土星 人 マイナス 芸能人。 水星人マイナス(-/陰)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

土星人マイナス2017年運勢&注目の芸能人・有名人

土星 人 マイナス 芸能人

プライドが高く、何を考えているか周りに悟られまいと生きている土星人マイナスですが、意外と単純で、かなりお人よしの人が多いです。 詐欺にひっかかりやすい人が多いのも土星人マイナスの特徴で、基本的に優しいので、「あなたしか頼れる人がいないの。 」なんて言われてしまうと、ついついお金を貸してしまったり、助けてあげようと思ってしまうでしょう。 また、理にかなっていればどんなことでも素直に受け入れる性格もしており、周りが思っているより非常に単純で分かりやすい性格をしているようです。 土星人マイナスの人は仕事よりもプライベート優先という仕事運になります。 何を考えているかわかりにくく、プライドが高めとされます。 素直で単純な面があり、騙されやすいと言われています。 優しさに付け込まれて、損することも多いようです。 性格的には仕事に向いていないようですが、辛い仕事でも楽しみながら頑張れる面あります。 逆境やトラブルに強いので、成功がつかみやすいようです。 協調性に欠けるので、人数の多い組織よりも小規模な組織に向いています。 豊かな想像力を持っているので、クリエイテイブな分野で活躍が期待できます。 表現力にも長けているので、画家、作家、音楽家に向いています。 精神世界に興味があったり、その才能を持っている可能性が高くなります。 占い師などのスピリチュアル系も適職と言えます。 何かと束縛されがちなバリバリの営業会社には向いていません。 神経質な恋愛になりそうです。 土星人マイナスはとても繊細な性格をしているため、二人が一緒になると常にガラスを扱っているように壊れやすく、もろい関係になりがちです。 常に相手に気を使って恋愛をしないといけないので、お互い疲れてしまうでしょう。 土星人マイナスはお互い自分の世界を持っている似たもの同士なので、理解しあえる部分は多いでしょう。 土星人同士がうまく行くためには条件があります。 例えば、二人が上司と部下であれば関係はうまく行きませんし、恋人同士であっても好きの量が対等でなければうまくいきません。 もし、気持ちや立場に上下関係が生まれてしまうと上手に物事が進まなくなりますので要注意です。 天王星人は自由奔放で非常にルーズな性格をしています。 どういった面をしっかりフォローできる関係であれば問題はありませんが、時間がたつにつれて天王星人のルーズさに嫌気がさしてしまうことも多くなるでしょう。 とくに土星人マイナスは何事にも白黒はっきりとつけたい人です。 そういった面で根本的に性格が合わない2人なのです。 しかし、ロマンティストという面では少し似ていて、二人が夢を語るととても意気投合するはずです。 恋愛中の2人はとても楽しいと思いますが、やはり現実的に結婚を考えてしまうと「何かが決定的に違う。 」ということに気付くはずです。 どちらかが相手に合わせることができるのかが今後の2人の鍵だと言えます。 2人の相性はかなり良いです。 根本的に考え方が似ています。 どちらも規律や時間を守り、努力家でコツコツ真面目に仕事や勉強をするタイプです。 そのため、一緒にいると居心地がいいと感じると思います。 2の間に何か邪魔者が入った途端、うまくいかなくなってしまうカップルです。 どちらかの両親や友人、自分の子どもなどが2人の間に入ってしまうと喧嘩が絶えなくなったり、一緒にいることさえ苦痛に感じてしまうでしょう。 もし、間に第三者が入らないといけない場合にはたまには2人だけの時間を作るなどの工夫が必要です。 <土星人> 性格の相性は少し神経質さが目立ちますが悪くはありません。 また、上下関係があればうまく行きません。 逆に、常に対等な関係ができていれば問題なくお付き合いしていくことが出来ます。 恋愛においてもどちらかが好きの量が増えないように、常に同等のものにしておくことが大事です。 <金星人> 相性は良いでしょう。 よくも悪くも今までの考え方が自然と変わっていくと思います。 性格は全く違う二人ですが、自分にないものを補えるような関係になります。 運気の相性もかなりいいです。 一緒にいることで何事をうまくいきますよ。 金星人のわがままさが目につくときもありますが、自分の運気をよくするためにも多少は目をつむって方がいいかもしれません。 <火星人> 相性はかなり悪いです。 一緒にいると悩みが尽きず、いいことも起きないでしょう。 土星人霊合星人は独創的な考え方を持っていて、想像力豊かです。 火星人も想像力は豊かで感受性も強いです。 一見似たようにも思えますが、実は全く違い、火星人の奇人変人さに土星人霊合星人嫌気を差して破局を迎えるということも非常に多いでしょう。 <天王星人> 相性はぼちぼちといった感じです。 よくも悪くもありません。 ただ、天王星人は自由人で、束縛しようとしてもその間をするするすり抜けていって、自分の好きなことをしようとします。 