くれぐれも お気 を つけ て。 間違いも多い「お体に気をつけて」の意味と敬語表現・使い方と例文

夜中に呼びだして「体に気をつけてね」とは、これ如何に|Dr.和の町医者日記

くれぐれも お気 を つけ て

気をつけての意味や敬語表現・謙譲語や丁寧語も 気をつけての意味は気を付けるよう呼びかけること 気をつけての意味は、気を付けるよう呼びかけることです。 「気を付ける」とは、「注意すること、留意すること、用心すること」の意味があり、その動詞に助詞の「て」がつき、動作を形容しています。 これによって、気をつけるように相手に呼びかける表現になります。 気をつけての敬語表現は「お」を付けると丁寧語になる 気をつけての敬語表現は「お」を付けると丁寧語になります。 相手への敬意を示すことができる「お」を付けることで、「お気をつけて」という丁寧語の表現になります。 ただしこのままでは敬語表現とは言えませんので、この後に「お気をつけて行ってらっしゃい」「お気をつけてお越しください」などの動詞をつけることで丁寧語の敬語表現になります。 気をつけての謙譲語はお気をつけいただく 気をつけての謙譲語は「お気をつけいただく」という形になります。 謙譲語は、自分をへりくだることで相手を立てる表現です。 「お気をつけいただく」という形にすることで、気をつけての謙譲語の表現を作ることができます。 たとえば「気をつけてほしいと思います。 」と伝えたいときには、「お気をつけいただきたく存じます」ということができます。 また「気をつけて欲しいお願い」を表現したいときには、「お気をつけいただきたく、お願い申し上げます。 」と使うと良いでしょう。 「道中」とは旅の途中になりますので、出張に行く上司や、旅行を予定している取引先の方に使うのが良いでしょう。 たとえば出張で外す上司にメールをするときには、「出張で不在時の対応はお任せください。 道中お気をつけて行ってらっしゃい」と送ります。 また遠方から来てくださるお客様には「道中お気をつけてお越しください」とメールしておくと好印象です。 先ほどご紹介した「道中」でもありましたが、ビジネスでは出張する人に対して「気をつけて」を使うことが多いので覚えておくと便利です。 たとえば長期の出張から帰ってくる上司に向けてメールをするなら、「長期出張お疲れさまです。 お気をつけて帰ってきてくださいね。 みんなでお待ちしています!」と送るとよいでしょう。 「行ってらっしゃい」は会社から外出する人にも使えますから、出張でなくても出かける人に対して使うことができます。 たとえば社長が出かけるときには「お気をつけて行ってらっしゃいませ。 」と声かけすると無難です。 女性なら「ませ」をつけることで、女性らしさとビジネスモードを出すことができます。 「お越しください」は「来る」の尊敬表現で、相手に敬意を示して「来てください」と伝えることができる敬語です。 つまり「お気をつけてお越しください」は「気をつけて来てください」という意味になります。 たとえば天気が悪い中来てくださるクライアントに対して、「雨が続いてお足元が悪いようです。 明日はお気をつけてお越しくださいませ。 」とメールすると好印象でしょう。 道中を気にかける丁寧語のメッセージを送ることができます。 「くれぐれも」とは「心を込めて忠告する、お願いすること」の意味がありますので、「くれぐれもお気をつけて」は「気をつけてください」ということを心を込めてお願いしている意味になります。 たとえば体調を心配している相手に対しての丁寧語のメールを送るなら、「暑い日が続いています。 くれぐれもお体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。 」と送るとよいでしょう。 どうか体を大事にしてくださいね、という意味を込めることができます。 「お気をつけて〇〇してください」の時は問題ありませんが、「お気をつけてください」とそのまま言い切りたいときには「て」を省くのがルールです。 「お気をつけください」という表現を覚えておきましょう。 たとえばビジネスメールでは、「当日の会場は入り口が2階にありますので、お気をつけください。 お会いできますことを、楽しみにしております。 」と送ると丁寧語で注意喚起を促すことができます。 謙譲語は「お気をつけいただく」という使い方をします。 たとえばわざわざ遠方から来てくださる目上の方に送るメールに謙譲語を使う場合には、「この度は遠方よりありがとうございます。 道中はくれぐれもお気をつけいただきたく、お願い申し上げます。 」と送ると丁寧でしょう。 謙譲語はより丁寧な印象を与えることができる表現です。 