マイル 交換。 【楽天PointClub】:ポイントが便利に交換できる

マイルの価値と使い方 ANAマイルは何に交換するべきなのか?

マイル 交換

各種ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに最高倍率で交換(移行)するためには一体どのポイント交換ルートを利用すればよいのか? 2020年以降のメインとなるポイント交換ルートは「TOKYUルート」なのですが、中にはTOKYUルートでANAマイルに交換できないポイントサイトがあるなど、正直、 2020年以降のポイント交換ルートって超絶ややこしいんですよね。 そこで、自分用の備忘も兼ねて、2020年以降の「ソラチカカードを使わない」ANAマイルへのポイント交換ルートを、できるだけシンプルにまとめてみました。 「このポイントサイトのポイントは、どのようにすればANAマイルに交換できるのか?」分からない&迷った際に是非ご覧いただければと思います。 各種ポイントをANAマイルに交換するルート(倍率順) いきなりちょっと複雑で恐縮ですが、こちらが2020年以降の各種ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するルートを1枚にまとめたものです。 まずは、全体を俯瞰してみてください。 一番上に存在するのが0. 75倍でANAマイルに交換できる、2020年のメインルートとなる「TOKYUルート」です。 そして、その下が次におススメの0. 7倍でANAマイルに交換できるポイント交換ルート「みずほルート」「ニモカルート」、一番下に0. 6倍でANAマイルに交換できる「ワールドプレゼントルート」があります。 さすがにこの1枚で全て説明するのは厳しいので、各ルートごとに解説を深めていきます。 スポンサーリンク TOKYUルート(交換率0. 75倍) まず、基本となるポイント交換ルートがこちらの「TOKYUルート」です。 このルートのポイント交換には、「ANA TOKYUカード」が必須で必要になります。 ANATOKYUカードをお持ちでない方は、お早目の発行をおすすめします。 TOKYUルートでのポイント交換には、上記の図のとおり ドットマネーに直接/間接に交換ができることが必要です。 そして、下記のポイントサイトは、ドットマネー/東急ポイント経由の交換で、0. 75倍でANAマイルへの交換が可能です。 ドットマネーに直接交換できるポイントサイト• ちょびリッチ• ライフメディア• ハピタス• モッピー• ゲットマネー• ファンくる• i2iポイント• ポイントインカム• ポイントタウン• ワラウ 「ドットマネーに直接交換できるポイントサイト」は、上記10のサイトです。 この10のポイントサイトは、特に迷う必要はありませんね。 ドットマネー経由でANAマイルに交換しましょう。 なお、この10のポイントサイトのうち、ワラウを除く青枠内の9つのポイントサイトはGポイントへ交換が可能です。 この 「Gポイントに交換できる」ことが実は重要な意味を持ちますが、その意味は後程詳しく解説します。 ドットマネーに交換できないポイントサイト ドットマネーに交換できないポイントサイト• ECナビ• Gポイント 一方、残念ながらドットマネーにポイント交換できないサイトでは、このTOKYUルートを利用することができません。 ドットマネーにポイント交換できないポイントサイトのうち、主なサイトが上記の2つです。 ECナビ、Gポイントと高めのポイントを叩き出すことも多いメジャーなサイトばかりですので、 これらのポイントサイトで貯めたポイントはどうすれば良いの?って思いますよね。 これらのポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する際に活用すべきなのが、「みずほルート」「ニモカルート」です。 スポンサーリンク みずほルート(交換率0. 7倍) ドットマネーが利用できないポイントサイトにとって利用価値が高いのが、こちらの「みずほルート」です。 このルートでのポイント交換には 「JQカードセゾン」と 「みずほマイレージクラブカード/ANA」という2枚のカードが必要になります。 例えばドットマネーに交換ができないGポイントは、このルートでANAマイルに交換することで0. 7倍でANAマイルに交換ができます。 じゃあ・・残りの「ECナビ」はどうすればいいの?って思われるかも知れませんが・・ご安心ください。 ECナビも、この「みずほルート」でANAマイルに交換することが可能です。 どういうことか?