ブルートゥース。 Bluetooth(ブルートゥース)の使い方!便利な活用方法も紹介!

【100均検証】ダイソーの新商品「ブルートゥーススピーカー(ポータブルタイプ)」が予想してたより良い感じ / USBメモリ&マイクロSDにも対応

ブルートゥース

概要 [ ] 数mから数十m程度の距離の情報機器間で、を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。 当初、、、、、の5社(プロモーター企業)によって策定された。 その後、、、の4社がプロモーター企業として加わった。 現在は3COM、ルーセント・テクノロジーの2社が脱退し、、および ()が加わり、9社がプロモーター企業となっている。 での規格名は、である。 4帯を使用して(主に)等のマウス、キーボードをはじめ、、、、での文字情報や音声情報といった比較的低速度のデジタル情報の無線通信を行う用途に採用されている。 4GHz帯を79のに分け(LEは40)、利用する周波数をランダムに変えるを行いながら、半径10 - 100程度のBluetooth搭載機器と、最大3M(HSは24Mbps)で無線通信を行う。 当初は短距離通信であるの完全置換えという誤った認識で普及が試みられたが、使いにくさが強調され、普及の妨げとなった。 しかし現在では(赤外線通信と比較して)指向性の少ない、簡易なデジタル無線通信としての利便性が認識され、多様な分野で普及が進んでいる。 反対にIrDAは、意図して接続するのに適している。 これらは互いを補完している。 LE は短時間のバースト通信に最適化している。 4GHz帯の()は、で周波数帯を共用する。 そのため相互干渉・が起こり、Bluetooth使用時に無線LANの速度が著しく低下するという問題が起こることもある。 LE のとメッシュは 128bit が利用可能。 上位のアプリケーションレイヤーで独自の暗号化を施すことも可能。 名称の由来 [ ] 名称はのエリクソン社の技術者がつけたものである。 初めてとを交渉により無血統合し、文化の橋渡しをした、 の歯に死歯があり、それが青黒い灰色だったので「青歯王」と呼ばれたことに由来している。 「乱立する無線通信規格を統合したい」という願いが込められている。 沿革 [ ]• 1994年 - エリクソン社内のプロジェクトとして開発開始。 1998年5月20日 - 、、、、の5社でBluetooth SIGを設立。 同時に Bluetooth という名称を発表。 1999年7月26日 - Bluetoothバージョン1. 0を発表。 2001年2月 - バージョン1. 1を発表。 2003年頃 - 日本でBluetoothが普及し始める。 2003年11月 - バージョン1. 2を発表。 2004年11月 - バージョン2. 0を発表。 Enhanced Data Rate EDR を追加。 2007年3月28日 - バージョン2. 1を発表。 2009年4月21日 - バージョン3. 0を発表。 High Speed HS を追加。 2009年12月17日 - バージョン4. 0を発表。 LE を追加。 2011年6月21日 - アップルとNordic Semiconductorが理事会に加わる。 2013年12月4日 - バージョン4. 1を発表。 2014年12月3日 - バージョン4. 2を発表。 2016年12月8日 - バージョン5. 0を発表。 2019年1月21日 - バージョン5. 1を発表。 バージョン [ ] Bluetooth規格には以下のバージョンがある。 普及バージョンである1. 1以降においては、~3. 0、3. 0~の3グループで通信方式が異なる為、各グループ内でのみ互換性を持っている。 但し、複数の通信方式を同時に実装することが可能であり、論理層の基本的な仕様は大きく変わらない為、統一のユーザーインターフェースでラップされ一般利用者が非互換性を意識する必要が無いよう配慮された実装となっている場合が多い。 0b 最初のバージョン。 0bに修正を加えた。 1 最も普及したバージョン。 2 2. 4GHz帯域の無線LAN IEEE 802. 2003年11月公開。 0 容量の大きいデータを通信する際に最大通信速度を3Mbpsの通信に切り替える Enhanced Data Rate EDR がオプションで追加できるようになった。 2004年11月公開。 1 ペアリングが簡略化され、近距離無線通信の NFC に対応した。 マウスやキーボードなどのスリープ時間が多い機器のバッテリーを最大で5倍延長できる「Sniff Subrating」機能を加えた。 2007年3月公開。 また、電力管理機能を強化して省電力性を向上させた。 2009年4月公開。 Bluetooth SIGが公開する資料によれば、ボタン電池1つのみでも数年駆動可能としている。 転送速度は1Mbpsだが、データパケットサイズが8 - 27と非常に小さくなっている。 これは、例えば家電製品などに搭載されたセンサとのデータ通信に向けた仕様となっている。 ホスト側は両方を組み込んだ「デュアルモード」を実装できる。 2009年12月公開。 1 Bluetooth Low Energy に モバイル端末向け通信サービスの電波との干渉を抑える技術、データ転送の効率化、自動の再接続機能、直接インターネット接続できる機能、ホストとクライアント同時になれる機能、が追加された。 2 Bluetooth Low Energy に Data Packet Length Extension を追加し、通信速度(アプリケーションスループット)が260kbpsから650kbps に2. 