限界突破wifi jetfon。 限界突破WiFiの速度や端末は?どんなときもWiFiとの違いも解説!

全部解決!「限界突破WiFi」がおすすめな人と料金プランを徹底的に解説

限界突破wifi jetfon

この記事でわかること• 話題の「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• めっちゃWiFi(公式): 読みたいところだけどうぞ• 事務手数料が無料になる限界突破WiFiの方が初期費用は安い ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。 めっちゃWiFiも例に漏れず事務手数料は3,000円です。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が0円(無料)になります。 どちらも初月の月額料金は日割りになるため、結果として初期費用は限界突破WiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用も限界突破WiFiの方が少しだけ安い 月額料金はめっちゃWiFiの方が20円だけ安いです。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が無料になるため、2年間の合計費用で比べた場合、限界突破WiFiの方が少しだけ安くなります。 2年間の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 84,000円 86,520円 「限界突破WiFiの方が安いんだ!」と喜ぶのはまだ早いです。 めっちゃWiFiは端末補償がない 限界突破WiFiは月額500円で端末補償に入れますが、めっちゃWiFiはそもそも端末補償がありません。 よく持ち歩く方、ついつい落としがちな方は万が一に備えて端末補償に加入することをおすすめするのですが、そもそもめっちゃWiFiには端末補償がないのです。 めっちゃWiFiは弁済金が安い ところが、実は めっちゃWiFiは端末を壊した場合の弁済金がわずか5,000円という非常に良心的な料金設定になっているのです。 故障、水没、盗難、紛失など、兎にも角にもルーターをダメにしてしまった場合、5,000円払えばOKなのは非常に安いと言えるでしょう。 これなら端末補償がなくても安心と言えます。 限界突破WiFiは月額500円だが故障と水没のみ 端末補償がある限界突破WiFiですが、月額500円払っても補償対象となるのは故障と水没のみです。 盗難や紛失の場合は18,000円の弁済金が必要になります。 めっちゃWiFiの弁済金は5,000円なので、限界突破WiFiの端末補償10ヶ月分と同額。 端末補償の観点から考えれば、めっちゃWiFiの方がオトクになることがわかるでしょう。 2年使って端末を壊してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 96,000円 (端末補償代込) 91,520円 (弁済金込) 2年使って端末を紛失してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 114,000円 (端末補償代+弁済金込) 91,520円 (弁済金込)• スマホと両手持ちになる• アプリやバッテリー機能を使えば使った分だけルーターの充電がなくなる おそらく多くの方が、スマホをよく手に持っているでしょう。 もしくは、すぐに取り出せるような場所(ポケットやカバンの上部)にしまってあると思います。 であれば、わざわざルーターでGoogleMap使ったり、翻訳アプリを使うメリットはほぼありません。 なぜならそのままスマホで行った方が手慣れている上に、最悪両手持ちになってしまうからです。 そんな不便な話はありません。 また、アプリはともかくモバイルバッテリー機能は一見すると便利に見えますが、そんなことはありません。 結果としてルーターの充電がなくなってしまっては元も子もないからです。 別途モバイルバッテリーを持った方が間違いないでしょう。 そもそも端末としての品質評価が低く、速度遅延やネットの切断も多い そして何よりも、この「 jetfon P6」という機種は非常に評価が悪いです。 より引用 見てわかる通り、ルーターとしての評価は最悪と言ってよいでしょう。 実際に使って確認していますが、速度があまり速くないのはともかく、 ネットの切断が非常に多かったです。 確かにというシステム上、多少の通信切断は起きます。 が、限界突破WiFiはあからさまにその頻度が多く、非常に気になるレベルだったのです。 こうなってくると 原因はルーター端末そのものにあるのではないか?と思ってもしょうがないと言えるでしょう。 めっちゃWiFiも時折ネットが切断されることはありましたが、限界突破WiFiほどではありませんでした。 正直言うと、この差はかなり大きいと考えています。 めっちゃWiFiで使われている「U2S」というルーターは、多くのクラウドWi-Fiで使用されている非常にベターな端末です。 モバイルWi-Fiとしての機能しかありませんが、それで十分だと個人的には思っています。 どちらのルーターも実効速度は10~40Mbps程度。 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使うので、劇的に速度が変わるということはありませんでした。 限界突破WiFiに比べて、めっちゃWiFiは非常に良心的な設定となっています。 2年以内の違約金が10,000円ほど差がある 更新月以外の違約金 限界突破WiFi めっちゃWiFi 1年目 18,000円 9,800円 2年目 18,000円 9,800円 3年目~ 5,000円 無料 ご覧のとおり、 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円も取られますが、めっちゃWiFiは9,800円だけで済みます。 1年目の18,000円はまだしも、2年目も18,000円もするのは他と比べても高い部類ですね。 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても無料 また、 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても違約金が取られません。 どちらとも更新月で解約すれば違約金は0円ですが、必ず更新月のタイミングで解約できるわけではありません。 長く使うことを考えるのあれば、解約するときのことまで考えて契約をするべきでしょう。 総合評価:めっちゃWiFiの勝利 総合評価としては、めっちゃWiFiの方が優れていることがわかりました。 逆を言えば「地図アプリが欲しい」「モバイルバッテリー機能が欲しい」人だけが、限界突破WiFiを選ぶべきと言えるでしょう。

