閉鎖 式 吸引 カテーテル。 閉鎖式気管吸引と開放式気管吸引は、どう違うの?

気管内吸引カテーテルの管理について

閉鎖 式 吸引 カテーテル

吸痰と感染予防 吸引は患者にとって、看護師が行うケアの中でいちばん侵襲が高いと言われている。 また排痰に関しても咳嗽や体位の調節が必要な事から、患者の体力や受け入れる気持ちに影響する。 患者にとって最も有効で安全に行える吸引、排痰について状態をアセスメントしながらケアに当たることが重要である。 吸引カテーテルは原則、単回使用である。 1回吸引したのち再度吸引が必要な場合には、適切に洗浄した後に使用することはある。 閉鎖式吸引カテーテルは各メーカーの推奨する間隔で交換する。 CDCガイドラインに沿ったケアの実施 一つの場面の吸引で何度も吸引が必要な場合には、吸引カテーテルの外側をアルコール綿で拭き、滅菌蒸留水でカテーテルの内腔を洗浄した上で再使用する。 どうしても再使用が必要な場合、浸漬消毒保管や乾燥保管という2つの方法がある。 各施設や患者のケースに応じてCDCガイドラインを参考にした院内ルールを作成し、患者の安全を守れるようにすることが必要である。 閉鎖式吸引カテーテルの場合 閉鎖式吸引カテーテルは耐久性と感染綿において各メーカーの推奨期間で使用することが望ましいと思われる。 また24時間用途72時間用の製品が存在する為それぞれの使用方法を間違えないようにする必要がある。 気管吸引はルーチンで行うものではない。 しなければならないタイミングをアセスメントし実施することが大切である。 吸引は患者にとって苦痛であり、必要最小限で実施する必要がある。 意思疎通が可能な場合 痰の存在を確認したらその痰を自分で喀出できる状態にあるか否かを考える。 自力咳嗽ができる状態であれば咳嗽を促し喀痰を行ってもらう。 これが一番患者にとって合併症が少なく苦痛を最小限にできる方法である。 咳嗽が出来ない場合は何故咳嗽ができないかを考え、吸引でないと気道浄化をはかれない状態であれば吸引を行う。 患者自身が喀痰を行うための能力をどこまで保持していて、どこから機能低下しているのかをアセスメントして関わることが大切である。 意思疎通が図れない場合 痰が吸引できる部位になければ、吸引は患者にとって苦痛の原因をつくるだけになってしまう。 まず吸引が必要な状況なのかを考え、次に吸引によって痰が除去できる状況なのかを考える必要がある。

次の

気道内 気管内吸引の手順と留意点(開放式・閉鎖式)~看護技術

閉鎖 式 吸引 カテーテル

吸引カテーテルは、気管分岐部直上まで挿入します。 気管チューブは、気管分岐部の3~5cm上に先端が来るように留置されていますから、気管チューブと吸引カテーテルの目盛りを使用して、挿入の長さを調節しましょう。 〈目次〉• 適正な挿入長 吸引カテーテルを挿入する長さは、気管分岐部直上までである() 図1カテーテル挿入の長さ 気管チューブは、気管分岐部から3~5cm上に先端が来るように留置されている。 胸部X線で気管チューブの位置を確認し、先端から気管分岐部まで何cmかをあらかじめ確認しておく。 挿入の長さは、気管チューブと吸引カテーテルの目盛りを使用して調節する。 双方の目盛りが合ったところ(=気管チューブと吸引カテーテルの先端が同じ位置になるところ:)から、あらかじめ確認しておいた気管分岐部までの長さの分(通常は2~3cm)だけ吸引カテーテルを挿入する。 図2挿入長の確認方法 深く挿入しすぎたときの合併症 1 無気肺 気管分岐部を越えて挿入すると、片肺吸引となる。 その際、多くは右の気管支に挿入される(気管は右のほうが鈍角であるため)。 気管分岐部を越えて最初の分岐(右上葉枝)で吸引圧をかけると、本来最もを起こしにくい肺野が無気肺となることがある。 2 出血・肉芽形成 吸引カテーテルを長く挿入し、コツンと当たる感触がする部位は気管分岐部である。 そこを何度も突くと出血する。 分泌物に鮮血が混入したら気管損傷を疑い、挿入長を再確認する。 気管分岐部に刺激が加わり続けると、肉芽が形成され、気道狭窄の原因となる。