時間にもルーズで、規律を守る土星人の霊合星人にとってはストレスの原因になってしまうかもしれません。 天王星人を上手に扱うことができれば悪くはない相性となりますが、考え方が根本的に違うことから悩みの種になってしまうかもしれません。 <木星人> 2人のみで行動すれば、かなりいい相性となります。 一方で、間にだれか入ってしまった途端うまく行かなくなってしまうため、要注意です。 性格的にもかなりいい相性で考え方も非常に似ているので、一緒にいると居心地が良く感じるはずです。 <水星人> 出会った際に、お互い自分にないものを持っているので急激に惹かれ合う組み合わせだと言えます。 そのため、この組み合わせは短期間での交際で結婚に至るカップルも非常に多いです。 ただ、お互い家庭運が非常に薄い組み合わせなので離婚に至ることもあるので結婚や交際の時期については注意が必要です。 土星人マイナスの人のラッキーカラーは金・銀・黄色・白・ピンクとされています。 土星人マイナスの人は、非常に繊細な面があり、精神的にダメージを受けやすいとされています。 持ち合わせている独特の感性は、落ち着きや静かさなどに通じるとも言われています。 常に明るさがあり、何事も自然体で接したいという気持ちが強いとされています。 これらのことから、太陽と月の象徴となる金と銀がラッキーカラーとなり、癒しをもたらす色の白やピンクもラッキーカラーになります。 派手さのある赤はアンラッキーカラーとなるようです。 土星人マイナスの人のラッキーアイテムは、桃の花、オパール、真珠、上質なダイヤ、時計となります。 桃の花を飾ったり、オパールや真珠、ダイヤの装身具などを身に着けると幸福に包まれます。 また音楽もラッキーアイテムの一つに含まれますので、音楽と身近に接していることでも幸せが訪れるはずです。

次の

土星人マイナス(-・陰)の性格・相性まとめ|恋愛・結婚の傾向と2019年運勢も

土星 人 マイナス 芸能人

土星人マイナス(-/陰)の性格や性質 基本的な性格や性質? 争いになる冷酷に勝利を得る 土星人マイナスの人は、利己利益のみを追求してしまうと、争いになりますが、基本的に勘が鋭く働き、ビジネスにも才覚を表わします。 その勘が嘘や陰謀などを察知し、自分の置かれた環境や人の観察にも鋭い視線で分析します。 不利だと思えばズケズケと物言いをすることがあるため、相手と争う雰囲気をつくりやすいでしょう。 また、土星人マイナスの人は、世の中の不安定さも熟知していて、生きることそのものに戦いの場として見てしまう人は多くいます。 心安まる時が少ないデメリットも生じますが、ニーズを読む能力もあり、決めた道で妥協はしません。 持ち前のバイタリティを発揮させて有利に事を運んでいきます。 平穏を望んでいるにも関わらず、時に過酷な競争に巻き込まれると冷酷に勝利を納めたかのように感じる人も多いでしょう。 基本的な性格や性質? 唯我独尊タイプ 土星人マイナスの人は、防衛本能も働かせながら、相手に対しては鋭いジャックナイフをあてるかのような言葉を返すこともあります。 まるで攻撃を受けているかのように感じ、相手が辟易して近づくのもためらってしまう人も多いことでしょう。 ただ、それは表立って濃く出てしまう正直さでもあり、年齢や経験を重ねていくことで、「自分を通しながらも他者を受け入れていく」術を身につけて行ける人もいます。 相手に対して刃を向けるかのような一面と自分を貫く一面は土星人マイナスの人を「唯我独尊」的な人と思わせやすく、強烈なインパクトを与えることも多いでしょう。 最初の接点でそこを見初めて慕っていきたいと思うか否かが、長年の付き合いになるか、会いたくない人と思わせてしまうか決まってしまうことも多いと言えます。 基本的な性格や性質? プライドが高い 土星人マイナスの人は、プライドの高い一面が傲慢と受け取られることも多いでしょう。 土星人マイナスの人のプライドの高さがよい方向に働けばよい仕事ができ、悪い方向に働くと、プライドを傷つけられまいと、やっきになって自己主張をしたり虚勢を張ることもあります。 土星人マイナスの人は、自分が確信する理論こそ、正義に叶っているとも考えています。 そして、人生経験から得た確証は自分自身を作って生きているため、自分理論を曲げることは許されません。 出来上がったプライドが相手に対し不寛容になることもあり、優越感も強い人ならば、時に相手を詰問したり、非難したり辛くあたったりして、とことんまで追い詰めることも少なくありません。 基本的な性格や性質? 責任感が強い 自らも理想を高くもっているため、自分の身の振り方にも筋が通っていることを基本姿勢としています。 それは世間的に責任感の強さとして表れていることでしょう。 節度ある行いは普通のことであり、そこに不自然さはありません。 自分の意思にそぐわない人と無理に距離を縮めようともしないので、融通が利かない頑固者、とレッテルを張られてしまうこともあります。 周囲がそこまでこだわって生きなくても、と思ったとしても、それは彼・彼女達にとっては、「こうあるべきもの」という認識でしかありません。 常識的でお手本のような人とも言えますが、同じような人が周囲にいなければ、自分は関わらずとも一歩ひいて見ていたい人、とも思われることも多いでしょう。 