きらず。 おから

おとうふ工房「きらず揚げ」レビュー!関東の販売店情報も

きらず

交通手段 京王八王子駅西口より徒歩1分。 またはJR八王子駅北口より徒歩5分。 甲州街道20号沿い南多摩高校前。 京王八王子駅から152m 営業時間・ 定休日 営業時間 【火~土】17:00~22:30(L. 《要注意》日曜日の営業は昼の部のみとなります。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。 予算 [夜] ¥8,000~¥9,999 [昼] ¥10,000~¥14,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可 サービス料・ チャージ サービス料:お会計時5%がかかります。 席・設備 席数 40席 (和洋室個室8名様・京間個室2~25名様迄ご人数により各個室有。 ) 個室 有 (2人可、4人可、6人可、8人可、10~20人可) 茶室を想わせる京間個室。 料亭の雰囲気を気軽に堪能出来る数寄屋造りの空間。 【京間個室・和洋室個室全席:テーブル椅子席】 貸切 可 禁煙・喫煙 全席禁煙 喫煙のコーナーを設置してあります。 駐車場 有 当店指定のコインパーキングをご使用ください。 お帰りの際にお支払させて戴きます。 空間・設備 オシャレな空間、落ち着いた空間、座敷あり、バリアフリー 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー コース 飲み放題 ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン サービス 2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、テイクアウト お子様連れ 子供可 お子様の御料理は、お子様膳2,000円~ご用意があります。 詳細はご相談ください。 ドレスコード スマートカジュアル可。 いきなりのキャンセルにつきましては、コース全額の御代を お支払いを戴く事もございますので、お早目にご連絡をどうぞよろしくお願い致します。 四季の彩を添え割烹の醍醐味と料亭の華やかさを満喫できる 洗練された和の設えにゆったり流れる上質な時間。 京都を想わせる茶室風の個室は、花を生け、掛け軸を設え、 四季の国日本の佇まいを調えお客様を迎え致します。 伝統や季節感を大切にしながら今を伝える四季折々の料理は、「 一期一会と心得て皆様に良き思い出のひとつを プレゼント出来ればと想いま... 続きを読む す。 ~女将」料理人主人「清水明」の料理への思いは、「採れ立ての食材には旬の旨味がある。 料理人は素材その物と向き合い、てまひまを掛けて、 美味しさを引き出すための手伝いをする。 これが私の求める料理人の姿であり、誇りである。 受け継がれて来た日本料理の伝統を守りながら 私ならではの料理を精進して行きたい。 」 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 雪花菜 関連ランキング:割烹・小料理 京王八王子駅、八王子駅.

次の

おとうふ工房「きらず揚げ」レビュー!関東の販売店情報も

きらず

ページ番号1014857 更新日 平成31年2月20日 市町村:普代村 氏名・団体名等:上方 テイ(食の匠) 料理の紹介 小麦粉をきらず(おから)の水分でこねてつくるおやつです。 昔は、小麦粉に水や湯を加えずに作るものを「だんつ」といいました。 余計な混ぜ物は一切入れず、黒ごまとくるみの風味を生かした、素朴な味わいのとってもヘルシーな一品です。 「おから」が沢山入っているので、冷めても硬くならずおいしくいただけます。 作り方 材料(4人分:8個)• きらず(おから) 300グラム• 小麦粉 150グラム、• 砂糖 大さじ1• 塩 小さじ1• 黒ごま 大さじ1• くるみ 大さじ1 (注)黒ごまとくるみは好みに応じて量を加減する。 作り方• きらず(おから)、小麦粉、砂糖、塩をボールに入れ、全体がしっとりとなじむまでよく混ぜ合わせます。 これを半分にして、一方にはきざみクルミを、もう一方には黒ごまを入れて混ぜます。 それぞれ4等分し、扁平な円盤状に整形します。 2をたっぷりの熱湯で茹で、浮き上がってきたら、ざるにとります。 熱いままでも、冷めても美味しくいただけます。 料理のポイント• きらず(おから)の水分で小麦粉をしめすので、適当な固さにするためには、きらず(おから)の水分の多少によって小麦粉の分量を加減します。 砂糖、塩を入れすぎないようにします。 お好みで、黒ごまかくるみのどちらでもよい。 きらず(おから)、黒ごま、くるみの素材本来の素朴な味が基本ですが、例えば、油で揚げたり、砂糖味噌を塗って焼いたりと、アレンジしても美味しくいただけます。

次の

雪花菜 (きらず)

きらず

ページ番号1014857 更新日 平成31年2月20日 市町村:普代村 氏名・団体名等:上方 テイ(食の匠) 料理の紹介 小麦粉をきらず(おから)の水分でこねてつくるおやつです。 昔は、小麦粉に水や湯を加えずに作るものを「だんつ」といいました。 余計な混ぜ物は一切入れず、黒ごまとくるみの風味を生かした、素朴な味わいのとってもヘルシーな一品です。 「おから」が沢山入っているので、冷めても硬くならずおいしくいただけます。 作り方 材料(4人分:8個)• きらず(おから) 300グラム• 小麦粉 150グラム、• 砂糖 大さじ1• 塩 小さじ1• 黒ごま 大さじ1• くるみ 大さじ1 (注)黒ごまとくるみは好みに応じて量を加減する。 作り方• きらず(おから)、小麦粉、砂糖、塩をボールに入れ、全体がしっとりとなじむまでよく混ぜ合わせます。 これを半分にして、一方にはきざみクルミを、もう一方には黒ごまを入れて混ぜます。 それぞれ4等分し、扁平な円盤状に整形します。 2をたっぷりの熱湯で茹で、浮き上がってきたら、ざるにとります。 熱いままでも、冷めても美味しくいただけます。 料理のポイント• きらず(おから)の水分で小麦粉をしめすので、適当な固さにするためには、きらず(おから)の水分の多少によって小麦粉の分量を加減します。 砂糖、塩を入れすぎないようにします。 お好みで、黒ごまかくるみのどちらでもよい。 きらず(おから)、黒ごま、くるみの素材本来の素朴な味が基本ですが、例えば、油で揚げたり、砂糖味噌を塗って焼いたりと、アレンジしても美味しくいただけます。

次の