ぜんざいとは。 おいしい小豆の煮方/ぜんざいのレシピ:白ごはん.com

沖縄ぜんざいとは?冷たくて!カキ氷が上に載ってます!

ぜんざいとは

ぜんざいとおしるこ。 普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。 しかし、そこには微妙な差異があるのです! 辞書による定義 ぜんざい 「善哉餅のこと。 関西ではつぶしあんの汁粉。 関東では餅に濃いあんをかけたもの。 」 おしるこ 「小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 (もち) や白玉団子などを入れた食物。 御膳 (ごぜん) 汁粉・田舎汁粉など。 汁粉餅。 」 一言では語れないぜんざいとおしるこの違い 辞書による定義を見ると分かるように、そもそもぜんざい(善哉餅)の定義が日本国内で統一されておらず、関東と関西で地域差があるようです。 そのため、「ぜんざいとおしるこの違いはコレ」と一言で言い切ることはできなさそうですね。 それにしても辞書の定義だけを見てもなかなか違いが分かりにくいと思うので、改めて以下にいくつかの視点から、ぜんざいとおしるこの「違い」に焦点を当てて解説しようと思います。 関西におけるぜんざいとおしるこの違い 関西では、あずきを溶かした汁のことをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 つまり、関西では焼き餅や白玉団子等の具が入っているかどうかが、ぜんざいとおしるこの違いということですね。 関東におけるぜんざいとおしるこの違い 続いて、関東では、餅にあんをかけたものをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 同じものように思えますが、主役が餅なのかあんなのか、という点で異なるようです。 つまり、関東のぜんざいは餅が主役であるため、必ずしも餅があんにどっぷり浸かっている必要はなく、あんが餅の「タレ」のようにかかっているだけでぜんざいと呼べます。 一方で、関東のおしるこはあずきの汁が主役であり、餅はあくまでも具であるため、汁気たっぷりのあずき汁の中に餅が浸かっていなければおしることは呼べないのです。 関西と関東におけるぜんざいの違い 前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。 餅がなくて汁気が多いのが関西のぜんざいで、餅があって汁気が少ないのが関東のぜんざいということですね。 関西と関東におけるおしるこの違い では、おしるこの地域差についてはどうでしょうか。 定義に沿って考えると関東も関西も違いはないように思えます。 しかし、一説によると関西ではこしあんで作られたものしかおしること呼ばないのに対し、関東ではこしあんで作られていても、つぶあんで作られていてもおしること呼ぶという違いがあるのだとか。 結局ぜんざいとおしるこの違いは何か、地域差があって一言では語れませんでした。 今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。

次の

沖縄ぜんざいを食べるならココ!厳選した7店舗の紹介!

