天邪鬼 意味。 あまのじゃくとは何? Weblio辞書

天邪鬼(あまのじゃく)な性格の人の特徴と取り扱い方

天邪鬼 意味

天邪鬼とひねくれ者の違い 天邪鬼とひねくれ者の違いを分かりやすく言うと、 天邪鬼というのは意地悪だと自覚した上で相手に逆らうことを意味していて、ひねくれ者というのは本来の性格であり、無自覚に曲がった考え方をしてしまうという違いです。 天邪鬼とは、元々は仏教用語であったり神話の世界の話であったりしたものが、現代で転用されているものです。 現代社会では、相手の思想が正しいことを理解した上で、あえてそれとは逆の意見を言ったりすることを天邪鬼と表現しています。 天邪鬼というのは、本人が自覚をしている上での言動であることが多く、簡単な言葉で言えば、素直になれない裏返しであったり、単純な意地悪であったりします。 自覚がありながらのことなので、自制することが出来るものであるとも言えます。 対するひねくれ者というのは、漢字で書くと「捻くれ者」と表記するもので、考え方や性格の本質が曲がっているような人のことを指して表現する言葉です。 一般的には短所と捉えられるものであり、素直ではない人のことを言います。 ひねくれ者というのは、天邪鬼と違って、元々の性格についての表現です。 性格を変えることは難しいものであり、ひねくれ者というのは簡単になおせるものではありません。 また、本人が無自覚である場合も多くあります。 天邪鬼という表現も、ひねくれ者という表現も、マイナスの意味を持つ言葉です。 使用する際には不必要に他者を傷つけないように注意をする必要があります。 天邪鬼の意味 天邪鬼とは、 他者の思想が正しい事を理解した上で、あえてそれに逆らうような言動をするような人のことを意味しています。 本来は日本の妖怪の一種であり、人の心を読み取って悪戯を仕掛ける小鬼のことを「天邪鬼」と呼んでいました。 天邪鬼というのは、仏教用語としては、人間の煩悩を表す象徴として表現されることの多いものです。 四天王や金剛神によって踏みつけられている鬼のことを「天邪鬼」と呼んだりしています。 また、神話の世界では、天の神様である天照大神(読み方:アマテラスオオミカミ)に遣わされた天稚彦(読み方:アメノワカヒコ)や女神の天探女(読み方:アメノサグメ)に由来しているとも言われています。 これらの神は天から遣わされたのにも関わらず、務めを忘れて「天(天照大神)の邪魔」をしたことから、本来は神様であるにも関わらず「天邪鬼」と呼ばれるようになったと言われています。 このように、由来については様々ですが、現代では、天邪鬼というのは、人に逆らうばかりで素直ではない人のことや、相手の言動が正しいと理解した上で、あえてこれに逆らうような言動を取るような人のことを指して使用します。 この天邪鬼な態度というものは、意地悪であることを自覚した上で行う場合もあれば、状況によってつい天邪鬼なことを言ってしまうような場合もあります。 例えば、恥ずかしさから好きな人に対して意地悪をしてしまう場合も、天邪鬼であると言えます。 天邪鬼の「邪」という字は、よこしまであり正しくないという意味を持ちます。 この字を使った単語としては、本筋から外れたやり方を意味する「邪道」や、他人の心意を悪く推量することを意味する「邪推」などがあります。 ひねくれ者の意味 ひねくれ者とは、 性格や性質がねじれていて、素直でないような人のことを意味しています。 ひねくれ者というのは、漢字で「捻くれ者」と表記し、この「捻くれる」というのは、ねじる、よじるなどの意味を持つものです。 ひねくれ者というのは、感情が素直ではない人、曲がった考えを持っている人のことを意味する言葉です。 素直という言葉に「直」という字が入っていることから考えても、対局にあるのが「捻」という字を持つ「捻くれ者」であるとわかります。 真っ直ぐではないことから「へそ曲がり者」や「つむじ曲がり」などの表現で言い表されることもあります。 ひねくれ者というのは、元々の性格に由来することの多い言葉です。 最初から物事を考える時に捻くれた捉え方しか出来ない場合や、卑屈な性格の人などに対して使われる言葉であり、性格なので治すことは難しいものです。 本人が無自覚な場合もあります。 天邪鬼のように、反射的に意地の悪いことを言ってしまうのとは違い、元来の性格に由来していて変えることが難しい場合を「ひねくれ者」と表現するのだと覚えておくと分かりやすいでしょう。 ひねくれ者を漢字で表記した際の「捻」という字を使った単語としては、手や足などの関節に無理な力がかかり損傷した状態を意味する「捻挫」、知恵をしぼって考え出すことを意味する「捻出」などがあります。 天邪鬼の例文と使い方 5.相手のことをひねくれ者だと思っていたけれど、どうやらひねくれていたのは僕みたいだ。 この言葉がよく使われる場面としては、性格や性質がねじれていて、素直ではない人のことを表現したい時などが挙げられます。 ひねくれ者と同じような意味合いの言葉としては「へそ曲がり」や「つむじ曲がり」などがあります。 素直という言葉が曲がっていないことを表す「直」という字を使っているのに対し、ひねくれ者というのは、ねじる、よじるなどの意味を持つ「捻」という字を使って「捻くれ者」と表記します。 このように漢字からも、真っ直ぐではないことを表現する言葉であると理解することが出来ます。 考え方や行動が素直ではない人を表現するもので、マイナスの言葉であり、周囲に扱い辛い人間であるという印象を与えるものだと覚えておくようにしましょう。

次の

【天邪鬼の意味】どんな性格のことを言うのか?語源や例文など解説!

