川越 市 給付 金。 【川越市】特別定額給付金(1人10万円)の申請書類の発送が5月25日から始まるようです(号外NET)「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」…|dメニューニュース(NTTドコモ)

【川越市】川越市の公式サイトで特別定額給付金(1人10万円)の情報が公開されています

川越 市 給付 金

新型コロナウイルスが私たちの暮らしに深刻な影響を与えています。 それを受けて、2020年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、家計への支援を行うために特別定額給付金事業が実施されることになりました。 その情報は総務省のに掲載されています。 概要は次の通りです。 ・給付対象者は基準日(2020年4月27日)に住民基本台帳に記録されている者 ・受給権者はその者の属する世帯の世帯主 ・受給額は給付対象者1人につき10万円 こちらの実施主体は市区町村なので、私たち川越市民は川越市に対して手続きをするということになります。 2020年5月4日現在、すでに川越市の公式サイトにはが公開されています。 そちらによると、申請方式は「オンライン申請方式」と「郵送申請方式」の二つがあり、「オンライン申請方式」にはマイナンバーカードが必要になるとのことです。 写真はイメージです 「オンライン申請方式」は、5月1日に申請がはじまり、給付は5月下旬頃の開始だそうです。 一方、「郵送申請方式」は、申請に必要な書類の発送が5月下旬頃に始まるということです。 なお、現状は緊急事態宣言下にありますが、この機に応じて詐欺も発生しているようです。 例えば厚生労働省のでは「新型コロナウイルス感染症に関して厚生労働省を装った詐欺にご注意ください」という情報も公開されています。 振り込み詐欺にも要注意です。 特別定額給付金は受け取るもので、こちらから払うことはありません。 繰り返しになりますが、実施主体は市区町村なので、川越市民は川越市に対して手続きを行うことになります。 こちらでも情報が更新され次第、お知らせする予定ですが、正しい情報は川越市の公式サイトにて確認をお願いいたします。

次の

埼玉県川越市の給付金(補助金・助成金)情報│暮らしデータ 【goo 住宅・不動産】

川越 市 給付 金

「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、家計への支援を行うために特別定額給付金事業が実施されることになったのが、2020年4月20日のことです。 その金額は給付対象者1人につき10万円です。 それから1カ月ほどが過ぎましたが、まだ受給していない川越市民も少なくないのではないでしょうか? 今回の申請方式には「オンライン申請方式」と「郵送申請方式」の二つがあって、オンライン申請方式の申請は5月1日に始まっています。 ただし、こちらの方式にはマイナンバーカードが必要です。 一説によると、マイナンバーカードの普及率は15%くらいということなので、「川越市から書類が届いたら申請しよう」と思っている人も多いことでしょう。 そして、このたび、川越市は郵送申請方式に必要な書類の発送を5月25日(月曜)から順次、実施することを発表しました。 この情報は川越市の公式サイトに掲載されています。 また、申請書の提出についても、「新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市役所や市民センターなどへの来庁は控え、ポストに投函を」ということです。 郵送申請方式の申請期間は2020年5月28日(木曜)からはじまり、同年の8月28日(金曜/当日消印有効)までということです。 時間は十分にあるので、焦って記入漏れなどのミスをしないように気をつけましょう。

次の

【川越市】川越市の公式サイトで特別定額給付金(1人10万円)の情報が公開されています(号外NET)

川越 市 給付 金

掲載日:2020年5月26日 特別定額給付金について 施策の目的 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)により、感染拡大防止に留意しつつ簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されます。 給付対象者• 給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者• 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主 実施主体• 市町村 給付額• 給付対象者1人につき10万円 給付金の申請及び給付方法• 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の 1 及び 2 を基本とし、給付は、原則として申請者の本人名義の銀行口座への振込みにより行う。 その際、受付窓口の分散や消毒薬の配置といった感染拡大防止策の徹底を図る。 (1)郵送申請方式• 市区町村から受給権者あてに郵送された申請書に振込先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送 (2)オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)• マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロード(送信して登録)し、電子申請(電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要)• 市区町村において決定(緊急経済対策の趣旨を踏まえ、可能な限り迅速な支給開始を目指します)• 「 1 郵送申請方式」「 2 オンライン申請方式」それぞれに受付開始日を設定• 申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内 【各市町村のホームページ(外部リンク)】 ー コールセンター(総務省)• お電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しください。 ご不便をお掛けいたしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。 配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方とその同伴者で、事情により令和2年4月27日(基準日)以前に今お住まいの市町村に住民票を移すことができない方については、一定の要件を満たしている場合、基準日に配偶者と同一世帯であっても、今お住まいの市町村に申出をし、申請をしていただくと、同伴者の分を含めて特別定額給付金を受け取ることができます。 申出は、申出期間中(原則令和2年4月24日から30日まで)に、今お住まいの市町村の特別定額給付金担当窓口へと確認書類を提出してください。 令和2年4月30日を過ぎても「申出書」を提出できます。 () (配偶者からの暴力(DV)を理由に避難している方についてのお問合せ) 県民生活部 男女共同参画課 電話 048-830-2925 詐欺被害の防止 「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!• 市区町村、県、総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。 市区町村、県、総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。 ご自宅や職場などに市区町村、県、総務省などをかたった電話がかかってきたり、郵便、メールが届いたら、お住まいの市区町村や最寄りの警察署(または警察相談専用電話(#9110))にご連絡ください。

次の