基本的な性格や性質? 行動が素早い 土星人マイナスは、行動が素早いと言われています。 一般的には、行動を起こすのに時間が掛かる土星人マイナスですが、それは行動を起こすまでの話です。 一度目標が定まると行動が早いのが特徴です。 その理由は、単純な性格と逆境や困難に強い性格にあります。 土星人マイナスは、悪い意味ではなく単純な人が多いです。 「あなたしか頼れる人がいない」などと言われるとその実力を発揮します。 しかも、どんな仕事や勉強に対しても寡黙に一生懸命行います。 特に困難な課題であればあるほど率先して頑張るタイプです。 しかし、楽しそうに頑張るのではなく、寡黙にそつなく課題をこなしていく人が多いです。 又、プライドが高いという一面も持ち合わせているので、途中で放棄する事もありません。 以上の事より、土星人マイナスは行動が素早いと言われます。 霊合星人の土星人マイナスの性格や特徴 霊合星人の土星人マイナスの性格・特徴として、「マイペース」「リーダーシップ」「行動的」の三つがあげられます。 もともと理想主義な気質の土星人。 正義感と責任感も人一倍強いので、いい意味でこだわりは強いです。 マイペースになるのも、理想を追い求めているから。 おっとりしているわけではなく、自分を貫くタイプです。 強い正義感と責任感は、周囲を引っ張る場面において大いに役立ちます。 天王星人のカリスマ性も持ち合わせているので、自然と人が集まってきます。 争いごとを避ける優しさも相まって、周囲への気配りも抜群。 理想的なリーダーになれます。 理想のためにはいかなる努力も厭わない姿勢は、確かな行動力に繋がります。 フットワークはかなり軽やかです。 他人ではできないようなこともこなすその強さは、誰にも負けないことでしょう。 土星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 結婚運が薄い 土星人マイナスの人の結婚運についてですが、元々結婚願望を持っておらず、家庭を築くということにこだわらない人が多いです。 その為に生涯独身を貫くという人が少なくありません。 男性の場合には結婚よりも何よりも仕事優先というスタイルでいることがあります。 女性の場合にもこの人と思った人が出てくるまで待っているうちにチャンスを逃してしまう場合が多いです、結婚したとしても、家庭の方に気持ちが向かずに、徐々に家庭の中が不和になってしまうことがあります。 その為に結婚したとしても、離婚をするカップルも少なくありません。 一つのことにしか気持ちを向けることができないので、家庭か仕事かということで、仕事の方を選んでしまう人が多いです。 家庭や結婚の特徴? 公私のバランスが崩れやすい 土星人マイナスは、公私のバランスが崩れやすいと言われます。 その原因は、仕事よりも家庭を大切にするという傾向が強いからです。 土星人マイナスは、家庭への意識が強い傾向があるため結婚後に仕事がおろそかになる場合があります。 女性の場合は、仕事と家庭の両立が出来ずに専業主婦になる場合があります。 男性の場合も、会社での出世よりも家族で過ごす時間を第一に考える傾向が強いです。 これらに関しては、子供が出来ると子煩悩になり子供の事を大切にする良い夫婦にになります。 又、仕事をしていても、定時にまっすぐ帰宅するようなタイプになります。 但し、会社や上司によっては、文句を言われる可能性もあります。 以上の事より、土星人マイナスは、公私のバランスが崩れやすいと言われます。 家庭や結婚の特徴? 家庭を顧みない場合が多い 土星人マイナスの人は結婚せずに独身で過ごすという選択をする人が多いです。 結婚をしたとしても、家庭と仕事の二つを両立していく器用さに欠けていて、結果として仕事を優先してしまうところがあります。 本来の真面目な性格から、仕事に対して責任をしっかりと果たしたいという気持ちが強く、家庭に目を向けていると仕事がおろそかになって しまうのです。 特に子どもが生まれてからは、子どもに集中力を持っていかれているように思い、お世話をしたり、一緒に過ごすということを大事にするのではなく自分がどうしたら仕事に打ち込めるかということを優先して考えます。 結果として土星人マイナスの人のパートナーは、家庭を顧みずに独身時代のように過ごしていると思い、不満を溜め込んでしまいやすくなります。 恋愛運の傾向は一途に愛する 土星人マイナスの人の恋愛傾向についてですが、誰でも良いというわけではなく、慎重にこの人しかいないと思える人を選びます。 アプローチをする時に、なかなか大胆に自分の気持ちをアピールすることができず、時間がかかることがあります。 一度好きになった人に対しては一途で、思いを実らせるまでに時間がかかっても、気持ちを貫きます。 恋人関係になってからは浮気などすることもなく、誠実にお付き合いをしていきます。 ただ相手に対して求める理想が高いので、お付き合いをする上で相手の欠点が見えてくると、そんなことで?と思うような些細なことであっても許せずに、結果として別れてしまうこともあります。 