というと、ECナビで貯めたポイントは「PeX」経由で、三井住友カードのポイントプログラムである 「ワールドプレゼント」経由でGポイントに等価交換が可能なんです。 このため、ワールドプレゼント経由でGポイントにポイント交換すれば、ドットマネーにポイント交換できない「ECナビ」のポイントもこの「みずほルート」でANAマイルに交換ができます。 このポイント交換手続きには前述の通り「JQカードセゾン」と「みずほマイレージクラブカード/ANA」という特定のカード2枚が必要になるのがちょっと厄介なのは確かですが、ポイント交換手続きは全てPC上で完結しますので、次善のルートとして押さえておきたいマイル交換ルートです。 Gポイントに交換可能な「意味」 さて、ではここで「TOKYUルート」の解説中に少し触れた、ドットマネーにもGポイントにも交換できるポイントサイトの「意味(意義)」を解説します。 上記のとおり、青枠内の9つのポイントサイトは、Gポイントを経由することで TOKYUルートだけでなくこの「みずほルート」も利用できるんですよね。 ドットマネーにもGポイントにも交換可能なポイントサイト• ちょびリッチ• ライフメディア• ハピタス• モッピー• ゲットマネー• ファンくる• i2iポイント• ポイントインカム• ポイントタウン 具体的には、「ワラウ」以外の上記9つのポイントサイトは、ドットマネーにもGポイントにも交換が可能です。 この「Gポイントに交換できる」という特徴により、仮に TOKYUルートが閉鎖されてしまった場合でも、 みずほルートが利用できるんです。 ポイントサイト業界に改悪はつきものですので、TOKYUルートの「次」のANAマイルへの交換ルートとして、このみずほルートは必ず押さえておきたい交換ルートだと思います。 スポンサーリンク ニモカルート(交換率0. 7倍) 次にご紹介するのがこちらの交換ルート、「ニモカルート」です。 この交換ルートでは、 ANAニモカカードが必要になります。 そして、もう一つ重要なのが、このニモカルートでのANAマイルへの実際の交換には、なんと 九州もしくは函館にある交換機に実際に出向いて交換手続きを行う必要があるんです。 九州や函館に在住でない方にとっては、かなり厳しい条件であることは確かですよね。 ここまで解説したとおり、ECナビのポイントはワールドプレゼント経由でGポイントに交換すれば「みずほルート」が利用できるので、まずは無理をせず「みずほルート」を利用するのが無難だと思います。 ただ、こういうANAマイルへの交換ルートもある、ということは覚えておいてください。 スポンサーリンク ワールドプレゼントルート(交換率0. 6倍) そして、最後の・・ 2020年時点では緊急避難的なポイント交換ルートがこちらですね。 ドットマネーに交換ができない「ECナビ」「Gポイント」の2サイトは、直接もしくはPeX経由でワールドプレゼントに交換ができます。 そして、 ワールドプレゼントはそのままANAマイルに交換ができるので、このポイント交換ルートでANAマイルに交換することで0. 6倍でANAマイルへの交換が可能です。 前述のとおりみずほルートには「JQカードセゾン」「みずほマイレージクラブカード/ANA」という2枚のカードが必要になります。 そしてニモカルートには「ANAニモカカード」が必要ですし、さらに九州もしくは函館まで実際に出向く必要があります。 「みずほルート」「ニモカルート」はちょっとハードルが高い・・という方は、 緊急避難的にこのポイント交換ルートを利用するのも「あり」だと思います。 ちなみに、「ワールドプレゼント」の利用には三井住友VISAカードが必要となりますが、三井住友カードであればなんでも良いので、それほどハードルは高くないものと思います。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか? 2020年最新版の、ポイントサイトからANAマイルに交換する方法を総まとめで解説しました。 ドットマネーに交換できるポイントサイトはTOKYUルート一択で良いのですが、ドットマネーに交換できない・・具体的には「ECナビ」「Gポイント」は、ANAマイルへの交換が若干難しくなっています。 このANAマイルへの交換の全体像を理解しておくと、改善や改悪にも対応が可能なので、是非何かの参考にしていただければと思います。 この記事でご紹介した「TOKYUルート」「みずほルート」「ニモカルート」の実際の交換方法などの詳細は、以下の関連記事で詳しく解説しています。 こちらも良ければ是非ご覧ください。

