浜名湖競艇 特徴。 浜名湖競艇場 水面特徴

ボートレース浜名湖の特徴 水面の広さは全国一!まくりに注目

浜名湖競艇 特徴

機力は確認必須だが、テクニックで補える程度。 スピードに乗りやすい水面なので、スピードに自信を持っている選手は舟券に絡ませておきましょう。 四季別レースデータ 3~5月は、3月はホームに追い風ですが、4月は向かい風の日が多くなる。 短い期間でも風の状態は確認必須です。 湿度の高さとホーム向かい風の状況となるので、インがかなり苦戦する展開が多い。 センター勢の実力に注目していきましょう。 広い水面でのスピード戦は見ごたえ十分で、レーサーのテクニックにも注目していきましょう。 インが逃げる展開が多い。 インの強さは十分、風により波が荒れるので地元勢が少し優勢か。 富士山を眺めながらレース予想をしていきましょう。 コース別で見ると、1コースを堅く舟券にいれつつ、センター・アウト勢の機力・テクニックに注目が必要です。 コース 1着率 2連対率 3連対率 平均ST 1 コース 50. 16 2 コース 16. 17 3 コース 13. 17 4 コース 11. 18 5 コース 6. 18 6 コース 2. 20 過去高配当ランキング イン逃げ が主流となっている為、2~4コースの差し・まくり狙いで予想すると配当が跳ね上がる。 1コース逃げを無視して、センター・アウト勢の地元選手・波技巧者に注目して、高配当狙い予想をするのが良い。 特に4レース目は【ランチタイム戦】となっていて、1号艇を予想の柱としましょう。 競艇で勝つのは簡単でしょうか?という質問をよく頂くのですが、その答えは当然『簡単ではありません。 』とお返事します。 当たり前ですが、どんなことでも簡単ということはありません。 それなのにどうして競艇で勝つのは簡単だという言葉があるのでしょう? その答えは、艇が6艇しかないからです。 すべての艇のパターンを買っても120通りなのです。 さらに1号艇の勝つ確率が圧倒的に高いのです。 この2点から見ても競艇で勝つのは簡単だと考えられます。 では、競艇をしている人は、全員勝てているのでしょうか? 答えは【NO】です。 どうして勝てる人と負ける人が出てくるのでしょう? それは・・・競艇には素人が知らないコツがあるからです。 そのコツを知っているのと、知らないのとでは天と地ほどの差があります。 最強の競艇投資をご覧ください。 6艇の着順を当てる。 3連単でも全通りで120点という確率の有利性を活かし、さらに各競艇場の分析を独自で行い、その独自データに基づいた予想で完全的中無料サイトはこちら 関連する記事• 2018. boatrace-tokoname. […]• 2018. boatrace-amagasaki. 四[…]• 2018. wmb. 四季別レースデータ1. 進[…].

次の

競艇マニア!

浜名湖競艇 特徴

ボートレース浜名湖は季節によって風向きが変わります。 「冬は追い風」、「夏は向かい風」が吹きます!そのため、季節ごとに予想を変える必要がありますが浜名湖の場合、定石通りに 「追い風」ならスロー、「向かい風」ならダッシュに予想すると良いでしょう。 浜名湖の水面は全国一の広さです。 これだけ広いと対岸にぶつかる危険性がほとんどありません。 激しいスピード戦が期待できますよ!浜名湖はレバーを握って回れる高速水面です!広さを生かした 「まくり」が決まりやすくなっています。 さらに水質は「汽水」です。 ボラが多い性質があるため、モーターの性能に注目してください。 ボートレース浜名湖 浜名湖競艇場 の特徴 東日本で最初に開設された「ボートレース浜名湖」は静岡県湖西市にあります。 浜名湖の南側を埋め立てて作られました。 敷地面積は広く、 駐車場は合計で4000台以上の収容量です。 場内から富士山が見えたり、駅のホームから大型掲示板が見えたりとユニークな競技場です。 レースの観覧には「女性専用席」や「ボックス席」など座り心地の良い椅子が並んでいます。 それに 有料席が平成30年にリニューアルしました。 嬉しい特徴として、 アクセスが抜群に良いです!「JR新居町駅」から徒歩5分。 無料バスもありますが電車が便利ですね。 ボートレース浜名湖 浜名湖競艇場 の水面 全国最大級の水面を誇り、「安定して走りやすい」と評判のコースです。 広さは「縦幅が550m」、「横幅が180m」もあります。 広大さゆえに風の影響を受けやすいです。 特に冬と夏で風向きが変わるのでそれぞれ対策を練りましょう! 冬は強い「追い風」が吹きます!5m以内の風なら1コースが有利な展開ですが、5m以上になると1コースが1マークで膨らむ可能性が高いです。 そのため、センターからの「差し」が決まる勝負が多めです。 夏は反対に「向かい風」が吹きます。 そのため、ダッシュスタートの方が有利に働き「まくり」が決まりやすくなります。 このようにボートレース浜名湖は季節によって予想を変える必要があるのです。 水質は「汽水」ですが塩分濃度は海水に近いです。 そのため「柔らかい」水質となっています。 潮の流れはほとんどなく、広い水面で繰り広げられるスピード合戦は見ごたえ十分です! 主要レース コース 1着 2着 3着 4着 5着 6着 コース別決まり手 逃げ 捲り 差し 捲り差し 抜き 恵まれ 1 58. 4 16. 0 7. 8 7. 0 6. 1 4. 3 95. 0 0. 0 0. 0 0. 0 5. 0 0. 0 2 14. 4 25. 2 16. 8 19. 1 13. 9 10. 4 0. 0 26. 0 52. 0 0. 0 16. 0 6. 0 3 11. 1 19. 8 20. 4 19. 2 15. 4 13. 7 0. 0 34. 2 13. 1 39. 4 7. 8 5. 2 4 10. 2 16. 3 19. 5 21. 2 18. 0 14. 5 0. 0 37. 1 25. 7 31. 4 5. 7 0. 0 5 4. 8 14. 6 20. 7 17. 2 24. 4 17. 8 0. 0 23. 5 5. 8 64. 7 5. 8 0. 0 6 2. 3 9. 1 15. 8 17. 3 22. 0 33. 2 0. 0 25. 0 12. 5 37. 5 25. 0 0. 0 季節別データ 続いて季節別のデータをご覧ください。 春季 のコース別入着率 では「ボートレース浜名湖」を振り返ってみるぞ。 ポイントは 「全国一広い水面」と 「季節によって変わる風」の2つじゃな。 全国一広い水面 最も広い水面だけあって、スピード感のあるターンを見ることができるぞ!特徴としてはセンターからの「まくり」が決まりやすいことじゃな。 特に向かい風の時はチャンスと思ってよかろう。 季節によって変わる風 「冬は追い風」、「夏は向かい風」が吹くことを覚えておるかな。 風を計算に入れないと予想を当てることは難しいぞ! 1つアドバイスをしよう。 ボートレース浜名湖の水面は穏やかじゃ。 ほとんど荒れることがないと言ってよい。 予想は定石通り「追い風」ならスロー、「向かい風」ならダッシュで問題なかろう。 今回の「ボートレース浜名湖」を参考に競艇予想を楽しんでもらいたいのう。

