酸素系漂白剤コロナ。 塩素系漂白剤の効果と使い方!酸素系との違いは?おすすめ商品も紹介

塩素系漂白剤の効果と使い方!酸素系との違いは?おすすめ商品も紹介

酸素系漂白剤コロナ

オキシクリーンとは? オキシクリーンは、子育て世代を中心に「#オキシ漬け」でSNS上で話題になったアメリカ発の酸素系漂白剤です。 衣類をはじめ、食器、水回りなど、家中の様々な場所の頑固なニオイ、汚れ対策に大人気。 日本では、粉末タイプの酸素系漂白剤が好評で、全国のドラッグストアなどで買えます。 衣類の染み抜きや汚れ落とし、お掃除に活用する人が増加中。 オキシクリーンの基本的な使い方 オキシ足し いつものお洗濯に、オキシクリーンを足すことです。 汚れ落ちをサポートし、漂白と消臭を行います。 お天気のいい日にオキシ漬けして乾かしてしまうのがおすすめです。 浴槽にお湯をため、20分程度オキシ漬けをします。 その後、洗濯機ですすぎ、脱水してください。 お湯とオキシクリーンを混ぜた溶液を浴室の床にまき、5分程度置きます。 その後、ブラシで軽くこすります。 バスグッズのぬめり汚れ掃除に 浴槽にお湯をため、オキシクリーンを溶かし、バスグッズを入れます。 20分ほど漬けおきしたのち、ブラシで軽くこすり、水で洗い流します。 タオルの消臭に 湿ったまま放置されがちなタオルは、ニオイの原因になる雑菌が繁殖しやすいもの。 重ねて、梅雨は部屋干しでニオイが気になる時期です。 毎日のオキシ足しで、スッキリと消臭。 洗濯槽の掃除に 掃除しにくい、洗濯槽の汚れは、オキシ漬けでスッキリに。 お湯を高水位まで入れてから、オキシクリーンを入れ、5回ほど回したら、6時間放置します。 浮いてきた汚れを掬い取り、排水し、通常の洗濯コースを回します。 網戸のほこり汚れ掃除に ホコリは乾燥した晴天だと飛び散りやすいので、曇りの日にお掃除すると効率よく汚れが落とせます。 お湯とオキシクリーンを混ぜた溶液を、スポンジにつけて網戸をふきます。 ぞうきんで水拭きをし、溶液をふき取ります。 ニオイ対策をしっかりして、快適なおうち時間を 「オキシ漬け」、聞いたことはあるけれど、まだ使ったことはなかった、という人。 いまさら使い方とか聞けない・・・という人。 今からでも遅くありませんよ! 5月には、「オキシクリーン1000gつめかえ用」も新発売。 チャック付きのスタンドパックで、そのまま保管もOKなのがうれしいですね。 また、ご使用になる素材・器具・設備等の取扱説明書、洗剤・漂白剤使用に関する注意事項も合わせてご確認ください。