5倍高速化。 0 Bluetooth Low Energy のデータレートが2Mbps, 1Mbps, 500kbps, 125kbpsになり、2及び1Mbpsは従来通り到達距離が100m、125kbpsは到達距離が400mとなった。 0 以降, GFSK 下り723. 6kbps 433. 9kbps 1Mbps EDR 2. 2kbps 869. 1kbps 2Mbps EDR 2. 0 以降, 8DPSK 下り2178. 1kbps 1306. 0 以降, 802. 11 PAL 24Mbps Bluetooth Low Energy 転送速度 バージョン アプリケーションスループット データレート 4. 0 260kbps 1Mbps 4. 2 Data Packet Length Extension 650kbps 1Mbps 5. 0 2Mbps, 1Mbps, 500kbps, 125kbps プロファイル [ ] 詳細は「」を参照 Bluetoothはその特性上、様々なデバイスでの通信に使用される為、機器の種類ごとに策定されたプロトコルがあり、それらの使用方法を Profile と呼び標準化している。 通信しようとする機器同士が同じプロファイルを持っている場合に限り、そのプロファイルの機能を利用した通信をおこなえる。 代表的なものに以下のプロファイルがあり、Bluetooth対応機種であっても利用する機器の双方が適切なプロファイルに対応している必要がある。 Advanced Audio Distribution Profile 音声をレシーバー付きヘッドフォン(または)に伝送するためのプロファイル。 BIP Basic Imaging Profile 静止画像を転送するためのプロファイル。 BPP Basic Print Profile プリンタへ転送・印刷するためのプロファイル。 DUN Dial-up Networking Profile ・を介してインターネットにするためのプロファイル。 FTP File Transfer Profile パソコン同士でを行うためのプロファイル。 ファイル転送プロトコルのとは無関係。 HCRP Hardcopy Cable Replacement Profile への出力を無線化するためのプロファイル。 HDP Health Device Profile 健康管理機器同士を接続するためのプロファイル。 HFP Hands-Free Profile 車内やヘッドセットで通話を実現するためのプロファイル。 HSPの機能に加え、通信の発信・着信機能を持つ。 HID Human Interface Device Profile) やなどのを無線化するためのプロファイル。 HSP Headset Profile Bluetooth搭載と通信するためのプロファイル。 モノラル音声の受信だけではなく、マイクで双方向通信する。 Object Exchange オブジェクト交換 OPP、BIP、FTP、SYNC で用いる認証方式の一つ。 データ転送プロファイルの一つで、実装しているとデータ送受信時にOBEX認証パスキーの入力を接続相手に要求する。 OPP Object Push Profile データの交換などを行うためのプロファイル。 PAN Personal Area Network Profile 小規模ネットワークを実現するためのプロファイル。 PBAP Phone Book Access Profile のデータを転送するためのプロファイル SDAP Service Discovery Application Profile 他のBluetooth機器が提供する機能を調べるためのプロファイル。 SPP Serial Port Profile Bluetooth機器を仮想化するためのプロファイル。 SYNC Synchronization Profile 携帯電話・PHSやPDAと、PCとの間で、スケジュール帳や電話帳のデータ転送を行い、自動的にアップデートするためのプロファイル。 GAPやSDAPのような下位層のものは実装されていても意識されないことが多い。 また、プロファイルによっては実装されていてもほとんど使われていないものもある。 同じプロファイルでもクライアント側とサーバ側の違いがあり、逆方向にも使えるとは限らない。 DUNの場合を例にとると、本体になる側(PC・PDAなど)からになる側(携帯電話・PHSなど)に対してBluetooth接続を要求する。 つまり前者はクライアント DUN-DT 、後者はサーバ DUN-GW であり、通常は片方の役割しか実装されていないため、役割を入れ替えて逆方向に使うことはできない。 例えば、DUN-GWを実装しBluetoothモデムになれるがあったとして、これを本体として、DUN-GWを実装した他の携帯電話をモデムとしてダイヤルアップすることは通常できない。 プロファイルは、各機器がBluetoothを使って何ができるかを示したもので、機器同士の接続性が一目でわかるようになるものと期待された。 しかし現実には、Bluetooth応用分野の拡大に伴って急激にプロファイルが増加したこともあり、以下のような問題が目立つ。 同じような機能のプロファイルが乱立気味であり、利用可能な、あるいは目的に適したプロファイルがわかりにくい。 対応プロファイルの少ない古い製品の陳腐化を助長し、しかもアップグレードが提供されないことが多いので買い替えを余儀なくされる。 