次の

競艇マニア!

浜名湖競艇 特徴

全24場1コースワースト1着率 下記に各場の1着率と順位を記載します。 2018年3月1日~2019年2月28日参照 順位 開催場 出走数 1着率 1位 戸田競艇場 2325 43. 幅員が狭い状況のコースだと1コースはもちろん窮屈になり、センター勢が有利になります。 決まり手が「まくり」傾向にあるのもその影響です。 また、水質が淡水の為、2コースでの差しが決まりやすくなっており、「抜き」での決まり手も少なくはないです。 江戸川競艇場の特徴 この場は河川使用での場であり、風や天候次第で大きく水面が荒れてしまう場です。 さらに戸田競艇場と同じく幅員が狭くなっており、水面状況的に流れに逆らいながらのスタートを決めなくてはいけなくなり、苦手意識の高い選手も少なくありません。 江戸川は特に当地巧者を参考に予想を立てても良いと思います。 平和島競艇場の特徴 こちらの場も上記2場と同じく、幅員が狭い場となっています。 1着率ワースト上位3場はコース状況がほとんど似ており、1着率はダンゴ状態となっています。 鳴門競艇場の特徴 こちらの場も水面幅が狭く、更に風の影響が大きい割に水面状況は穏やかな分、「まくり」・「まくり差し」が決めやすい場となっています。 ただ、満潮時には選手的に乗りにくい水面になり思うように攻めきれず、インが多少は有利になる展開が見られます。 びわこ競艇場の特徴 びわこ競艇場の水面は淡水です。 水質は硬く、ボートが受ける波の影響が大きい分、全速まくりなど難しい水面となっています。 ですが、「差し」や「抜き」での決まり手が多く、1コースが絶対という事でもありません。 なぜなら、バックストレッチ側は最内が伸びやすくなっており差しハンドルで攻めた選手がそのまま抜き切る展開が多く見られるからです。 その分1コースの選手が波にのまれて失速し逃げきれない決着となり勝率が伸び悩んでいるようです。 浜名湖競艇場の特徴 浜名湖競艇場は水面自体穏やかではありますが、季節風に影響されやすい傾向にあります。 冬場はイン有利ではあり、「差し」もそれなりに決まっておりますが、夏場は向かい風となり「まくり水面」に変わります。 更に曜日によって番組構成も大きく変わり、平日一般開催に関しては荒れ番組が組み込まれているのも少なくはありません。 福岡競艇場の特徴 こちらの場は2マークブイが他の場に比べ短くなっており、その分他の場より早くホームストレッチに侵入しなくてはいけないため「深イン」しやすくなってしまいます。 そうなるともちろんスタートは難しくなり、江戸川競艇場と同じく、当地巧者で無ければ第1ターンマーク前で絞られてしまい抵抗できず決着してしまいます。 ここまでをまとめると、場ならではの水面幅に影響されている事が多く、経験量が物を言うところが多く感じます。 こういった場は選手の特徴だけではなく、水面状況、風の状況など、情報を多く集めなければ的中は難しいと思います。

次の