次の

閉鎖式気管吸引カテーテル

閉鎖 式 吸引 カテーテル

開放式吸引 1. 聴診、触診で気管内分泌物の貯留部位を確認し、気管吸引の必要性を判断する。 [ 注意 ] 分泌物が主気管支にない場合は、排痰に有効なポジショニングを行う。 患者本人であることを確認する。 施設の基準に従い複数の患者識別法を用いて行う。 [詳細] [ 理由 ] JCI(Joint Commission International)では国際基準として2種類の患者識別法を用いた確認方法を推奨している 1。 気管吸引を行う目的を説明し、同意を得る。 [詳細] [理由] 不安により痛みが増強したり呼吸困難症状が悪化したりするため、患者の不安を軽減し理解や協力を得る。 [注意] 耐えられない場合には合図などで伝えるよう取り決めをしておく。 [注意] 気管吸引は患者にストレスを与える処置であり、急性期の疾患では除痛やせん妄対策も考慮に入れる 2。 [注意] 術後に挿管管理を必要とすることが予測される場合は、術前オリエンテーションであらかじめ説明しておく。 手指衛生を行い、ビニールエプロンとマスク、使い捨て手袋、ゴーグルまたはフェイスシールドを装着する。 [詳細] [理由] CDC(米国疾病予防管理センター)の提言に従い、血液および体液への偶発的な曝露を防ぐ必要がある 3。 また、微生物の伝播を予防する。 口腔、鼻腔、カフ上部の吸引を行い、手袋を外す。 [詳細] [理由] 気管吸引を行う前に、より多くの細菌が存在する口腔、鼻腔、カフ上部の吸引を行うことで、吸引に伴う感染のリスクが減少する。 [理由] 上気道は「清潔」状態、下気道は「無菌」状態と考えられているため、清潔領域から無菌領域へ同じカテーテルを使用すると微生物の伝播の危険がある。 無菌領域から清潔領域へは同じカテーテルを使用してよい。 カフ圧が適正か、カフ圧計で確認する。 0-2. [詳細] [理由] カフ周囲の細菌病原体が下気道に漏れることを予防するため、カフ圧は2. また、気管動脈圧が3. 3-4. 7Kpa(25~35mmHg)程度であり、血流阻害による損傷を防ぐため2. パルスオキシメーターで経皮的動脈血酸素飽和度を測定する。 [詳細] [理由] 吸引中の患者が低酸素に陥ることは、最も起こりやすく注意を要する有害事象であるため、経皮的動脈血酸素飽和度を確認しながら吸引することがのぞましい 5。 使い捨て手袋を利き手でない方に装着する。 [詳細] [理由] 利き手でない側は滅菌物でないものに触れるため、滅菌手袋である必要はない。 滅菌物に触れないよう注意する。 消毒用アルコール綿と滅菌蒸留水を開封する。 [詳細] [理由] 吸引カテーテルの洗浄用としての水道水の使用についてはエビデンスがない。 CDCのガイドライン 7 では滅菌済みの液体の使用を推奨している。 吸引器を作動させ、コネクティングチューブを塞いだ状態で、13~16kPa 100~120mmHg相当 に吸引圧を調整する。 [詳細] [理由] 過度の陰圧は鼻咽頭と気管の粘膜に損傷を与え、より重度の低酸素血症を誘発する 8。 推奨される吸引圧は最大で20kPa 150mmHg相当 でありこれを超えないように設定する 5。 [注意] 吸引器のメーターが作動しているか、作動音の異常がないか、併せて確認する。 カテーテルのコネクター部分のみを開封し、コネクティングチューブに接続する。 [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 利き手に滅菌手袋を装着し、カテーテルを清潔に取り出して持つ。 [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 [理由] AARC(米国呼吸療法学会)のガイドラインでは、開放式吸引では滅菌手袋を装着するよう推奨されている 16。 一方CDCは滅菌手袋を使用するか未滅菌手袋を使用するかについては未解決問題としており 7 、これを受けて日本呼吸療法学会では「開放式気管吸引では汚染を危惧して滅菌手袋を使用しても構わない」としている 5。 吸引の準備ができたら、人工呼吸器装着中の場合は接続部分を外す。 [詳細] [注意] 「スタンバイ」にした人工呼吸器の開始忘れの報告があり、接続を外した場合の人工呼吸器の設定の切り替えは行わないことが推奨されている 20。 