イカ の 塩辛 レシピ。 自家製イカの塩辛。プロ直伝のテクニックで臭みなし&美味しい!

手作りがうまい!イカの塩辛のレシピ/作り方:白ごはん.com

イカ の 塩辛 レシピ

材料 イカ 1杯 塩 イカの重さに対して5% 米麹 100g 塩の重さは干した後の身の重さと、わたの重さを足した物に対して5%です。 【関連リンク】 ・ ・ ・ イカの塩辛 麹入り の作り方 でも書きましたが、イカには寄生虫のアニサキスがいる場合があるので、冷凍イカを使います。 麹は一粒一粒バラバラになるようにほぐし、麹が隠れるくらいのぬるま湯を入れ、一晩つけておきます。 スーパーなどで売られている麹は、保存性を良くするため乾燥されたものが売られています。 なので、水やぬるま湯で生の麹に戻す工程が必要になります。 一晩冷蔵庫に入れ解凍したイカを捌きます。 イカは耳を下にして置き、イカの胴体の中心部分に包丁を逆にして入れ開いていきます。 包丁がうまく使えない場合は、キッチンバサミで切ると楽にできます。 イカの腑を傷を付けない様に、やさしく耳の方から剥がしていきます。 イカの腑はキッチンペーパの上におき、塩小さじ2(分量外)を振りって冷蔵庫で半日くらい水分を取ります。 イカの身の部分は皮を剥き、イカが乾き安いように裾の方に竹串をさし、半日くらい風通しのよい所に干します。 漬けていた麹は、ザルにあげ余分な水分を切っておきます。 ワタは表面に振った塩を水で流し、キッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。 干した身の部分とワタの重さを量り、塩の分量を決めます。 取り出した肝は包丁で良くたたきます。 後は身の部分を切り、麹と塩、ワタと和えます。 1日1回かき混ぜて、1週間くらい漬けてから食べます。 完成 麹が入ると生臭さなども和らぎ、味もまろやかになります。

次の

美味しくないイカの塩辛を美味しくするレシピ

イカ の 塩辛 レシピ

・皮を剥いたイカの身をざっと流水で流し、キッチンペーパーでよく水気を切る。 ・肝と身に軽く酒をふる。 ・塩をふってザルに重ならないように並べ、さらにたっぷりと見えなくなるぐらいの塩をふる。 ・冷蔵庫で一晩寝かせる。 使えない部分は無いので、軟骨を取ったクチバシや目の周りのコリコリとした部分など、お好みで全部塩辛にしてしまってもいいかと思います。 剥きづらいので、難しいようでしたら出来るところだけでも簡単に剥いておきます。 熟成の日数と保存、賞味期限 塩辛はすぐにでもいただけますが、旨味が増してくるのは三日目ぐらいから。 しっかりと熟成してさらに旨味が強くなるのは一週間後からですが、注意するのはかき混ぜる時や味見の時に絶対口につけた箸を使わないようにすること。 食卓に出す場合も小鉢に食べる分だけをよそい、口につけた箸を直接容器に入れないようにすることで、保存が効くようになります。 市販のものと違い保存料などの添加物は入っておりませんが、上記のように保存容器を酒で滅菌し、清潔な箸を使うように心がければ10日ぐらいは日持ちするようになります。 熟成する前に悪くなってしまっては元も子もないので、上手に保存してしっかりと熟成されたおいしい塩辛をいただいてもらえればと思います。

次の

美味しくないイカの塩辛を美味しくするレシピ

イカ の 塩辛 レシピ

・皮を剥いたイカの身をざっと流水で流し、キッチンペーパーでよく水気を切る。 ・肝と身に軽く酒をふる。 ・塩をふってザルに重ならないように並べ、さらにたっぷりと見えなくなるぐらいの塩をふる。 ・冷蔵庫で一晩寝かせる。 使えない部分は無いので、軟骨を取ったクチバシや目の周りのコリコリとした部分など、お好みで全部塩辛にしてしまってもいいかと思います。 剥きづらいので、難しいようでしたら出来るところだけでも簡単に剥いておきます。 熟成の日数と保存、賞味期限 塩辛はすぐにでもいただけますが、旨味が増してくるのは三日目ぐらいから。 しっかりと熟成してさらに旨味が強くなるのは一週間後からですが、注意するのはかき混ぜる時や味見の時に絶対口につけた箸を使わないようにすること。 食卓に出す場合も小鉢に食べる分だけをよそい、口につけた箸を直接容器に入れないようにすることで、保存が効くようになります。 市販のものと違い保存料などの添加物は入っておりませんが、上記のように保存容器を酒で滅菌し、清潔な箸を使うように心がければ10日ぐらいは日持ちするようになります。 熟成する前に悪くなってしまっては元も子もないので、上手に保存してしっかりと熟成されたおいしい塩辛をいただいてもらえればと思います。

次の