竜舞 ポケモン。 【ポケモン剣盾】最強ポケモンランキング(シングル環境)【ソードシールド】

マンダは初手竜舞や!とは (マンダハショテリュウマイヤとは) [単語記事]

竜舞 ポケモン

初めましての方は初めまして!そうでない方はいつもお世話になっております。 その準備やらお引越しやらの関係でシーズン終盤は戦うことができないため、シーズン中盤での記事になってしまうことをお許し願います。 何よりも時間が欲しいよ!! はい構築ドーン!(レンタルチームも出しました。 しかし、ガラル地方にはZワザは存在しないし、バトンのような初見殺し一発芸がずっと通用するわけがない。 そこでS2,S3ではサイクル構築を回してみていたのだが、3ケタに乗せるのが精いっぱいで勝ちきれなかった。 当たり前である。 ということで、勝つための新規ギミック構築を開発するために徹底攻略さんで「バトンタッチ」を覚えるを調べると、魅力的なバトンタッチャーが2匹も見つかった。 1匹目! 王者の鼓動、今ここに列をなす。 天地鳴動の力をみるがいい!! 2匹目! 冷たい炎が世界の全てを包み込む。 漆黒の花よ!開け! はい、召喚口上言えて満足しました。 この2匹をバトンタッチ役として選び、速くなって火力が上がると強そうなバトンエース枠を、キョダイ、ジュラルドンの3匹に決めた。 そして竜舞ルート、蝶舞ルート共通の起点づくり役として、壁を採用し、構築が完成した。 壁要員として、インテレオン、オーロンゲ、アーマーガア、ジュラルドンなどを試したが、本構築にはが最適だと判断した。 今回のバトン構築は、起点役が耐久値の補助を行い、バトン役が火力とすばやさを補助することで最強無敵のバトンエースを降臨させる。 つまり、先発の起点づくり役には、両壁を綺麗に張り、2匹目 と3匹目 のため壁ターンを残して場を去るという仕事をこなす必要がある。 弱点が草タイプのみであり、なんやかんやの攻撃をいい感じに耐えるだけの耐久があり、初手に雑に投げてダイジェットしてウェイwみたいにしようとするギャラキッスにタイプ相性上強く、相手の初手カバ展開にも圧をかけることができる、その上で裏に繋ぐことのできるこのは求める条件に合致する。 基本は両壁を張れればお仕事はおしまいだが、HPを温存することで最後に詰め筋になると判断できた場合は片壁だけ張って引っ込めたりボルチェンしたりするプレイングも行った。 配分はHBに振り切ると型破りのを耐える、と書いてある文献を参考にしたためこうなっている。 想像以上に火力がなく遅く感じた、慣れればいい感じの使用感だった。 は初手でよく出てくるであるため、HB方面はちゃんとみがわりがを耐えるまで振るべきであると感じる。 やタイプ:ヌルのような火力のないであれば、身代わりを盾にし、何度も舞うことができる。 また、鈍いカビとの積みあいも良く起こったが、エースのドサイが削られると負けに直結するため身代わりを残してドサイにバトンしなければならず、比較的面倒であった。 択ゲー。 @ 性格:いじっぱり 特性:ハードロック 191 4 -211 252 -150-xx-75-92 252 じしん/ロックブラスト / /ほのおのパンチ 竜舞バトンを受け取るエース枠。 具体的には1竜舞で最速70族より速く、2竜舞でやゲンガーが抜け、3竜舞で最速ドラパルトよりも速くなる、といった具合。 バトンしない場合でもこの素早さは相手視点では想定外のため、多くのイーウィンを生み出してくれた。 が常に上から超火力、広技範囲で殴ってくる恐ろしさは想像に難くないだろう。 元々耐久値がアホほど高いのでHPに振らなくても十分に硬く、壁下でックスすれば4倍弱点を突かれてもまず耐える。 バトンが決まればほぼ勝ち。 先生さすがっす! メンタルハーブ 性格:おくびょう 特性:ようりょくそ 182 252 -xx-115 4 -xx-120-112 252 /ねをはる /ちからをすいとる /バトンタッチ 2匹目のバトン役。 調整はよくわかんなかったのでHSぶっぱ。 壁下で蝶舞、ちかすいを駆使して相手の攻撃を受けながら2回以上舞うことを目指す。 そこそこの耐久があり、1舞で100族を抜け、2舞で何でも抜けるようになる。 ダイバーンによる晴れをタダ乗りすることもしばしば。 壁があればレベルのでももちかすいで回復が間に合うため起点にできる。 にちかすいを撃つと世界が崩壊するので注意。 「ねをはる」という技がこののオシャレポイントである。 バトン構築が苦手とする展開として、などのに「ほえる」や「ふきとばし」を使用され、積みがリセットされてしまう、ということがある。 「ねをはる」を使ったは「ほえる」「ふきとばし」を無効化するようになるため、この問題を解決できる。 この構築の一番大きな負け筋は、の急所に攻撃が当たる、に一撃必殺技が当たるの2つなので、このとの信頼関係を深めるためにキャンプで一緒にカレーを作ったり、ぬいぐるみを買ってきてテレビの横に置いたり、毎晩愛の言葉をささやく等、心身のケアを行うことが非常に重要。 @たべのこし (キョダイ個体) 性格:ひかえめ 特性:シェルアーマー 207 12 -xx-104 28 -150 252 -116 4 -107 212 / /みがわり / Sライン2舞バトンで最速ドラパ抜き、火力はぶっぱ、あとは適当。 絶対的蝶舞バトンエースのキョダイさん。 DとSが上昇することで、多くの特殊を身代わりを残して突破できる。 状態異常技を回避したり、相手のターンを枯らしたり、ガルドとの択を有利にしたりと、身代わりはとても便利だった。 が張ってくれた壁が切れた頃にキョダイセンリツを使えば相手に反撃の隙を与えず、絶望させることができるであろう。 バトンで 仕上がった を使うと、神にでもなったような気分で高笑いしながら3タテをすることができるのでオススメ。 ジュラルドン@イアのみ 性格:おくびょう 特性:ライトメタル 172 212 -xx-157 172 -140-84 108 -117 12 ラスターカノン/ /みがわり /ボディプレス 本構築の諸説枠。 を出し辛い入りやその他刺さってそうな構築に投げていた。 調整が少しガバっている。 ひかえめミントを吸わせるつもりの配分であり、S補正なしでと同じSライン、2舞でちょうどドラパ抜きになる。 1舞で珠キッスのダイフェアリーを耐えるまでDに振り、ボディプレスのダメージソースにもなる防御に余りを全て回した。 ダイスチルを撃つことで物理耐久とボディプレスの火力が上がり、実質全ステータス上昇の完全体ジュラルドンが完成して気持ちがいい。 十二分に強かったが、を出せない相手というのがあまり存在しなかったためもっと他に適するがいるのでは?と思いながら最後まで戦っていた。 カバやガルドがいるときはを優先して出す。 配置順に関して、上から、ドラパ、ドサイを配置しており、時間切れでも基本選出の1つが勝手に出るようにしてある。

