天気はなんですか 英語。 週間天気予報

〇〇の天気はどうですか? って英語でなんて言うの?

天気はなんですか 英語

聞き取りが難しくても絵を見ればどんな天気の時に何を言うのか? というのが一目瞭然です。 子供に歌ってあげる時には、アニメよりもこちらの動画を参考にしてみると良いと思います。 ハウザ ウェダー トゥデイ Is it sunny? イジッ サニィ Is it rainy? イジッ レイニィ Is it cloudy? イジッ クラウディ Is it snowy? ハウザ ウェダー Is it sunny today? ハウザ ウェダー Is it rainy today? ハウザ ウェダー Is it cloudy today? ハウザ ウェダー トゥデイ Is it sunny? イジッ サニィ Is it rainy? イジッ レイニィ Is it cloudy? イジッ クラウディ Is it snowy? ハウザ ウェダー トゥデイ スポンサードリンク 日本語訳 お天気はどうかな? お天気はどうかな? 今日のお天気はどうかな? 晴れ?雨?くもり?雪? 今日のお天気はどうかな? 外のお天気を見てみよう お天気はどうかな? 今日は晴れ? 外のお天気を見てみよう お天気はどうかな? 今日は雨? 外のお天気を見てみよう お天気はどうかな? 今日はくもり? 外のお天気を見てみよう お天気はどうかな? 今日は雪? お天気はどうかな? お天気はどうかな? 今日のお天気はどうかな? 晴れ?雨?くもり?雪? 今日のお天気はどうかな? 歌詞の補足 weatherの発音はカタカナで書くと 「ウェ ザー」よりも「ウェ ダー」に近いのでそう書きました。 上でご紹介した女の子たちが歌っている動画を参考にしてくださいね。 外が見えないお部屋なら頬づえをつくような感じで、「う~ん」と考えるような動作も良いですね。 sunny, cloudy, rainy, snowyを表す動きは人それぞれですが参考までに。

次の

ワイ、天気の子を鑑賞 「語ってるともう一度見たくなる」「君の名は。より新海誠がやりたいことやった感ある」「見終わったら雨降ってて良かった」2chなんJ天気の子まとめ

天気はなんですか 英語

が、次に何を言いますか!? 親しい仲で、言いたいことがいっぱいあればよいですが、「あまり親しくない人と、軽い会話をする」というケースも、コミュニケーションの場面ではたくさんあります。 そんな時、もっとも便利なのが・・・ 天気の話! 主婦の会話術でもあります(笑)。 天候の話は、日常生活の中で、切っても切れないテーマです。 海外で暮らし始めて、私がまず一番最初に「マスターしたい!」と思ったのが、 英語の天気予報のニュースを理解することでした。 そこで、この記事では、天候に関する基本的な単語と、それらを使って「いい天気だね」「昨日は雨が降った」「風が強い」「ムシムシする」などの表現を紹介します。 天気予報でも、とても良く出てくる表現なので、覚えておくとニュースを聞く時も役立つし、もちろん日常会話でも大活躍です。 「晴れている」「曇っている」など、天気の様子・状態を表す言葉 「~っぽい天気だ」「~がちな天気だ」というふうに、その日やその期間の、天候の様子・状態を表す時に使われる単語を以下に紹介します。 これらは 形容詞です。 英単語 意味 sunny 晴れ。 cloudy 曇り。 rainy 雨。 (雨がちの天気) windy 風が強い。 humid 湿度が高い。 じめじめする。 dry 乾燥している。 (雨が少なく空気が乾いている天気) wet 雨がちのじめじめした(天気)。 snowy 雪がよく降る(天気)。 foggy 霧がかかっている。 「雨」「雪」など、天気に関する単語 天気に関する単語と、例文を紹介します。 これらは 名詞です。 英単語 意味 sun 名詞の場合、「太陽」という意味もありますが、 in the sun で「陽射し」「日なた」「日光の下」という意味になります。 天候のことを言う場合にとてもよく使われる、ナチュラルな英語表現です。 「雨が降る」「晴れる、天気が回復する」など、天候が変わる時の表現 「雨が降る」「晴れる」など、天候の動きや変化を表す 動詞と、その使い方を紹介します。 英単語 意味と例文 rain 意味) 雨が降る。 clear up 意味) (雨が上がって)晴れる。 ease 意味) (悪条件の天候・気象状況が)ゆるむ、回復する。 pour down 意味) 雨が土砂降りに降る。 snow 意味) 雪が降る。 天気予報では…って英語でどういうの? 英語で 天気・天候のことは、 weather と言います。 天気予報のことは、 weather forecast です。 「天気予報では、明日は晴れだって。 」とか、 「予報では週末は雨らしいよ。 」などと言う場合が、よくありますよね。 「天気予報では、~という予報だ。 」ということを言いたい時は、 The weather forecast says that ~. などの表現もあります。 まとめ 天気のことってとても身近な話題です。 私達の生活には欠かせません。 それは英語でも同じ。 天候の話と言うのは、ビジネスでの挨拶やスピーチと違い、決められた機会があって、そのために用意しておくような話題ではありません。 しかしながら、人と接する中で、ふとした時に、当たり前に話題になることです。 また、すごく基礎的なことだからこそ、本当に英語として身についているかどうかが問われることでもあります。 一つ一つ、覚えて行きたいですね! でも言い換えれば、天気というのは、誰もが身近に経験することだからこそ、相手との距離感に関わらず話題にできます。 話のきっかけにするには、とっても便利な題材! 今回紹介した表現は、ごく基本的なもので、他にも色んな言い方があると思います。 また、世界にはさまざまな気象現象があるので、住む地域によっても、よく使われる特徴的な単語や表現はあると思います。 英語を通して、そうした自然環境の違いに目をむけるのも、よいことですよね。 また、天候の他に、「暑い」「寒い」といった 気温に関する英語表現も、日常生活の中ではとても重要です。 これについては、以下の投稿をご覧ください。

