。 森林小徑,路跡清晰,沒有芒草區,又是下坡路,走來頗為適意。 前行十餘分鐘,從林間空隙望見下方開闊處有大片開墾的拓墾地時,就已接近保線路林道登山口,續行三分鐘,遇岔路, 左往跑馬古道清修宮(約60分鐘),右往保線路林道,有小指標釘在路旁的樹上。 這個岔路口較少登山條, 須特別留意。 取右行,不到一分鐘,即接保線路林道。 保線路林道可通往台灣油杉保護區及五峰旗山,後續接宜2-1線,出口為五峰路的礁溪老爺大酒店。 循著保線路林道往下走,約四、五分鐘,有一座小水泥橋越過猴洞坑溪的上游,旁邊即是剛才望見的拓墾地,開墾為大片菜園, 橋小的猴洞坑溪,流水淙淙,是一處理想的休憩地點。 保線路林道大部份為土石路,以下坡路為主,走來無負擔,相當輕鬆。 大約走了兩公里路,出口接產業道路,續下行一百多公尺,即返抵圓通寺。 回程走保線路,雖然繞得較遠,但路況好,費時約一個小時而已。 環狀路線可以體驗不同的山林景色, 比走原路再鑽芒草路要好多了。 旅遊日期:2013. 01 (寫於2013. 註1:擴仔山,或寫成「鵠仔山」 亦有人寫成硞仔山),鵠、硞、擴同音, 閩南語讀為「khok」(閩南語形容人年紀老,稱lau-khok-khok(LKK)的khok,就是這個音)。 擴仔山的由來, 是這座山的形狀似古代的「擴仔帽」(官帽),因而得名。 古代官帽形如鳳頭,因此《噶瑪蘭廳志》將這座山記載為「鳳頭山」。 官帽,又稱「烏紗帽」,因此宜蘭文人又雅稱鳳頭山為「紗帽山」。 而台語「紗」與「西」同音,久而久之, 這座山也被訛稱為「西帽山」。 至今宜蘭老一輩的當地人還是稱鵲子山為擴仔山。 至於鵲子山的稱呼從何而來? 據說是由於閩南語的「khok」(擴)找不到相對應的漢字, 於是用讀音相同的「鵠」(閩南語讀音也是khok)來代替,而稱為「鵠仔山」,後來訛稱為「鵲仔山」。 讀音參考:《教育部臺灣閩南語常用詞辭典》: [旅行照片].

次の