「自愛(じあい)」とは、「自分を大切にすること、健康に気をつけること」という意味がありますから、「ご自愛ください」は「あなたのお体や健康を大事にしてください」という意味になります。 体を気遣うときに使う「気をつけて」と同じような意味で使うことができる丁寧語です。 たとえばメールの最後に「朝晩冷え込むようになって来ました。 お体ご自愛ください。 」とつけると、相手の体調を気遣う締めの挨拶として入れることができるのです。 「留意」とは「心に留めておくこと」という意味があり、「ご留意ください」は丁寧な表現となりますので、健康を気遣う「気をつけて」と同じ表現として使うことができます。 たとえば「くれぐれも無理をなさらないように、お体ご留意くださいね。 」「お元気そうで何よりです。 どうぞ体調にご留意ください。 」と使うとよいでしょう。 「気をつけて」は「注意すること」でもありますから、丁寧な敬語になっている「ご注意ください」も使うことができます。 よろしくお願いいたします。 」と送ると注意喚起を促すことができます。 先ほどご紹介した「ご自愛ください」と同じように、体を気遣う「気をつけて」と同じように使うことができるのです。 たとえばなかなか会うことができない年配のお客様にお会いした後に、「また半年後にお会いできることを楽しみにしております。 お体大切にお過ごしください。 」とメールを送ると、体を気遣っている気持ちを伝えることができます。 合わせてまた次回会うことを楽しみにしてもらえるかもしれませんね。 「健勝」とは「健康が優れている事、健やかな状態のこと」をさします。 丁寧な「ご」や「お祈り申し上げます」がつくことで「健康をお祈りしています」という意味になります。 つまり「気をつけてお過ごしください」と同じ意味で使えることになりますし、より丁寧な表現になりますので、ビジネスシーンでは役立つ表現の一つといえるでしょう。 たとえば「皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 」とメールの最後に添えて使います。 「be careful」は日本語の「気をつけて」と同じ英語になりますので、わかりやすく使うことができますね。 たとえば「お気をつけください」は「please」をつけて、「Please be carefu. 」と使うことができます。 ビジネスでも日常でも、「気を付ける」ことはありますからどんなシーンでも使うことができる便利な表現です。 「safe」は「安全に」という意味がありますから、「have a safe」を使った英語表現は、出張や旅行の道中に対して「気を付ける」ことをお願いしたいときに最適な表現です。 たとえば「お気をつけて日本にお越しください」と伝えたいときには、「Have a safe trip to japan. 」と伝えます。 「take care of」は「世話をする」という意味がありますが、「take care of yourself」という表現を使うと「あなた自身を世話をする・体に気を付ける」という意味になります。 日本語では「お体を大切に」という「ご自愛ください」と同じ意味になるので、体を気遣うときの「気を付ける」と同じように使うことができるのです。 「お体にお気をつけてください」は「Please take care of yourself. 」となります。 「step」は「一歩踏み出すこと」を意味していて、「watch your step」で「足元を見て、足元に気をつけて」という表現になります。 そこで「足元にお気をつけください」は「Watch your step. 」となります。 電車や地下鉄、バスなどのアナウンスで聞くことが多いでしょう。 また空港の歩く歩道などでも流れていますので、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。 気をつけての敬語表現をうまく使いこなそう! 気をつけての敬語表現は、相手の出張の道中や、体や状態のことを気にかける心遣いの言葉です。 気持ちはあるのに伝えられないのはとてももったいないことなので、ぜひ敬語表現をマスターして使いこなしましょう。 「行ってらっしゃい」「お越しください」などのフレーズもスラスラ出てくると素敵ですね。 ビジネスマナーは実はメールでもたくさんあります。 最初に型を覚えてしまえば、あとは使い回すだけなので、楽になってきます。 気遣いができてできる人と思われるためにも、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!返信の仕方や件名のマナーについて学ぶことができます。

