朝日 日刊 スポーツ。 中野結香

日刊スポーツの系列会社

朝日 日刊 スポーツ

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 1 あると思いますが、基本的には新聞ほどではないと思います。 2 新聞社が経営母体の週刊誌は多いですが、放送局が直接の経営母体の週刊誌というのはないと思います。 ) しかし、扶桑社に関しては産経新聞よりもフジテレビの影響が強いように感じますが、もともとSPA! は週刊サンケイをリニューアルしたものです。 また、アサヒ芸能の経営母体は徳間書店で朝日新聞や朝日放送とは関係ありません。 (あんな雑誌を新聞社が発行したら問題でしょう。 )むしろ讀賣新聞の週刊現代の広告問題での話しの過程ではむしろ徳間書店は読売新聞と仲が良かったと記憶しています。 ただ、一般紙の新聞社系の雑誌と出版社系の雑誌では出版社系の雑誌の方がより踏み込んだ記事の内容になっていると思います。 (週刊文春の不肖・宮崎カメラマンに代表されるように・・。 あれは新聞社系ではできないのではないでしょうか?) もっとも、それを読者が望んでいるかは別の問題だとも思いますが・・。 一方、新聞社系の雑誌(特に昔からの雑誌)は例えば昔はやっていた東大入学者の出身校やら氏名やら、今は病院ランキング(実際は厚労省が発表した各病院の手術数に色を付けただけ)など薄くて広い記事が多いように思えます。 また、週刊現代やポストの様に色物系の記事は新聞社系の雑誌には皆無です。 週刊文春でも「淑女の雑誌から」ぐらい。 上で週刊新潮とポストの間に一行入れたのはそうした意味です。 zasshi. html 1 あると思いますが、基本的には新聞ほどではないと思います。 2 新聞社が経営母体の週刊誌は多いですが、放送局が直接の経営母体の週刊誌というのはないと思います。 ) しかし、扶桑社に関しては産経新聞よりもフ... A ベストアンサー 読売新聞社は、大阪にも大阪本社を置いていることは事実です。 もともと、読売新聞社は、三流の売れない新聞社だったのですが、正力松太郎という事業家が再建をし、大阪地区でも販売に力を入れた為、日本でも有数の新聞社になり得たのです。 正力氏は、事業欲が旺盛な方で、テレビ放送の将来性にも着目していました。 それで、日本テレビ放送網を立ち上げたのです。 読売新聞の販売部数の拡大に貢献した人物として有名なのは、務台氏、徳間氏(徳間書店オーナー)竹井氏(地産会長)などです。 正力氏に関しては、いろいろな本が出ているので、お読みになったら面白いと思います。 また、日本テレビに関する本で面白いのは、井原高忠著 元祖テレビ屋大奮戦 が面白いでしょう。 A ベストアンサー 経営面から見れば、#1さんから#5さんの回答のとおりです。 しかし番組面からみると、系列の新聞社と直結しているような民放局もありますし、それほど密着していない局もあります。 テレビ朝日の夜のニュースには、芸能人あがりのメインキャスターの横には必ず朝日新聞の記者が座っていますが、毎日新聞系のTBSのニュースキャスター筑紫哲也は朝日の記者あがりです。 人事面でみると、ほとんどの民放局の経営者は系列の新聞社あるいは地方財界からの天下りですが、創設時から民放局に入った人がトップになっている地方の民放もあります。 東京にある民放キー局と地方の民放は、経営的にはまったく別会社です。 「朝日」という名前の入った地方局はたくさんありますが、テレビ朝日の子会社ではありません。 地方に住んでいらっしゃる方は、よくご存知のように、テレビ朝日系列の地方民放が東京の他系列の番組を放送することはよくあります。 地方民放はその地域の地方新聞社と密接な関係があり、その地方新聞社は朝日新聞とは多くの場合無関係です。 ただメインのニュースだけは、NNNとかJNNのようにネットワークを組んでいますから、国際ニュース、全国ニュースは、キー局のニュースをそのまま流しています。 経営面から見れば、#1さんから#5さんの回答のとおりです。 しかし番組面からみると、系列の新聞社と直結しているような民放局もありますし、それほど密着していない局もあります。 テレビ朝日の夜のニュースには、芸能人あがりのメインキャスターの横には必ず朝日新聞の記者が座っていますが、毎日新聞系のTBSのニュースキャスター筑紫哲也は朝日の記者あがりです。 