Zoom ライセンス。 Zoom Account: kubar: Kyoto University Kyoto University Buffet ARea

【10分で理解】Zoomのライセンス、ミーティングと Roomsの違いを解説

Zoom ライセンス

情報処理学会第82回全国大会オンライン開催ではZoomのビジネスプランを40ホスト分、1か月分だけ契約しました()。 さらに全国大会終了後、同じくオンライン開催した情報処理学会のいくつかの研究会でもこの契約でミーティングをスケジュールしました。 ここではその際に経験して得た知識を書いておきます。 前提として、書いている岡部はZoomの公式のドキュメントをほとんどは読まないまま適当に使ってみて困ったらぐぐってなんとかしようとする人間です。 そんなことはマニュアル読めばわかるやろということでしたらご容赦ください。 要点 「ホストの前の参加を有効にする」の設定でホスト不在のミーティングを運用するのは便利だが注意すべき点がある、ということなのですが、長くなってしまったので要点をまとめておきます。 各ミーティングにはそれをスケジュールしたホストが紐づく。 一人のホストに紐づいている会議は(ホスト不在のミーティングであっても)同時に一つしか開催できない。 ホスト不在のミーティングはスケジュールされている時間以外でもミーティングID(URL)を知っていれば参加できてしまう。 複数ホストのライセンスを契約したら、その数だけZoomのユーザ(メールアドレス)を登録してそれぞれにホストのライセンスを割り当てないといけない。 Zoomの規約 Zoomの規約: には下記の通り記載されており、さらに契約すると「有償プランが使えるアドレスを他者と共有するのは規約違反ですのでご注意ください」というメールが送られてきました。 「ホスト」とは、本ミーティングの日程設定および開始を実行できる個人を意味します。 各ミーティングに1名のホストが存在します。 「指定ホスト」とは、ミーティングを主催する権利をお客様から与えられている、お客様の指定従業員またはお客様の指定請負業者を意味します。 指名ホストは、無制限の数のミーティングを主催できますが、1度に主催できるミーティングは1つのみです。 指定ホストライセンスは、指定ホストになるためのライセンスを受けた個人以外の人物によって共有されたり使用されたりすることはありません。 ホストとホストキー ホスト不在のミーティング 全国大会では実際のセッション会場に対応するミーティングのミーティングID(URL)を参加者(座長・発表者・聴講者)に知らせておき、以下のようなホスト不在のミーティングで運用しました。 Zoomではミーティングをスケジュールする際に「」にチェックをいれておくと、ホストが参加しなくても URL だけを知っている人が参加すればミーティングが開始される。 そのままだとホスト不在の(参加者のだれも管理権限を持たない)状態で会議が行われる。 画面の共有などにホストの許可が要らない設定にしておけば最低限のことはできる。 ただしマイクをONにしたまま雑音を流している参加者を強制ミュートしたりすることはできない。 ホストキー• ミーティングをスケジュールしたホストは、参加者に自分の「ホストキー」(6桁の数字)を伝えておくことで、ミーティングに参加することなく当該ミーティングのホスト権限を委任することができる。 (規約上、パスワードを教えてホスト権限を預けるのは禁止です)• ホストキーを知っている参加者は、ホスト不在のミーティングにおいて画面に現れる「ホストを要求」をクリックし、ホストキーを入力することで、そのミーティングのホストになる。 ホスト権限を得た参加者は、他の参加者にホスト権限を移したり、他の参加者を「共同ホスト」にすることができる。 ホスト権限を持つ参加者が、他の参加者にホスト権限を移すことなく、かつ全体に対してミーティングを終了することなく、ミーティングから退出した場合、共同ホストがいればそちらにホスト権限が移る。 