過去の恋愛について引きずってしまうこともあり、なかなか切り替えができずに、恋愛ができない期間が長くなることもあります。 セックスの傾向は精神的なつながりを大切にする 土星人マイナスの人のセックスについてですが、性欲は薄くはないのですが、保守的で真面目な考え方をしていて、愛する人とのコミュニケーションをとることが大事と考えています。 結果として一夜限りの関係を持ったり、遊びの相手とセックスをしたりということはなく、しっかりと心がつながっている相手と関係を持ちます。 あまり冒険をすることを望んでおらず、色々なプレイをするのではなく、いつも正常位でするという人も多いです。 男性の場合には性欲があっても外に出すことをはばかるので、周りからはムッツリスケベという印象を持たれてしまうことがあります。 ただ精神的なつながりを大切にするので、パートナーを満足させることができる質の良いセックスができると言えます。 土星人マイナス(-/陰)の金運の特徴はコツコツ貯めていく 土星人マイナスの人はお金を派手に使うことはなく、倹約家として過ごしています。 自分が興味のない物に対してはお金を使いたくないという信念があり、浪費することがありません。 しかし自分が価値があると思うものに対しては、しっかりとお金を使います。 必要な物をしっかりと見極めながらお金を使っていくことができるので、お金はしっかりと増えていきます。 ギャンブルに手を出してお金を失うという心配もないので、土星人マイナスの人と暮らしていると、金銭的な不安を感じなくてもすみます。 生涯においてお金がないという切迫した状況に悩まされることなく、金銭的には安定して過ごすことができます。 コツコツと貯めているので、突然の出費にも落ち着いて対処できます。 土星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴は他の人とは異なる職業に向く 個性的な発想を生かして、他者には思いつかないようなチャレンジをしていく土星人マイナスは、一風変わった職業に向いています。 例えばモノづくりに携わる場合、性能向上に向けた取り組みと、実際の使用場面を想定したアプローチにより、有効性の高いサービス提供に繋げられるでしょう。 土星人マイナスの独創性と誠実さが、魅力的な発明に結びつくのです。 精緻な技術によって作り上げられた製品の販売を通して、新たな価値の創造を実現していける可能性もあります。 そうした意味では、技術系の職業も合っています。 クリエイティブで自由に動ける環境が与えられれば、土星人マイナスの本領が発揮されて、前向きに仕事をしていけるようになります。 土星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説 土星人マイナスと土星人との相性は干渉し合うと失敗する 土星人同士の相性と言うのは、性格が重なる面も多いので、良い相性とは言えるのですが、あまりに干渉してしまう失敗してしまいます。 なぜなら、お互いに自分の世界を大事にするタイプですし、人にも口出ししない分、自分も口出ししてほしくないという面があるでしょう。 それこそ、お互い精神的な面で共鳴する面はあっても、現実的な面、例えば経済活動や仕事の面では、前進性のない相性となってしまう恐れがあります。 なので、一旦は打ち解けたとしても、どこか距離をおかないと、現実感に乏しい、厳しく言えば何も利益を出さない相性となるのです。 長く付き合うと、お互いにそれに気付くので結果として、深い関係にはならないのです。 ある意味では条件付きで良い相性と言えるでしょう。 土星人マイナスと金星人との相性は素晴らしいの一言に尽きる この相性はとても良いといえるでしょう。 なぜなら、土星人は精神的ではありますが、仕事熱心です。 そして金星人は現実的で合理主義ではありますが、物事を継続できないところがあります。 例えば事業を起こすとして、土星人が使命感に燃えていたとします、ですが現実感がないので、なかなか先に進みません。 そこに金星人が加われば、一気に前進していくでしょう。 ですが、金星人は長続きしません。 そこに土星人が加われば金星人を大いに動機づけるでしょう。 家庭においても、土星人が真面目で責任感があるところを活かし、家庭を守り、そして金星人がその積極性と外向性で、外にでて働くという、絶妙な関係性が成り立ちます。 しいて言えば、女性が土星人で男性が金星人だと良いですが、仮にそうでないとしても素晴らしい相性と言えるでしょう。 土星人マイナスと火星人との相性は良いか悪いかの両極端 気遣いが出来て器量が良い土星人マイナスとアクティブな火星人は、気持ちが通じ合えば素敵な関係になれます。 しかし、一方の個性が強く発現されて確執が生じやすい側面もあるので、その点はリスク要因となっています。 一度強固な関係性を作り上げられれば、長期に渡って親密な中を保つことが出来るのです。 土星人マイナスの優しさに甘えすぎず、火星人の積極性を生かせる関係づくりを進めていく必要性があると言えます。 目の前の課題を一つ一つ丁寧に見つめていく姿勢が大切で、これは両者の共通認識として捉えておく必要性があります。 最高の相性になるか、最悪の関係になるかはこうした心掛けの先に見えてきます。 