牛 すじ 柔らかく する に は。 安い牛ももブロック肉をびっくりするくらい柔らかく食べたい

肉を柔らかくする13の方法で安価なお肉もおいしく!重曹に炭酸水、玉ねぎや酒で簡単に!

牛 すじ 柔らかく する に は

A ベストアンサー こんばんは。 >肉の違い、圧力鍋は、他の方からの回答をお待ちください。 コラーゲンやエラスチンたぷり。 牛バラ肉(胸の肋骨につく外側の肉) ともばら、かたばら共に旨みが強く焼肉のカルビはロースに接触するともばら部分を言うんですが最近は(^^: 繊維質が強く固いのですが昔の洋食屋のビーフシチューは殆どこの部分を使ってました。 赤みの肉ばかりだとパサつくので脂身と赤みのバランスの取れた部分を上手く組み合わせタコ糸で縛って煮込んだものです。 もちろん柔らかくトロリとしたシチューになります。 すね肉の方はゼラチン質の旨み、ばら肉は脂の旨みが出ます。 脂の多いばら肉の方が煮込むと肉が小さくなりやすいです。 鍋で一緒に煮込むなら時間差が必要ですけど圧力鍋なら煮崩れずに煮込めるので同時でかまわないでしょう。 トロミのついたソースや脂が多いと圧力鍋は危険ですので最初にあまり濃度をつけずに圧力をかけ、少し早めに終了します。 圧力鍋から肉を崩さないように取り出し脂をすくい味をつけ(口当たりを良くしたいならザルなどで漉す 付け合せの野菜を煮込むならこの時点で入れ(野菜の味を生かしたいなら別に仕上ても良い)肉も戻し味が染み込んで柔らかくなるまで静かに煮込む。 仕上にお好みでバターや生クリーム・・・か・カロリーが(^^:香りの良いブランデーやシェリー酒などを。 >肉の違い、圧力鍋は、他の方からの回答をお待ちください。 コラーゲンやエラスチンたぷり。 牛バラ肉(胸の肋骨につく外側の肉) ともばら、かたばら共に旨みが強く焼肉のカルビはロースに接触するともばら部分を... A ベストアンサー とてもうらやましいですね。 カレーも良いですが、私なら迷わずビーフシチューにします。 knaka. html 煮込み系にはもってこいのお肉です。 ビーフシチューやカレーなら冷凍保存できるので、この機会にぜひ大量に作って長く楽しんでください。 以下、冷凍保存のときの注意点を書きます。 ジップロックコンテナなど柔らかめの小さいタッパーをいくつか用意し、一人前ずつ冷凍します。 一人前容積の目安としては、カレーが200~230mlシチューが250~300ml位。 3時間~1晩置き、完全に冷めた物をタッパーに移して冷凍します。 そうすると味が染みこんだ物が保存でき、タッパーにも香りが移りにくいです。 解凍するときはタッパー全体に水をかけた後、一口ゼリーのように押し出して鍋に入れます。 少し水を足してフタをし、弱火で温め始めます。 ある程度溶けたら火を強くしても良いですが、焦げ付かないように何度かかき混ぜます。 そのままレンジ温めだと、温めむらが激しく、また脂分が多いため熱が回りすぎ、ジップロック自体が柔らかくなってしまったりしてちょっと怖いです。 また、シチューやカレーを入れて温めなおしたタッパーは香りが染み付いてしまい、なかなか取れなくなります。 出来るだけ鍋を使いましょう。 なお、冷凍保存前提で作る場合は、ジャガイモは後から入れるようにしましょう。 カレーなど毎回冷凍してますが、解凍後の仕上がりにばらつきがあるので、あまりお勧めできません。 とてもうらやましいですね。 カレーも良いですが、私なら迷わずビーフシチューにします。 knaka. html 煮込み系にはもってこいのお肉です。 ビーフシチューやカレーなら冷凍保存できるので、この機会にぜひ大量に作って長く楽しんでください。 以下、冷凍保存のときの注意点を書きます。 ジップロックコンテナなど柔らかめの小さいタッパーをいくつか用意し、一人前ずつ冷凍します。 一人前容...

