ニュー イヤー 駅伝 富士通。 富士通2020年ニューイヤー出場逃す!2019年東日本実業団駅伝17位に終わる。 | ランニング初心者「ハーフマラソン3か月で90分切り」

歴代優勝

ニュー イヤー 駅伝 富士通

ニューイヤー駅伝はなぜ群馬で開催するの? ニューイヤー駅伝を群馬県で開催する理由は3つあります。 まずは 中継地が一か所で済むこと。 駅伝をテレビ放送するためには電波があることというのが条件になります。 電波がないと途中でプツンと切れて放送事故になってしまいますからね。 普通100kmの駅伝コースを網羅するにはいくつかの中継地が必要になります。 実際に箱根駅伝もテレビ中継をするために電波の中継地を増設しています。 そうなるとお金もかかってしまうんですよね。 その点、群馬県は赤城山があるので中継基地が1か所で済むという大きなメリットがあります。 2つ目は 天候条件がベターであるということ。 ニューイヤー駅伝が行われるのは1月1日です。 この冬の時期に駅伝を開催するにはそれなりに天候が良い地域じゃないと無理ですよね。 雪が積もるようなところや気温がマイナスになるようなところでは絶対無理! となると、それだけで駅伝ができる地域は限られてきます。 群馬県はからっ風の心配は多少ありますが、雪や気温は心配する必要がないというのが選ばれた一つの理由になりますね。 3つ目は 群馬県がニューイヤー駅伝の開催に非常に積極的だったこと。 駅伝をやるには交通規制が必要だったり、関係者も多数集まるので開催地の協力なしには開催が不可能です。 ニューイヤー駅伝が群馬県で行われた際、県の全面協力があり運営者側もやりやすいと感じたのも理由の一つとなります。 元日から大規模なイベントを行うには関係者も大変なのに、快く協力してくれるのはとても高評価になりますよね。 他にも特別協賛の山崎製パンの伊勢崎工場がニューイヤー駅伝のコースの近くにあるというのも多少理由になっているかもしれません。 そういえば、ニューイヤー駅伝ってみんな予選を勝ち抜いて来てるんでしょうか? 箱根駅伝のように「シード権をかけた争いが…」なんてアナウンスがないので、シードってないのかな?と気になりますよね。 こちらの記事に詳しく書いているのでよかったら読んでみてくださいね。 ニューイヤー駅伝を群馬以外で行ったことはある? 全日本実業団対抗駅伝競走大会(通称 ニューイヤー駅伝)は初めから群馬県で行われていたわけではありません。 第一回は 三重県で開催されました。 伊勢神宮を発着するコースだったんですが、伊勢神宮では全日本大学駅伝も行われるようになりました。 大規模な陸上の大会は1都市年1回という原則ができたので、それによって全日本実業団対抗駅伝競走大会は 滋賀県の彦根市周辺に場所を移すことになりました。 しかし滋賀県はコースが狭すぎて運営がうまくいかなかったので、その年1回だけの開催で終わってしまいました。 その後は現在までずっと群馬県で開催されています。