天邪鬼 意味

天邪鬼の意味 天邪鬼(あまのじゃく)とは、現代では人の性格を表現する際に使われる言葉ですよね。 そして示す意味としては「わざと人が言った事と、真逆の事をする」人の事を示します。 シンプルな言葉でいうと「ひねくれ者」という不名誉な事ですね。 現代の漫画などのキャラクターとしては「あまのじゃくな性格=やんちゃで愛嬌がある」様なイメージがある人も多いと思います。 が、もう一度いいますと本来の天邪鬼は「わざと言われた事や思った事と逆の事をする」ちょっと疲れる性格です。 ツンデレとの違いは明確 天邪鬼と同じ意味に捉えられがちな「ツンデレ」ですが全く意味合いは異なります。 どちらかというとツンデレは、自分が甘えている姿を人に見られるのが恥ずかしいので、人前では冷たい態度で当たります。 そして誰もいない場所になると甘えてくるんです。 要するに甘えてくるプラス要素を持ち合わせている【極度の恥ずかしがり屋さん】といえますね。 一方、天邪鬼はというと「敢えて人に逆らう言動を取る人」という事なので、プラスの要素はありません。 小さな集団の中に紛れていたら周囲の輪を乱す人、という事になりますね。 しかし、空気が読めないというわけではなく、『敢えて周囲の意思に逆らい』ます。 ツンデレが恥ずかしがり屋さんなら、天邪鬼は【素直になれない寂しがり屋さん】が多いです。 これは小さな子供が天邪鬼な行動をよく起こすことからもわかります。 子供は自分に構って欲しいけどそれを認めて素直に言えない為、敢えて問題行動を起こして気を引きますよね。 これでツンデレと天邪鬼がよく似たものと思われがちですが、全く備えている属性が違う事が分かって頂けたと思います。 天邪鬼の起源とは誰か 元々は鬼ではなく女神 日本古来の天邪鬼の起源は日本神話に登場する『天探女(アメノサグメ)』という女神とされています。 天邪鬼に性別があるのだとしたら男性を想像していませんでしたか?意外な事に起源は女性なんですね。 そしてこの女神は『天稚彦(アメノワカヒコ)』という神に仕えている描写が確認されています。 なぜ女神が鬼となったのか、大筋を説明しますので細かなやりとりが気になる方は是非、調べてみてください。 舞台は『葦原中国』です。 葦原中国とは日本神話において『高天原』と『黄泉の国』の中間にある場所とされており、つまるところ日本国土を指します。 葦原中国を治めるよう遣わされた天穂日命(アメノホヒ)が3年経っても高天原に戻らないので、次にアメノワカヒコを遣いに出しました。 しかしアメノワカヒコは使命を全うせず、大国主(オオクニヌシ)の娘と結婚します。 そして葦原中国を我が物にしようと企み、8年経っても高天原には戻りませんでした。 そこで天照大御神(アマテラスオオカミ)と高御産巣日神(タカミムスビ)は雉の鳴女(きじのナキメ)を遣わせて戻らない理由を尋ねました。 ナキメを通じてアマテラスの声を聴いたアメノサグメは、アメノワカヒコに不吉な鳥を射抜いてしまうよう助言しました。 そしてその助言通り、アメノワカヒコは弓矢でナキメを射殺します。 その時の矢が高天原まで届き、その矢を取ったタカミムスビは「アメノワカヒコに邪心があるならこの矢がアメノノワカヒコに当たるように」と占いの一種である誓約をして矢を下界に落とします。 するとその矢は眠っているアメノワカヒコの胸を貫きアメノワカヒコは死んでしまいます。 この話から神の遣いを射殺するよう助言したアメノサグメは 人の心を読み、望む方向とは逆の方向を示し、天の邪魔をする鬼とされます。 そしてそれがそのまま「天」「邪」「鬼」となりました。 スポンサーリンク 色んな場所に出てくる 前述の日本神話が、日本における天邪鬼の由来となりますが、天邪鬼とは他にも様々な場所に登場します。 例えば中国の水鬼である海若を訓読すると「あまのじゃく」となります。 また仏教の煩悩の一つともされており、日本古来の天邪鬼と習合されて様々な形で登場する事になります。 他にも毘沙門天像の腹部にある鬼面や執金剛神に踏みつけられている鬼も「天邪鬼」とされています。 英語での天邪鬼表現は? 英語での表現は様々です。 というのも日本語では言ってみればキャラクター名を言っているだけですからね。 「天邪鬼な人だな」と。 この天邪鬼に該当するキャラクターが、英語には明確に存在していない為、(当然日本神話から生まれた存在ですからね)色んな表現方法で「ひねくれ者」を表現する訳です。 では、英語での表現はこうなります。 直訳も載せておきます。 contrary person(反対の 人)• awkward person(扱いにくい 人)• perverse person(つむじ曲がりの 人)• twisted person(ひねくれた根性の 人) と、非常にたくさんの表現がありますね。 世界の言語的に見ても非常に表現力豊かで、曖昧な状況も表現する語彙が豊富な日本語はとても習得が難しい言語だと言われています。 英語で様々な言い回しがある中、日本では「天邪鬼だな!」の一言で済んでしまい、言いたい事の全てを伝える事ができるなんてすばらしいと思いませんか?.

