稼げる パチンコ。 1円パチンコはいくら軍資金があったら勝てる?

1円パチンコで稼げる機種の選び方

稼げる パチンコ

大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。 今回は少し古い機種だが『 パチスロ 乙女妖怪ざくろ』について書いていきたい。 実はハイエナにおいて、機種が古ければ古いほど狙い目になることがある。 なぜなら、そのような機種は注目されにくく、スペックを記憶しているユーザーも多くない。 本機のリリースは2015年6月。 某ホール情報サイトでは現在5店舗のみ導入となっている。 もちろん、今後導入店舗が増える可能性もある。 経験上、珍しい機種は興味本位で回され、狙い目で空き台となることも多いのだ。 本機のスペックは優秀である。 ART「妖々ラッシュ」で出玉を獲得する仕様で、純増は約2. レア役でゲーム数とセット上乗せ、さらに特化ゾーンの抽選も同時に行う。 主にゲーム数でARTに当選するが、レア役での直撃やCZも搭載している。 特に注目したい要素は「規定ゲーム数の短縮抽選」だ。 短縮されたゲーム数は「現在100ゲーム+ 50ゲーム」という具合で液晶に表示され、合計した数字が実質的なゲーム数となる。 規定ゲーム数はモードによって管理されており、天国モードは128ゲーム以内の当選が濃厚。 移行率は約40% と言われているが、他モードでも早めの当選が期待できるため、実戦上は約58% が128ゲーム以内の当選となるようだ。 狙い目は「天国狙い」と「天井狙い」となる。 先述したように早いゲーム数での当選が多いため、「即ヤメ」の台は非常に狙い目だ。 天井は約1280ゲームとなるが、短縮抽選の存在があるため、狙いやすい。 一般的には「800ゲームから」と言われており、これは液晶ゲーム数を確認する必要がある。