次の

限界突破WiFiの全てを解説|料金、速度、評判、メリット・デメリット

限界突破wifi jetfon

2020年は「データ容量無制限」の時代? 2020年はデータ容量無制限で安く使えるモバイルWi-Fiがトレンドになっています。 1日3ギガ以上、3日10ギガ以上の使用などによる速度制限がある契約に不満を持っている方が増えてきました。 また、2020年から次世代通信規格である「5G」が商用利用開始ということで、「4G」からスムーズに乗り換えることができるようにしたいと考えるユーザーが急速に増えています。 そうしたニーズから、「データ容量無制限」「契約期間のしばり」「解約違約金」といった特徴をもったモバイルWi-Fiが登場するようになりました。 今回比較するモバイルWi-Fiは、とです。 この2つのモバイルWi-Fiサービスはいずれもデータ容量無制限で利用できます。 この記事では、と の特徴やメリット、デメリットを比較していきます。 解約処理を行わないと課金が続く為、カスタマーセンター(0120-048-277)までご連絡ください。 どんなときもWiFiは、口座振替で希望される場合には月額料金が3,980円となり、口座振替手数料がプラス200円 税抜 追加でかかります。 口座振替払い 限界突破WiFi なし どんなときもWiFi 月額料金が4,180円 税抜 になる 口座振替の場合、月額料金が高くなるためクレジットカード払いをおすすめします。 どちらもトリプルキャリア対応で通信エリアが広い 「どんなときもWiFi」、「限界突破WiFi」ともにソフトバンク、au、ドコモのトリプルキャリア対応のモバイルWi-Fiです。 通信対応エリアは公式サイトをご確認ください。 どんなときもWiFi、限界突破WiFiともに解約違約金あり 限界突破WiFiは、更新月以外は9,500円(税抜)の解約違約金があります。 1ヶ月目~24ヶ月目:18,000円(税抜) 契約更新月(25ヶ月目~27ヶ月目):0円 それ以降:5,000円 他のモバイルWi-Fiと比べて、解約違約金が1万円未満なので、そこまで大きなデメリットではありません。 どんなときもWiFiは、 0〜12ヶ月目 19,000円(税抜) 13〜24ヶ月目 14,000円(税抜) 26ヶ月目以降 9,500円(税抜) 更新月(25ヶ月目、49ヶ月目)0円 となっており、更新月以外の期間で解約すると解約違約金が発生します。 通信速度は同じ 限界突破WiFiの端末 限界突破WiFiでは「jetfon p6」という端末を使用します。 「jetfon p6」は下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsです。 どんなときもWiFiの端末 どんなときもWiFiで扱っている 「D1」は「U2s」と同じく、国内3キャリアから提供される現在環境に最適な「通信容量制限無し」の回線が自動で選択されます。 下り最大150Mbps 上り最大50Mbpsとなっております。 MugenWiFiのU2sと性能はほぼ同じです。 実際にどこまでギガを使える? 限界突破WiFiの場合 他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 xmobile. どんなときもWiFiの場合 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 月額料金と初期費用 月額料金 3,500円 税抜 3,480円 税抜 初期費用 0円 3,000円 税抜 1年間使用料金 42,000円 税抜 44,760円 税抜 2年間使用料金 84,000円 税抜 86,520円 税抜 3年間使用料金 126,000円 税抜 134,280円 税抜 料金で比較すると、限界突破WiFiの方が安いですね。 限界突破WiFiは初期費用が0円、どんなときもWiFiは3,000円 税抜 かかります。 月額料金は、限界突破WiFiは3,500円 税抜 、どんなときもWiFiは3,480円 税抜 となり、どんなときもWiFiが月々20円安いです。 トータルで見ると、限界突破WiFiの方が安いですね。 接続可能台数について 通信端末の接続できる台数は、 限界突破WiFiが8台、 どんなときもWiFiが5台となっています。 インターネットを複数の端末で利用する方、家族と一緒に使う方であれば、5台は物足りないかもしれません。 返却の必要は? どんなときもWiFiはレンタルなので端末を返却する必要があります。 限界突破WiFiの場合 限界突破WiFiの端末は、提供されるものなので、返却する必要はありません。 どんなときもWiFiの場合 どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 Softbank回線。 au回線掴まなくなりましたね…。 SIM装着していないのかも? — ゆき@奈良 yukiBDMovieLove おはようございます😊 の 通信速度を マネージャーが ツキエス周辺で 測定してきたので お知らせしますね📱 ツキエス 27. 9Mbps 二階堂駅 17. 1Mbps 前栽駅 18. 1Mbps 天理駅 23. 9Mbps 平端駅 32. 2Mbps 筒井駅 32. 限界突破Wi-Fiに通信障害が発生してるようです。 実店舗にも問い合わせが来てるようで、サポートデスクはパンク中。 これから契約しようとしている方は気をつけた方がいいです。 しかも無制限。 が、まだまだ信用はできない。 明日はどんなときもソフトバンクWifiに戻るだろう。 au、ドコモの回線だと、Wi-Fiに割り当てられる回線に限りがあるので、そういった理由でソフトバンクにつながりやすくなっています。 ソフトバンク回線がつながりにくい場所では、au回線につなげたほうが電波が良いので、電源を切って再び電源を入れると回線がリセットされるので、au回線につながるまで、リセットすることをおすすめします。 「Speedtest」というスマホアプリでどの回線につながっているのかわかります。 2月下旬頃から「速度が遅い」などの苦情が増えています。 どんなときもWiFiやべぇな… つい先日通信障害だったのにまたか…うーーん…。 これ笑えねぇ…仕事にならんよ… 192. 168. 比較した結果 ・どんなときもWiFi、限界突破WiFiともに、トリプルキャリア対応で、通信範囲が広く、通信が安定しやすい ・月額料金、解約違約金はどこよりもWiFiのほうが安い ・どちらも3日10ギガ以上、1日3ギガ以上などの速度制限はなし(月間の上限はあり) 2020年は「データ容量無制限」が流行る? 「データ容量無制限」でこんなに良いサービスを提供して元を取れるのか!?ってレベルでお得なモバイルWi-Fiが登場しているので、今後も多くのサービスが出てきそうですね。 「データ容量無制限」でインターネットを使いたい方はぜひご検討ください。