次の

【牛肉を柔らかくする方法】味を損なわず美味しく食べる方法を伝授

牛 すじ 柔らかく する に は

「牛すじ」の基本と処理方法 「牛すじ肉」とは何? そもそも 「すじ肉」ってどんな肉? 牛の部位の絵を描いたので、 一緒にチェックしてみましょう! 「牛すじ肉」は、 牛のすねや首のお肉のこと。 すね肉やアキレス腱など 筋張って固い部位の総称です! 写真のように、 骨や筋のような固い部分もあれば キレイなサシ入り部分もあり。 すじ肉に含まれる豊富なコラーゲンが 煮込んでいくと、 ゲル化! プルプルの食感に変わっていきます。 ほかにも、コンドロイチンや エラスチン、ヒアルロン酸なども豊富。 肌のハリツヤにも効果がありそうです! 基本の下ゆで方法をおさらい 「すじ肉のゆで方」について 基本的な方法を復習しておきましょう! 「すじ肉」というと やはり"牛"が定番。 今回は通販で購入した 国産牛すじを使います。 スーパーの精肉部に電話して すじ肉をお願いすることもできます。 圧力鍋を使う方法もありますよね! ただ、スジ肉の固さがバラバラなので、 圧力をかけすぎると溶けちゃうことも。 そのため今回は、 普通のお鍋で検証! 下ゆでの手順は4つ。 おぉ~、アクが出てきた出てきた!! 沸騰し、アクがブクブクと出てきたら ざるにあけて水切りです。 このひと手間で、次の工程の際は アクがかなり減ります。 ちょうど良いやわらかさになるまで 弱火で30分~2時間程度。 骨ばっているもの、筋っぽいもの 赤身のところ…部分によって 出来上がりに時間差があります。 やわらかくなったお肉から 取り出していきます。 カットできるようになるまで 結果的に、2時間ゆで続けました。 2時間はつらいなぁ~。 どちらもタンパク質分解酵素が たっぷり含まれています!! 牛すじ肉は300g、同量を用意。 キウイ、大根は同じ分量ですりおろして スジ肉と保存袋へ。 ちなみにキウイは1個分、 大根は5cmほどでした。 このままひと晩漬け込みます! キウイフルーツ 一晩あけて…。 キウイの粒は、後ほど、 アクと一緒に洗えば平気ですよね! まずは、アクを出すためのゆでる作業。 15㎝の片手鍋に 800ccの水を入れ、 沸騰させます。 ちょっと取り出してみますー。 試しにもう30分ゆでてみましょう。 1時間経過 ゆで始めから1時間経過。 すごく小さくなってしまいました(涙) これじゃカレーやおでんで煮込んだら 存在感がなくなっちゃうかも…。 計量してみたところ…。 えっ、145g!? もとは300gのすじ肉です。 半分以上溶けて しまった ということでしょうか? えええ~!もったいない(苦笑) 大根 大根おろしに一晩漬けておいた 牛すじ肉はどうでしょうか? おろし汁も一緒に入れたので かなり水っぽいですね。 キウイと同様に 最初のゆでこぼしをします。 わ!…アクの量がすごい!! 大根おろしと一緒に モコモコのアクがどんどん上がる! 吹きこぼれそうに! 何も漬けてない時とも、 キウイ漬けの時とも、 アクの出方が異なりますね! ゆでている間、 生臭い匂いは全然気にならず。 これも大根おろしの効果かな? 30分経過 ゆで始めから 30分たちました。 キウイに負けず劣らず こちらもやわらかそうな仕上がり。 多少小さくなりましたが、 アキレス腱の存在感はバッチリ。 グラム数は3割程度減。 キウイよりも溶けていないようです。 【結果】漬け込み実験 ここで実験した結果をまとめてみます。 炭酸は、コーラ煮やビール煮など 煮込み料理にもよく使われますよね。 「お酢」と「炭酸水」で実験です! 今回も同じそれぞれ300gのスジ肉。 まずは普通に そのまま、 ゆでこぼしてアクをとります。 そしてここからが本題! それぞれ酢・炭酸水を入れて 下茹でしてみましょう! 酢 お酢で下茹でに挑戦! 酸味が肉に移りすぎるのを防ぐため お酢の割合は「1割」に。 水:720cc 酢:80cc ねぎやショウガの分量も、 どの実験でも同量にしています。 これで茹でていきましょう! キウイ・大根の漬け込みでは 30分が目安でしたね~。 沸騰が近づくにつれ、 ツーンとした酸味が鼻をつきます。 お酢入れすぎたかな…? でも、加熱すれば酸味は飛ぶはず! きっと大丈夫でしょう。 30分経過 ゆで始めから30分がたちました。 1時間経過 ゆで始めから1時間。 断面がプルプルの仕上がりに! 酸の匂いはだいぶ薄くなったので ひとつ食べてみると…? ああーー! 酸っぱい(涙) 1時間加熱しても 酸味は飛ばないのですね。 これじゃ、料理には使いにくいなぁ。 「さっぱり煮」など、 お酢をたっぷり使った料理なら 良いかもしれませんね。 炭酸水 続いては炭酸水でゆでてみます! 炭酸水100%だと、 炭酸ナトリウムの変化で すじ肉が苦くなってしまうかな? 水と1対1で割ります。 水:400cc 炭酸水:400cc 鍋の中はずっとポコポコと 気泡が上がっています。 少し苦味のある香りが漂うほかは とくに変わりはありませんね…。 30分経過 ゆで始めから30分後です。 キウイや大根とは違い 固そうな印象です…。 包丁でカットを試みましたが 刃が入っていかないですね~。 1時間後 ゆで始めから1時間。 トングで持ち上げると やわらかくなった感じ。 うーん。 これでは水から下ゆでしたのと 所要時間は変わりませんね。 ひとつ食べてみたところ うっすらと炭酸の苦味を感じます。 通常通り水からゆでるのと かかる時間は同じです。 結局、お酢も炭酸水も 失敗な結果になってしまいました…。 【結果】下茹でに入れる実験 ここで実験した結果をまとめますね。 …と言うことで、結論!! お酢や炭酸水を入れて茹でても、下茹で時間は変わらない! お酢は強い酸味、 炭酸水はほのかな苦味が気になる。 調味料を入れてゆでても 時間短縮には効果なし。 だったら水で茹でたら良いですよね…。 まとめ 時間のかかる牛すじ肉の下茹で、 時短できないか実験してみました。 まとめてみましょう! [実験1]漬け込み(キウイ・大根) 水からゆでるより時間短縮効果あり! キウイ、大根ともに… 下ゆで時間 半分の30分に短縮! キウイのつぶつぶを取り除く手間や その後料理に使うことを考えると… 「大根おろし」がオススメ! [実験2]下茹でに入れる(酢・炭酸水) お酢、炭酸水ともに 水からゆでるのとほぼ変わらず。 お酢は多少時間短縮できますが、 酸味が強いため料理の幅が限定される。 お酢、炭酸水ともに 時短効果はなし!!! ということで…。 そんな時はこの方法で取り除けます! 保存容器に入れて、落としラップを。 この状態で、冷蔵庫に数時間。 すじ肉を美味しく食べよう ちょっと苦味の残った炭酸水すじ肉は カレーの具材に。 甘みが少し残った キウイの すじ肉は どて煮に。 難点は「下ゆでに時間がかかる」のみ! そんな下ゆでを時短する方法を 探ってみました。 (株式会社ヴァカボ) 当サイト内の文章・画像等の内容の無断使用・無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

