トイレ 便座 黄ばみ。 トイレ便座裏ゴムの黄ばみ掃除にはクエン酸よりコレ!簡単に真っ白にする方法

便座裏のこびりついた黄ばみをあきらめない!ちょーきれいにする方法|うたたねの時間

トイレ 便座 黄ばみ

トイレの黄ばみの原因 掃除を開始する上で知っておきたいのが、トイレの黄ばみの原因です。 うっすらと便器についた黄色い物質の正体は、大体が尿石です。 人間の尿にはタンパク質が含まれていますが、このタンパク質が固まると尿石として便器にこびりつきます。 家族が毎日使用しているトイレの場合は、こういった尿石が便器に付着してしまうことも決して珍しいことではありません。 尿石はアルカリ性の性質を持っているため、掃除をする時には酸性の洗剤を使用するのが一般的です。 実際、ホームクリーニングのプロもトイレの尿石を落とす時には酸性の洗剤を使用しています。 掃除前に便器の材質をチェック! 掃除を始める際には、便器の材質もチェックしておきたいところ。 陶製の便器であれば酸性の洗剤を用いても特に問題ありませんが、プラスチックなどの人口の樹脂の場合は、素材を傷める可能性がありますので中性洗剤などを用いた方が安心です。 温水洗浄便座の場合は、掃除の際にも洗剤がプラスチックの部分に付着しないように、軽く養生しておくことも大切です。 市販されている酸性の洗剤の中には、強い作用をもつ商品もありますので、掃除をするに当たっても素材を傷めないような工夫をしましょう。 オススメの洗剤 酸性洗剤 酸性の洗剤は、市販もされています。 トイレ用の商品の中にもこのような酸性タイプの商品がありますので、使用してみるのも1つの手です。 しかし、酸性洗剤は火傷の危険があり、取扱が難しいものも多いため不安な方はプロのクリーニングにおまかせする方も多いようです。 重曹とクエン酸 エコな掃除方法には、重曹とクエン酸を混ぜて使うという方法もあります。 酸性のクエン酸と汚れを緩ませる重曹を一緒に使用することで、トイレの黄ばみも除去できる可能性があります。 スプレーボトルなどに入れて使用すれば、気になる部分にピンポイントで液を吹き付けることができるでしょう。 便器の中は凹凸があるため、吹き付けた洗剤が流れ落ちてしまうことがあります。 トイレットペーパーなどに液を吹き付けて気になる部分を覆っておけば、こういった現象も防げることが多いです。 液を尿石の部分に浸透させておくと、そのまま無理にこするよりもずっと汚れが落ちやすくなります。 ほんの少し手間をかけることで、トイレの黄ばみが楽に落とせるようになるでしょう。 掃除方法 洗剤で緩ませた尿石は、トイレブラシなどを使って軽くこするだけで大抵は落ちます。 ただ、硬くこびりついてしまっている場合には、然るべきアプローチをとっても思うように落ちないことがあります。 そういった時には、トイレ用の研磨ブラシなどを使用してみてはいかがでしょうか。 一部のメーカーでは、便器用の研磨ブラシを発売しています。 この手のブラシは持ち手がついているため、手を汚すことなく便器のこすり洗いができます。 こびりついている尿石は、紙やすりなどを使って落とすという方法もありますが、この場合、どうしても手が汚れてしまいますよね。 ゴム手袋などをはめていても衛生が気になる、という方は市販の研磨ブラシを使ってみるのもおすすめです。 しかし、市販のものでは硬度が高すぎる研磨ブラシもあり、便器を傷つけてしまう場合がありますので注意しましょう。 黄ばみを防止するには? こまめな掃除 落とす際に労力が必要になるトイレの黄ばみは、できれば日頃の心がけで予防するのがベストです。 尿石が便器につくのを防ぐには、やはりこまめな掃除が欠かせません。 トイレ用の洗剤で毎日便器の中まで洗っていれば、黄ばみが重症化するのを防げるでしょう。 泡タイプのトイレ用洗剤なら、便器の返しの部分まで洗浄ができます。 ややコシのあるトイレブラシを選び、尿石の予備軍をしっかりと落としておきましょう。 トイレブラシの種類も大変増えていますので、便器の形を考えながら適材適所の商品を選びたいところ。 細かい部分までしっかりと洗いたい時には、大きいブラシの他にやや小ぶりのブラシを用意しておくと使い分けができて便利です。 洗浄剤 トイレ掃除を楽にしてくれるアイテムとしては、例えば芳香機能付きの洗浄剤なども挙げられます。 トイレタンクを設置している家庭であれば、このようなアイテムをタンクに置くだけで、便器の中が自然にクリーニングできます。 また、新たに登場しているのが、便器に直接貼って使用するジェル状の洗浄剤。 これらの商品の多くは、界面活性剤などが配合されているため、水を流すたびに便器の表面についた汚れが洗い流されます。 洗浄効果によって尿石なども付着しにくくなり、毎日のトイレ掃除の負担が大幅に減るでしょう。 香りがついていれば、不快なニオイが軽減されトイレの環境もぐっと良くなります。 トイレの黄ばみは、このような専用のアイテムを利用してある程度防ぐことが可能です。 ここでご紹介したような、トイレ掃除に必要なもの、掃除方法を知っていれば気になる汚れにもすぐに対処ができるでしょう。 予防方法も押さえておき、賢く家のメンテナンスをしてみてください。 プロにお願いする方法もある なかなか落ちない汚れは、プロにおまかせするのがおすすめです。 酸性洗剤の取扱でも述べましたが、頑固な汚れには酸性洗剤を使用する必要がありますが、取扱が危険なためにプロにおまかせした方が良いでしょう。 また、トイレをなかなか掃除をしたくない、掃除する時間がないという方にもプロのクリーニングはおすすめです。