「同じBluetoothなのにプロファイルの有無が原因でつながらない」という印象を与えやすい。 のように、基本的にプロファイルに対応していれば接続可能でも、などが乱立しており、全て実装すると高価になるためにメーカーがトレードオフな開発を強いられる場合にユーザーは製品を選びにくくなる。 クラス [ ] Bluetoothには、電波強度を規定した クラスという概念がある。 各機器はいずれかのクラスに分類される。 電波強度の差だけであり、両方が同じクラスである必要はない。 5mW 10m Class 3 1mW 1m Bluetoothのクラス LE クラス 出力 Class 1 100mW Class 1. 5 10mW Class 2 2. 5mW Class 3 1mW 実際の接続手順 [ ] Bluetooth対応製品には、ペアリング状態を示す何らかのランプや画面が搭載されており、青色で点灯する製品が多い。 Bluetooth機器を最初に使用する際には、接続相手を特定するため、 ペアリング(ボンディング、組み合わせ)と呼ばれる操作が必要になる。 ここでは、その一般的な手順を示す。 一方の機器を「ペアリング可能状態」に設定する。 また、認証・暗号化の設定を双方であわせておく。 他方の機器から「探索(発見)」操作を行う。 探索可能状態にある周囲のBluetooth機器の一覧が提示されるので、その中から所望の接続相手を指定する。 双方に同一の パスキー(認証鍵のこと、 PINともいう)を入力する。 パスキー パスキーは、通常4~16桁程度の任意の数字で指定する。 短いパスキーでは通信を傍受・解読されるおそれがあるので、ある程度長いほうがよい。 パスキーを入力できないデバイス(マウス、ヘッドセットなど)では、パスキーが固定値、もしくは入力が不要な場合がある。 こうした機器の場合、通常デフォルトでは「0000」「1234」などの単純な羅列となっている。 パスキーの交換が終われば、ペアリングが完了する。 一度ペアリングを行った機器間では、次からは自動的あるいは半自動的に接続が確立され、パスキーの入力は不要である。 によっては、毎回パスキー入力が必要となることもある。 採用例 [ ] Bluetoothは汎用インターフェイスであり、様々な機器に採用されている。 以下にその一例を挙げる。 携帯電話・スマートフォン・PHS [ ] Bluetooth技術を用い、PDAにキーボードと携帯電話を接続してインターネットに接続している。 写真では RBK-2000BT II が使われている 携帯電話やPHSの高機能化に伴い、携帯電話類同士や携帯電話類とBluetoothに対応したモバイル機器との間での情報の受け渡しに使われるようになっている。 一部の携帯電話やPHS端末は、対応のPCやPDAとBluetoothで接続することで無線モデムにできる。 ワイヤレスヘッドセットでは中級品以下までBluetoothの採用が進んでいる。 2008年現在日本市場では、3キャリアがほぼ標準機能として採用している。 向けでは3G機種のほとんどがBluetooth対応のためか普及率が高い。 /(各)は2007年冬モデル以降の一部の「」採用機種に、は2008年秋冬の新コンセプトモデル以降に、積極的に採用している。 Bluetoothの活用について携帯電話キャリア側からの目につく提案は、ミュージックプレーヤーとしての「音楽ケータイ」とワイヤレスヘッドホンを結ぶ機能であるというかたちがほとんどで、ファイル転送や車内ハンズフリー通話などについてカタログで大きく取り扱われるようにはなっていない。 ではや、OSを搭載しているタイプでは標準機能として採用されている。 また文字入力の補助のために、スマートフォンと一緒に持ち歩ける小型サイズのBluetooth接続が出回っている。 また最近ではBluetoothを利用したが出来る機種が出てきている。 Android搭載機では、マウスでの操作も可能である。 なお、日本国内で発売された携帯電話で初めてBluetoothを搭載したのは、2001年にauから発売された()である。 ハンズフリー通話 [ ] 日本では2004年の改正により、自動車の運転中に携帯電話・PHSを手に持って通話した場合の罰則が強化されたため、手に持たずに通話できるハンズフリー機能が注目されるようになった。 機能としては、やイヤホンマイクをイヤホンジャックに接続する安価なものが一般的であるが、事前に頭・耳にヘッドセット等を装備して、それと携帯電話等の間をコードで繋いだままでいなければならないなど煩雑であるため、無線により自動的にハンズフリー車載器(スピーカー・マイクは車内に装備)と接続してハンズフリー通話が出来るBluetoothハンズフリー機器の開発や製品の輸入ライセンス販売が活発化した。 をはじめとする一部の都道府県では、道路交通法第71条を根拠に公安委員会が定めた遵守事項として、イヤホンを付け運転することを(多くは条件付きであるが)禁じており、片耳だけのヘッドセットでも取締りの対象となる可能性がある。 サンバイザーに挟み込むような形状で使用するスピーカーフォンも登場している。 無線モデム [ ] 「」も参照 パソコン・PDAなどのほかのコンピュータから、DUN Dial-up Networking Profile 機能を持つ携帯電話をとして利用し、に接続することができる。 日本では携帯電話会社が契約を提供しており、別途独立したISPと契約しなくてもよいことが多い。 網を用いた、網を用いたGPRS General Packet Radio Service 接続などが抽象化されて提供される。 