お店紹介パンフレット製作熊本。 会社案内・パンフレット

パンフレット作成のポイント|会社案内 パンフレット専科

お店紹介パンフレット製作熊本

印刷物の制作・製造工程について、特に「用語」「原稿の準備」「納期」「料金決定の仕組み」を中心に解説しています。 印刷商品についてのご説明 印刷物は、主に 「原材料費」「印刷工賃」「デザイン制作料」で料金が決定されます。 原材料とは用紙代及びインク代で、特に特別な用紙を使った場合は金額が上がります。 印刷工賃とは、そのまま印刷にかかる金額です。 特に加工が必要な場合は料金に影響してきます。 デザイン制作料とは、印刷に必要なデータを企画・制作する料金です。 基本的には、印刷カラー(色数)や制作サイズで料金が決定されますが、有料素材(写真など)の有無や、デザインや校正の複雑さなどで料金が変動します。 また、広告代理店を経由した場合は、別に企画料や手数料が追加される場合もあります。 つまり ということです。 基本的には、 実際にかかる金額はこの2つを足した金額ということになります。 (完全データをご自分でつくれる場合は「印刷代」のみがかかります) 当店のサービスにおいては基本的に 「制作料と印刷料を含めた金額」で表示しております。 それは、印刷代のみ表示することで見た目の安さ感をアピールすることは可能ですが、実際はデータ制作や調整代が別にかかることがほとんどですので、お客様にとって「わかりにくい」からです。 当店では「印刷をより身近に」、お客様に親切でお求めやすい印刷商品のご提供を目指しています。 ご覧になりたい項目を選んで下さい• 印刷カラー 色数 について 通常、印刷においてはフルカラー印刷のことを「4色印刷」と表現します。 他にも1色印刷(K版のみのスミ1色刷/シアン1色・マゼンタ1色は通常行いません)・2色印刷(シアンとマゼンダのみ使用など)・特色印刷(それぞれの色の代わりに特定色のインクを使用)などがあります。 ちなみに、テレビやパソコンのディスプレイは「RGB(レッド・グリーン・ブラック)」で表現します。 画面でチェックした色合いと、実際の印刷物の色合いが異なる場合があるのはこのためです。 (「RGB」の方が表現できる色数が多い)。 また、弊社のインターネットでは「特色印刷」は別途見積もり対象商品となります。 印刷枚数の決定について まず印刷物をどのように配布・利用するのかを考えます。 あらかじめ印刷・必要数量が決まっているもの(パンフレットや名刺、メニューブックなど)は特に必要ないのですが、新聞やタウン紙に折込む場合ならば、それぞれのエリアにどのくらい配布できるのかを知る必要があります。 ここで実際に必要な数量がわかります。 その必要数と折込代金を含む予算をもとに印刷枚数を決定します。 また、印刷代金は「原材料と工賃」で決定されます。 どちらも印刷の数量によって変動しますが、例えば数量が100枚の場合と1,000枚の場合では、原材料費はおおよそ10倍になりますが、印刷工賃の変動はそれよりも緩やかです。 また、印刷の枚数が少ないほど印刷代金に占める印刷工賃の割合は高くなります。 つまり、同じ200枚でも「100枚を2回印刷」と「200枚まとめて印刷」では大幅に金額に差がでますので、増刷の可能性がある物であれば少し多めに印刷しておくのもコストを抑えるコツです。 印刷予算の検討 お客様と打ち合わせを進めていく上で「印刷物の予算設定しかしておらず、配布(折込)にかかるコストを予算にいれていなかった」という話を伺うことがあります。 また、広告期間はアルバイトさんやパートさんも増員する必要があるかもしれません。 印刷広告は 制作コスト・配布コスト・実施コスト全ての面からの予算検討が必要となります。 また、印刷予算は希望配布部数・店舗(イベント)サイズ・折込エリアマップなどを総合的に検討しながら決定していく必要があります。 例えば 「店舗を中心に5,000枚配布する」予定だったとしても、 駐車場や交通機関の都合で5,000枚だとエリアが広すぎることもあります。 仮にこの場合なら、配布部数を減らせばコストを削減できますし、予算を減らさないならば5,000枚を2,500枚ずつ2回に分けて同一エリアに時期をずらして配布した方が効果的だといえます。 当店では折込エリア等の無料相談も実施しておりますのでお気軽にご相談下さい。 原稿を準備する お客様が広告物を制作するにあたって、最も頭を悩ませるのが「原稿の準備」です。 日常的に広告の準備が業務に入っているお客様を除くと、殆どのお客様は日常業務外の作業なので仕方がないことです。 もちろん、内容やレイアウトのご希望が具体的に決まっている方が理想的なのは間違いないのですが、日常業務外の作業に時間をかけるのは不可能というお客様も多数おられます。 