まめきちまめこ。 実はアラサー?年収1000万??まめきちまめこの知られざる正体を発見?

まめきちまめこ素顔が卒アルに?バイト先はどこ?マンションオーナーで金持ちという噂も調査!!

まめきちまめこ

『世界中で愛される美しすぎる猫図鑑』が、2020年7月11日に大和書房より発売された。 普段ペットショップでも見かけるお馴染みの猫から、ほとんど見ることが出来ないレア猫まで48種454匹の猫たちがオールカラーで登場。 猫の生態や人と猫の歴史など猫にまつわる知識も収録されている。 猫たちを撮影したのは動物写真家の福田豊文。 ベストセラー『ざんねんないきもの事典』などを監修した今泉忠明が本書の監修を務めている。 人気ブロガーである、まめきちまめこも「猫の特徴や持ち前の性格がよくわかる!この図鑑を読みながら、我が家の猫シンバ(捨て猫)の猫種を調べてみたよ。 シンバはノルウェージャン………かもしれない。 特徴がぴったりすぎる!」とコメントを寄せた。 動物写真家。 コマーシャルフォトスタジオに勤務した後、フリーカメラマンとして独立。 現在は、野生動物から動物園の動物、ペットのイヌやネコまで、さまざまな動物たちの撮影に精力的に取り組んでいる。 写真を担当した作品に『ときめく猫図鑑』(山と渓谷社)、『まるごとわかる猫種大図鑑』(学研プラス)などがある。 東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。 上野動物園の動物解説員、ねこの博物館館長、日本動物科学研究所所長などを歴任。 現在は奥多摩や富士山で自然調査を行う。 ベストセラー『ざんねんないきもの事典』のほか、多くの図鑑監修を手掛ける。

次の

漫画家「まめきちまめこ」とは?素顔は可愛いか?年収・年齢まとめ

まめきちまめこ

(まめきちまめこ ニートの日常) そこで 今回ドル漫では漫画家・まめきちまめこに関する情報をまとめてみたいと思います。 ネット上の言動は一見すると関西弁にも思えますが、普段は「だぎゃー」「うみゃー」という名古屋弁を喋っているに違いない。 まめきちまめこの 生年月日は1989年12月25日。 クリスマスプレゼントをおねだりしたいがために虚言癖でも発動してるのかと思いきや、まめきちまめこは頻繁にネット上で公言している様子。 そのためおそらくウソである可能性は低く、 2017年12月時点ではまめきちまめこの年齢は28歳。 ピッチピッチのアラサー女子だと思われます。 事あるごとに言及しており、おそらく間違いない情報。 先日「」という記事も執筆しましたが、まめきちまめこと尾田栄一郎は気が合うかも知れない。 理由は動画の内容もあるんだと思いますが、ヒカキンの生年月日が1989年4月21日。 まめきちまめことほぼ同世代。 ヒカキンの面白さ以前に、年齢的なシンパシーも無意識的に感じているのかも知れないブンブン。 高校を卒業してからアルバイトを何度かしたものの、20代前半頃になるまでフラフラと過ごす。 その後、ブログを始めて2ちゃんねるで晒して人気が出た模様。 (まめきちまめこ ニートの日常) だからニートとは言いつつも、実際には何度かアルバイト経験を試みたことがあるらしい。 漫画の中でも何度か言及済み。 受験や仕事で失敗した挫折系ニートではなく、本当にどうしようもないクズ系ニートというのは間違いなさそう。 何故なら食って寝てるだけだったら、まめきちまめこを飼い慣らす負担は知れてたはず。 むしろ中学生や高校生の子供を育てる方が親御さんの金銭面での負担は大きいはず。 マンションオーナーとかでもないでしょう。 でも気になるのは、 まめきちまめこの年収や印税。 先に印税から結論付けると、そこまで多くないのではないかと予想してみる。 何故ならブログの人気とは相反して、 まめきちまめこはそこまで本を出版してないから。 現時点では『まめきちまめこ ニートの日常』と『ニート飯』ぐらいか。 そのため、この漫画考察ブログでもあまりレビューできないのが残念。 ライブドアから露骨に猛プッシュされてるだけあって、まめきちまめこのブログのアクセス数はすごい。 similarwebで調べたところ、 アクセス数は月間1000万PV超えでした。 ネットの広告収入だけでも確実に月収100万円以上はあるでしょう。 ただライブドアで運営してると、めちゃめちゃ広告を貼ってくる。 まめきちまめこのブログをスマホから閲覧すると、ほぼほぼ広告しか表示されておらずに笑いました。 自分も経験があるんですが、ライブドア側の広告が邪魔して管理者の収益が下がることが大半。 だから人気YouTuberなどと比較した場合、そこまでまめきちまめこの収入がめちゃめちゃ多いということもなさそう。 (まめきちまめこの日常) 一方、まめきちまめこの 身長が意外と高い。 そして、足が細すぎる。 普通はニートと聞くとブクブクと太ったイメージがありますが、一日中ずっと運動していないと逆に筋肉が削げ落ちて痩せちゃいます。 そのため世の中のダイエットに悩む女子は、今こそニート生活を送ってみましょう。 また前述の顔写真の画像を見ると、まめきちまめこの指が細い。 そのためニート生活とは関係なく、もともと太らないような体質なんだと考察されます。 つまり、まめきちまめこの「細身」「非活動的ニート」「ショートヘアー」から推察すると、まめきちまめこの御尊顔は「ハリセンボン・箕輪はるか」あたりと雰囲気は似ているのかも知れないと予想してみる。 ちなみになどもご参照。

次の

漫画家「まめきちまめこ」とは?素顔は可愛いか?年収・年齢まとめ

まめきちまめこ

『世界中で愛される美しすぎる猫図鑑』が、2020年7月11日に大和書房より発売された。 普段ペットショップでも見かけるお馴染みの猫から、ほとんど見ることが出来ないレア猫まで48種454匹の猫たちがオールカラーで登場。 猫の生態や人と猫の歴史など猫にまつわる知識も収録されている。 猫たちを撮影したのは動物写真家の福田豊文。 ベストセラー『ざんねんないきもの事典』などを監修した今泉忠明が本書の監修を務めている。 人気ブロガーである、まめきちまめこも「猫の特徴や持ち前の性格がよくわかる!この図鑑を読みながら、我が家の猫シンバ(捨て猫)の猫種を調べてみたよ。 シンバはノルウェージャン………かもしれない。 特徴がぴったりすぎる!」とコメントを寄せた。 動物写真家。 コマーシャルフォトスタジオに勤務した後、フリーカメラマンとして独立。 現在は、野生動物から動物園の動物、ペットのイヌやネコまで、さまざまな動物たちの撮影に精力的に取り組んでいる。 写真を担当した作品に『ときめく猫図鑑』(山と渓谷社)、『まるごとわかる猫種大図鑑』(学研プラス)などがある。 東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、国立科学博物館で哺乳類の分類学・生態学を学ぶ。 上野動物園の動物解説員、ねこの博物館館長、日本動物科学研究所所長などを歴任。 現在は奥多摩や富士山で自然調査を行う。 ベストセラー『ざんねんないきもの事典』のほか、多くの図鑑監修を手掛ける。

次の