次の

全日本実業団対抗駅伝競走大会

ニュー イヤー 駅伝 富士通

2019年12月25日更新 text by 寺田辰朗 第3回 コニカミノルタが新パターンで打倒2強と9回目の優勝に挑戦 代表クラスのエース不在も、エース格3人とベテラン勢が充実 内容 東日本予選に優勝したコニカミノルタが、打倒2強(旭化成、トヨタ自動車)に燃えている。 3区で何度も快走してきた菊地賢人(29)が絶好調。 前回4区の蜂須賀源(25)も12月の甲佐10マイル(約16km)で2位と復調した。 MGCに出場(12位)した山本浩之(34)は東日本予選5区区間賞と、マラソンをやりながらもスピードが上がっている。 磯松大輔監督は3、4、5区の「3区間は(2強に)遜色ない」と自信を持つ。 主力選手の1人だった磯松が監督になり、13〜14年にも2連勝した。 通算8回の優勝回数は、旭化成の24回に次いで2番目に多い。 今季から、2連勝をエースとして支えた宇賀地強(33)がプレーイングコーチとなり、菊地が新キャプテンになった。 新しいコニカミノルタとして9回目の優勝に挑戦する。 新キャプテン菊地の充実と目指すチーム 菊地の状態がすこぶる良いようだ。 これまで3区を快走してきたが、4区への出場も可能な状態だ。 「何年かぶりに、きちんと準備して駅伝に臨むことができます。 今年はケガなく練習が積めて、夏合宿明け以降は試合と練習が結びついてきた感じがある」 菊地は入社1年目の14年大会はアンカーで区間2位。 優勝テープを切った。 15年、16年は3区で連続区間2位。 チームも優勝こそ逃したが連続2位で、2連勝したトヨタ自動車と2強を形成していた。 17年大会も3区。 区間4位ではあったが、20人抜きをした大石港与(トヨタ自動車・31)とともにゴボウ抜きをして、順位を8つ上げた。 しかし18年大会は故障の影響で出場できず、前回の19年大会は3区で区間8位。 5つ順位を上げたが、納得できる走りではなかった。 「最近は人について走って粘るだけだったりして、駅伝の楽しさを感じられていませんでした」 今回は磯松大輔監督も太鼓判を押す。 「これまでで一二を争うくらいに良いですね。 駅伝への思いが強い選手で、キャプテンになったことも良い方向に働いています。 相当、走ると思いますよ」 今季から新キャプテンに指名された菊地は、「できれば宇賀地さんが現役のうちに代わりたかった」と笑いながら話す。 コニカミノルタの過去の優勝は、日本代表クラスの選手がエース区間を走ってきた。 00年代の6回の優勝時には松宮隆行(現愛知製鋼・39)と坪田智夫(現法大駅伝監督)が、13〜14年の2連勝時は宇賀地がいた。 現在、プレーイングコーチの宇賀地は出場できるが、代表だった頃の力はない。 菊地、蜂須賀、山本の主力3人も、4区で設楽悠太(Honda・28)や井上大仁(MHPS・26)に対抗できるかといえば…。 「山本さんは良い位置に押し上げてくれますが、この選手が何とかしてくれる、というチームではないと思います」 13〜14年は後半区間で区間賞を連発するなど、他の選手も区間上位で走ることができたが、宇賀地が故障の影響で4・5区から外れた17年大会以降は、他の選手の区間順位も下がり始めた。 その結果17年以降は5位、7位、5位と、コニカミノルタは優勝争いに加われなくなっている。 と新キャプテンはレース展開について「各区間で主導権を握って流れていく駅伝をしたいですね」と意気込む。 区間賞を取れなくても、どの区間でも必ず区間上位で走る。 仮に4区が区間5位以下でも、優勝争いの流れに入っていく。 そんな駅伝を今季のコニカミノルタは目指している。 山本のスピードが34歳で覚醒、蜂須賀が故障を克服 山本はMGCに向けた練習中に、スピードを出す感覚が良くなったという。 「私だけフラッグスタッフ(米国の高地練習場所)で合宿していたのですが、いつもと違う環境で、MGCまで残り期間が少なく、自分1人しかいないこともあって、集中力が増していたのかもしれません。 高地なので量も質もそこまで上げられないので、動きを重視してバッファローパークという広い公園を毎日走っていたら、体が自然と反応するようになりました」 厳密には動きを「最初は少し意識する」ところと、自然に反応するところの両方があるという。 「いつもの(1kmあたり)3分ペースが2分50秒まで上がったり、2分50秒がすごく楽に感じられたりするようになりました。 もしも5区で風が吹かなければ、区間記録も狙えなくはありません」 5区の区間記録は先輩の坪田が持つ44分57秒で、1kmあたりに換算すると2分50秒7になる。 現実には向かい風が多い区間なので実現性は低いが、今の山本はそのくらいの手応えを感じるまでになっている。 蜂須賀は自身の体を冷静に見て、対処することで故障から復活した。 2月の丸亀国際ハーフマラソンで1時間01分46秒(7位)の自己新で走った後に、「お尻からハムにかけて痺れ」(蜂須賀)が出て、病院に行くと梨状筋症候群と診察された。 長距離選手に多い「脚抜け」「ヌケヌケ病」のようなひどい症状ではなかったが、「右脚に上手く重心を乗せられず、着くだけで、脚をすぐに流してしまう」走り方になっていた。 