次の

2020年パチンコ新基準の勝ちやすい台・勝てる機種ランキング|確変ループタイプ|1~10位

稼げる パチンコ

パチンコで稼ぐ方法 パチンコで稼げるんならパチンコ屋なんて成り立たねえだろって話ですが、冒頭でも言った通り、現にパチンコで生計を立てている人は結構います。 毎日パチンコ屋行けばわかることなんですがパチプロみたいな人がどこのパチンコ屋にもいます。 どうやって稼ぐか、というのは基本的に台を見極めること一点に尽きます。 その前にパチンコがどういう仕組みになっているか始めに解説します。 パチンコの基本的な仕組み パチンコ台はすべて約300~400分の1で当たりを引くってシステムになっています。 確変(確率変動)とか連チャンって聞いたことあると思いますがあれは大当たりを引いた後とかに連続して当たるように確立を上昇させるシステム。 パチンコの場合大当たりを引く確率、確変、演出の発生率は同じ機種ならすべて同じです。 回転数とは? パチンコの場合、台の中央部分の穴に玉が入るとルーレットがスタートします。 そのルーレットが回ることを回転と呼びます。 パチスロの場合はコイン3枚で1回転ルーレットを回すことが出来ます。 パチンコの場合、玉がたくさんあっても穴に入らなければルーレットがは回りませんがパチスロの場合、3コインで必ず1回転回すことが出来ます。 回転数はパチンコやパチスロの台に大当たりとセットで表記されています。 画像だと61回になっていますね。 一般的なパチンコ屋さんの回転数の表記は大当たりするごとにリセットされ、通常時に表記されている回転数は直前の大当たりから何回回っているかが表示されています。 当日の累計回転数を見たければ台上部に設置されているカウンターのボタン操作で確認できます。 良い台と悪い台の見極め パチプロは良い台と悪い台を見極めてなるべく良い台を打つようにしています。 ちなみにパチンコ台は同じ機種なら当たる確率はすべて同じです。 ではどうやって見極めてるの?何が違うのってことになりますが答えは「釘が違う」ということにります(パチンコの釘がわからない人は調べてみてください)。 だけど台の釘見てもわかんねえよ。 むしろわかったら商売にならんだろって思いますよね。 そりゃそうです。 何故ならパチンコの釘の良し悪しはプロにもそうそうわかるもんじゃないんです。 パチンコのボーダー理論 パチンコをやったことある人は一度は聞いたことあるかなと思います。 大当たりを引く確率がどれも同じなので 勝てる台、勝てない台の違いは同じ金額でどれだけ(ルーレットを)回せるかの違いになります。 例えば1000円で10回転出来る台は300分の1で大当たりを引く台だと平均3万円必要です。 しかし同じ1000円で12回転回せる台では25000円で同じ量が回せます。 前者の1000円で10回転回る台で売ったらプラマイゼロになる機種だとそれ以上回せる後者の台だと黒字、逆にそれ以下、例えば8回転しか回らない台だと赤字になっちゃいます。 つまりこの機種では1000円で10回転がボーダー。 パチプロはボーダーラインを見極めてそれ以上回せる台を打ち続けることで利益を出しています。 ボーダーの見極め 「よしわかった!じゃあ1000円で10回転以上回る台を打てばいいんだな!」と思って1000円突っ込んで判断することは不可能です。 パチンコで弾いた玉はどこにいくかわかりません。 同じ台でも最初の1000円で15回転する時もあれば5回転しかしない時もある。 これを乱数と言います。 王様ゲームで例えると10人でやった場合、王様になる確率は10分の1ですが最初いきなり2連続引く可能性もありますし、逆に10回いやって一回も王様になれない可能性もあります。 ですが回数を重ね得れば重ねるほど、100回、1000回、1万回やれば次第に理論上の確率値である10分の1に近づいていきます。 パチンコのボーダーもある程度打つことによって1000円での平均回転数が割り出せるようになります。 上手い人はここの見極めが上手く、釘の良し悪しとセットで判断しています。 終日打つ といった感じ。 人的要因を見極める 台だけの見極めでは効率が悪いのでパチプロは他の要素、例えば店の運営状況などでも判断しています。 毎日釘を変えるのは大変なのでこの店は釘を週2回で変更しているとか、お店のクセで2台並んで良い台は入れないとかそういう側面でも判断することが出来ます。 特にパチンコに関してはコチラの方が大事かもしれません。 パチスロで稼ぐ方法 私はパチンコはやりませんでしたがパチスロはめちゃくちゃやってました。 それはもう店員の勤務時間以上に。 パチスロはパチンコと違って設定があるからわかりやすいんですよ。 パチスロは設定がすべて パチスロには設定があって大体が6段階(たまに4段階)になっていて1、2が負け台、3がプラマイゼロ、4以上が勝ち台ってなってます。 早い話勝ちたかったら4以上の台に座れってことです。 上手い人はそれを見極めるのが上手いです。 パチスロで大当たりを引く確率 昔は確変があって大当たり直後に大当たりを引く確率が上がったりしました。 特に私がニートだった頃は一回の大当たりで450~700枚くらい出ていて5連チャンくらいしただけで5万~7万くらい稼げていました。 開店早々連チャンして1時間で10万くらいってこともあったり。 なので昔は大当たりを引く確率が高い時に打つ「ゾーン狙い、天井狙い」とかあったんです。 しかし今は規制が掛かって確率を変動させてはダメになったので純粋に400分の1ならどのタイミングで打っても400分の1で当たるようになっています。 だから今は基本的に台の設定がすべてです。 設定を見極める方法 どうやって設定を見極めるかが勝敗を分ける鍵となるんですがコレは機種の特性によって様々です。 例えば設定によって子役(チェリーやスイカ揃い等)が設定1と4では倍以上違ってたり、演出の確率やボーナス後のATモードと呼ばれるボーナスタイムの継続率だったり機種によって多種多様です。 もちろんそれがパチスロの面白いところで各メーカーはアテになりそうでならない微妙な設定差を設けてきます。 どうやってその差を見極めるかですが攻略雑誌に書いてあるそれぞれの確率の差をみてあてになる数字なのかどうかを見極めて自分で判断するしかありません。 上手い人はそこが上手いです。 例えば演出の出現する確率が1000分の1と1500分の1とでは一見差が大きいけど、1日せいぜい7000回転くらいしか回せないパチスロ台では殆ど差が出ないからアテなりません。 上記例では1000分の1の期待値通りで1日7回、1500分の1で1日4~5回。 期待値通りの結果でも1日の差が1~2回の差しかないので多少偏っただけで見誤ってしまいます。 チェリーの確率が30分の1と40分の1では2000回転くらいさせれば結構差が出てくるから判別の要素となります。 後はパチンコと同じくお店のクセとか運営方針とかを見極めれば実は結構勝てる。 少なくともそれだけ意識していれば大きく負けることはないです。 まとめ かなり端折って解説してきましたがだいたいはこんな感じです。 後は店員に目を付けられないよう目立たないようにやるとか目的の台を確保できなかった場合に備えて複数拠点を持つとかまあいろいろやってますプロは。 前回でも書きましたが多分下手な売買益を狙うよりパチンコの方が簡単に稼げます。 リターンはショボイです。 パチスロの場合一番出る設定6でも出玉率110%程度。 これがどういうことかというと・・・ パチスロで一日回せる回数はせいぜい7000回転くらい(ある程度当たりを引いた場合)。 21000コイン投入して出玉率が110%ということは合計23100枚のリターン、つまり差額分の2100枚の儲けとなります。 1枚20円交換だと42000円の儲けです。 一日フルに頑張って一番良い台売って4万にしかならない(あくまで期待値なのでそれ以上にもそれ以下にもなります)。 毎日設定6の一番良い台に座り続ければ1日4万でも月120万くらいになりますが、どんなに上手い人でも100%良い台に座れるなんてことはあり得ませんし、上手い人でもせいぜい半分くらいではないでしょうか。 大して儲からないんですよパチスロって。 多分パチンコも同じくらい。 だから趣味でやる程度にしましょう。 ゲームアプリで十分かも….