次の

トイレの黄ばみの原因は?便座裏の黄ばみの取り方や予防方法は?

トイレ 便座 黄ばみ

便器の黄ばみは「クエン酸」を使って浮かせて落とす! 便器の黄ばみの原因である尿石はアルカリ性なので、その逆である酸性のクエン酸を使って落とします。 クエン酸の作用によって尿石を浮かせることができるので、浮かせた後に掃除をすると楽に便器の黄ばみを落とすことができます。 用意するもの• クエン酸• スプレーボトル• ゴム手袋• トイレットペーパー• ラップ クエン酸で黄ばみを落とす手順• スプレーボトルに水200ccとクエン酸小さじ2を入れます。 よく振ってクエン酸をしっかり溶かします。 便器の黄ばみが気になる部分にトイレッとペーパーを貼り付けます。 トイレットペーパーの上から先に作っておいたクエン酸水をたっぷりと吹きかけます。 トイレットペーパーが乾いてしまわないように、上からラップをかぶせます。 そのまま2時間以上放置し、クエン酸の作用によって便器の黄ばみを浮かせます。 ラップを外し、トイレットペーパーを流します。 普段と同じように掃除をします。 ブラシで擦り洗いをするだけで黄ばみを落とすことができます。 残ってしまった黄ばみがある場合には、もう一度同じ手順で行ってみてください。 それでもまだ便器に黄ばみが残ってしまっている場合には、次にご紹介する重曹を使った方法を試してみてください。 クエン酸水は便器の黄ばみ以外のトイレの掃除にも使用することができますので、残ってしまった分は捨てずに他の掃除に使いましょう。 壁や床などにも尿が飛び散ってしまっていることがあります。 ぞうきんにクエン酸水を吹きかけ、壁や床も一緒に掃除して黄ばみやニオイを落としましょう。 頑固な便器の黄ばみは「重曹」を使って擦って落とす! 便器の黄ばみが軽度である場合には、クエン酸の作用によって浮かせて落とすことができます。 しかし、便器の黄ばみが重度である場合には、クエン酸の作用だけでは全てを落とすことができないことがあります。 クエン酸を使って掃除をし、それでも残ってしまった便器の黄ばみは研磨作用のある重曹を使って擦り落としてしまいましょう。 用意するもの• ゴム手袋• 歯ブラシ 重曹で黄ばみを落とす手順• 便器の黄ばみが気になる部分に重曹をたっぷりと振りかけます。 トイレ掃除用のブラシでゴシゴシと擦り洗いをします。 こまかい部分や隙間は歯ブラシを使って擦り洗いをすると効果的です。 便器の黄ばみを落とせたら流します。 長く放置されてしまっていた便器の黄ばみは、一度では全てを落とすことができない可能性があります。 毎日コツコツと重曹を使って擦り洗いして落としていきましょう。 便器の黄ばみを予防する方法 便器の黄ばみは放置してしまうと頑固にこびりついてしまいます。 そうなってしまうと、普段の掃除では落とすことができません。 クエン酸や重曹を使っても落とすことができないくらいの頑固な汚れになってしまいます。 薬品を使って落とすこともできますが、危険な薬剤ですし、ツンとしたニオイがいやですよね。 なるべくクエン酸や重曹などの安全なもので落とすことができるうちに黄ばみを取り除くようにしましょう。 クエン酸水を吹きかけて汚れを予防する 普段のトイレ掃除が終わった後、便器の黄ばみができやすい部分にクエン酸水を吹きかけておきます。 そうすることで便気に黄ばみがついてしまうことを予防することができます。 クエン酸には消臭作用と抗菌作用があり、便器の中の菌が繁殖することを予防し、ニオイの発生予防にも効果的です。 普段の掃除に使用することができるよう、 スプレーボトルにクエン酸水を作り、トイレに常備して置いておくことをおすすめします。 まとめ 便器の黄ばみが落ちなくて悩んでいる人はとても多いと思います。 黄ばみの原因である尿石はすんなりと落ちてくれないくらい頑固にこびりついてしまうことがあります。 一度ではキレイにすることができなくても、クエン酸や重曹を毎日の掃除に使用することで少しずつ落ちていきます。 黄ばみや菌の繁殖やニオイの予防にも役立つので、ぜひ試してみてください。