「体幹の力が使えない、使い方がわからない状態だったのだと思います。 先生の手を借りながら、体幹の力を臀部へ、ハムストリングへ、ふくらはぎへ、そして足先へとつなげていく使い方を覚え込ませました。 自分では元に戻すというより、新しい動かし方に変えた感覚です」 痛みや痺れは7月には消え、8月の北海道マラソンには予定通りに出場したが、練習内容も不十分で2時間20分26秒の30位に終わった。 それが10月の10000m記録会(28分59秒29)のときには、「動きのバランスを、大会に向けてこう作っていけば大丈夫」とつかみ始めた。 そして11月末の八王子ロングディスタンス10000m、12月1日の甲佐10マイルを連戦。 10000mは28分42秒51で予定よりも悪い記録だったが、甲佐10マイルでは46分12秒の好タイムで、優勝した市田宏(旭化成・27)に10秒差の2位に入った。 「2週連続で大会に出て、体のことがよりわかるようになりました。 1年前は年間を通じて練習ができていましたが、一発出せる力は今の方がついている」 甲佐では、前回のニューイヤー駅伝4区区間賞のMHPS・井上に6秒勝つことができた。 「1年前の駅伝で井上さんと並走しましたが、7kmで引き離されました(区間7位)。 甲佐では井上さんに『今日はやられたよ』と言っていただきました。 また対決したいですね」 蜂須賀は故障を克服したことで、一段成長できた手応えを感じ取っている。 松宮、坪田、宇賀地らかつてのエースたちも、最初から代表選手だったわけではない。 大卒の坪田と宇賀地は入社3〜4年目で、高卒の松宮は入社10年目で初めて代表入りした。 それまでは代表の肩書きなしで、コニカミノルタのエース区間で快走していた。 菊地、蜂須賀、山本の3人も、コニカミノルタのエース区間を走りながら、代表入りしていく可能性がある。 移籍加入の我那覇と、宇賀地の果たしたい役割 菊地は3区の実績十分で、蜂須賀は4区に、山本は5区に意欲を示しているが、その通りの起用になるかどうかはまだわからない。 それは過去3大会、1区が課題となってきたからだ。 17年大会は設楽啓太(現日立物流・28)が区間28位、18年は宇賀地が区間24位、前回は西池和人(26)が区間31位。 全員、主要区間を区間上位で走った実績を持つが、万全な状態で臨めなかった。 今回は「(現時点の)信頼度の大きい選手を起用する」と磯松監督は明言している。 15年大会1区区間5位で、区間賞をこれまで3個(5区1回、7区2回)取っている野口拓也(31)や、東日本予選1区の我那覇和真(26)が候補だが、菊地、蜂須賀、山本の3人のうちの1人が回る可能性もある。 そうなれば3・4・5区の担当も変わってくる。 区間配置のキーマンとなるかもしれない我那覇は、日清食品グループ陸上部の規模縮小に伴い移籍してきた選手。 縮小が発表された1月上旬から2カ月くらいは競技を続けるか迷っていたが、3月のびわ湖マラソンに出場した先輩選手の応援に行ったときに、「もっとやりたい気持ちの自分がいる」と気づいた。 4月にコニカミノルタと話し合い、6月1日付けで入社した。 「会社側にはそういった気持ちはないのですが、僕としては拾っていただいた気持ちが強い。 走れる幸せを感じていますが、その恩をまだ返せていません」 東日本予選1区は区間14位。 トップから18秒差にとどめたのは合格点だったが、期待を少し下回った。 磯松監督は「すごく真面目な性格。 移籍したからには駅伝で結果を出さなければ、という意識が強すぎた」と見ている。 ただ、「夏の時点では菊地と我那覇がチームの上2人でした。 そこから蜂須賀と山本が上がってきましたが、我那覇がいなかったらと思うとゾッとする」と、その存在を認めている。 もう1人、存在感を増してきたのがコーチ兼任の宇賀地である。 八王子ロングディスタンス10000mは28分49秒72。 ニューイヤー駅伝の後半区間を走ることになりそうだ。 「走るからには目標は優勝です」と、自身3回目の優勝に意欲を見せる。 だがコーチとしては、反省や課題が残ったと強調する。 「若手を引き上げることを、目に見える形にできませんでした。 自分が走ること自体、本来ならない方がいい。 その結果としてメンバーに選ばれたら「チームが求める走りをまっとうしたい」と言う。 若手選手にどんな走りを見せたいか、と問われて、宇賀地はこう答えた。 「勝ちにこだわる姿勢や、苦しい展開でもあきらめない姿勢、どんな状況でも攻める姿勢は示したい。 私も先輩たちのそういったところを見て育ってきました。 コニカミノルタの柱の1つです。 それは最後まで貫きたい。 若手がそれを見てどう思い、どう変わるか。 バックナンバー• 寺田辰朗(てらだ たつお)プロフィール 陸上競技専門のフリーライター。 陸上競技マガジン編集部に12年4カ月勤務後に独立。 専門誌出身の特徴を生かし、陸上競技の詳しい情報を紹介することをライフワークとする。 一見、数字の羅列に見えるデータから、その中に潜む人間ドラマを見つけだすことは当代随一。 地道な資料整理など、泥臭い仕事が自身のバックボーンだと言う。 選手、指導者たちからの信頼も厚い。 AJPS 日本スポーツプレス協会 会員。