次の

第二波感染にくれぐれもお気をつけて

くれぐれも お気 を つけ て

2.「お気をつけて」の使い方 「お気をつけて」は「気を付けて」を丁寧に表現した言葉ですが、正しい敬語表現ではありません。 「お気をつけて」の正しい敬語表現は、 「お気をつけて」の後に丁寧な動詞を組み合わせた言葉です。 詳しく見ていきましょう。 「お気をつけて」の敬語表現 「お気をつけて」の正しい敬語表現は、「お気をつけて」の後に 丁寧な動詞を組み合わせた言葉です。 なぜなら「お気をつけて」は動作を形容する言葉なので、丁寧な動詞と組み合わせることで正しい敬語表現になるからです。 、誰かを送り出す際に「いってらっしゃい」という言葉を使用しますよね。 しかし「いってらっしゃい」という言葉は丁寧語ではないため、目上の人には使えません。 目上の人を送り出す際には「いってらっしゃい」を丁寧語にした、「いってらっしゃいませ」を使用してください。 「お気をつけて」の後に「いってらっしゃいませ」を付けることで、「お気をつけていってらっしゃいませ」という正しい敬語表現にすることができます。 他にも、「お気をつけて」を使った敬語表現があるので見ていきましょう。 お気をつけてお越しください• お気をつけてお帰りください お気をつけてお越しください 「お気をつけて」と「」を合わせることで、「お気をつけてお越しください」という正しい敬語表現になります。 「お越しください」は「来てください」の敬語表現です。 「お気をつけてお越しください」は、目上の人やお客を招いた時に使用します。 「お気をつけてお越しください」は二重敬語ではない 「お気をつけてお越しください」には丁寧語である「お」が2回使われているので、「二重敬語なのでは?」と思う人もいるでしょう。 「お気をつけてお越しください」は二重敬語ではありません。 なぜなら一つの単語に二つの敬語が入っているわけではないからです。 二重敬語とは、一つの単語に二つ以上の敬語が使われたものを指します。 例を見てみましょう。 【例】 相手を労う時:「お疲れさまでした。 お気をつけてお帰りください」 感謝を伝える時:「お足元の悪い中来ていただきありがとうございました。 お気をつけてお帰りください」 「お気をつけてください」は間違い 「お気をつけてください」という言い方は間違いです。 なぜなら「お気をつけて」の「て」は、その後に続く動詞をつなぐための助詞だからです。 「気を付けてください」という一つの単語だけを敬語で伝えたい場合は、「お気を付けください」と言いましょう。 4.ビジネスで使える「お気をつけて」の英語表現 「お気をつけて」の英語表現は、「」です。 ただし、少しカジュアルな言い方になるので、丁寧に伝えたい場合は「take care of yourself」と使いましょう。• 「お気をつけてお越しください」の英語表現 「お気をつけてお越しください」の英語表現は「Be safe on your way here」です。 「on the way here」は「ここにくる道中で」という意味を表します。 頭に「be safe」をつけることで、「安全にお越しください=お気をつけてお越しください」と表現することができますよ。 「道中お気をつけて」の英語表現 「道中お気を付けて」の英語表現は「have a safe trip」です。 「trip」は「旅行」という意味だけでなく、「移動」を表す単語としても使います。 次の章では「お気をつけて」の中国語を解説します。 5.「お気をつけて」の中国語 「お気をつけて」の中国語は「小心」です。 「小心」は「注意する」「用心する」という意味を表します。 「道中気を付けて」を表す中国語は「路上小心」です。 「路上小心」は相手を見送る時に使用します。 ただし、「路上小心」は主に親しい間柄の人に対して使う言葉です。 目上の人に対して「気を付けてお帰りください」という場合は「慢走」を使用してください。 「路上小心」よりも丁寧な表現になり、目上の人やお客様に対しても使うことができます。 まとめ 「お気をつけて」は、正しい敬語表現ではありません。 そのため「お気をつけて」だけを単独で目上の人に使う場合、失礼な印象を与えてしまう可能性も。 目上の人に対して「お気をつけて」を使う場合は、「お気をつけていってらっしゃいませ」や「お気をつけてお帰りください」のように、 丁寧な動詞と組み合わせて使うようにしてくださいね。•