パソコン・PDA側では通常のモデムの場合と違い、特別な初期化コマンドが必要となることもある。 これらの設定を行うダイヤルアップ接続のセットアッププログラムが、携帯電話会社から供給されていることもある。 カーナビゲーション [ ] 自動車メーカー各社も、自動車向けBluetoothハンズフリー通話装置の開発を行った。 既にが自動車の情報端末として確立していたため、Bluetoothはこれらカーナビに組み込まれることが多くなり、「Bluetooth対応純正カーナビ」が登場した。 このうち、の第2位のでもあるが最も積極的で、現在ではおもにの、の、のの3つの陣営に分かれている。 2007年現在、やなどサードパーティ製カーナビにも、Bluetooth接続機能がオプションで用意されつつある。 カーナビと携帯電話の連携は、単に携帯電話を発話・受話できることにとどまらず、各カーナビ陣営の運営するサーバーに収録された渋滞情報の取得やサーバーへの走行履歴の送信、カーナビに収録された店舗情報に収録されている電話番号に直接電話をかけることができるなどといった、より高度な利用法に進化している。 また、機種によってはBluetooth接続で携帯音楽プレーヤーに収録した音楽を操作・演奏することができ、両者がAVRCPのVer. 3以上に対応していればカーナビ側に楽曲のタイトルなどを表示することもできる。 また、PBAPに対応している場合は、スマートフォン・携帯電話などから電話帳情報をカーナビに読み込ませることもできる。 音楽プレーヤー [ ] Bluetoothを利用できる音楽プレーヤとして、、などの、、などののような製品が見受けられるようになっている。 Bluetoothでワイヤレス再生する場合、A2DPの標準コーデックとして「(SBC)」が使われることが多い。 SBCは伝送環境の悪化に強く変換時の負荷も少ない反面、音質の劣化や再生時の遅延が起きやすい。 そのため、標準以外の独自コーデックも採用する機種が増えている。 (後にに買収)開発の「」とそのハイレゾ対応版の「aptX HD」 および低遅延の「aptX LL(Low latency)」 、アップルのiPhoneやiPadで多く採用されている「」、ソニー開発のハイレゾ対応「」 などの高音質・低遅延なコーデックを採用するようになっている。 これらを利用して再生する際には音楽プレーヤーだけでなく、ヘッドフォンやヘッドセット、レシーバーなどもこれらのコーデックに対応した物が必要となる。 ワイヤレスヘッドフォン・イヤホン [ ] 一般的にヘッドホンやイヤホンは、再生機器にプラグを差し込んで使う有線型であるが、Bluetoothにて音楽信号を伝送する無線型が普及してきている。 再生機器から伝送された音楽信号は、Bluetooth対応のヘッドホン・イヤホン側で処理が行われ、音楽として再生される。 再生機器側と線がつながっていないため、取り回しがしやすく動きやすいという利便性がある。 またヘッドホン・イヤホン側から再生機器側に対して、ワイヤレスで再生・停止・音量調整などを行う機能もある。 欠点としては、バッテリーを搭載しているため定期的に充電が必要なことである(電池切れになると無線で再生できなくなる)。 Bluetoothイヤホンは左右が線でつながっているものと、独立したもの(左右完全独立型)があり、他にも首掛け型や耳掛け型などがある。 RFIDタグとバーコード リーダ [ ] GPSレシーバ BT-359W 産業界ではBluetoothを用いてパソコン、PDA、携帯電話等へデータ転送するタグリーダやリーダが広く用いられている。 RFIDリーダのうち、のミューチップなどのように2. 45GHz帯を用いるRFIDはBluetoothの搬送波と干渉するため、実装に対して特別な工夫が必要となる。 これらのリーダはSPP Serial Port Profile を用いて接続するものが一般的である。 パソコン周辺機器 [ ]• HID• HID• レシーバ (SPP Serial Port Profile で利用するものが一般的)• 小型、(OPP他) Microsoft Windows [ ] 以降・以降では、Bluetoothワイヤレステクノロジを標準サポートしている。 以前のOSや以前のOSは、標準でBluetoothをサポートしないが、マイクロソフト以外のBluetoothドライバを利用できる可能性がある。 Windowsが全くサポートしないプロファイルについても、マイクロソフトドライバを使用せず製のBluetoothドライバをインストールすることで、プロファイルを使用できる可能性がある。 なお、Windowsは原則としてBluetooth 1. 0に対応しない。 マイクロソフトは、これについて「Bluetooth Version 1. 0 の仕様には、WindowsがBluetoothワイヤレス テクノロジを十分にサポートするために必要な、いくつかの重要なアップデートが欠けていたため」と説明している。 また、High Speed HS は非推奨としていて、代わりにWi-Fi Directを使うことを推奨している。 Windows が標準でサポートする Bluetooth のバージョン Windows のバージョン Bluetooth のバージョン 対応プロファイル Windows 2000 以前 サポートなし Windows Server 2012 以前 Windows XP (SP2以降) 1. 1〜2. 0 BR・EDR HID v1. 0・PANU・SPP・OPP・DUN・HCRP Windows Vista 1. 