共同ホストがいない状態でホスト権限を持つ参加者が退出した場合、最も早くから参加している参加者にホスト権限が移る。 当該ホストのホストキーはZoomにサインインしてプロフィールの設定の一番下のあたりを見るとわかる(非表示になっている)。 ホストキーは変更しない限り同じ値である。 すなわちホストキーを伝えた相手が以後のミーティングでホスト権限を使えないようにしたければ、速やかにホストキーを変更しておくことが必要である。 同時開催のミーティング 1ホストでのミーティングの同時開催? 「」というページに書いてあることですが、• Zoomでは、すべてのミーティングに、それをスケジュールしたホストが紐づき、一人のホストに紐づいた会議は 同時に一つしか開催できない、という制約がある。 一方、(これがややこしいのですが) ホストが2つの異なるミーティングを同じ時間にスケジュールすることはできる。 さらにホストが両方のミーティングに対して「ホストの前に参加」機能を有効にしていると、先に参加者が参加したミーティングが開始され、後から参加者が参加しようとしたミーティングの側では 「Please wait for the host to start this meeting(ホストが本ミーティングを開始するまでお待ちください)」 のメッセージが表示される。 (さらにややこしいことに)ミーティングはスケジュールされた時間より前から参加できてしまう。 すなわちホストがミーティングを時間が重ならないようにスケジュールしていたとしても、 「ホストの前に参加」機能を有効にしてそのミーティングID(URL)を参加者に伝えると、上記の競合が生じうる。 (さらにさらにややこしいことに)ミーティングはスケジュール上終了していてもしばらく(1週間?)は参加できてしまう。 終了したミーティングをすぐに参加できなくするためには、zoom. 複数ホストを契約し同時に複数のミーティングを開催する 複数ホストを契約し対応するユーザを登録する• 前項の通り1ホストが同時に開催できるミーティング数は一つだけである。 同時に複数のミーティングを開催できるようにするためには、契約上のホスト数を増やすことが必要。 しかし、ホストを増やす契約をしても、それだけでは有償ホストとして制限時間のないミーティングをスケジュールするライセンスの数が増えるだけで、 1ホストが同時に開催できるミーティング数が増えるわけではない。 増やしたホストの分のユーザを追加で登録する(別々のメールアドレスとパスワードを設定する)必要がある。 (参考:「」)• たとえば全国大会のように40のミーティングを同時に開催するには、40のユーザを登録して、それぞれにホストのライセンスを付与してやる必要がある。 ユーザの登録は「ユーザ管理」から行う。 「インポートする」を使うとCSVファイルに記述したユーザを一括登録できる。 ミーティングのスケジュール 実際にライセンス数分の個人に紐づけてそれぞれにホストとしてミーティングを管理してもらうのであればよいのですが、全国大会では学会事務局で40ホスト分のミーティングを一括管理していました。 そのような場合には以下のようにすると便利です。 各ユーザにおいて「個人」の「設定」を選択して表示される画面の一番下にある「スケジュールする権限」のところで「スケジュールする権限を付与する人は」を選択して、実際にサインインしてミーティングをスケジュールするユーザー(たとえば全体の管理者である「オーナー」)を指定しておく。 スケジュール権限を付与できるのは、「ユーザ管理」で同じアカウントに登録されているユーザであり、かつ付与する側と同じライセンスを付与されているユーザーに限られる。 スケジュールするユーザーがスケジュールを行う際に、「新しいミーティング」のところに現れる「のスケジュール」のところでそのミーティングのホストとなる「自分」以外のユーザを選択できるようになる。 スケジュールするユーザのミーティングスケジュールには、スケジュールする権限を持つ他のホストのミーティングも表示され、変更や削除が可能。 カテゴリー タグ,.