次の

【トイレ】便座裏の黄ばみの取り方!ゴムや溝の汚れをすっきり落とす掃除術

トイレ 便座 黄ばみ

【トイレ】便座裏の黄ばみを取る!ゴム部分の外し方 それではさっそく、お掃除していきましょう。 まずは、便座のゴム部分を外していきます。 便座の裏・ゴム部分の外し方 便座裏のゴム部分の外し方は、簡単です。 マイナスドライバーを隙間に入れ、浮かすだけ。 色んな方向から少しずつ。 てこの原理を使うと、外しやすいです。 ゴム部分は結構柔らかいクッション素材。 傷をつけないよう気を付けてくださいね。 指のケガにもご注意を。 私は、10数年目にして初めて取りました。 (手袋付けとけばよかった・汗) 裏側には、ぐるりと汚れがついていました。 掃除をしても「かすかに残るニオイ」、ここが原因だったのかもしれません。 便座のゴム部分の洗い方 外したゴムの部分は、 塩素系漂白剤で汚れを落とします。 私は、キッチン用の液体ハイターを使用。 泡ハイターでもOKです。 クエン酸水などと混ぜないでください。 ゴムをつけおきする場合は、トイレから出して別室で作業しましょう。 【トイレ】便座の溝(継ぎはぎ部分)に入り込んだ「黄ばみ」の取り方 さて、ゴムを漂白している間に、便座の溝「表と裏の継ぎはぎ部分」に入り込んだ汚れを取っていきます。 方法は、 クエン酸水を含ませたトイレットペーパーで湿布し、汚れを染み出して取る作戦です。 クエン酸水の作り方 水200mlにクエン酸を小さじ1加えて混ぜるだけ。 スプレーボトルに移すと使いやすいです。 (酢水でもOK。 2〜3倍の水で薄めます) クエン酸水は、尿汚れに効果のある洗剤。 素材や人にやさしいので、普段の小掃除にもおススメですよ。 便座の溝に入り込んだ黄ばみは「クエン酸水パック」で染み出して取る クエン酸水を含ませたトイレットペーパーを、便座の溝(表と裏の継ぎはぎ部分)にあてます。 液をふきかけ、しっかり貼り付けます。 よし! すると、こんな風に汚れが浮き上がります。 (まん中の部分、汚れがペーパーに染み出ているのが見えますか?) そのまま10〜30分ほど放置します。 便座に入り込んだ黄ばみは「歯ブラシ」で擦り出す 便座の溝に入り込んだ汚れが浮いてきたら、 歯ブラシで擦り出して。 便座の黄ばみ・仕上げの「拭き掃除」 溝の汚れを取り、ゴム部分も洗ったら仕上げ拭きをしましょう。 便座裏の拭き掃除の仕方 拭き掃除には、 水で濡らしたやわらかい布やウエットティッシュ(お掃除シート)を使います。 使い捨てできる物がおススメです。 穴も丁寧に。 よし!綺麗になりました。 便座裏のゴム(便座クッション)を戻す 最後にゴムを穴に戻せば、リセット掃除は終了です。 便座の裏についたゴム・黄ばみが取れない時の最終手段! 長年染み込んだ汚れは、残念ながら漂白剤につけても完全には落ちないですよね。 落ちない!けど白くリセットしたい! そんな時は、「 新品に交換する」という手があります。 便座のゴム部分を「新品に交換しよう」 ご自身の取説をチェックしてみてください。 交換部品のところに掲載されているかと思います(もしくはネットで検索)。 「便座クッション」と書いてありました。 メーカーに直接買いに行かなくてもOK! 楽天やアマゾンでも販売されていました。 ・汚れが落ちず四苦八苦 ・どうしても白くしたい そんな方は、潔く買ってしまうのもアリですね! 【便座の溝に入り込んだ黄ばみ汚れの取り方】• クエン酸水を含ませたトイレットペーパーで湿布し、汚れを浮かせてから取る。 歯ブラシでかき出しながら拭く。 全体を柔らかい布やウエットティッシュで仕上げぶきをする。 女性にとって便座の裏は、盲点です。 汚れがこびりつかないように、意識的に便座をあげ、拭き掃除をすることが大切。 便座裏の掃除は、家族(男子)に協力してもらえると助かりますね。 最後に トイレの便座についた黄ばみの取り方についてご紹介しました。 ゴムの部分は取り外して洗うことができます。 一度も外したことのない方は、汚れが入り込んでいるかも? 綺麗に除去してスッキリさせましょう。 ぜひ挑戦してみてください。 あなたのトイレも、すっきり綺麗になりますように。 更新の励みになります^^ありがとう。

次の