個性を把握して関係を深めていけるかが鍵となるのです。 土星人マイナスと天王星人との相性はお互いが快楽主義 あまり深く考えすぎず、流れに身を任せるタイプの土星人マイナスは、同じく楽観主義者である天王星人との相性が抜群に良いと言えます。 常に明るく楽しい暮らしを営むことが出来るので、ストレスを感じることも少ないのです。 毎日笑って生きていけることが、天王星人と土星人マイナスの大きなメリットとなって示されます。 時には感情的な会話があったとしても、あっけらかんとして短期間で忘れてしまうでしょう。 遺恨を起こすような喧嘩には発展せず、何となく許容しているのです。 また、快感を追い求めるあまり、プライバシーに無頓着であることも特徴的であると言えます。 より多くの快楽・快感を得たいという欲求が互いの根幹にある本質的な思いです。 土星人マイナスと木星人との相性は第三者の介入で関係が潰れる 優しさと意志の強さを兼ね備えた土星人マイナスは、仲を取り持ってくれる第三者の存在によって、木星人との関係を良いものにも悪いものにも変えられます。 優柔不断で何事も自分で決められないタイプの木星人は、自分と対極的な性格である土星人マイナスとの関係性構築に苦慮します。 しかし、相手の良さに気づいたとき、自分の短所を受け入れてくれるのではないかという期待も湧いてきます。 そうした中で、第三者がお互いの間に入って急に交流の機会を作ってしまうとスムーズなコミュニケーションをとれないようになっていくのです。 安心感を抱き、お互いの魅力を存分にアピールできるような環境づくりが出来ないと、関係は脆く潰れてしまいます。 土星人マイナスと水星人との相性は開花も早いが燃え尽きるのも早い インスピレーションで相性が良いと感じて、土星人マイナスと水星人が付き合うことになっても、その終焉は思いのほか早く訪れます。 自分のエゴを相手にぶつけてしまいがちな土星人マイナスに対して、我慢強い水星人は初めのうちご機嫌取りをしてくれますが、次第に無理が生じるのです。 表面上は今まで通りの関係が維持されているように思えて、実は互いの信頼感が揺らいでいます。 修復を試みても、一度燃え尽きかけた恋心はなかなか元には戻らないのです。 早い段階で激しく燃え上がった思いは、いつも簡単に崩れてしまいます。 水星人の本質は頑固なので、相手を受け入れる寛容さが無駄だと気付いたら、もはや愛情を注ぐことを拒絶してしまいます。 土星人マイナスの2020年運勢 土星人マイナスのあなたは、今年は現状維持が吉です。 2020年は、土星人マイナスの方にとっては大殺界の最終年になります。 2019年から大殺界の終わりに向けて徐々に運気はアップしていますが、まだまだ油断は禁物です。 一発逆転・心機一転でなにか始めようとすれば、予期せぬトラブルでますます深みにはまることも。 2020年は2021年以降に動き出すための準備期間にしましょう。 より良い運気を得るための秘訣は、今ある環境で腰を据えて堅実な選択をしていくこと、そして無理に前向きになろうとしないことです。 傷ついたり落ち込んだりするのは大殺界の悪い運気のせいです。 あなたの頑張りが足りないのではありません。 自身のペースを崩さずに、今の環境の中で緩やかに一年を過ごしてみてください。 そうすれば2021年以降に新しく動き出せるチャンスが訪れるでしょう。

次の

水星人マイナス(-/陰)の性格・相性|2020年の運勢から大殺界や霊合星人も丸わかり

土星 人 マイナス 芸能人

水星人マイナス(-/陰)の性格や性質 基本的な性格や性質? 一歩引いて物事を見る 水星人マイナス(-/陰)の人は、冷静な判断のもとに日常を送ることができます。 それも「一歩引いて物事を見る」習慣が身についているからで、体当たりで物事に当たっていくという、がむしゃらな感じは性に合わないと自覚しています。 また、例えそのように振る舞うべき場面も、表向きにはできても、どこか冷ややかな理性や飄々とした面立ちを周囲に感じさせます。 見る側からすれば、調子にのっていないという肯定感もあり、また打ち解けられないと感じることもあるでしょう。 また、水星人マイナス(-/陰)の人は、人の意見を聞かないわけではないものの、自分は自分とする意識が強いあまり、人に弱い部分を曝け出せないことで距離感を感じさせることも多いと言えます。 基本的な性格や性質? 意志が強く自分を見失わない 水星人マイナス(-/陰)の人は、物事を冷静に判断することができ、自分の信念をしっかりと持っています。 その為に周りの意見に流されることなく、自分の意志を貫き通す傾向があります。 困難なことが起きたとしても、周りに相談するのではなく、自分でしっかりと考えて進めていき、結果として問題を乗り越えていくことができているというのが水星人マイナス(-/陰)の人の強みです。 自分がこうと決めたことがぶれず、しっかりと結果を出す水星人マイナス(-/陰)の人は、その姿が周りから信頼されて、仕事でも成功をおさめることができます。 ただ周りの意見に耳を傾けることが少ないので、場合によっては周りから孤立してしまうこともあり、少し柔軟性を見せることでより物事を上手く進めていけるようになります。 