さあ 行く ん だ その 顔 を 上げ て。 さあ行くんだ、その顔を上げて

さあ行くんだ、その顔を上げて。 / 福岡市都市景観賞 WEBマガジン FUBA [フーバ]

さあ 行く ん だ その 顔 を 上げ て

) 新幹線は、ほかの何ものにも代えがたい「独特の立ち位置」を持っていると、 言えるのではないでしょうか!? 「独特の立ち位置」……。 それは、単に「快適でスピーディーな交通手段」としてはもちろんですが、 政治家の皆さんが必死になって頑張っている 「地域づくりのコンテンツ」としてだったり、 開業から数十年を経た今でも、死亡事故ゼロを維持している 「国としてのプライド」だったり。 そして少々強引ですが、 すっごいスピードで街を通り過ぎていく「景観を眺める装置」としても、 これって、独特の存在だよなと思わずにいられません。 新幹線N700系「さくら」。 薄い水色がカッコイイ! なぜに思ってしまったか…。 それは、僕の幼少時代の記憶にあります。 トキは、80年代前半(3歳ころから中学校に入るまでの期間)。 私の夏の決まりごとといえば、 祖母に連れられていく親戚の家までの冒険。 今思えば、未就学児(幼児・乳児)無料という 国鉄の料金設定を巧みに利用した、 うるさい子どもの厄介払いだったのでしょうが、 その後、30年超を経た今でも、鮮やかな記憶として残っていることからも、 ナカムラ少年に与えた影響って、かなりのものがあったのだと思います。 小学校に入学する頃には、 山陽新幹線の駅名をすべて暗記し読み上げていたと、 祖母が生前、よく自慢しておりました(祖母的には、もはや神童です)。 100キロを超えるスピードでビュッと来て、 何分か駅に停まってビュッと立ち去る。 工場がたくさんあるから「徳山」だとか、 山の中に入ったから「岩国」じゃないかとか。 平野になってビルが多いから「広島(岡山も)」だなあとか。 産業やら自然やら、それぞれの土地風土やら。 もちろん、子どもならではの勝手な解釈がほとんどですが、 一瞬で切り替わる景色だからこそ、 眼に映る現実にも、それらの空気感にさえも、 各都市の差異を見つけていたように思います。 唐突ですが、「シムシティ」というゲームがありますが、 その楽しみ方の感覚って、なんだか似ている気がします。 プレイヤーが市長となって、市民が住む街を繁栄させていくシュミレーションゲーム そんな、都市を都市と意識し始める子どもの時代に、 ナカムラ少年の心にグサっと刺さったのが、 まちのど真ん中にデンと鎮座する「お城」の存在です。 極端に言うと、お城がない町なんて眼中にない…。 というくらいに、 最終的には「お城男子」が、出来上がってしまったのでした。 車窓から見えるお城は、 川の向こうだったり、ビルの隙間だったり。 どこのどいつも、一瞬の刹那な出会いなのですが、 なんだか、その町のことが手に取るようにわかったような…。 そんな気がしたものです。 まちを見下ろすように、高いところを走る専用の高速路線。 そして、まちの音を遮断する、高い機密性の窓。 まるで新幹線って、 都市の雑踏を「高みの見物」してるような感じすらあります。 博多を出ると、小倉、岩国、広島、福山、そして姫路。 少年の中で評価すべき都市は、山陽路では上記のとおりです。 ということで、 先日、大阪に出張した際に、 少年時代を思い出して、「お城」を探してみました。 想像とぜんぜん違っていたり、 ビルが増えて見えにくくなっていたり。 当時の神童も、今ではただのオッさんなのですね…。 岩国なんて、行きも帰りも見つけられませんでしたし。 それでは、 見逃さないように。 西から順に行きますよ。