1〜2. 0 BR・EDR HID v1. 1・PANU・SPP・OPP・DUN・HCRP HFP v1. 5・A2DP v1. 2・AVRCP v1. 3・HOGP (サードパーティ実装のプロファイルに対応) Windows Vista (SP2以降) 1. 1〜2. 1 BR・EDR Windows 7 1. 1〜4. 0 BR・EDR・LE 1. 1〜5. 0 BR・EDR・LE A2DP 1. 2, AVRCP 1. 3, GATT Client, GATT Server, DUN 1. 1, DI 1. 3, HFP 1. 6, HCRP 1. 0, HOGP 1. 0, HID 1. 1, OPP 1. 1, PANU 1. 0, SPP 1. 2 Linux [ ] の本体であるカーネルには各種のBluetoothコントローラーのドライバーが組み込まれている。 実際に利用するためのツールは主だったデスクトップ向けディストリビューションで、bluezパッケージなどの関連パッケージが用意されている。 初期段階で組み込まれている場合もあり、また統合的なパッケージ管理ツールから、手軽にこれらを導入できることも多い。 一般的に各種のGUI環境において、BluetoothについてのGUIツールが組み合わせられ、インジケーターなども提供される。 ただし、プロファイルは対応していても、実際にそれを活用するソフトが不足するような場合はある。 ディストリビューションの構成、バージョンによって、設定に手間がかかる場合もある。 ただし、たとえば2011年10月現在のUbuntu11. 10では、Bluetooth対応は標準機能に近い位置づけで、Bluetooth機能の自動認識、デバイスドライバー自動組み込みが行われる。 また、Bluetooth機器の登録もウィザード機能で手軽に行えるようになっている。 macOS [ ] 以降から、OS標準でBluetoothワイヤレステクノロジーをサポートしている。 対応するプロファイルは、DUN・HID・SPP・OPP・FTP・SYNC。 更に、Bluetooth software 1. 5にて、HCRP・HSPに対応する。 8 では、更にともサポートしている。 9 から に対応。 ゲーム機 [ ]• 家庭用ゲーム機の無線コントローラ HID• 、 、• 、、Wii U Proコントローラー、Joy-Con、Nintendo Switch Proコントローラー• 健康管理機器 [ ] が標準的な接続方法としてBluetoothを採用しているため、多くの健康管理機器がBluetoothでの接続を実現している。 勤怠機器 [ ]• ・タイムレコーダー用アダプター• 「打刻印刷専用プリンタ」 その他の採用例 [ ] Bluetooth技術を用いてスマートフォンとリンクする腕時計• (、製など)• 超小型のヘッドフォン(などの利用から、補聴器使用者のPC利用などにも有効)• バイク用(ライダー間会話用)の製品などが複数商品化されている。 class1出力の場合見通し100mまで通話可能で、中には500mまで可能と宣伝している物もある。 同時に普通のヘッドセットとして携帯電話等と接続できる機能も備えているものが多い。 GXシリーズではカナ品名にが付くもので、GX-24CCLSTEL--等。 ただし、他機器との相互接続は出来ない仕様となっている。 ・デジタルカメラ用アダプター• 「 500SE」• 「 DSC-FX77」• 「PENPAL PP-1」 - 同社製の対応から写真画像をスマートフォンなどに転送できるアダプター。 「 EX-ZR1600」• ・(腕時計型デバイス)• 「i:VIRT」「i:VIRT M」• 「MBW-100」「MBW-150 Music Edition」「MBW-200」「LiveView MN800」「SmartWatch MN2」「SmartWatch 2 SW2」• 旧Android Wear 搭載端末• アップル「」• 「アベントゥーラ」「パドローネ スマート」• センサーを内蔵したにスマートフォンの専用アプリと連携して、磨き方のチェックやスケジュール管理等を行う。 「G・U・M PLAY」 - 歯ブラシのハンドル部に装着するアタッチメント。 スマートフォンの専用アプリと連携して、歯磨き動作の記録・管理等を行う。 のが、追跡の為、大手航空会社として初導入。 問題点 [ ] 遅延 プロファイルによって遅延の大きさは異なるが、Bluetoothを採用したなどの音響製品では、遅延のために若干音が遅れる。 例えば高音質の音楽転送に使用するA2DPプロファイルなどでは、仕様上0. 2秒程度の遅延が発生することとなる。 これは例えば1秒間に5回手を叩く場合の一間隔で、ある種の用途では特に顕著に体感される。 電話や音楽再生のみの用途ではほとんど問題ないものの、動画視聴などの用途で映像と音声のズレが気になったり、用途では「反応が遅れる」などの問題が出てくる。 また、実装方法によっては、遅延を補うために再生速度を上げるBluetoothデバイスも存在するが、これによって 「ミュージックの再生時に音程が変化する」という致命的な問題が発生する。 新しい機種では同期を取っているため、気にならない程度にまで遅延は改善されているが、それでも遅延は存在する。 [ ]Bluetoothを採用したゲームコントローラー、キーボード、マウスなどでは、遅延はほとんど問題ない状態(レベル)となっており、やといったの標準コントローラにBluetoothが採用されている。 