基本的な性格や性質? 感情に流されることなく物事を遂行する それがポジティブな出来事であろうと、ネガティブな出来事であろうと、感情を表に出すことが少ないのが水星人マイナス(-/陰)の人の特徴と言えます。 それは露骨さを嫌うというよりは、一時的な感情だけを捉えて物事に当たるのが苦手だからでしょう。 流されていかない強さは仕事面では有利に働くことががあると言えますが、周りに居る人からは血の通った人だろうか、そう思われてしまうことさえあります。 だからといって、人と一緒にいて不快感を与えているわけではありません。 それは要らぬ感情で相手に働きかけたり、憶測で判断したりしないからでしょう。 淡々と物事を遂行させ、静かにそこに居る「害のない人」という印象のほうが強いのです。 上手に感情表現しない水星人マイナス(-/陰)の人をどうにか刺激させようと夢中になって働きかける人もいて、決して損をしているというわけではありません。 基本的な性格や性質? 利に聡い 水星人マイナス(-/陰)の人は、初めて会う人に与える印象が良いので、幅広い交流関係を築くことが非常にうまいです。 その中でも、周りの情勢や今後の動向などを得ることに長けており、置かれた状況の下で自分にとって最善となるものを読み取る嗅覚が人一倍優れています。 そのため、多少の波風があっても最終的にはちゃっかりと得しているということが多いようです。 さらに、水星人マイナス(-/陰)には、生まれつきの性格として「物事を新たに始める」という面があります。 この性格のおかげで、誰も挑戦したことの無いような分野にも果敢に挑んでいくことができます。 すると自分に大きな見返りがくる状況自体も作れるため、利に敏感な部分がさらに研ぎ澄まされます。 基本的な性格や性質? 事業家の気質を持つ 水星人マイナス(-/陰)の人は、のびのびと働ける環境で力を発揮する特徴があり、周りから色々と指示されることを好みません。 上の人の考え方に合わせたり、言われた通りに動くというのを、極端に窮屈に感じます。 しっかりと自分の考えを持ち、目標を持ちそれを達成していく力があるので、事業家に向いています。 事業を起こして何か壁にぶつかった時にも、冷静に状況を考えて判断していくことがあるので、成功をおさめやすいです。 損得勘定ができるので、お金を生み出すためには世渡り上手になり、人の心をつかみます。 どうしたら人を動かせるかということを考えているので、人の上に立つことができるのです。 お金の管理もでき、無駄なくお金を使い、蓄えていけるという傾向があります。 霊合星人の水星人マイナスの性格や特徴 霊合星人の水星人マイナスの性格は「人情固い」「臨機応変」ということがあげられます。 まず、水星人の元々の特徴として、独立心が強いということがあげられます。 社長気質で、自分の意見を強く持ち、何事も自分の意思で決断できる力があります。 さらに、水星人は基本的にマイペースで人の意見を聞かず、自分一人で突き進む性格なのですが、霊合星人の水星人マイナスの場合は気を許した人物を無下に扱うようなことはしません。 また、周囲の意見をしっかりと聞き入れ、必要なものを自分に取り込んでいく器用さもあります。 また、失敗も人のせいにしたりせず、自分の責任としてけじめをつけることができます。 そんな霊合星人の水星人マイナスの人望は厚く、周囲から頼みごとをされることも多い存在です。 水星人マイナス(-/陰)の家庭運・結婚運の特徴 家庭や結婚の特徴? 孤独になりやすい 水星人マイナス(-/陰)の人は、自分で考えて行動するというスタンスで生きていて、あまり周りの人を頼りにしようとしません。 物事に対してクールに捉えていて、あまり感情的になることもありません。 そういった水星人マイナス(-/陰)の人は、家庭や結婚において家族といても少し距離を置くところがあり、結果として孤独になりやすい特徴があります。 元々家庭運が薄いところもあり、一生一人でも良いかなという気持ちを持っていて、結婚をしても一人の世界を大事にするところがあります。 孤独を感じるという運気を持っているので、常にどこかで孤独感を感じていて、なかなか人といることで満たされないところがあります。 子どもが生まれても、溺愛するということはなく、距離感を持ちながら接します。 家庭や結婚の特徴? 家庭のトラブルを起こしやすい 水星人マイナス(-/陰)は家庭的なトラブルが多い傾向があります。 もともと家庭運が薄いですし、本人も家庭では暗い印象でしょう。 ですが、その反面、仕事運や財運に恵まれていて、専業主婦よりは、仕事を持った方が生き生きとしてくるでしょう。 あとは、負けず嫌いなためか、かかあ天下で夫が弱気というケースもあります。 どちらにせよ、家ではじっとしていられない性格なので、仕事をしなくても、趣味的な活動で外にでるというのも良いでしょう。 あとは、浮気性な面があるのも注意でしょう。 本人は遊びや興味本位だったとしても、このような問題は家庭においては重大な事なので気を付けるべきしょう。 どれもこれも、本人の孤独性や寂しさからきているものなので、それを癒すという事も大切になります。 