次の

日常英会話の表現 「天気はどう?」と聞かれたら

天気はなんですか 英語

天気・天候《weather》を表現する英単語 「晴れ」を表現する英語 1. Sunny:サニー 「晴れ」晴れ渡った天気をいいます。 Clear:クリア 雲ひとつない「晴れの日」のことをいいます。 Fine:ファイン 「快晴」「晴天」のことをいいます。 It is a nice day today. = 今日はいい天気ですね。 こうした表現は日常でよく使われますので覚えておくといいでしょう。 「曇り」を表現する英語 5. Cloudy:クラウディ 「くもり」のことで、空が雲に覆われている状態の時に使います。 Overcast:オーバーキャスト 「くもり」のことで、空一面が雨雲に覆われた状態の時に使います。 Dark:ダーク 雲に覆われて暗くなっている時に使います。 「雨」を表現する英語 8. Raining:レイニン 雨が降っている状況のことです。 雨の降り方の程度にかかわらず使います。 Drizzle:ドゥリズゥ 静かに「しとしとと」降っている「霧雨」のことを表します。 Sprinkle:スプリンコゥ 雨が「ぱらぱら」「ぽつぽつと」降っている様子で「小雨」のことをいいます。 Shower:シャワー 「にわか雨」のことで、「夕立」や「通り雨」にも shower を使います。 evening shower:夕立 passing shower:通り雨 12. Pour:ポゥア バケツを引っくり返したような雨のことで「土砂降りの雨」などの時に使います。 Rainstorm:レインストーム 強い風と大雨を伴う「暴風雨」のことをいいます。 「雪」を表現する英語 14. Snowy:スノウィ 雪が降っている状況をのことです。 Sleety:スリーティ 「みぞれ」のことをいいます。 Hail:ヘイル 「あられ」や「ひょう」が降っている事を言います。 Snowstorm:スノゥストーム 「吹雪」のことです。 また、吹雪よりも更に激しいときは、 blizzard=ブリザード といいます。 「霧」を表現する英語 18. Misty:ミスティ 霧やもやで覆われている状況のことです。 Foggy:フォギィ 深い霧に覆われていることをいいます。 misty よりも、さらに濃い霧の時に使います。 Hazy:ヘイズィ 「もやがかかった」を意味します。 foggy, misty よりも薄い霧のことをいいます。 「風」を表現する英語 21. Balmy:バァーミィ 「さわやかな」風のように心地よい風のことをいいます。 Breezy:ブリーズィ 「そよ風」のことです。 やや強めの風ですが心地よい風のことです。 Windy:ウィンディ 「強い風」が吹いている場合に使います。 Gale:ゲイル かなり強い風、「強風」のことをいいます。 Gusty:ガスティ 「突風」のことをいいます。 Stormy:ストーミー 強い風、激しい雨、雷を伴う「嵐」のことです。 特殊な天気の表現 27. Typhoon:タイフーン 「台風」のことで、インド洋や大西洋で発生する熱帯暴風を指します。 Tornado:トォネード トルネード、「竜巻」のことです。 Hurricane:ハァリケーン 破壊的な暴風雨、「ハリケーン」のことです。 「雷」を表現する英語 日本では、「雷鳴」と「稲光」を分けて言及することはまれで、その全体像を指して「雷」という単語が使われます。 しかしながら、海外では雷鳴と稲光を分けて使うことが一般的です。 Thunder:サンダー 「雷鳴」この場合、雷の音のことだけを意味します。 Lightning:ライトニング 「稲光」のことで、雷の光のことをいいます。 その他の天気の表現 32. Hot:ホット 「暑い」時に使う表現です。 Warm:ウォーム はぽかぽか「あたたかい」時に使います。 Humid:ヒューミッド 「蒸し蒸しする」「蒸し暑い」時に使います。 Dry:ドライ 乾いて「乾燥」した状態をいいます。 Calm:カーム 無風で「おだやか」な時に使う表現です。 Damp:ダンプ 「湿気」のある状態の時に使います。 Freezing:フリージング 「凍えるほど寒い」時に使う表現です。 Frosty:フロスティ 霜が降りて「すごく寒い」時に使います。 Icy:アイス 「氷でおおわれた」状態のことを表現します。 以上、『英語で『天気・天候の種類』の表現一覧|英単語と発音・読み方』を紹介しました。 晴れ、雨、くもりの他にも細かな天候の表現ができるようになりました。 意外と知らなかった という表現がたくさんあったのではないでしょうか。 会話のはじめに「今日は寒いですね。 」などと英語で話すことがあると思います。 細かな天気を知っていると会話の出だしに困らないかもしれませんね。

次の