人事面でみると、ほとんどの民放局の経営者は系列の新聞社あるいは地方財界からの天下りですが、創設時から民放局に入った人がトップ... A ベストアンサー 僕は首都圏に住んだことがないものですから、実感としてはよくわからないのですが、知識として知っていることを。 もともと、「生活クラブ生協」と呼ばれる生協運動の一流派が、私たちの「代理人」をということで、地方議員を送り出すようになったものが、ローカル政党に発展したものです。 生協運動には、いくつかの潮流があるんですが、賀川豊彦などの人道主義的な立場から出発したもの、共産党員が中心となったもの、総評などの労働組合が中心となったもの、などがありますが、生活クラブ生協は「生活者」をキーワードに、市民主義的な流れとされます。 運動創始の中心となったのは、旧社会党江田三郎派と共産党離党組からなる「構造改革派」のようですが、新中間層の主婦たちが実際の運動の担い手とされます。 「新左翼」運動活動家の大学卒業後の受け皿になったと指摘されることもあるようです。 生協運動を、こういう風に政治的色分けで見るのは当事者の側からは違和感があるものなのですが、こういう通俗的理解はわかりやすいといえばわかりやすいのです。 「私たちの代理人を政治の場に」ということで、議員は「代理人」で、議員在任期間が長くならないようにする、という政治的アマチュアリズムを特色としています。 経験を蓄積して、知識や技術の面での高度化を否定することにそのジレンマを指摘する人もいます。 組織のあり方については、強固で整然とした官僚制の要素のある組織を嫌い、ゆるやかな横のつながりによる、ルーズな組織を志向し、「ネットワーク」という名称にはそれが反映されています。 その志向はともかく、幹部はいるはずなんですが、そのあり方が理念通りになっているかは、首都圏に住んでいない僕にはわかりません。 地方政界での位置については、僕は一定しないところを感じます。 国立市長は生活者ネットワークの出身で、共産党・社民党と協力して自民党に対抗する姿勢を見せていますが、自民・民主・公明と相乗り与党を形成している自治体もあります。 都議会でも、石原慎太郎都知事の方針に「対決」「抵抗」ということではないようで、知事提出案件のほとんどに賛成しているそうです。 僕は首都圏に住んだことがないものですから、実感としてはよくわからないのですが、知識として知っていることを。 もともと、「生活クラブ生協」と呼ばれる生協運動の一流派が、私たちの「代理人」をということで、地方議員を送り出すようになったものが、ローカル政党に発展したものです。 生協運動には、いくつかの潮流があるんですが、賀川豊彦などの人道主義的な立場から出発したもの、共産党員が中心となったもの、総評などの労働組合が中心となったもの、などがありますが、生活クラブ生協は「生活者」... Q 遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。 政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。 昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。 そこで考えたのが(例えですが) ・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや ・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞?? とかってイメージです。 父親が生きているときに「政治ってどうやったら詳しくなれるの?」って子供心に聞いたことがあります。 そのとき父は「新聞をくまなく読んでいれば自ずと解るようになる」って言っていました。 しかし未だにニュース番組で政治の話題になるとチンプンカンプンでそれが苦痛です。 新聞を取るときにどこを選べばいいかというポイントなどアドバイスをいただければ幸いです。 遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。 政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。 昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。 そこで考えたのが(例えですが) ・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや ・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞?? とかってイメ... yomiuri. yomiuri. 