日本 ボランタリー チェーン 協会。 ボランタリーチェーンとは? フランチャイズチェーンとの違いなど

酒類販売管理研修

日本 ボランタリー チェーン 協会

フランチャイズとの共通点や相違点は 一般的によく聞くことの多いフランチャイズチェーンとボランタリーチェーンとは、どのような違いや共通点があるのでしょうか。 フランチャイズとの共通点 フランチャイズチェーンとボランタリーチェーンの共通点は、「本社や本部といった事業をまとめて運営する」立場と、「店舗を営業する加盟店する立場」の2つから成立しています。 加盟店は、本部から一括して商品を仕入れて店舗を運営するため、どちらの場合も余計なことコストはかかりません。 フランチャイズとの違い 本部と店舗という2つの立場は同じですが、フランチャイズとボランタリーチェーンでは、本部の仕組みが違ってきます。 ボランタリーチェーンの本部は、各加盟店同士が互いに出資しあって本部を形成しています。 そのため、本部とは上下関係ではなく、みな同じ立場という関係になります。 いっぽうフランチャイズチェーンの本部は、各加盟店と契約をおこなうため本部が一括して経営しています。 本部はフランチャイズ契約を結ぶことによって、どんどん事業をひろげられるのです。 ボランタリーチェーンのメリットとは ボランタリーチェーンに加入することで、個人経営をおこなうよりも多くのメリットを得ることができます。 その反面デメリットもありますので、いくつかご紹介いたします。 ・比較的自由に店舗を展開できる 本部からの規則やノルマとなどが比較的ゆるいため、同じ看板を掲げていても各店舗によって独自の商品開発や商品展開をおこなうことができるそうです。 ・商品の仕入れ ボランタリーチェーン本部がとりまとめてメーカーから仕入れるため、余計なコストがかかりません。 ・POSシステムなどで情報共有 POSシステムとは、いわゆるお客様とお金のやり取りをおこなうレジのことです。 ただ、自動的に計算をしてお金の出し入れをするだけではなく、商品情報を記録して売り上げデータなどの分析をおこなうことができます。 これによって、どんな商品が売れているかなど市場について詳細なデータを得られ、消費者のニーズを知ることができるでしょう。 ボランタリーチェーンのデメリット フランチャイズチェーンの場合は、本部の経営地盤が固まっているため経営ノウハウなどは的確なアドバイスを受けることができます。 しかし、ボランタリーチェーンはそういった経営ノウハウにくわしい事業者がいなければ、最悪の場合経営がうまくいかず破たんしてしまうおそれがあります。 ボランタリーチェーンとは、フランチャイズチェーンと比較すると自由な商品展開ができる代わりに、経営するうえでややリスクがあるかもしれないことを覚えておくと良いでしょう。 フランチャイズチェーンとボランタリーチェーン、それぞれの特色を見て加入してみてはいかがでしょうか。 ボランタリーチェーンに加入するには 最近はフランチャイズ方式が主流となっていますが、現在もボランタリーチェーンに加入することはできます。 ボランタリーチェーンとは、おもに食料品や医薬化粧品、ほかにも家具・時計などの装飾品を扱う店舗が多いです。 どのような書類が必要かはボランタリーチェーン本部に確認しましょう。 その調査結果で、加入の可否が判断されます。 契約内容は、チェーンへの加入以外に、商品の仕入れなど取引をおこなう契約などがあります。 契約を結んだ後に、ボランタリーチェーン本部へ入会金や出資金を支払います。 その後ボランタリーチェーンの経営ノウハウの研修や、店舗の改装などを経てボランタリーチェーンの加盟店として経営が始まります。 加盟店に加入を検討される際は、事前にボランタリーチェーン本部がどのような経営方針をしているのか問い合わせたり、実際の店舗を見てみることをおすすめいたします。 まとめ ボランタリーチェーンとは、加盟店同士が手を結んで本部を形成して経営をおこなう事業形態の一つです。 フランチャイズチェーンは本部と各加盟店がそれぞれで契約を結ぶのに対して、ボランタリーチェーンは、加盟店同士のつながりが強いというところがおもな違いです。 ボランタリーチェーンの特色やフランチャイズチェーンとの違いを知ることも、開業を検討する際に役に立つのではないでしょうか。