次の

全部解決!「限界突破WiFi」がおすすめな人と料金プランを徹底的に解説

限界突破wifi jetfon

限界突破WiFiは、クラウドSIMの技術を活用し、月額3500円(税別)で「ネット使い放題」をうたうモバイルWi-Fiサービス。 クラウドSIM対応のスマートフォン(jetfon)を提供している。 限界突破WiFiでは、複数のSIMカードが差し込まれた「SIMサーバ」を運用しており、ここから、各ユーザーへの通信を遠隔で割り当てている。 通常の使い方であれば、満足できるデータ容量を確保できるというが、一部のユーザーが数TBという膨大なデータ通信を行ったことで、SIMサーバの稼働が不安定になり、局所定な不具合が発生しているという。 3月7日時点では、1日の利用データ容量が3GBに達した場合、下り1Mbps前後に速度が低下していた。 その後、メーカーに改善要求をしたところ、3月12日時点で低速時の速度は下り5Mbps前後に改善された。 その後もメーカーや供給先との交渉を続けてきたが、供給元からの「突然の条件変更」により、4月1日以降は「1日5GBまでは高速通信が可能」「5GBを超えると下り4Mbps、上り1Mbpsに速度低下」「1日10GBを超えると128kbpsに低下」が最善策だという。 通信量は毎日24時にリセットされる。 つまり現状では、同社がうたう「ネット使い放題」は提供できない状況となっている。 そこで、納得できないユーザーに対しては、3月の利用料金(3500円)と解約手数料(1万8000円)なしで解約可能とする。 (解約はしないが)3月の利用環境に納得のいかないユーザーに対しては、3500円の返金対応をする。 さらに、「完全無制限で使えると聞いたから、固定回線や大手キャリアを解約して、限界突破WiFiを契約した」といったユーザーに対しては、もとの環境に戻るための費用(固定回線やキャリアの初期費用など)もエックスモバイルが負担するという。 同社はお知らせのページで、返金申請フォームと解約申請フォームを案内している。 エックスモバイルの木野将徳社長は、YouTubeのチャンネルで、今回の速度低下に関する経緯と対応について説明している。

次の