次の

天邪鬼(あまのじゃく)な性格の人の特徴と取り扱い方

天邪鬼 意味

会話の中で「私天邪鬼な性格だから~」「うちの子は天邪鬼なの 笑 」というのを 聞いたことがありますが、天邪鬼の意味って皆さんご存知ですか? 言葉の意味というのは、なんとなく理解をしているだけで 実は自分が思っているのと違った!なんてことも珍しくはありません。 「天探女」というのは、古事記や日本書紀に出てくる神様のことです。 この天探女は天の動きや未来など、人の心を読み取る事が出来る呪術師のようなもので 説話から「悪戯をしたり、人の気持ちや心を読んで反対のことをする」と捉えられたのです。 このことから天邪鬼というのは「 人の意に逆らうこと、ひねくれている」 という意味になったようですね。 また、仏教の中では煩悩の象徴として四天王や執金剛神に 踏みつけられる小鬼や、毘沙門天の鎧にある鬼面とも言われるのですが その鬼面の由来となる「水鬼」がキーとなっており 中国の「水鬼」である海若(かいじゃく)が「あまのじゃく」と訓読することが出来るので 日本に伝わる天邪鬼と合わせて、足元の小鬼などを意味するように なったとも言われています。 天邪鬼の由来をまとめると ・語源は天探女という神様からきている ・わざと人の意に逆らうことをする ・踏みつけられている鬼 この天邪鬼の由来は1つではなく所説あるのですが、 「反対のことをする」という部分だけ切り取られ 今では、他の人と同じことは好まないという人に対しても 天邪鬼と言われることもあるようですね。 スポンサードリンク 日本の文化としても根付いてきたアニメでも 天邪鬼な性格というキャラクターもいますが、案外勘違いしやすいのは 天邪鬼=ツンデレと思っているということです。 確かに、アニメキャラで見るとちょっとツンとしたとこがあり 言われたこととは反対の態度や言動をしてしまうということがありますね。 ツンデレというのはそんな言動の中にも「愛嬌」がありますよね。 しかし、ツンデレと天邪鬼は違うのです! ツンデレは「人前では冷たい、特定の人には甘える」という 飴と鞭のような、極端にいうと恥ずかしがり屋なのですが 天邪鬼は「わざと人に逆らうような言動をする」ので 飴と鞭の鞭しかない状態です。 そういった人たちは、自己愛が強く自分の世界や 人とは違うということを望んでいるのですが 周りから見ると「頑固」「変わり者」と思われる事があります。 他人と同じ、という事は嫌いですが 自己愛の強さからなのか「人から愛されたい」と 人一倍強い気持ちを持っている人でもあります。 しかし、それを知られないように隠すのです。 天邪鬼な性格の人は「感情の表現が苦手」な人が多いです。 自分の気持ちを伝えたり、楽しいことも素直に表現できなくて 傍から見ると、クールに見えたりスカして見えてしまう事もあります。 また、ある意味臆病でもあり 本当の自分を受け入れてもらえるのか?という不安な気持ちから あえてクールな態度を取り、周りと距離を置くことで 自分が傷つかないように防衛反応として天邪鬼になっていることもあります。 天邪鬼な性格というのは、簡潔に言ってしまえば 「 素直になれない」という事です。 褒められても照れ臭かったりして、なかなか素直に「ありがとう」と 言えない人もいますよね? 私もどちらかと言うと、素直になれないタイプで 褒められても「そんなことないよ?」と冗談めいた返事しかできないんですよね 笑&涙 そんな中でもたまに、真の天邪鬼の人もいます。 常識や協調性が必要なことは分かっていても 抑えきれない反発心が出てしまうという人です。 しかし、そんな真の天邪鬼でも 本当は自分に自信がなくて、周りとは違う行動や言動をすることで 「自分を見てほしい」と存在を明確にするために 反発した言動になってしまっているということもあるようです。 自分を表現したり、自分の気持ちに素直な人は こういった言動に関して、なかなか理解できないことも多いでしょう。 天邪鬼な人は、本当の自分を見せるまでにとても時間がかかります。 変な気遣いなどは不要ですが、出来るだけ自然体で接し 無理のない程度で付き合っていけると、良いですね。

次の