次の

さあ行くんだ、その顔を上げて: 音遊館 てくてく日誌 +++鹿児島市のピアノ教室ブログへようこそ!+++

さあ 行く ん だ その 顔 を 上げ て

<おもいでほろぽろ> 1982年の夏。 27歳になるOL岡島タエ子は、勤務先で休暇を取得。 姉、ナナ子の夫の親類の家に2度目の滞在をさせて貰う事になった。 タエ子は、山形へ向かう寝台特急あけぼの3号の車中で、田舎が無いことで寂しい思いをした小学5年生の自分を思い出す。 その後、滞在先の家の息子、トシオや農家の人々と交流するうちに次々とその当時の頃の思い出がよみがえっていく。 そんな思い出と共に過ごしていく内、次第にタエ子は農家の人々の暮らしに強い魅力を感じるようになる。 ・・・・ 私の思い出ぽろぽろ を投稿します。 ・・・ 【思い出曲】銀河鉄道999 ゴダイゴ ! さあ行くんだ その顔を上げて 新しい風に心を洗おう 古い夢は 置いて行くがいい さあ行くんだ その顔を上げて 新しい風に心を洗おう 古い夢は 置いて行くがいい ふたたび始まる ドラマのために あの人はもう 思い出だけど 君を遠くで 見つめてる. [The Galaxy Express 999 Will take you on a journey A never ending journey A journey to the stars]. 私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。 憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

次の

さあ行くんだ、その顔を上げて: 音遊館 てくてく日誌 +++鹿児島市のピアノ教室ブログへようこそ!+++

さあ 行く ん だ その 顔 を 上げ て

by ゴダイゴ『 銀河鉄道999』…えっ、EXILE?…知らんなぁ…。 昨日は、子供達の小学校で(近隣の2小学校+1中学校合同での)講演会が行なわれた。 ちなみに、我が家は興味もなく、申し込みすらしていなかった。 だったら何でそんなことを話題にするのかといえば、その オープニングセレモニーだかで、バトン部と金管バンド部がステージに立つということで、金管バンドに所属する娘に、 私「聴きに行かなくても良い?」と確認すると、最近の娘の良く使う話法にて 娘「 来てくれると嬉しいけど、別に良いよ」と微妙な答え方をしてくれるため、結果行くこととなった。 (一緒に行けば良いのに)嫁の ギリギリ出発に耐えられず先に小学校へ向かったが、どうやら受付をしている…。 まぁ、素通りできそうだったのですが、気の小さい私はとりあえず嫁を待つことに…。 そうしたら嫁は(受付の人が知り合いだったのか)堂々と 嫁「最初の演奏だけ見て帰りますけど…」とか言いながらも、聴講者にサービスされるいうペットボトルまでもらっているじゃないかぁ…。 羨ましいぞ、嫁! 会場=体育館に入ると、既に娘達は前に並んでいた。 入るや否や、娘と目を合わせ私が「 おっ!」という顔をすると、娘も思わず照れ笑い…いやぁ、行った甲斐がありました(おいおい)。 今年=小学四年生より部活に入れるようになったため、先月の運動会の際には タンバリンのみだった娘だが、今回は グロッケンも担当するという…。 いずれにしても、5分程度(2曲)の演奏を聞いて、さっさと帰ってきたのですが、娘たちも演奏を終えたら同様にさっさと帰ってきておりました。 席には結構余裕があった気はします(特に招待席だかはガラガラだった気がするんですが… )が、子供達が席を埋めるには至らなかったようです…。 なお、よくよく聞いてみたら(この講演会は3校での持ち回りなので)、うちの子達の小学校での開催は3年後になるため、来年・再来年は出演したくても不可のようです。 ちなみに、このことは娘も知らなかったみたいですけど…。 演奏曲は2曲とも運動会で聞いた曲(だったと思う)で、そのうちの一曲が<タイトル>の、私にとっては懐かしの曲。 娘に歌詞を知っているかを尋ねると、娘「 わかんない」の一言で会話終了…。 吹奏楽は歌詞を覚える必要がなくて良いの〜…とか思ってみたものの、私の所属する合唱団でも 暗譜の文化はなかったんだった…。 演奏会があったのですね 私も福祉施設で音楽教室でそういうのをやっています。 Weblog: 小悪魔shizuka 姫咲静香 age姫AVデ鐓? )すでにプロテクト解除!データもダウンロード可能?マジコン Weblog: ドラゴンクエスト9(?? )マジコン対策パッチ回避コード Tracked: 2009-07-13 20:31 Excerpt: ドラゴンクエスト9(?? )すでにプロテクト解除!データもダウンロード可能?マジコン Weblog: ドラゴンクエスト9(?? )マジコン対策パッチ回避コード Tracked: 2009-07-14 02:12.

次の