次の

電撃引退・渡辺麻友が5か月ぶりツイッター更新「皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」

くれぐれも お気 を つけ て

「気を付けて」は、相手への気遣いを意味する言葉です。 「気を付けて」という言葉は日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面でよく耳にする言葉です。 今回は、「気を付けて」の敬語表現や使い方、使う場面などを詳しくご紹介します。 ぜひ、ビジネスシーンや日常の会話で「気を付けて」を使う際の参考にしてみてください。 気を付けての敬語表現 「気を付けて」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて」を尊敬語で言い換えた言葉が存在していないので、お客様や目上の方に対して用いる尊敬語で「気を付けて」を伝える時には、基本的に「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気を付けて」を使用します。 「気を付けて」は相手への気遣いになる言葉のため、自身に向けて使用することはない言葉であり、目上などの立場に関係なく日常的に「お」を付けて使っても問題ありません。 気をつけて来てくださいの敬語表現 「気を付けて来てください」の敬語表現をご紹介します。 「気を付けて来てください」を丁寧に表すと、「お気を付けておいでください」となります。 他にも「くれぐれも」と「ませ」を付け加えた「くれぐれも、お気を付けておいでくださいませ」も丁寧な表現です。 上でご紹介した「お気を付けておいでください」などの表現は、丁寧な敬語の表現として目上の方やお客様などに対して使うことができます。 目上の人に使う時の注意点 目上の人に「気を付けて」を使う時の注意点をご紹介します。 「お気を付けて」の後に「ください」を付けることが敬語としては正しいです。 しかし、「ください」という言葉は命令口調に聞こえてしまう場合があり、不快な気持ちを与えてしまう危険性があります。 相手を不快な気持ちにさせないためには、「ください」の部分を「くださいませ」にすることが無難です。 優しい口調でも問題ない場合は、「くださいね」でも問題ありません。 気を付けての言い方 「気を付けて」の言い方をご紹介します。 「気を付けて」はさまざまな場面で使われている言葉ですから、さまざまな言い方が存在します。 今回は、「気を付けて」「お気をつけて」「お気をつけください」「お気をつけくださいませ」「お気をつけていらっしゃってください」の5つの例文をご紹介します。 これからご紹介する例文は、日常の会話やビジネスシーンなど、さまざまな場面で使うことができます。 ぜひ参考にしてみてください。 例文1:気を付けて 例文1は「気を付けて」です。 例えば、足元が不安定な場合や、床に何か散らばっているという場合などに、「足元に気を付けて」というように使うことができます。 なにも付け加えずに「気を付けて」とだけ使う場合、敬語表現ではないので、目上の方に対して使うことは避けましょう。 例文2:お気をつけて 例文2は「お気をつけて」です。 「気を付けて」の前に「お」を付けた「お気をつけて」は丁寧な表現ですから、お客様や目上の方に対して使うことも可能です。 例えば、相手のことを労わるという場合に「お体にお気をつけて」という表現を使うことができます。 この表現は、手紙やメールで主に使われます。 手紙の最後に、相手を労わる言葉である「お体にお気をつけて」を付けることで、相手への気遣いを伝えることができます。 例文3:お気をつけください 例文3は「お気をつけください」です。 「お気をつけください」は注意書きや説明でよく耳にする言い回しです。 例えば、暗い会場内の案内でお客様へ「足元にお気をつけください」と言うことができます。 「お気をつけください」の使い方には他に、「取扱いにはお気をつけください」のように説明書などでよく目にする言い回しも存在します。 「お」や「ください」が付いている丁寧な言葉なので、お客様や目上の方に使うことも可能です。 例文4:お気をつけくださいませ 例文4は「お気をつけくださいませ」です。 「お気をつけくださいませ」は丁寧な表現で、お客様や目上の方に対して使う言い回しです。 例えば、相手方がこちらに来るという場合などに「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」というように使うことができます。 「気をつけて来てください」をより丁寧に、お客様や目上の方に使うにふさわしい形にしたものが「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」になります。 例文5:お気をつけていらっしゃってください 例文5は「お気をつけていらっしゃってください」です。 先ほどご紹介した「くれぐれも、お気をつけておいでくださいませ」と同じように、「お気をつけていらっしゃってください」を使うことができます。 どちらも「気をつけて来てください」をより丁寧にした言い回しです。 お客様や目上の方に対して「気をつけて」を使う場合には、できる限り丁寧な言い回しを使いましょう。 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品はこちら 敬語を話すことが苦手な方におすすめの商品は、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本です。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常会話やビジネスで使われている、基本中の基本の敬語の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 この本の中で紹介されている敬語をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手な方や、正しい敬語の使い方を学びたい方は読んでみてください。 車や落下物、障害物などの注意として使われています。 例えば、こどもがでかけるという場合などに、「車に気をつけてね」と声をかけて注意を促す場面を目にする方も多いでしょう。 このように車や落下物、障害物などのように、危険なものがある場合に、「気を付けて」を使って注意を呼びかけることができます。 出かける人に対して 出かける人に対して「気を付けて」を使うことができます。 例えば、家族が出かけるという場合に「気を付けていってらっしゃい」と言うことができます。 「気を付けてね」と軽く声をかけることもできます。 訪問してくれる人に対して 訪問してくれる人に対して「気を付けて」を使うことができます。 これから訪問してくれる人に対して「くれぐれも、お気をつけていらっしゃってください」や「お気をつけておいでくださいませ」と言うことができます。 軽い言い方をすると「気を付けて来てね」や「来るとき気をつけて」です。 目上の人やお客様相手でなければ使うことができます。 訪問してくれた人が帰る場合に、「お気をつけてお帰りください」と言うこともできます。 気を付けてを正しく使う 「気を付けて」を正しく使いましょう。 「気を付けて」は友達や同僚から、お客様・目上の方まで、さまざまな人に対して使うことができる言葉です。 一度使い方を覚えると、日常の会話やビジネスシーンでとても役に立つので、正しく使えるようになりましょう。 目上の人にも使えるようにする 目上の人にも「気を付けて」を使えるようにしましょう。 目上の方に使用する敬語表現としては「お」を付けた「お気をつけて」を用い、「ください」は「くださいませ」にすることで相手方に対して、誤解のないようにすることができます。 畏まった口調を重視ではなく、優しい口調でも問題ない場合は「くださいね」でも問題ありません。 相手に合わせて使い分けましょう。

次の