家庭や結婚の特徴? 家庭運に恵まれない 水星人マイナス(-/陰)は、結婚に対して期待が大きく、実際の家庭生活が始まるとそのギャップに悩んでしまうことが多いです。 結婚に至るまでの恋愛関係から、生涯の伴侶としてパートナーを選ぶことへの抵抗感が徐々に強くなってくるのです。 正義感は強い方なので、なんとか円満な家庭を作り上げようと努力はするものの、なかなか上手くいかず心が折れてしまうケースがほとんどです。 更に、子供が生まれると仕事と家庭生活の両立が困難になって、精神的に疲弊していきます。 パートナーからも心配されるようになり、自信を失ったまま諦めの気持ちが大きくなりがちです。 真面目な性格の水星人マイナス(-/陰)は、特にストレスをためやすく、家庭運も遠のいてしまいます。 恋愛運の傾向は気を使いすぎて成就しにくい 気持ちの変化・機微に気づきやすい水星人マイナス(-/陰)は、恋愛においても余計なことを気にしすぎて、ナイーブになってしまうことがとても多いです。 愛いてが傷ついてしまわないか心配して、常にビクビクしながらコミュニケーションをとろうとするので心労が尽きません。 恋愛の関係を壊してしまうことに対する恐怖心もあり、なかなか思い切ったアプローチが出来ないことも、運気を減退させる要因となっているのです。 ほとんどの場合は、喧嘩をしても自分から折れてしまうので、主張が通らずストレスが溜まります。 こうした状態が続いていくと、相手と一緒にいるよりも自分の時間を大切にしたいという欲求が強くなり、徐々に気持ちが離れていくのです。 セックスの傾向は積極的でプレイボーイ・プレイガール 水星人マイナス(-/陰)のセックスの傾向としては、プレイボーイとプレイガールと言ったところでしょう。 どちらも、純愛型というよりは遊び型ですので、例え今お付き合いをしている人がいたとしても、他の人に目が移るでしょう。 それだけ不倫関係になりやすいと言えます。 セックスも、とても積極的で、テクニックの勉強もするでしょう。 それだけ、相手を喜ばせたいですし、その喜んでいる様子に、自分も満足するでしょう。 そして、概して性欲が強い星なので、スタミナもありますし、セックスの頻度も多いでしょう。 男性も女性も、セックスの対しての貞操観念は薄く、若い頃から興味を抱く方が多いでしょう。 それだけ、異性に対しての、興味が強いと言えます。 水星人マイナス(-/陰)の金運の特徴はずば抜けた強さ 水星人マイナス(-/陰)の人の金運の特徴は、ずば抜けた強さです。 それは、お金に細かいという特性に理由があります。 水星人マイナス(-/陰)の人は、お金の出入りにうるさいのです。 お金の貸し借り等があれば、絶対にいつまでも細かく覚えています。 そして、出費を極端に嫌がる傾向があります。 決して、水星人マイナス(-/陰)の人がケチというわけではありません。 必要であれば出費や投資をするのですが、無駄な出費が嫌なのです。 さらに貯蓄の才能もあります。 お金を生み出す才能もあるので、無理せず財産を築く事が出来ます。 物事に冷静に対処でき、世渡り上手なので社内での出世や、自営業であれば事業拡大も可能です。 以上の事より、水星人マイナス(-/陰)の人の金運の特徴は、ずば抜けた強さと言われます。 水星人マイナス(-/陰)の仕事運の特徴は個で活動すると活きる 水星人マイナス(-/陰)の人の仕事運については、集団ではなく個人で行動することによって生まれ持った能力を発揮することができます。 今までの人生を振り返ってて思い当たる節はありませんか。 スポーツで例えるならば、サッカーやバスケットボールなどのチームで戦う競技よりもテニスや武術などの個人でその技を高めていく競技が得意。 または別の方面から見ますと、水星人マイナス(-/陰)の貴方は他人にあれこれ言われるのが苦手で自分自身のペースで黙々と作業に取 り組むことを得意とする性格です。 学生の頃は何か文章を書いたり、絵を描いたりする時には異様な集中力を発揮して周りの人を驚かせた経験があるのではないでしょうか。 そんな貴方には作家や陶芸家などが向いていると言えます。 水星人マイナス(-/陰)の相性はどう?各星人との関係を解説 水星人マイナスと土星人との相性は短期的には良いが長期的な関係には不向き 六星占術で水星人マイナスと土星人の相性は短期的にはかなり良いのですが長期的な関係には不向きというのがあります。 なので知り合いで結構仲が良いと思っていても長期的な付き合いをしていても思ったほど良い関係が長続きしないというのがあるのでそこは割り切って付き合う必要があります。 ただ短期的な付き合いなら相性も良いので一緒に過ごしていて楽しいので短い間だけの付き合いなら積極的にした方が良いです。 また水星人マイナスの人というのは頭の回転が良いのですが飽きっぽい性格なので長く同じ事を一緒に楽しむには向いてないというのがあるので ずっと1つ事に集中したい人にはあまり長い付き合いができないのでその点を特に注意した方が良いです。 水星人マイナスと金星人との相性は時間はかかるが自分たちだけで物事を解決できる 一歩外側から物事を見つめる冷静さを持つ水星人マイナスと、やや浅い物の見方をして、クールを気取る金星人の人とは、暑苦しく物事を考えない点で、うまが合うとも言えます。 