次の

ANAマイルを楽天ポイントに交換!10000マイルに届かない場合はどうする?|ログベリー

マイル 交換

マイル単価(あるいは必要マイル数)ではANA、そしてJALの基本マイルで行ける日程がダントツです。 ANAの欠点はビジネスクラスが取りにくいこと、往復単位なこと。 あとは、ヴァージン・アトランティックVSへ移してANA運航のビジネスかファースト。 これは発券までのハードル高いので上級マイラー向け。 区間制なのでANAノンストップ区間をこれで確保。 往復またはオープンジョーOK。 下記は片道8万マイルかそれ以上必要。 BAはサーチャージもやたら高いことが。 アメリカンAA、ブリティッシュ・エアウェイズBAへ移してJA運航のビジネス。 AA, BAはマイルがセールの時に買い足せるのが利点。 デルタへ移してエアフラかKLM運航。 キャセイ、シンガポールはどうしてもアジアを経由することになるし必要マイルも多い。 などなどです。 マリオットpは今月ポイント購入60%ボーナスセール中なので、ポイント買い足しも可能。 いまはコロナ中ということで、マイレージの規則、必要マイルはあまり変わっていませんし、来年の特典は比較的とりやすい状況になっていますが、アフターコロナということになると、規則が変わってくる可能性もあります。 情報をマメにとって、必要な検索をしながら作戦を立て、移行先を決めてください。 各エアラインのマイレージ会員になるのは無料なので、会員になって実際に特典検索してみてください、それをせずして計画は立ちません。 また、米系とVSは会員にならなくても検索できますが、VSのサイトではANA特典は出てきませんので、UAのサイトでセーバーANA運航の空席確認の後、VSに電話(英語)してホールドしてもらっている間にマリオットpを移行し、また電話して発券します。