音質 遅延と共に、イヤホンなどでは特に低音質が指摘されることがある。 これは転送可能なデータの上限にならい、音声を圧縮するからである。 圧縮率や音質の低下はバージョンによっても異なるが、基本的に原音よりも低音質になる。 この音質の悪さ(低下)を解消するため、前述のように標準搭載のSBCだけでなく、aptX、AAC、LDAC といった高音質・低遅延のコーデックに対応したプレーヤーやヘッドフォン・スピーカーなどが発売されている。 固定パスキー 音楽機器用BluetoothアダプタなどのBluetoothを採用した製品の中には、パスキーが事前に固定されているものがある。 この場合、通常のヘッドセットやレシーバのように、通信相手がパスキーを指定できない場合に接続できない。 必ずしも製品の箱書きに、利用者にとってわかりやすい形で書かれていないことが多いため、ほとんどの場合、購入後に接続できずに問題が顕在化する。 互換性の問題とよく勘違いされる。 こうした固定・変動を問わずパスキーやペアリングの分かりづらさを解消するため、スマートフォンやタブレットとヘッドフォン・ヘッドセット・スピーカー・キーボードなどBluetooth対応端末によっては、を使用し、端末に内蔵されたNFCタグ同士を接触させることでペアリングを行うようにできるものも出てきている。 SCMS-T SCMS-T方式のコンテンツ保護とは、Bluetooth無線技術における、コンテンツ保護方式の1つ。 著作権保護技術の規格で、音楽データの転送の際に不正なコピーを防止する目的で利用されている。 Bluetooth通信機能をもつ携帯電話では機種によりSCMS-Tが採用されており、これらの機種では、SCMS-T対応のレシーバでなければ携帯電話に搭載されているワンセグ音声が出力されない。 東芝が作った日本国内のみの規格であり、海外メーカー品では適合がないものが多い。 これも固定パスキーの問題同様に、利用者にとってわかりやすい形で書かれていないため、購入後に音声出力がされずに問題が顕在化する。 紛失 接続対象の装置と直接繋がっていないため、有線の機器と比べて紛失する可能性が高い。 特に、左右分離式のBluetoothイヤホンはその小ささと軽さ故どちらか片方がなくなるという場面が多く、において上に落とすなどの事例が相次いでいる。 ライセンス・法規制 [ ] 技適マークの表示例 Bluetoothのマークは、Bluetooth SIGが(登録番号は第4477936号他)をしており、これらを製品に表示しようとする時はBluetooth SIGと契約しなければならない。 日本国内でBluetooth機器を利用するには、に基づくいわゆるの一種、最大10mWのの無線局としてを、更にの回線に接続するものはに基づくも受けたものでなければならない。 これらの認証を受けた製品は が表示される。 技術基準適合証明を受けていない機器を使用することはを開設したとして電波法第4条違反となり、第110条に規定する罰則の対象にもなる。 また、電波法令の技術基準には「一のに収められており、容易に開けることができないこと」とされ、特殊などが用いられているので、利用者は改造はもちろん保守・修理の為であっても分解してはならない。 電気通信事業者への回線接続については、技術基準適合認定が無いと電気通信事業法第52条により拒否されることがある。 詳細はを参照。 2016年5月には電波法が改正 され、訪日外国人が持ち込んだBluetooth端末については、入国日から90日以内はとみなしの一種として使用を認められる。 条件はロゴマークが明示してあることである。 一方、輸入品についてはに位置づけられ、製造業者、販売業者または輸入業者は他の無線局の運用を妨害したり、そのおそれが認められる場合に必要な措置を講ずるよう勧告される。 このため、技適マークが無い国外販売品や並行輸入品は、電波法違反の対象であるとして修理や不良対応などのサービスを受けられないことがある。 4GHz帯は本来、無線通信以外の業務に用いられるであり、がこの周波数を使用するため動作中は強力なを受けるが、脚注に容認しなければならないとされている。 また、を利用したシステムの免許局・やアマチュア無線にも割り当てられており、これらからの混信も容認しなければならず、逆に妨害を与えてはならないので使用中止を要求されたらこれに従わねばならない。 更に、Bluetooth機器と同等の小電力無線局として電子タグシステムのなどがあり、これらは先に使用しているものが優先するが、実際にはを完全に回避できるものではない。 混信等の優先度は、ISM機器 > 一次業務の局> 二次業務の局 > 免許不要局 であり、2. 4GHz帯においては次のとおりである。 > 一般用(電子タグシステム)> > Bluetooth、小電力RFID、、、模型飛行機のなど その他 [ ] 2004年6月には搭載携帯電話でBluetoothを経由して感染する()「Cabir」が発見されている。 出典 [ ]• bluAir. bluair. 2015年6月4日閲覧。 Bluetooth. com 2010年5月23日. 2011年3月6日時点のよりアーカイブ。 2020年4月7日閲覧。 2020年5月23日閲覧。 2020年5月23日閲覧。 Bluetooth Special Interest Group. 2016年10月21日閲覧。 PC Watch 1999年7月27日. 2012年9月3日閲覧。 「日経エレクトロニクス2009年5月18日号」126頁• ,Bluetooth 4. 0とBluetooth 4. 