ぜんざいとは

ぜんざいとおしるこ。 普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。 しかし、そこには微妙な差異があるのです! 辞書による定義 ぜんざい 「善哉餅のこと。 関西ではつぶしあんの汁粉。 関東では餅に濃いあんをかけたもの。 」 おしるこ 「小豆あんを汁状にし砂糖を加えて煮たものに焼き餅 (もち) や白玉団子などを入れた食物。 御膳 (ごぜん) 汁粉・田舎汁粉など。 汁粉餅。 」 一言では語れないぜんざいとおしるこの違い 辞書による定義を見ると分かるように、そもそもぜんざい(善哉餅)の定義が日本国内で統一されておらず、関東と関西で地域差があるようです。 そのため、「ぜんざいとおしるこの違いはコレ」と一言で言い切ることはできなさそうですね。 それにしても辞書の定義だけを見てもなかなか違いが分かりにくいと思うので、改めて以下にいくつかの視点から、ぜんざいとおしるこの「違い」に焦点を当てて解説しようと思います。 関西におけるぜんざいとおしるこの違い 関西では、あずきを溶かした汁のことをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 つまり、関西では焼き餅や白玉団子等の具が入っているかどうかが、ぜんざいとおしるこの違いということですね。 関東におけるぜんざいとおしるこの違い 続いて、関東では、餅にあんをかけたものをぜんざいと言い、あずきの汁に焼き餅や白玉団子を入れたものをおしること呼んでいます。 同じものように思えますが、主役が餅なのかあんなのか、という点で異なるようです。 つまり、関東のぜんざいは餅が主役であるため、必ずしも餅があんにどっぷり浸かっている必要はなく、あんが餅の「タレ」のようにかかっているだけでぜんざいと呼べます。 一方で、関東のおしるこはあずきの汁が主役であり、餅はあくまでも具であるため、汁気たっぷりのあずき汁の中に餅が浸かっていなければおしることは呼べないのです。 関西と関東におけるぜんざいの違い 前述の定義に沿うと、関西のぜんざいと関東のぜんざいとでは、餅が入っているかどうかという点と、汁気が多いか少ないかという点において異なります。 餅がなくて汁気が多いのが関西のぜんざいで、餅があって汁気が少ないのが関東のぜんざいということですね。 関西と関東におけるおしるこの違い では、おしるこの地域差についてはどうでしょうか。 定義に沿って考えると関東も関西も違いはないように思えます。 しかし、一説によると関西ではこしあんで作られたものしかおしること呼ばないのに対し、関東ではこしあんで作られていても、つぶあんで作られていてもおしること呼ぶという違いがあるのだとか。 結局ぜんざいとおしるこの違いは何か、地域差があって一言では語れませんでした。 今回は地域差も含めて、4つの視点から両者の違いについて考察してみましたが、果たして本当なのかどうか、関西出身の人と関東出身の人両方に聞いてみると面白そうですね。

次の

沖縄ぜんざいとは?冷たくて!カキ氷が上に載ってます!

ぜんざいとは

小豆のはじめの煮方と渋抜き はじめに、小豆は鍋に入れるなどして 変色したり割れたり小豆があれば取り除きます。 続けてさっと洗い、たっぷりの水を加えてから中火にかけます。 鍋が沸いたら弱火にして、 そのまま5分煮ます。 徐々に煮汁の色も変わってきます。 5分経ったら、 火を止めてから蓋をして、30分ほど蒸らします。 30分後に蓋を取り、 小豆をざる上げして、煮汁は捨てます。 これが渋抜きで、この1回のみ行います。 ぜんざいを仕上げるのに不必要な苦みなので、一度煮汁を捨てるわけです。 基本の小豆の煮方(小豆の渋抜き後の下ゆで) 渋抜きを1回やった後に、鍋に汁気を切った小豆を戻し入れて、 水1リットルを加えます。 鍋を中火にかけて、沸いたらアクをすくい取ります(アクがさほど出なければ取らなくてOKです)。 また、このまま仕上げになるので、浄水器を通した水などを使うならここで使うとよいです。 火加減を極弱火にして ここから蓋をして約1時間煮て小豆に火を通します。 蓋をしたまままずは40~50分煮てみてください。 1時間炊く前に一度豆の硬さを見てみて、まだ硬ければさらに10分ごと、小豆に火が通って柔らかくなったかどうかを確認するとよいです。 小豆の品種や新豆か古い豆かなどの差で、45分で煮上がることもあれば、1時間半近くかかることもあります。 小豆の煮上がりの確認は、食べてみることも大事ですし、 指で小豆をつぶしてみて、芯まで柔らかいかを手でさわって確認することも重要です。 芯まで柔らかくなっていれば、 火から外して、蓋をしたまま30分蒸らします(この蒸らしで煮えムラをなくします)。 ぜんざいのレシピ(甘み付け) 蒸らしを終えたら、この鍋でそのまま仕上げに入ります。 砂糖と小豆をなじませるために火にかけ、沸いてきたら5~6分ほどコトコトと弱火で煮ればぜんざいの完成です。 問題なければそのまま砂糖投入でOKですが、小豆に対して 水が少ない場合は水50~100mlを追加したり、逆に多すぎるなら適宜煮汁を減らすとよいです。 小豆を炊く時間によって水分量の残り具合にも違いが出ることがあるので、水分と砂糖の分量は適宜調整しながらやってみてください。 切りもちをオーブントースターなどでふっくら焼いたり、を作って合わせるなどして、炊きあがったぜんざいと一緒にお椀に盛り付けていただきましょう!•

次の