当店ではそんなお客様の広告づくりをサポートするために、箇条書きや手書きの原稿からでもデザイン制作いたします。 お客様からいただいたデザイン情報・原稿で不足している部分はしっかりとヒアリングし、理想の広告に近づけます。 また、その際お客様に出来る限りお願いしていることがあります。 一つ二つで結構ですので、お客様の想いが具体化されたキャッチコピーや価格・イチオシの商品をご指定下さい。 これは少しアバウトで精神論的な表現となりますが、広告・企画が成功するかどうかはお客様や我々業者を含めた 広告に携わっている全ての人の想いの強さに比例することが多いからです。 弊社はそのお客様の想いを具現化できるよう精一杯の力でデザイン制作しています。 原稿を準備するためのポイントは具体的には下記のようになります。 1)原稿は手書きやポイントの箇条書きでも制作可能です。 沢山の情報があったほうがイメージがふくらみます。 2)原稿の中で「どの項目を一番目立たせたいか・売りたいか」の指定。 特に強調したい商品や価格などを決めます。 3)イメージカラーや写真のご希望や、お店や会社の雰囲気や顧客層・客単価など具体的な情報。 内容変更・校正について 弊社のインターネットデザイン印刷サービスでは内容校正は全てWEBによる確認作業となります。 この校正時にご注意していただきたいポイントがいくつかございます。 1)実際の印刷物(CMYK)とディスプレイの画面表示(RGB)で発色が異なる場合があること。 2)校正時は文字の修正や誤字脱字の確認のみ。 レイアウトなどの大幅な変更は基本的に出来ないこと。 3)校正確認はお客様の責任において実行されること。 1)について 実際の印刷機で出力して色合いを確認する(本色校正)や、プリンター出力して簡易的に色合いを確認する(簡易色校正)も可能です。 (有料となります/お問い合わせ下さい) 2)について レイアウトの大幅な変更を含む内容変更が必要な場合は有料(5,000円〜)にて承ります。 また、通常印刷サービス(別途見積り)をご利用していただければレイアウトの変更を含む内容校正まで料金に含まれます(全く新しいデザインに作り変えるような変更は除きます)。 3)について 校了後の誤字脱字を含む全ての内容について弊社は責任を負いかねます。 追加料金が発生する例 弊社のインターネットデザイン印刷サービスは、低コストでお客様にご満足いただけることをモットーにしております。 通常、ほとんどのお客様に料金表の金額内でご満足いただいておりますが、お客様のご要望により料金表に表示されている金額に追加料金が発生する場合がございます。 下記に追加料金が発生する例を一部ご紹介いたします。 1)ロゴデータが無いため、複雑なロゴトレースやロゴの新規制作が発生した。 2)入り組んだ場所に店があるので、詳細なマップを制作した。 3)有料写真素材または有料イラスト素材を使用した。 4)どうしても使いたい用紙があったので特別な用紙を使用した。 5)短納期印刷サービス(印刷納期1〜2日/校了の2営業日以内に発送)を利用した。 6)校正時にレイアウトの大幅な変更を含む内容変更を依頼した。 …etc 配送・送料について 配送は殆どの場合発送より3日以内にお届けできますが、通常発送完了より1〜4日以内での到着とお考え下さい。 熊本よりの発送となりますので、九州圏内は2日以内、以降関西までは3日以内、関東までは4日以内、関東以東は4日〜の到着となります。 また、当社では1商品当り、本体価格5,000円以上のお買上げで送料を 無料にてサービスしております。 但し以下の場合は送料無料サービス対象外となりますので予めご了承下さい• 1)北海道・沖縄・一部離島• 2)定型外品・大型商品 養生シートやのぼり用ポールなど 詳しくはお問い合わせ下さい 注文のキャンセル・商品の返品 制作開始後のキャンセルにつきましては原則できません。 制作状況に応じてキャンセル料が発生します。 やむを得ずキャンセルしなくてはいけなくなった場合は、なるべくお早めにお申し出下さい。 特に「初校データ提出」まで進んでいる状況の場合は、既に工程の確保・印刷用紙やインクの発注まで終わっていますので、誠に恐れ入りますがキャンセル料としてお見積もり金額の100% 全額 をキャンセル料としてご請求致します。 また、商品の返品につきましては商品の性質上、「不良品」以外の返品はできません。 (例:校了したデータと異なるデータで印刷されたなど。 校正漏れによる誤字脱字や単純に印刷物が余ったなどの理由は返品対象外となります) データの保管・再注文について 弊社ではご注文いただいたデータを3年間保管いたしております。 保管期間は 校了日より3年間となります。 データ保管期間は発注毎に更新されます。 割引率・割引額等は商品によって異なります。