次の

JALマイル交換は「WAON」がお得!交換方法から注意点までご紹介

マイル 交換

今回、ANAマイルの有効期限が切れるにあたり、楽天ポイントに交換する手続きをしてみましたのでご紹介していきます。 交換可能な10000マイルまで少し足りない場合もこちらの記事を参考にしてみてください。 現在のマイルの状況について 海外旅行などで何度か飛行機に乗ってから数年ほったらかしだったANAマイル。 有効期限が切れるというメールが来て大急ぎで手続きをはじめました。 ちなみにうちのマイル残高は次のとおりでした。 私:8179マイル 夫:8063マイル 4月末で一部のマイル、5月末で残りのマイルが失効するとのことでした。 ちなみにANAマイルの有効期限は、 マイルの獲得月から36ヶ月後の月末です。 約3年ですね! マイルの使い道 いざマイルを使おうと思っても何に使えるのか分からなかったので調べてみました。 特典航空券への交換• ANAスカイコインへの交換(1年間有効)• ANAのショッピングサイトA-styleでお買い物• 提携他社サービス、ポイントや電子マネーへ交換 そもそも8000マイル程度では片道くらいしか乗れないようですね。 そして、ANAスカイコインに交換すると有効期限が1年間延長になるみたいですが、現在妊娠中でこれから子供が生まれようとしているときに旅行なんてできるはずもなく・・・ ANAのショッピングサイトA-styleを覗いてみるも、これといった欲しいものもないし・・・ というわけで今回は提携ポイントへの交換を検討することにしました。 ANAマイルはどのポイントや電子マネーに交換可能? ANAマイルを交換できるのは下記の提携先になります。 スターバックスカード• i-tunesギフトコード• 楽天Edy• iDバリュー• TOKYU POINT• メトロポイント• ANA VISA Suicaチャージ• ANA VISA nimocaチャージ• 楽天ポイント• Tポイント• nanacoポイント• JRタワースクエアポイント• JRキューポポイント• YAMADAポイント• セブンカードポイント• タカシマヤポイント• マツモトキヨシ現金ポイント• カエトクマネー• PiTaPaショップdeポイント• ミュースターポイント• ANAはやかけんポイント• 伊予鉄ICい〜カードポイント• 京成グループポイント• MI POINT• 京急プレミアポイント• S-POINT• なんと上で紹介した提携先の中で、最後の「おつりで投資トラノコポイント」以外はすべて 10000マイルからの交換なんです。 私のように8000ポイントでは交換できません。 このことに気づいてからかなり焦りました! でも、せっかく貯めたマイルです。 無駄にしたくなかったので試行錯誤してみました。 まずは楽天ポイントからANAマイルへ交換 普段、楽天をよく利用しているため、楽天ポイントが7000ポイント近くたまっていたのが幸いでした。 そこで、楽天ポイントからANAマイルへ足りない分を移してから、今度はANAマイルから楽天ポイントへ移行することにしました。 ちなみに楽天ポイント2ポイント=1マイルとして交換できます。 ただ、注意点があって、マイルに交換できるのは 通常ポイントのみで、 期間限定ポイントや提携先からの交換ポイントは含まれませんので注意してください! 楽天ポイントからANAマイルへの交換方法 ANAマイルを増やすために楽天ポイントからANAマイルに交換する手順は次のとおりです。 楽天へログインしたら、上部の検索枠のすぐ下にあるポイントの部分をクリック。 (分かりやすいように、オレンジの枠で囲っています。 ) 楽天PointClubのトップページが出ます。 提携サービスリストからANAのところで「交換する」をクリック。 ANAマイルカードのお客様番号と氏名、交換するポイントを入力するだけです。 注意点は下記のとおりです。 1回に交換できるポイントは50ポイントから2ポイント単位で、1000ポイントまで(500マイルに交換)• 交換24時間に1回のみ• マイルに反映されるまでに1週間前後かかる とりあえず、夫のマイルを例にあげると、10000マイルまで1937マイル足りませんでした。 そこで、楽天ポイント3874ポイント(=1937マイル分)を4回に分けて交換しました。 ちなみに、 「自分の楽天ポイントを家族名義のマイルに交換したい時の手順」は後日記事でまとめていきたいと思っています。 さて、4回目の交換から数日後にANAマイル残高を確認してみると、残高が10000マイルに増えていました! これでやっと楽天ポイントに交換できます。 ANAマイルから楽天ポイントへの交換のしかた 次はANAのマイルを楽天ポイントに交換するやり方です。 「提携ポイントへの交換」を選びます。 「楽天スーパーポイント」を選びます。 「楽天スーパーポイントに交換する」をクリック。 「インターネットで交換を申し込む」をクリック。 「楽天スーパーポイント口座番号」入力して確認ボタンをクリック。 口座番号は入力枠のすぐ下の、口座番号表示ツールをクリックすると自分の口座番号が表示され、自動入力してくれます。 申し込みを完了するための専用アドレスが記載されたEメールを、表示されているメールアドレスへ送信します。 入力内容を確認し、間違いがなければ「メールを送信する」ボタンをクリック。 メールが届いたら、記載された専用アドレスをクリック。 アドレスの有効期限は約2時間なので、届いたらすぐに手続きしてください。 専用アドレスを開くと下のような画面になりますので、ANAのマイレージ番号とパスワードを入力します。 内容を確認後、「以上の内容を確認した」にチェックを入れ、「以上の内容で申し込む」をクリック。 これで完了です。 楽天ポイントに反映されるまでに7〜10日ほどかかります。 メール認証などがあるのでちょっと手間がかかるなーといった印象でした。 まとめ 今回、夫と私の楽天ポイント合計7516ポイントをANAマイルへ移すことになってしまいましたが、結果として20000ポイントが楽天ポイントとして入ってきたのでかなりのプラスになりました! 私の場合、旅行の予定がないので楽天ポイントからマイルへ移し、また楽天ポイントへ戻す方法を取りましたが、楽天2ポイントが1マイルというのは交換率が悪いので、旅行予定が組める人は特典航空券を発券するほうがお得かもしれません! マイルが中途半端に貯まっている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

次の