必要時、100%酸素で30秒以上、介助者によりジャクソンリースを用いた換気を行う。 もしくは、 人工呼吸器による100%フラッシュを行う。 [詳細] [理由] 高酸素化は、吸引による酸素化低下を防ぐ 16。 吸引に際して注意が必要な患者(基本事項3:リスク・注意事項・禁忌参照)、特に手術後など急性期で人工呼吸器を使用している患者には事前に十分な酸素化を行うことが推奨される 5,9。 [注意] 状態の安定した患者には必ずしも必要でない 5。 5倍の換気量を送る方法)。 しかし、日本呼吸療法医学会作成のガイドラインでは特別な理由がない限り必要なく推奨しない、とされている 5。 加圧による高い気道内圧、過大な肺換気量は血行動態にも有害であり、圧負荷肺損傷や容量負荷肺損傷も引き起こす可能性がある 6。 必要時、吸引カテーテルに滅菌蒸留水を通し、吸引圧を確認する。 [詳細] [理由] 機器の機能を確認すると同時にカテーテルとチューブの内側を潤滑させる。 陰圧がかからないように 5 陰圧調整口を開放し、清潔操作で気管チューブに挿入する。 [詳細] [ 理由 ] 吸引圧をかけたままカテーテルを挿入すると、気道粘膜損傷、カテーテル挿入困難、気管内にある空気を吸引することによる低酸素血症のリスクがある。 [ 注意 ] 自発呼吸のある患者では吸気時にタイミングを合わせて挿入する。 [ 注意 ] 気管吸引前に生理食塩水を気管内に注入する方法は特別に理由がない限り行うべきではない。 やむなく行う場合は生理食塩水以外を注入してはならない 4。 [ 注意 ] 調節孔のついていないカテーテルの場合、吸引圧をかけないよう根本を屈曲させる方法がとられてきたが、開放時に過度の圧がかかり気道粘膜を損傷するリスクがあるため吸引圧をかけたまま吸引すべきとする見解もある。 加えて、吸引圧をかけたまま吸引しても低酸素血症のリスクは低いことも示唆されているが、これらについて十分なエビデンスがあるとは言い難い。 本手順は日本呼吸療法医学会によるガイドラインに従い、吸引圧をかけずに挿入する方法としたが、上記で指摘されているリスクの可能性を否定できないため、できれば調節孔のついているカテーテルを使用することがのぞましい。 カテーテルは痰が十分に吸引できる位置まで挿入する。 ただし気管分岐部にあたらない位置までとする。 経口・経鼻挿管の場合、30~40cm、気管切開の場合、12~15cmを目安とする。 気管支分岐部にあたってしまった場合は1~2cm引き抜いた位置とする。 [詳細] [理由] 気管分岐部を超えて挿入する必要はないとされている 10。 陰圧をかけ、引き抜きながら吸引する。 吸引時間は10~15秒以内とする。 [詳細] [理由] 15秒以上の吸引は、通常、低酸素血症または迷走神経負荷により心肺機能を不安定化させる原因となる 4, 11 ため、AARC(米国呼吸療法学会)ガイドラインでは10~15秒以内とするよう提示されている。 また、日本呼吸療法医学会のガイドライン 5 では、1回の吸引操作で10秒以上吸引をせず、1回の挿入開始から終了までの時間は15秒以内にするように推奨されており、可能な限り短時間での実施がのぞましい。 [注意] 吸引操作中にカテーテルを回すことや上下にピストン運動をさせることは、吸引の効果が上がると判断されたときのみ行うべきである。 またピストン運動により気管壁を損傷する恐れがあるため、注意深く行う必要がある 5。 必要時、100%酸素で30秒以上、介助者によりジャクソンリースを用いた換気を行う。 もしくは、 人工呼吸器による100%フラッシュを行う。 [詳細] [理由] 高酸素化は、吸引によって誘発された酸素化低下を補う 16。 [注意] 状態の安定した患者(平素持続的に酸素投与が必要でなく、十分な自発呼吸がある状態)には必ずしも必要でない 5。 [注意] 吸引後の過換気についてはエビデンスとしては弱いが肺傷害のある患者で有効性を示唆する研究もあり 12, 13 、症例によっては実施を検討する 5。 吸引終了後、人工呼吸器を装着している場合は、人工呼吸器の回路を再接続する。 [詳細] [注意] アラームの設定を一時的に変更した場合は、設定を戻すのを忘れないようにする。 [注意] 気管切開チューブ挿入中で術後早期の患者の場合は、気管切開チューブの逸脱・ 迷入により生命の危険に陥りやすい。 