次の

元パチンコ依存症が教える禁パチする方法。パチンコを辞めるコツ教えます

稼げる パチンコ

そもそも、打ち子ってどんなことをするの? HEROマルは、実際に打ち子をやったことはありませんので ネットや人から聞いた話をまとめたものを お話ししようと思います。 一口にパチンコの打ち子と言っても様々で パチンコ・パチスロ雑誌のデータ取りや、店側に雇われる打ち子、パチプロ軍団の打ち子 などの種類があります。 【パチンコ・パチスロ雑誌のデータ取り】 パチンコ・パチスロ雑誌のデータ取りの場合は、データを記録しなければなりません。 これは慣れないとかなり大変です。 大当たり時の回転数やリーチ演出などを記録します。 昔は手帳に書いていましたが、最近はスマホに記録している人が多いと思います。 【店側に雇われる打ち子】 店とグルになってやる打ち子の場合は、打つ台が店から指定されます。 パチンコであれば良く回る台、スロットであれば設定が高い台になります。 遠隔操作や大当たり確率を調整した違法な方法を使っている店もあるかもしれませんが、警察にバレるとヤバイので、多くの店が合法的に出やすい状態にしているはずです。 【パチプロ軍団の打ち子】 ノリ打ちパチプロ集団の打ち子の場合は、班長に指定された台をひたすら回すことになります。 10時開店の22時閉店の店であれば12時間勤務です。 並びなどを含めると拘束時間は13~14時間になると思います。 そして、この仕事内容による給料は 雇われている形態によって変わってきます。 形態による給料の違い 【雑誌のデータ取り】・・・時給800円 【店とグル】・・・日給5000円~2万円 【店長や主任とグル】・・・日給1~2万円 【パチプロ軍団の打ち子】・・・日給8000円~1万2千円 【パチプロ軍団の班長】・・・月給30~40万円 海物語のイベント周りで稼げた2010年頃までは 日給が1万5千円を超えることもあったようですが 今はかなり厳しくなっているようです。 『打ち子』の実態 打ち子をしたことがあるほとんどの人は パチンコ店の店長や主任クラスの人と仲が良いか パチプロ集団の一員として打ち子を経験する人が多いと思います。 また、店に雇われる打ち子といっても 店が、出玉を演出するために仕込むケースと 店長や主任が、怪しい人と組んで 色々な打ち子を使ってお小遣い稼ぎをするケースがあります。 この、それぞれのケースによって 違法行為として捕まる可能性があります。 補足 【プロ集団に雇われている打ち子のケース】 合法的な手法でただ打っているだけであれば、犯罪にはならない可能性が高いです。 最近は、プロとみなされると店を出入り禁止になることが多いですが、それは犯罪ではありません。 【パチンコ雑誌のデータ取り】 雑誌編集者に雇われて、仕事としてパチンコやパチスロを打っている状態なので違法性はありません。 そう考えると、そこまで 割りのいいバイトでもないですし そもそも、 釘周りや設定がいい台を1日中打っても勝てるわけがないので HEROマルからしたら 全くもって 無駄なことをしているなと 思ってしまうわけです。

次の