基本的に自民党支持、改憲支持である。 新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の見解を打ち出すのが特徴である。 asahi. asahi. html 一般的に左派・リベラル言論の代表紙である。 保守派からは左翼的、自虐史観的、中国の政策や北朝鮮の独裁政治に対する批判の欠如が問題視される傾向にある。 実際の内容を見ると、中国・北朝鮮に対してほぼ無批判である。 しかしながら記事ごとの思想的差異はかなり狭い。 mainichi. yahoo. 昔から社内に派閥があり、様々な考えを持った記者を抱えていることが影響していると言われている。 多様な見解を掲載できるという意味でプラスに働いているともいえる。 マイナスの側面としては、政府に対して、批判・賛同するわけでもなく、玉虫色に論評するだけの記事も少なくない。 漫画・アニメ・ゲーム愛好者からは嫌われる傾向が強い。 nikkei. nikkei. html 経済紙である為、一般紙に比べて経済や産業関係記事の比重が高い。 日経の記事によって株価や業績が大きく左右されうるため企業は日経の取材には神経を尖らせていると言われる。 企業によっては度を超した懐柔工作を行うことで、提灯記事を書かせたり、不祥事をもみ消すことなどを行っている。 sankei. html 大阪、奈良ではシェア20%を超える主要な新聞であり、この2地域で発行部数全体の半分近く 約100万部 を占める。 日本国内外の記事を共同通信社や時事通信社からの配信に頼る事が多い。 そのため多くのブロック紙、地方紙と同じ内容も見受けられる。 ネット上(特に2ちゃんねる)において、愛国的新聞として比較的安定した支持を受ける数少ないマスメディアの1つである。 紙面ではニューヨーク・タイムスの「左寄り」評論への不満をたびたび表明する。 (Wikipedia より抜粋) 全国紙以外にも中日新聞グループ、北海道新聞、西日本新聞のブロック紙3社連合もあります。 記事の相互利用、海外取材網の相互補完、合同企画連載記事、囲碁の天元戦・将棋の王位戦共同主催などの交流を深めている。 特に、中日グループの販売部数は毎日新聞に次ぐ業界4位で東海、北陸、関東、近畿とブロック紙としては広域にカバーしています。 また、関連放送事業に準キー局を含むTV局も16社あります。 ブロック紙3社連合の特色は、3新聞とも論調はリベラルですが、地方企業や行政寄りな地方紙らしい部分もあります。 chunichi. hokkaido-np. nishinippon. まさに、ある一定の思想や主張を特徴・特色に持つ新聞だと思います。 私が見た全国紙の政治的・思想的特色は下のようになります。 左から右までが思想的幅で中心が私の目線です。 産経新聞を中道左派と見る人も結構いると思われます。 日本テレビの筆頭株主は読売新聞グループ本社。 テレビ朝日の筆頭株主は朝日新聞社(約34%)。 テレビ東京の筆頭株主は日本経済新聞社(約34%)。 フジテレビはフジテレビは産経新聞と同じフジサンケイグループです。 TBSは毎日新聞社と協力関係であるが、毎日新聞社が経営危機の克服のためTBS株式の大部分を放出し、両社の立場は対等です。 各TV局の特徴や特色も、それぞれ関連した新聞社とよく似ています。 ただ、最近のTBSは捏造と思われても仕方の無いような報道や放送を繰り返し、テレビ朝日よりも更に左よりのTV局という感じがします。 私のお勧めは、比較的偏りなく読める 『読売新聞』 が良いと思います。 しかし、金銭的余裕があるのなら 『産経新聞』 と 『朝日新聞』 を購読して読み比べてみるのも面白いと思います。 yomiuri. yomiuri. 基本的に自民党支持、改憲支持である。 新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の... A ベストアンサー 『ダブルスタンダードとは、矛盾の一形態である。 ある事象への対処にあたって相矛盾する二つの基準を使い分けることである。 日本語では二重基準・二枚舌など。 もっとわかりやすく言えば「ご都合主義」のことである。 錯誤が背景にあるもの、感情が背景にあるもの、利害が背景にあるものなどがあるが、 いずれも一般的には公平や論理とは真逆をいく態度である。 』 こちらが参考になります。 nicovideo.