次の

牛すね肉は圧力鍋の下ごしらえで柔らかく!カレー・煮込みなどレシピ22選

牛 すじ 柔らかく する に は

スポンサードリンク 牛すじの下処理は時間こそかかりますが、決して難しいものではありません。 この一手間が牛すじを 美味しく、柔らかくしてくれているのだと思って頑張ってください! おでん用牛すじの下処理の方法を簡単に解説! 先程もお伝えした通り、牛すじの下処理は作業としては非常に簡単です。 ざっくり言えば、 「汚れを取って、しっかり煮る」だけなので失敗する心配もいりません。 何となくイメージを掴んでいただくために、まずは参考動画をご覧ください。 かなり丁寧に撮影されているので、この動画を見るだけでも大体の流れは把握することができるでしょう。 ただ、時間が10分くらいありますので、お急ぎの場合は再生速度を2倍にして見ると良いかと思います。 それでは、文章でもまとめておきましょう。 動画の方法にちょこちょこ情報を補足しておきますね。 火にかける前に、水洗いして目につく 血合い・汚れを落としましょう。 沸騰したら料理酒も入れてさらに煮込みます。 ある意味これをするための下処理ですので、根気よく頑張ってください。 ゆで上がった牛すじをお湯で洗い、汚れを落としましょう。 串にさすことを考えて、好みの大きさに切り分けていきましょう。 沸騰したら料理酒をいれて、弱火~中火にして加熱し続けましょう。 2回目でもアクが出てきますので、しっかり取り除きます。 一応目安は1時間と書いていますが、 串をさしてみて柔らかくなっていればOKです。 煮込み時間は牛すじの量や質によって変わってきますので、必ず最後は串でチェックしてください。 ちなみに 圧力鍋を使えば、この時間が半分くらいに短縮できますよ! はい、ここまですれば牛すじはプルンプルンに柔らかくなっているはずです。 これにておでん用牛すじの下処理は完了です。 おつかれさまでした! スポンサードリンク おでんの牛すじに下処理が必要な理由は? せっかくですので、どうしておでんの牛すじに下処理が必要なのかについて補足しておきます。 他の部位にはほとん下処理の必要がないですからね、気になる人もいるかと思います。 細かいお肉には他の部位よりも、血合いや汚れが残っていることが多くなりがちですので、茹でこぼして取り除く必要があります。 そのままでは、おでんに入れても他の具材までダメにしてしまいますので、下茹でしてアクと一緒にこれらを落とします。 そして、柔らかくするためには 長時間の煮込みが必要です。 他の具材と一緒に煮込むくらいではまだまだ柔らかくなりませんので、事前にしっかり下茹して柔らかくしておくというわけです。 単純な下処理には、これだけのデメリットを補う役目があったのです。 ここはひとつ、美味しいおでんのために頑張ってみてください。 下処理が終わったら、次はおでんにいつ牛すじを入れるかについて確認しましょう! 参考記事: ひとこと。 しっかり下処理をした牛すじからは美味しい旨味が出てくるので、おでんの味に深みを与えてくれます。

次の