次の

梅雨・部屋干し対策にも!大人気の酸素系漂白剤「オキシクリーン」の活用法9選〜除菌・消臭もできる!〜

酸素系漂白剤コロナ

塩素系漂白剤とよく比較して紹介されるものに「酸素系」の漂白剤があり、結局どっちを使えばいいの…?と迷っている人もいるかもしれません。 実は、塩素系漂白剤も酸素系漂白剤も漂白の原理は同じで、「酸化」と呼ばれる反応を応用しています。 ただ、2つのあいだには 漂白力におおきな差があります。 塩素系漂白剤は、強い漂白力で染料まで抜き取ってしまうため色柄物には使えず、素材自体を傷めることも。 しかし、 どんなガンコなシミ汚れでも落とし、しっかり除菌してくれます。 一方の酸素系漂白剤は、染料を抜くことはないので色柄物にも問題なく使えます。 白シャツや布巾などには白がより際立つよう「塩素系」を、そのほかの衣類の漂白には「酸素系」と使い分けるといいですよ。 塩素系漂白剤はどんな種類や商品がある? 塩素系漂白剤は強い「漂白力」と「殺菌力」が持ち味なので、白物を真っ白にしたり、水回りのカビなどを撃退したりする場面で活躍します。 ここでは、どんな商品をどう使うのかまとめてご紹介します。 『ハイター』(花王) 衣料用の塩素系漂白剤といえば『ハイター』が有名。 使えるのは綿や麻、ポリエステルなどの白物の衣類で、キッチンの布巾の除菌や、シャツについたシミの漂白に使えます。 洗濯機などにまぜて使うと時間調節がむずかしく、服を傷めたり色落ちさせたりする可能性があるため、つけおきするのが基本の使い方です。 塩素漂白剤といえば「扱いが難しい」というイメージがあるかもしれません。 強力な洗剤なだけにいくつか注意が必要なので、ここでまとめてチェックしておきましょう。 酸性タイプの製品といっしょに使わない 塩素系漂白剤は「酸性」の洗剤と混ぜると有毒なガスを発生させます。 基本的には「単品で使う」とおぼえておくと安心です。 必ず換気する 塩素系漂白剤はニオイがきつく、「プールのニオイ」といえばイメージがつくのではないでしょうか。 換気しながらの作業でないと気分が悪くなる恐れがあるので注意です。 目や皮膚に触れないようにする 目や皮膚に触れないように注意しながら作業をしましょう。 ゴム手袋をし、汚れてもいい服を着て扱うのがおすすめ。 もしついた場合は、あわてずしっかりと洗い流し、病院に相談しましょう。 原液で使わない 塩素系漂白剤は基本的に原液では使いません。 商品に記載の量で水で薄めて使います。 入れすぎると黄ばみや色落ちの原因になるので、少ないくらいに入れるといいですよ。 熱湯で薄めない 漂白剤は温度が高いと漂白のはたらきが活発になります。 そのため、熱湯だと急激に反応を起こし、思い通りの結果にならない可能性があります。

次の

マスクの再利用方法を考えてみた|洗剤と酸素系漂白剤とクエン酸で洗浄と殺菌

酸素系漂白剤コロナ

オキシクリーンとは? オキシクリーンは、子育て世代を中心に「#オキシ漬け」でSNS上で話題になったアメリカ発の酸素系漂白剤です。 衣類をはじめ、食器、水回りなど、家中の様々な場所の頑固なニオイ、汚れ対策に大人気。 日本では、粉末タイプの酸素系漂白剤が好評で、全国のドラッグストアなどで買えます。 衣類の染み抜きや汚れ落とし、お掃除に活用する人が増加中。 オキシクリーンの基本的な使い方 オキシ足し いつものお洗濯に、オキシクリーンを足すことです。 汚れ落ちをサポートし、漂白と消臭を行います。 お天気のいい日にオキシ漬けして乾かしてしまうのがおすすめです。 浴槽にお湯をため、20分程度オキシ漬けをします。 その後、洗濯機ですすぎ、脱水してください。 お湯とオキシクリーンを混ぜた溶液を浴室の床にまき、5分程度置きます。 その後、ブラシで軽くこすります。 バスグッズのぬめり汚れ掃除に 浴槽にお湯をため、オキシクリーンを溶かし、バスグッズを入れます。 20分ほど漬けおきしたのち、ブラシで軽くこすり、水で洗い流します。 タオルの消臭に 湿ったまま放置されがちなタオルは、ニオイの原因になる雑菌が繁殖しやすいもの。 重ねて、梅雨は部屋干しでニオイが気になる時期です。 毎日のオキシ足しで、スッキリと消臭。 洗濯槽の掃除に 掃除しにくい、洗濯槽の汚れは、オキシ漬けでスッキリに。 お湯を高水位まで入れてから、オキシクリーンを入れ、5回ほど回したら、6時間放置します。 浮いてきた汚れを掬い取り、排水し、通常の洗濯コースを回します。 網戸のほこり汚れ掃除に ホコリは乾燥した晴天だと飛び散りやすいので、曇りの日にお掃除すると効率よく汚れが落とせます。 お湯とオキシクリーンを混ぜた溶液を、スポンジにつけて網戸をふきます。 ぞうきんで水拭きをし、溶液をふき取ります。 ニオイ対策をしっかりして、快適なおうち時間を 「オキシ漬け」、聞いたことはあるけれど、まだ使ったことはなかった、という人。 いまさら使い方とか聞けない・・・という人。 今からでも遅くありませんよ! 5月には、「オキシクリーン1000gつめかえ用」も新発売。 チャック付きのスタンドパックで、そのまま保管もOKなのがうれしいですね。 また、ご使用になる素材・器具・設備等の取扱説明書、洗剤・漂白剤使用に関する注意事項も合わせてご確認ください。

次の