次の

日刊スポーツ・ダブルコース

朝日 日刊 スポーツ

朝日新聞傘下入り報道は真実? 解任から8日後に日刊サイゾーで公開された記事「」では「事情通」の話として、以下のようなくだりがある。 「三浦社長は、…親会社でもある朝日新聞社の完全傘下に入ることを主張。 要は、日刊スポーツは朝日の子どもになって、守られながら生きていく路線を走り出そうとしたんです。 それが、創業家側にとっては気に入らなかったみたいですね。 」 当時、そのような噂が実しやかに社員の間で飛び交っていたのは事実。 しかし、それを示す証拠は見たことも聞いたこともない。 この日刊サイゾーの記事でも三浦氏が日刊スポーツを朝日新聞傘下に入れようとしていた点について何の証拠も示されておらず、これを頭から信じろというのも無理な話である。 これを朝日新聞に株の過半数を持たせるためにはいくつかの方法が考えられるが、どのような方法でも支配株主である川田会長の了解なくしては不可能。 三浦氏が雇われ社長の身分である以上、その話を朝日新聞に持っていったところで「川田さんは何て言ってるの?」と聞かれて終わってしまう話である。 三浦氏が朝日新聞との連携を強める方向であったのは、第4回の連載でも書いたように明らか。 しかし、さすがに三浦氏とて自分にできることとできないことの区別はつくと思う。 そう考えるとこの話は真実ではないと思うし、仮に三浦氏がそのようなことを考えていたとしても実現性はほぼゼロである。 このような話が出たのは、三浦氏の解任が朝日新聞にも知られないうちに電撃的に行われたことが一つの要因であろう。 また、朝日新聞からやってきた取締役が「もう少し民主的なやり方はなかったのか、残念に思う」と川田会長に意見をしたと言われていることが、そのことに拍車をつける形になったと思われる。 そうした点から「全くない話ではない」と多くの人が考えたのではないかと想像している。 僕自身は全く信じていない。 実は退職4日前の2014年10月27日に、川田会長にメールを出している。 内容は30年近く雇ってもらったことに対する感謝、そして三浦氏解任に関することである。 株主総会について一言触れたのは、解任直後の会長による説明が冷ややかな空気の中で行われたこと、また、朝日新聞から来た取締役が批判めいたことを言ったという点につき、従業員としてどうしても言っておきたかったからである。 個人の考えとして三浦氏解任を支持すること、法的には全く問題がないこと、解任の理由を従業員の前で自ら説明したことへの感謝、そして、差し出がましいようだが自身の決断に自信を持っていただきたいということを書いた。 僕の日刊スポーツ新聞社の社員として最後の日となった2014年10月31日に川田会長から返信をいただいた。 そこには長い間ご苦労様という労いの言葉と、これからの人生を頑張ってほしいという応援の言葉が綴られていた。 それを読んだ時に僕は日刊スポーツ新聞社で働けたことの幸運を思った。 そして、三浦氏解任のことについての記載があった。 川田会長からの私信なので、それを明らかにすることはしない。 言えるのは、今も昔も僕は三浦氏の解任が日刊スポーツ新聞社にとって最善の方法であったと考えていることである。 (次回、).

次の

日刊スポーツ新聞の定期購読

朝日 日刊 スポーツ

テレビ朝日で新型コロナウイルス感染者が相次いでいる。 放送担当の私が最後に同局を訪れたのは、先月31日の定例社長会見。 志村けんさんが新型コロナによる肺炎で亡くなった翌々日で、会見場に入る前には手のアルコール消毒、マスク着用が義務付けられていた。 座席も通常の2人掛けから1人掛けに変更されるなど配慮はされていたが、幹部社員が会場後方に密集するように座る光景は、いつもと変わらなかった。 一方、テレビ東京の危機意識は2月から高かった。 同27日の定例社長会見から座席の間隔は通常以上。 いつもであれば会場の壁際にずらりと並ぶ社員たちは出席を控え、役員らの出席も3人に絞られていた。 翌3月26日の会見では厳重さを増し、座席間隔がさらに広がった上、密閉を懸念した小孫茂社長の号令で会見中に会場ドアが開け放たれた。 隣り合う距離が近いと、「そこはもうちょっと離れて」とトップ自ら指示する姿が印象的だった。 同局は今月2日から出社社員を2割に抑え、その後15~20日を臨時休業期間とする対応をとっている。 テレ東は2月の段階で、社員の出社率を半分にするなどテレワークの推進を発表。 テレ朝も同月の会見で、早河洋会長を議長に「新型肺炎緊急対策会議を発足した」と報告したが、具体策は語られなかった。 そして、15日までに「報道ステーション」の富川アナら4人の感染者が出た。 これを受けて本社の一斉消毒に乗り出したが、「他局に比べて対応が遅すぎる」という社内の声も聞こえる。 感染自体は事故のようなものだと思うが、それ以前に、局によって危機意識の濃淡はあったように感じている。

次の