次の

ボランタリー・チェーン

日本 ボランタリー チェーン 協会

この節のが望まれています。 加盟社数 [ ]• 81社(2018年1月現在) ブロック・加盟社 [ ]• ・ブロック(13社)• <ドラッグストアポピー>• <スーパーMEGAドラッグ、カブセンター>• <ハッピー・ドラッグ>(再加盟)• <スーパードラッグアサヒ>• ・ブロック(25社)• (再加盟)• <オフィス街のドラッグストア>• リーフ• ・ブロック(9社)• <V・drug>• ・ブロック(10社)• (再加盟)• <ドラッグストアダックス>• ・ブロック(17社)• <ドラッグストアエース>• ブロック(7社)• 過去に加盟していた企業 [ ]• いしざか薬局• いでや• イトウ薬局• いりなか調剤薬局• ウィーズ• ウエダ薬品• 薬のあおい• 皇漢堂• 弘陽薬品(マツモトキヨシに吸収)• シオンドラッグ• 新幸堂・アリマ薬局• <ヘルスバンク>(マツモトキヨシに吸収)• ソネ薬局• 高木薬品• 高島屋前岐薬• たしろ薬品• トーチ<健康館>(全店閉店)• (マツモトキヨシに吸収)• 東北タイガー• ドラッグストアー山岸• 内外新薬 鎌倉ダルマ薬局• ナガオカ薬局• ナニワ・チェーン• 羽島薬局• 平岡回生堂薬局• ヘルスサポートディエラ• 松浦薬局• (が子会社化)•

次の

日本VC協会ニュース|齋藤会長再任/新副会長にコスモス・ベリーズ三浦氏

日本 ボランタリー チェーン 協会

フランチャイズとの共通点や相違点は 一般的によく聞くことの多いフランチャイズチェーンとボランタリーチェーンとは、どのような違いや共通点があるのでしょうか。 フランチャイズとの共通点 フランチャイズチェーンとボランタリーチェーンの共通点は、「本社や本部といった事業をまとめて運営する」立場と、「店舗を営業する加盟店する立場」の2つから成立しています。 加盟店は、本部から一括して商品を仕入れて店舗を運営するため、どちらの場合も余計なことコストはかかりません。 フランチャイズとの違い 本部と店舗という2つの立場は同じですが、フランチャイズとボランタリーチェーンでは、本部の仕組みが違ってきます。 ボランタリーチェーンの本部は、各加盟店同士が互いに出資しあって本部を形成しています。 そのため、本部とは上下関係ではなく、みな同じ立場という関係になります。 いっぽうフランチャイズチェーンの本部は、各加盟店と契約をおこなうため本部が一括して経営しています。 本部はフランチャイズ契約を結ぶことによって、どんどん事業をひろげられるのです。 ボランタリーチェーンのメリットとは ボランタリーチェーンに加入することで、個人経営をおこなうよりも多くのメリットを得ることができます。 その反面デメリットもありますので、いくつかご紹介いたします。 ・比較的自由に店舗を展開できる 本部からの規則やノルマとなどが比較的ゆるいため、同じ看板を掲げていても各店舗によって独自の商品開発や商品展開をおこなうことができるそうです。 ・商品の仕入れ ボランタリーチェーン本部がとりまとめてメーカーから仕入れるため、余計なコストがかかりません。 ・POSシステムなどで情報共有 POSシステムとは、いわゆるお客様とお金のやり取りをおこなうレジのことです。 ただ、自動的に計算をしてお金の出し入れをするだけではなく、商品情報を記録して売り上げデータなどの分析をおこなうことができます。 これによって、どんな商品が売れているかなど市場について詳細なデータを得られ、消費者のニーズを知ることができるでしょう。 ボランタリーチェーンのデメリット フランチャイズチェーンの場合は、本部の経営地盤が固まっているため経営ノウハウなどは的確なアドバイスを受けることができます。 しかし、ボランタリーチェーンはそういった経営ノウハウにくわしい事業者がいなければ、最悪の場合経営がうまくいかず破たんしてしまうおそれがあります。 ボランタリーチェーンとは、フランチャイズチェーンと比較すると自由な商品展開ができる代わりに、経営するうえでややリスクがあるかもしれないことを覚えておくと良いでしょう。 フランチャイズチェーンとボランタリーチェーン、それぞれの特色を見て加入してみてはいかがでしょうか。 ボランタリーチェーンに加入するには 最近はフランチャイズ方式が主流となっていますが、現在もボランタリーチェーンに加入することはできます。 ボランタリーチェーンとは、おもに食料品や医薬化粧品、ほかにも家具・時計などの装飾品を扱う店舗が多いです。 どのような書類が必要かはボランタリーチェーン本部に確認しましょう。 その調査結果で、加入の可否が判断されます。 契約内容は、チェーンへの加入以外に、商品の仕入れなど取引をおこなう契約などがあります。 契約を結んだ後に、ボランタリーチェーン本部へ入会金や出資金を支払います。 その後ボランタリーチェーンの経営ノウハウの研修や、店舗の改装などを経てボランタリーチェーンの加盟店として経営が始まります。 加盟店に加入を検討される際は、事前にボランタリーチェーン本部がどのような経営方針をしているのか問い合わせたり、実際の店舗を見てみることをおすすめいたします。 まとめ ボランタリーチェーンとは、加盟店同士が手を結んで本部を形成して経営をおこなう事業形態の一つです。 フランチャイズチェーンは本部と各加盟店がそれぞれで契約を結ぶのに対して、ボランタリーチェーンは、加盟店同士のつながりが強いというところがおもな違いです。 ボランタリーチェーンの特色やフランチャイズチェーンとの違いを知ることも、開業を検討する際に役に立つのではないでしょうか。

次の