1の違い• ,Phile-web,2016年2月5日• ,AV Watch,2014年12月2日• ,PhileWeb,2015年1月6日• - デルタ航空日本支社 ニュースリリース 2018年3月9日• ,PC Watch,2007年8月17日• SONYはA2DP用のコーデックとしてmp3を採用したレシーバーを何点か商品化していたが送信側に対応機器がなかったため有用性が確認出来なかった。 ,ケータイ Watch,2010年12月21日• 朝日新聞 2019年10月1日• 平成27年法律第26号による電波法改正の施行• 対象となるWi-Fi端末等 総務省電波利用ホームページ• 総務省電波利用ホームページ 関連項目 [ ]• - もともとはWibreeという名前の別規格であった• 外部リンク [ ]• - 公式 Linux Bluetooth プロトコルスタック (英語).

次の

ブルートゥースって何? 接続方法

ブルートゥース

ブルートゥースイヤホンのしくみ ワイヤレスにすることによっておこるメリットやデメリットは何なのでしょうか?ブルートゥースの基本的な情報も交えて解説します。 そもそもブルートゥースってなに? ブルートゥースとは、無線で通信を行うことを可能にした技術の一つです。 同じ機能を持つ技術の中で赤外線通信とWi-Fiが存在しますが、ブルートゥースを含めそれぞれ異なる性質を持っています。 赤外線は障害物があると通信ができないのに対して、ブルートゥースとWi-Fiは障害物の有無にかかわらず、一定の距離の中で電波を届けることができるのです。 Wi-Fiとブルートゥースの違いも通信できる範囲で異なります。 Wi-Fiが複数で通信できるのに対し、ブルートゥースは1対1のみの通信に限られます。 また、ブルートゥースはWi-Fiと比べると一度に送信できるデータ量は減りますが、その分使用する電力は少ないです。 そのため、スピーカーやイヤホンに使用されるのがこのブルートゥースなのです。 ワイヤレスイヤホンのメリット ブルートゥースを使用することで従来のイヤホンと一番異なる点はケーブルを使用しなくてよいことです。 ケーブルを使用しないことでケータイを取り出さずとも音楽を聴くことが出来たり、通話をすることができるのです。 ワイヤレスイヤホンは日々進化を重ねており、現在では様々な種類が出てきています。 例えば、運動をしているときに使用したいのはネックバンド型と呼ばれるタイプでしょう。 首の部分に優しく固定するためのバンドがついたこのタイプは、ジョギングなど揺れを避けることが出来ない動きの時に使用したいイヤホンです。 また、通話に特化したものもあります。 片耳のみに装着するタイプの片耳イヤホンは、音楽を聴きたいときには不向きとなりますが、通話をしたい場合にとても便利です。 車を運転しているときなど、手が離せないうえで両耳をふさぐのが好ましくないと感じる時にこのタイプのイヤホンは活躍するでしょう。 ハンズフリーなので、スマートフォンを取り出すことなく操作をすることが可能なのも魅力の一つです。 ワイヤレスだと音質は落ちる? イヤホンがワイヤレスになったことにより気になるのは音質の低下です。 ワイヤレスイヤホンの使用しているブルートゥースは電波を飛ばすことによってスマートフォンから発する音楽をイヤホンから聞くことができます。 そのため電波の環境により音を転送するのに障害が生じた場合、ケーブルを使用したイヤホンの時には起きない音切れなどの問題が発生するのは事実です。 技術が進歩していたとしても、現在のワイヤレスイヤホンではブルートゥースを使用している以上、音切れや遅延をなくすことは不可能と言われています。 オンラインゲームなどをしている最中にワイヤレスイヤホンを使用すると、途中で音楽が遅延すると臨場感がなくなるので嫌という方もいらっしゃるかも知れません。 しかし、ワイヤレスイヤホンの音質に関してはかなりの技術革新が進められており、以前とはくらべものにならないほどの音の良さを実現しています。 ワイヤレスイヤホンを利用した通話はこもって聞こえていましたが、現在の通話に特化した片耳のイヤホンを使用することによってその問題も解消されました。 ブルートゥースイヤホン選びの前に ブルートゥースイヤホンを購入する前に抑えておきたいポイントがいくつかあるので事前に理解を深めておきましょう。 ブルートゥースの規格について 1• Androidでインターネットを... 403,301件のビュー• Android端末を利用している... 376,240件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,278件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 286,445件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 235,573件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 226,623件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 224,882件のビュー• Windowsを利用していると「... 216,592件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 208,399件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 190,669件のビュー.