次の

【使い方講座】会社でZoom会議するなら無料版より有料ライセンスがおすすめ

Zoom ライセンス

Contents• 無料版 VS 有料(プロ)版 無料でも画面共有や録画機能などほとんどの機能が使えますし、現在では 100人まで会議室に入れますので大規模なセミナーでも開催できます。 大きな違いは、無料アカウントだと、• 3人以上で40分の制限時間がある。 クラウドレコーディングができない。 共同ホスト、投票機能が使えない。 1対1のサポート、ミーティング、打ち合わせなどでしか使わないのでしたら無料の基本アカウントでも大丈夫です。 また40分したら一旦閉じて休憩を入れ、再度リンクをクリックして集まるという形にすれば無料アカウントで3人以上でも充分使えます。 無料アカウントだと録画する場合、自分のパソコンに動画ファイルが保存されます。 保存場所はドキュメント>Zoom>日付のついたフォルダの中で、オーディオファイルと動画ファイルが格納されます。 プロアカウントだと1GBの「 クラウドレコーディング」ができます。 保存されたファイルはZoomのサーバーに保存されます。 このファイルにアクセスするには、Zoomのウェブサイトにアクセスし、マイアカウントから記録をクリックします。 動画を共有する際に、パソコンに保存されたファイルをメールで送ったり、ファイル転送サービスを使う必要がなく、 またYouTubeにアップロードして共有することもありません。 「共有」ボタンをクリックして保存してあるサーバーのリンクを送ればいいだけなので非常に便利です。 またパソコンに録画ファイルを保存する時、会議終了後にファイルの変換が行われますが、 これが会議と同じくらい時間がかかります。 すぐにパソコンを閉じても、後からファイルをダブルクリックして変換することもできます。 その点、クラウドレコーディングだとクラウド上で変換してくれるので時間を気にする必要はありません。 ただし、容量は 1GBまでの制限があるので、この場所にためておくことは難しいでしょう。 容量が足りないと録画ができなくなるので、不要な動画は削除するなどして容量を確保しておきましょう。 無料のアカウントだとスマホやタブレットで録画はできません。 プロアカウントだと スマホやタブレットからでもクラウド録画ができる点も優れています。 料金は? プロアカウントは月に14. 99ドル、円に換算して1600円~1700円くらいです。 12か月まとめて払うと12. 99ドル(1300円くらい)と若干割引になります。 お支払い方法は? 支払いはクレジットカード払いになります。 プロアカウントの取得方法を見ていきましょう。 1.無料アカウントをすでに取得している場合にはにアクセスし、サインイン後マイアカウントをクリックします。 2.上部のメニューから「計画と価格設定」をクリックします。 3.プロアカウントの「今すぐ購入」ボタンをクリックします。 支払い方法を月ごとか年ごとかを選択します。 月ごとでも年ごとでも自動更新になっているので、キャンセルしない限り、自動で引き落としされます。 自動更新をキャンセルする方法は後で説明します。 5・必要事項を入力し、「サービス規約と個人情報保護に関する方針に同意します」にチェックを入れ、「今すぐアップグレード」をクリック。 これですぐにZoomを使い始められます。 もしも自動で更新したくない場合にはブラウザからにアクセスし、マイアカウント>支払い と進み、 「プランの選択」タブでプロアカウントの「登録の停止」をクリックします。 登録を停止してもプロアカウントは1年間有効ですし、いつでも自動更新の登録を再開できます。 まとめ Zoomを使っていて無料のままでいいか、有料版にアップグレードした方がいいのか迷うこともありますが、以下の点を考慮に入れて必要なアカウントを選択してください。

次の

Zoomミーティング

Zoom ライセンス

概要 Zoomは、従来のWeb会議システムのように高価な専用システムを導入する必要がなく、場所とデバイスを問わず簡単にミーティングを行えます。 Business、Enterpriseの2つの基本ライセンスからなり、インターネット環境、PCやモバイル端末、カメラ・マイクがあれば、世界中どこからでもワンクリックで利用できます。 ワンクリックで会議に参加 参加者へメールで会議に招待。 参加者は、URLをワンクリックするだけで、会議に参加。 費用は主催者のみ ライセンス登録は主催者のみ。 参加者はアプリ・ブラウザから参加するだけのため、コスト削減を実現。 利用シーン 端末や場所に依存することなく、 スムーズなコミュニケーションを実現 導入支援サービス クイックスタート導入支援サービス CTCSPがご提案する『Zoomミーティング』に対し、初期導入時の設定および管理者・利用者トレーニングをオンラインで提供します。 サービス内容• 利用方法のヒアリング• ヒアリング結果に基づくZoom設定代行• パラメータシート作成• ・本サービスは平日9:00から17:30の間に提供されます。 ・サービス対象外:ZoomRooms、カレンダー統合、各種コネクタ(H. ライセンス・評価版申込 プラン/機能 ビジネス エンタプライズ Zoom Rooms CRC H. Zoom Rooms 対応機器 会議用システム パッケージ 業界最高水準の端末とカメラキットのパッケージ タッチディスプレイ DTEN D7 55インチ お客様のメリット 1.<設置が簡単>電源ケーブルを準備するだけで設置が完了 PC機能も内蔵、VESA規格に対応しており、汎用のテレビスタンドや壁にマウントできます。 2.<操作が簡単>画面タッチですぐに会議を開催 Zoom Roomsがプリインストール、だれでも簡単にワンタッチで多拠点と接続が可能です。 3.<価格が安い>ディスプレイ専業ベンダーのタッチパネルを採用 従来に比べ大幅にコストダウン、画面はZoomクラウド経由で参加者にも共有・配布が可能です。 4.<用途が広い>画面共有やホワイトボードとしても利用 ホワイトボードのデータは参加者にメールで直ぐに転送できます。

次の