次の

ニューイヤー駅伝2020の優勝予想や注目選手、テレビ・ライブ配信は?※結果追記

ニュー イヤー 駅伝 富士通

歴代優勝チーム 回 開催年月日 場所 距離 優勝チーム タイム 1 1957・3・3 伊勢 83・5キロ 八幡製鉄 4:27:58 2 1958・3・2 伊勢 83・5キロ リッカ-ミシン 4:28:21 3 1959・3・1 伊勢 83・5キロ リッカ-ミシン 4:27:56 4 1960・2・21 伊勢 83・5キロ 八幡製鉄 4:30:11 5 1960・12・18 伊勢 83・5キロ リッカ-ミシン 4:25:23 6 1961・12・17 伊勢 83・6キロ 東急 4:25:35 7 1962・12・16 伊勢 83・6キロ 八幡製鉄 4:16:04 8 1963・12・15 伊勢 83・6キロ 東急 4:16:13 9 1964・12・20 伊勢 83・6キロ 旭化成 4:13:28 10 1965・12・19 伊勢 83・6キロ 旭化成 4:14:21 11 1966・12・18 伊勢 83・0キロ 旭化成 4:15:44 12 1967・12・17 伊勢 83・0キロ 電電中国 4:14:57 13 1968・12・22 伊勢 83・0キロ 旭化成 4:11:45 14 1969・12・21 伊勢 83・0キロ 東洋工業 4:08:11 15 1970・12・20 伊勢 99・4キロ 電電中国 5:00:59 16 1971・12・19 伊勢 99・4キロ 東洋工業 5:02:08 17 1972・12・17 伊勢 99・4キロ クラレ 4:58:10 18 1973・12・16 伊勢 99・0キロ 旭化成 5:06:47 19 1974・12・15 伊勢 99・0キロ 鐘紡 5:01:42 20 1975・12・21 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:58:48 21 1976・12・19 伊勢 99・0キロ 鐘紡 4:58:42 22 1977・12・18 伊勢 99・0キロ 鐘紡 5:00:10 23 1978・12・17 伊勢 99・0キロ 旭化成 5:00:09 24 1979・12・16 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:57:15 25 1980・12・21 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:56:00 26 1981・12・20 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:59:18 27 1982・12・19 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:56:42 28 1983・12・18 伊勢 99・0キロ 旭化成 4:57:11 29 1984・12・16 伊勢 99・0キロ エスビ-食品 4:48:32 30 1985・12・15 伊勢 99・0キロ エスビ-食品 4:54:30 31 1986・12・21 彦根市 84・4キロ エスビ-食品 4:04:01 32 1988・1・1 前橋市 84・9キロ エスビ-食品 4:05:45 33 1989・1・1 前橋市 86・3キロ 日産自動車 4:14:52 34 1990・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:13:52 35 1991・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:10:04 36 1992・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:08:24 37 1993・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:10:50 38 1994・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:14:21 39 1995・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:15:02 40 1996・1・1 前橋市 86・3キロ 鐘紡 4:14:33 41 1997・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:07:54 42 1998・1・1 前橋市 86・3キロ 旭化成 4:06:28 43 1999・1・1 前橋市 86・4キロ 旭化成 4:11:34 44 2000・1・1 前橋市 86・4キロ 富士通 4:12:07 45 2001・1・1 前橋市 100・0キロ コニカ 4:49:44 46 2002・1・1 前橋市 100・0キロ コニカ 4:45:32 47 2003・1・1 前橋市 100・0キロ コニカ 4:44:48 48 2004・1・1 前橋市 100・0キロ 中国電力 4:47:03 49 2005・1・1 前橋市 100・0キロ コニカミノルタ 4:48:57 50 2006・1・1 前橋市 100・0キロ コニカミノルタ 4:44:54 51 2007・1・1 前橋市 100・0キロ 中国電力 4:47:02 52 2008・1・1 前橋市 100・0キロ コニカミノルタ 4:46:28 53 2009・1・1 前橋市 100・0キロ 富士通 4:51:55 54 2010・1・1 前橋市 100・0キロ 日清食品グループ 4:50:07 55 2011・1・1 前橋市 100・0キロ トヨタ自動車 4:51:56 56 2012・1・1 前橋市 100・0キロ 日清食品グループ 4:49:32 57 2013・1・1 前橋市 100・0キロ コニカミノルタ 4:51:32 58 2014・1・1 前橋市 100・0キロ コニカミノルタ 4:53:35 59 2015・1・1 前橋市 100・0キロ トヨタ自動車 4:51:41• テニス [01日21:56]• スポーツ [01日21:27]• 水泳 [01日21:27]• テニス [01日21:23]• フィギュア [01日21:19]• スポーツ [01日21:16]• 大相撲 [01日19:30]• スポーツ [01日18:49]• 柔道 [01日18:48]• 陸上 [01日18:30]• 水泳 [01日18:11]• テニス [01日17:17]• 大相撲 [01日17:15]• 陸上 [01日17:13]• スポーツ [01日17:11]• スポーツ [01日17:09]• 大相撲 [01日17:07]• 大相撲 [01日16:58]• スポーツ [01日15:32]• テニス [01日14:11].

次の