どちらかというと、金星人の人のほうが積極性があり、物事の段取りを的確に素早く決めて動くので、水星人マイナスの人が黙って従うケースになりがちです。 そのような場合でも、水星人マイナスの人が意見を要所要所で伝えられる関係性ができていれば、金星人の人の抜けがちな部分をフォローしたり、よき理解者になることができるでしょう。 恋愛関係にあれば、お互いのユニークな部分を見つけ出して、意思疎通しやすい関係性が築けます。 そのため、肝心な時にも手際よく解決に向けて動くことができるでしょう。 また、水星人マイナスの人の話には押し売り的なところがないため、金星人の人も受け入れしやすいといえます。 水星人マイナスと火星人との相性は水星人が上手く相手を包み込めると花開く 一度決めたことは何がなんでも貫き通す意思の方さが水星人マイナスの特徴的な一面であり、水星人の包容力によって守られています。 優しくて思いやりのある水星人がそばにいてくれることで、水星人マイナスの頑固さがほどよく中和されるのです。 向こう見ずな状態を脱して、広く周りを俯瞰できるように導いてくれることも大きなメリットとなります。 意見が対立することも少なく、無理難題を言っても受け入れてもらえる安心感が、水星人マイナスの心を安定させる要素となるのです。 未来志向の関係をしっかりと作り上げて、素敵な未来を描くことが出来ます。 時にはすれ違うこともありますが、仲直りするまでの期間はとても短くすぐに解決されるのです。 水星人マイナスと天王星人との相性は駆け落ちしてでも一緒になれる強い相性 駆け落ちしようとも、他者から強い反対をされようとも、意地でも自分の思いを通そうとする気持ちの強さが水星人マイナスにはあります。 天王星人と一緒になりたいという気持ちが強ければ強いほど、頑固さが表に出てくるのです。 天王星人は受動的な雰囲気を持っているので、巻き込みやすいと言えます。 相性の強さは、水星人マイナスが主導的な立ち位置にあることに起因しています。 どんなに辛いことがあっても守り抜いて欲しいという相手の希望を、自分の強さに変えてしまうことが出来るのです。 封建的な主従の関係に見えて、その実互いをいたわりあうことのできる状態となっています。 確固たる決意が醸成されているからこそ、駆け落ちにも尻込みしないのです。 水星人マイナスと木星人との相性は相手に引っ張られることで良縁となる 洞察力に優れ、常にイニシアチブをとれるタイプの水星人マイナスは、受け身の姿勢を重視する木星人との相性が良いと言えます。 バランスの取れた関係性が維持されて、周囲からも温かい目で見てもらえるようになります。 社交的で、周りとの調和を大切にするタイプの水星人マイナスの人は、あまり敵を作らないので誰からも愛されます。 そのため、多くの取り巻きが付きやすいです。 木星人は、目先の利益ばかりでなく、長期のスパンで物事を捉えることが出来るので、水星人マイナスと未来を見据えた関係性作りを目指せます。 取り巻きの中から、木星人を選ぶ先見の明があれば、より素敵な縁となり得るのです。 お互いの性格が上手くかみ合って、末永く幸せに暮らせるでしょう。 水星人マイナスと水星人との相性は発展が望めるが時に抑止しなければならない 水星人マイナスと水星人の相性としては、多いに発展しますが、あまりにも勢いがありすぎるので、ブレーキをかける事も必要になります。 この相性は、どちらも未来を開拓する明るいエネルギーがありますので、とても前進性があります。 しかし、あまりにも前に進むエネルギーが強すぎて、水星人マイナスも水星人も息切れを起こしたり、どこかで大きな壁にぶつかる可能性が高いのです。 なので、自分たちの行動を、ある程度は制止するという気持ちが重要になってくるでしょう。 人生は時に、過去を振り返り修正したり、時には休息をとる事も必要なので、そのためには、自分たちでその行動を客観視して、適切な対応をする事も大事になります。 そうする事で、健全な発展ができようになります。 水星人マイナスの2020年運勢 あなたの2020年は、静かに過ごすことで少しずつ運気が高まっていく一年となります。 水星人マイナスの方は、2020年から3年間続く大殺界に入ります。 ここ3年間はとても良い運気だったので、いきなりなにもかも上手くいかなくなってギャップに苦しむかもしれません。 大きな失敗をしないためにも、対人関係・金銭面・健康面においては控えめにしたり用心しておいたりしましょう。 大切なのは小さな成功を積み重ねていくことです。 今までの絶好調な運気での過ごし方を引きずって、何か大きなことに挑戦しよう、というのはNGです。 大殺界中は常に向かい風。 結果が伴わず悲しい思いをすることになります。 あなたの実力でできる範囲のことを積み重ね、小さなことで良いので少しずつ成功させていきましょう。 大殺界と聞いて驚いたり落ち込んだりしてしまうかもしれんせんが、これは3年後に運気が上昇したときにチャンスを掴むための試練だと思ってください。 内省に集中して良い運気に備えましょう。

次の