次の

【剣盾S4】想いを繋げ!! 竜舞x蝶舞 2軸バトン構築【3/16最高236位】

竜舞 ポケモン

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】最近はエースバーンに隠れてるけどドラパルトから理不尽を感じないか・・・? 脆いので許せるとの意見も

竜舞 ポケモン

竜舞しないと数値の高い置物.......。 やってやろうじゃねえか!!! も言葉を失う調整!? 注意:ックスをDMと書いてます。 (分かりずらい) そして竜の舞前提で書いてます。 筆者まーにーは現在受けループを使っています。 そのためが憎いので受けループなのにでを倒す止まらない抜きエース調整をしました。 竜舞DMで1体倒せばほぼ確実にもう一体倒せます。 をで対応するプレイヤー多すぎ。 (砂込みで確定にすると鬼火ではなく力を吸い取るから入ってくるに勝てません。 5~118. 5〜69. 2% 〇A+3噛み砕く 特化奇跡 100. 5〜119. 7% 〇A+0けたぐり(DM威力は100) 無振り76. 6〜91. 0% 威力100 特化 38. 6〜46. 4% 威力100 〇A+0ダイナックル100(通常けたぐり威力120) H252B20意地 102. 4〜121. 下には通常時のダメージ) 無振り 150ジャイロ 76. 2〜90. 6%(竜舞していなかったら威力118) 陽気珠じゃれつく 73. 4〜87. 8% 陽気珠 かげうち 8. 8〜9. 9% 意地珠 じゃれつく 81. 7〜96. 1% 陽気DM珠 ダイフェアリー 53. 8〜63. 2%(DM時) 特化オーロンゲソラッシュ 64. 0〜76. 2% 陽気 83. 9〜99. 7〜208. 8% 臆病 気合玉 148. 0〜174. 5%(砂なし) 臆病ラスターカノン 33. 1〜39. 7%(砂あり) DMラスターカノン 53. 0〜62. 9% (砂あり) 臆病 33. 1〜39. 砂嵐で襷貫通して倒せて、無駄なくDMターンを使えるのも魅力。 そしては基本的に弱点保険を警戒してくれるため、格闘技以外の弱点はなかなか来ません(相手次第)。 技構成は諸説なところが多いですが、今作のプレイングを引き出すのはステータスの上がるックスであると勝手に信じています。 やは欲しいけどコンセプトとメタから不採用(ダイナックルよりエッジの方が強いと思う....... ) メガとZなくても竜舞バンギは強い。 竜舞が環境に少ないのが追い風!! サポートや砂、削りで使うならこの調整は絶対にやめましょう。 もっといい型があります() ヘビボ意地の孵化余りあります。 DMしてくれれば出します。 終わり marniemon.

次の