移動や処置を行う場合は、気管切開チューブに直接張力がかからないように、人工呼吸器回路や接続器具を可能な限り外すなどの注意が必要である 21。 カテーテル外壁に付着した分泌物を消毒用アルコール綿でふく。 [詳細] [理由] 滅菌蒸留水の汚染を防ぐ。 滅菌蒸留水を吸引し、カテーテル内腔を洗い流す。 吸引カテーテルは処置ごとに使い捨て、口や鼻に使用した吸引カテーテルや水は気管用には使用しない。 [詳細] [理由] カテーテルや吸引システムのランニングチューブ内腔に付着した分泌物を除去することで微生物の伝播を減少させ、吸引圧の低下を防ぐ。 ランニングチューブ内のみの洗浄目的であれば、水道水で構わない。 [理由] 上気道は「清潔」状態、下気道は「無菌」状態と考えられているため、清潔領域から無菌領域へ同じカテーテルを使用すると微生物の伝播の危険がある。 無菌領域から清潔領域へは同じカテーテルを使用してよい。 カフ上部吸引を行い、必要に応じて口腔、鼻腔吸引を行う。 [詳細] [理由] カフ部より上位にある分泌物が下気道に漏れることを予防する。 吸引器を停止させ、コネクティングチューブとカテーテルの接続を外す。 全身状態、呼吸状態、バイタルサインの観察を行う。 [詳細] [注意] 反復して吸引すると気道の過剰な分泌物が除去されるが、同時に循環、呼吸に関わる合併症の危険性も高める 14, 15 ため、次回吸引まで少なくとも1分間は間をおき、患者の呼吸状態を観察する 4。 再度吸引が必要な場合は、状態を観察しながら、再度手順5から繰り返す。 カテーテルをまとめて握り、カテーテルを包み込むように手袋を外し、手袋ごと廃棄する。 その後で、エプロンを外す。 [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 手指衛生後、カフ圧を測定し、2. 0~2. [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 [理由] カフ周囲の細菌病原体が下気道に漏れることを予防するため、カフ圧は2. また、気管動脈圧が3. 3~4. 7Kpa(25~35mmHg)程度であり、血流阻害による損傷を防ぐため2. 手指衛生を行い、退室する。 使用した物品を適切な方法で片付ける。 [詳細] [注意] 患者の体液が付着したものは感染の有無に関わらず感染性廃棄物として処理する。 処置の内容と結果をカルテに記録する。 閉鎖式吸引 (呼吸回路を外すことなく吸引操作を行う方法) 1. ~7.開放式吸引の手順1~7参照 8. 手指衛生を行い、使い捨て手袋を装着する。 [詳細] [理由] CDC(米国疾病予防管理センター)の提言に従い、血液および体液への偶発的な曝露を防ぐ必要がある 3。 また、微生物の伝播を予防する。 必要に応じて100%酸素フラッシュを行う。 人工呼吸器のアラーム消音ボタンを押す。 [詳細] [理由] 高酸素化は、吸引による酸素化低下を防ぐ 16。 吸引に際して注意が必要な患者(基本事項3:リスク・注意事項・禁忌参照)、特に手術後など急性期で人工呼吸器を使用している患者には事前に十分な酸素化を行うことが推奨される 8。 [注意] 状態の安定した患者(平素持続的に酸素投与が必要でなく、十分な自発呼吸がある状態)には必ずしも必要でない 5。 [注意] 吸引前に酸素化のために過換気、過膨張をルーチンとして行うことを推奨している文献もある。 5倍の換気量を送る)しかし、日本呼吸療法医学会作成のガイドラインでは特別な理由がない限り必要なく推奨しない、とされている 5。 加圧による高い気道内圧、過大な肺換気量は血行動態にも有害であり、圧負荷肺損傷や容量負荷肺損傷も引き起こす可能性がある 6。 閉鎖式吸引回路のサクションコネクターを外してコネクティングチューブに接続し、コントロールバルブを回転させてロックを解除する。 [詳細] [注意] 吸引前に陰圧を確認しておく。 気管チューブに、スリーブ内の吸引カテーテルを挿入していく。 [詳細] [注意] 陰圧をかけながらのカテーテル挿入は行わない。 片手で吸引回路と気管チューブの接続部が外れないよう保持し、スリーブの上から吸引カテーテルを気管チューブの先端より3~5cm奥まで進める。 [詳細] [注意] 気管分岐部を超えて挿入しない。 [注意] スリーブのたるみを移動させながらカテーテルを挿入する。 [理由] 接続部が外れると、酸素投与やPEEPの中断による低酸素血症や肺虚脱のリスクがある。 13 接続部の固定を保持したまま吸引ボタンを押して陰圧をかけ、まっすぐにカテーテルを引き抜く。 吸引圧は13kPa程度 100mmHg相当 、吸引時間は10~15秒以内とする。 [詳細] [理由] 過度の陰圧は鼻咽頭と気管の粘膜に損傷を与え、より重度の低酸素血症を誘発する 8。 [理由] 15秒以上の吸引は、通常、低酸素血症または迷走神経負荷により心肺機能を不安定化させる原因となるため 4, 11 、AARC(米国呼吸療法学会)ガイドラインでは10~15秒以内とするよう提示されている。 また、日本呼吸療法医学会のガイドライン 5 では、1回の吸引操作で10秒以上吸引をせず、1回の挿入開始から終了までの時間は15秒以内にするように推奨されており、可能な限り短時間での実施がのぞましい。 [注意] マーカーが見えたら引き抜くのをやめる。 引き過ぎるとスリーブが破損したり、スリーブ内に呼気ガスがリークし換気量の減少につながったりする場合がある。 [注意] 気管チューブ内に吸引カテーテルを挿入したままにしておくと気道抵抗が高くなる原因となるため、吸引後は必ずカテーテルを気管チューブ内から引き戻す 22。 聴診、触診で気管内分泌物の貯留部位を確認し、気管吸引の必要性を判断する。 [詳細] [注意] 引き続き気管吸引を行う場合は、少なくとも1分間は間をおき、患者の呼吸状態を観察してから 4 10~13を繰り返す。 必要に応じて開放式吸引を併用する。 使用する閉鎖式吸引回路の仕組みに合わせた方法で、滅菌蒸留水または生理食塩液でカテーテル内腔を洗い流す。 製造元によって手順が異なるため、必ず製品の取扱説明書を確認する。 [詳細] [理由] カテーテル内腔に付着した分泌物を除去することで微生物の伝播を減少させ、吸引圧の低下を防ぐ。 [注意] 滅菌蒸留水や生理食塩液が気管内に入らないよう、手順を遵守する。 シリンジを用いて滅菌蒸留水や生理食塩液を注入する場合は、吸引圧をかけながら注入し、注入が完了してから吸引を中止する。 [注意] カテーテルに汚染がある場合は交換する。 コントロールバルブをロックし、サクションコネクターにキャップをする。 [詳細] [理由] 不慮の吸引を防ぐ。 微生物の伝播を予防する。 [注意] カテーテルの自己・事故抜去を予防するため、カテーテルは常に見えるよう安全な位置におく。 カフ上部吸引を行い、必要に応じて口腔・鼻腔吸引を行う。 [詳細] [理由] カフ部より上位にある分泌物が下気道に漏れることを予防する。 手袋を外し、手指衛生後、カフ圧を測定し、2. 0~2. [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 [理由] カフ周囲の細菌病原体が下気道に漏れることを予防するため、カフ圧は2. また、気管動脈圧が3. 3~4. 7Kpa(25~35mmHg)程度であり、血流阻害による損傷を防ぐため2. 全身状態、呼吸状態、バイタルサインの観察を行う。 手指衛生を行い、退室する。 使用した物品を適切な方法で片付ける。 [詳細] [理由] 微生物の伝播を予防する。 処置の内容と結果をカルテに記録する。 必要物品 <開放式吸引> ・ 気管吸引カテーテル(12Fr. または14Fr. ) ・ 吸引カテーテルの外径は気管チューブの内径の2分の1以下 16 、多孔式のものがよい。 ・ カフ圧計 ・ 吸引器 ・ 吸引ボトル ・ コネクティングチューブまたはスネークチューブ ・ 使い捨て手袋 ・ 滅菌手袋(利き手用) ・ 滅菌蒸留水 ・ 消毒用アルコール綿 ・ パルスオキシメーター ・ 聴診器 ・ 酸素流量計 ・ 加湿びん ・ 酸素チューブ ・ ジャクソンリースまたはバッグバルブマスク ・ ビニールエプロン ・ マスク ・ ゴーグルまたはフェイスシールド ・ <閉鎖式吸引> ・ 閉鎖式吸引回路 ・ カフ圧計 ・ 滅菌蒸留水または生理食塩液 ・ 使い捨て手袋 ・ 吸引ボトル ・ コネクティングチューブまたはスネークチューブ ・ 消毒用アルコール綿 ・ パルスオキシメーター ・ 聴診器 ・ ビニールエプロン ・ マスク ・ ゴーグルまたはフェイスシールド.

次の