次の

パンフレットデザイン|パンフレット制作.jp

お店紹介パンフレット製作熊本

土佐清水市内の清水さばが食べられる店を紹介するパンフレット(土佐清水市役所) 土佐清水市の漁業者と県漁協、市などでつくる「高知地区地域水産業再生委員会清水部会」はこのほど、市内で刺し身や丼など清水さばが食べられる20店を紹介するパンフレットを製作した。 9日から来月8日までは、掲載店でドリンクや小鉢などのサービスが受けられるキャンペーンも行う。 「清水さば」は県漁協清水統括支所で水揚げされたゴマサバ。 支所の水槽で蓄養し、出荷直前に生き締めしたものは「土佐の清水さば」と呼び、近年は年5万匹前後を出荷している。 「さらなる消費拡大を目指したい」(同市農林水産課)と、パンフを製作した。 B3判を八つ折りにしたパンフには、清水さばの料理が楽しめる店舗の地図や営業時間、予約の要否などを記載。 5千部を、県内の道の駅などで配布する。 消費拡大のキャンペーンは、掲載飲食店で清水さば料理を注文すると、生ビール1杯無料など掲載店全てで特典が受けられる。 内容は9日以降、同市のホームページに掲載予定。 同課は「パンフを活用して本場の清水さばを堪能して」とPRしている。 (新田祐也).

次の

リーフレットデザイン・パンフレットデザイン制作料金

お店紹介パンフレット製作熊本

スタッフ紹介• 代表取締役 社長 光澤俊市• 総務部 栗崎康郎• 総務部 中村一代• 総務部 豊永吉文• 総務部 坂田麻亜子• WEBソリューション部 米村仁里• WEBソリューション部 出田高広• WEBソリューション部 木代成達也• WEBソリューション部 三串晃弘• DTPソリューション部 藤田博巳• DTPソリューション部 宮中麻里• DTPソリューション部 成瀬文弥• DTPソリューション部 岩下光男• DTPソリューション部 陣野満実子• DTPソリューション部 瓜生香織• DTPソリューション部 池崎淳子• DTPソリューション部 稲原泉美• イノベーション事業部 児玉胡桃• イノベーション事業部 中村嘉宏• 第1営業部 大平みはる• 第1営業部 池田礼佳• 第1営業部 河野正憲• 第1営業部 村山祐三• 第1営業部 柏田裕介• 第1営業部 日置雄大• 第2営業部 光澤陽介• 第2営業部 藤田朋大.

次の