次の

Bluetooth

ブルートゥース

ブルートゥースイヤホンのしくみ ワイヤレスにすることによっておこるメリットやデメリットは何なのでしょうか?ブルートゥースの基本的な情報も交えて解説します。 そもそもブルートゥースってなに? ブルートゥースとは、無線で通信を行うことを可能にした技術の一つです。 同じ機能を持つ技術の中で赤外線通信とWi-Fiが存在しますが、ブルートゥースを含めそれぞれ異なる性質を持っています。 赤外線は障害物があると通信ができないのに対して、ブルートゥースとWi-Fiは障害物の有無にかかわらず、一定の距離の中で電波を届けることができるのです。 Wi-Fiとブルートゥースの違いも通信できる範囲で異なります。 Wi-Fiが複数で通信できるのに対し、ブルートゥースは1対1のみの通信に限られます。 また、ブルートゥースはWi-Fiと比べると一度に送信できるデータ量は減りますが、その分使用する電力は少ないです。 そのため、スピーカーやイヤホンに使用されるのがこのブルートゥースなのです。 ワイヤレスイヤホンのメリット ブルートゥースを使用することで従来のイヤホンと一番異なる点はケーブルを使用しなくてよいことです。 ケーブルを使用しないことでケータイを取り出さずとも音楽を聴くことが出来たり、通話をすることができるのです。 ワイヤレスイヤホンは日々進化を重ねており、現在では様々な種類が出てきています。 例えば、運動をしているときに使用したいのはネックバンド型と呼ばれるタイプでしょう。 首の部分に優しく固定するためのバンドがついたこのタイプは、ジョギングなど揺れを避けることが出来ない動きの時に使用したいイヤホンです。 また、通話に特化したものもあります。 片耳のみに装着するタイプの片耳イヤホンは、音楽を聴きたいときには不向きとなりますが、通話をしたい場合にとても便利です。 車を運転しているときなど、手が離せないうえで両耳をふさぐのが好ましくないと感じる時にこのタイプのイヤホンは活躍するでしょう。 ハンズフリーなので、スマートフォンを取り出すことなく操作をすることが可能なのも魅力の一つです。 ワイヤレスだと音質は落ちる? イヤホンがワイヤレスになったことにより気になるのは音質の低下です。 ワイヤレスイヤホンの使用しているブルートゥースは電波を飛ばすことによってスマートフォンから発する音楽をイヤホンから聞くことができます。 そのため電波の環境により音を転送するのに障害が生じた場合、ケーブルを使用したイヤホンの時には起きない音切れなどの問題が発生するのは事実です。 技術が進歩していたとしても、現在のワイヤレスイヤホンではブルートゥースを使用している以上、音切れや遅延をなくすことは不可能と言われています。 オンラインゲームなどをしている最中にワイヤレスイヤホンを使用すると、途中で音楽が遅延すると臨場感がなくなるので嫌という方もいらっしゃるかも知れません。 しかし、ワイヤレスイヤホンの音質に関してはかなりの技術革新が進められており、以前とはくらべものにならないほどの音の良さを実現しています。 ワイヤレスイヤホンを利用した通話はこもって聞こえていましたが、現在の通話に特化した片耳のイヤホンを使用することによってその問題も解消されました。 ブルートゥースイヤホン選びの前に ブルートゥースイヤホンを購入する前に抑えておきたいポイントがいくつかあるので事前に理解を深めておきましょう。 ブルートゥースの規格について 1• Androidでインターネットを... 403,301件のビュー• Android端末を利用している... 376,240件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,278件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 286,445件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 235,573件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 226,623件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 224,882件のビュー• Windowsを利用していると「... 216,592件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 208,399件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 190,669件のビュー.

次の