鬼怒川 ヤマメ。 【鬼怒川でルアーヤマメ釣り】フライマンにルアーの使い方を指南して頂きました

よっしーの散歩

鬼怒川 ヤマメ

今回のブログネタはWILD-1郡山店曳地よりお届けいたします。 ちょっとコアな感じがするかもしれませんが、お付き合いください。 皆さん、フライフィッシングで尺ヤマメを釣る事って、結構大変ですよね? しかも、ドライフライとなると尚更難しいですよね。 そんな憧れとも言えるような尺ヤマメが、自分の目の前で何回もライズをしている光景は 鳥肌が立ち、手が震え、緊張の中に何とも言えない幸せなひとときが流れます。 今回はその鬼怒川の解禁当初から5月中旬位までの釣り方のポイントを紹介致します。 時期的にはブログ発信が遅れたため、来シーズンの参考にして頂ければと思います。 ポイント 私がメインとして通っているところは、上流は小林橋付近から下流は岡本頭首工までの区間です。 もちろん、鬼ヤマメはそれ以外の区間でも釣れます。 狙うポイントとしては長い瀬の下流にあるトロ瀬やプールが一級ポイントです。 このようなポイントは水生昆虫が瀬に卵を産み、それが羽化する際に流され、トロ瀬やプールで羽化したり、瀬で溺れた水生昆虫が、このようなポイントに流れ着き、さらにヤマメが捕食しやすい水流だったりします。 しかも、ポイントは流れが緩い所が多い為、ラインの着水音が静かな#4がベストだと思います。 鬼怒川の釣りスタイル 鬼怒川を釣るときに最も重要な事はライズを見つける事です。 その見つけ方には大きく分けて2つあります。 季節や天気もよりますが、3月はお昼前後、4月上旬はお昼前後と夕方4時以降、中旬以降は夕方4時頃から日没がライズが起きやすい時間帯です。 この時間の前後に有望なポイントで待っている方法です。 ハッチが起きる頃になるとセキレイが川に目立つようになってきますので、鳥の動きを見ているのも良いと思います。 また、もう一つの楽しみとして、ただ待っているのではなく、イスやバーナーなどを持っていき、ちょっとした河原でピクニックのような事をしながら待っていると、非常に有意義な時間になります。 大きく広い鬼怒川にはたくさんの種類の水生昆虫が生息しています。 もちろん、羽化するタイミングも少しズレたりします。 そこで、河原をライズを探しながら歩きます。 他の釣り人が見逃してしまうような小さなポイントを見つけられたりすることもあります。 サイズが小さい割には、羽がグレーで大きい為、すごく目立ちます。 ライズの回数が多い時にはこの水生昆虫を捕食していることが多いようです。 鬼怒川はなぜか、3月上旬からハッチしていますが、盛んに成るのは4月以降です。 私はイブニングをあまりやらないので詳しくはわかりませんが、5月以降の夕方はヒゲナガのピューパやアダルトパターンが良いと思います。 この他にも捕食されている水生昆虫はいますが、上記のパターンを抑えておけば、十分に釣りになると思います。 最後に 鬼怒川にはたくさんの方が釣りを楽しんでいます。 フライの方、ルアーの方、エサ釣りの方、漁師さんなどなど。 その方々が皆さん平等に楽しむ事が重要です。 その為には先行者が居たら、必ず一声かけてから釣りをしましょう。

次の

鬼怒川本流の釣り

鬼怒川 ヤマメ

久しぶりに出張したので「すずや食堂」に行ってきました。 30数年前、職場の先輩に教えてもらってから、大田原に来た時には、時々訪れています。 温かいつけ汁に、冷たいそばをつけていただく「ひたしそば」が人気。 今日は、天ぷらが入った「ひたし天ぷらそば」です。 そばを汁に付けながら、食べていくと、天ぷらのころもが、少しずつ汁に溶けだして、トロトロになっていくのがたまりません。 ワサビもよく合いますね。 夜、妻に話したら、「U字工事が宣伝しているお店って知っているけど、連れてってくれたことないよ!」 おっと、それは失礼しました。 【すずや食堂】 所在地:栃木県大田原市紫塚1-6-15(大田原高校西側) 電話 :0287-22-3403 最近、ノートパソコンを買って、データやソフトの入れ換えをやっていることもあって、夜更かし気味です。 土曜日の夜も夢中になってあれこれやっていたら、日曜の朝は、完全寝坊。 鬼怒川本流の早朝のゴールデンタイムはとっくに過ぎていました。 ということで、いつもの川俣です。 水量やや少なめ、完全クリアです。 真っ昼間ということで、あまり期待していなかったのですが、ハンドメイドのYSミノーで、チェイス2回の後に、26cmのイワナが出てくれました。 忘れ物です。 ミノーを入れたケース丸ごと忘れてしまいました。 ロッドを忘れた時は、どうしようもありませんでしたが、今回は、スプーン、スピナー、クランクはあるので、これで、釣りができるだけまだましと、前向きに気持ちを切り換えます。 やっぱりミノーでないと厳しいかな~~と思いながら、大きな流れ込みで、YSクランクで、ミノーのように、ジャークを入れていたら、イワナ 32cm が来てくれました。 ありがとう! ~~釣行データ~~ 【日時】 2020年7月5日 日 、10:00~12:00 【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区) 【天候】 曇り 【水温】 未計測 【風】 - 【釣果】 イワナ1匹 32cm 【タックル】 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS リール:ダイワ・フリームスKIX2500 ライン:ラパラ・ナイロン10lb ルアー:YSクランク(50mm、8g、ヘビーシンキング、製造番号242) 【撮影】 Canon Power Shot SX260HS いつもの日光市川俣地区の鬼怒川です。 午前中降っていた雨で、少し茶色がかって、増水しています。 ぱっと見、いいコンディション。 こういう時は、答えが出るのが早いんですよね。 5投目、イワナ(35cm)が釣れちゃいました。 ヒットしたルアーは、「CHERRY BLOOD MD82」。 お次は、釣り下がっていった浅瀬。 こんなポイントというところで、いきなりヒット! 35cmクラスのいいサイズのイワナでしたが、ランディング直前にバレちゃいました。

次の

栃木県・鬼怒川|関東・甲信の釣り情報|ANA釣り倶楽部│ANA SKY WEB

鬼怒川 ヤマメ

今回のブログネタはWILD-1郡山店曳地よりお届けいたします。 ちょっとコアな感じがするかもしれませんが、お付き合いください。 皆さん、フライフィッシングで尺ヤマメを釣る事って、結構大変ですよね? しかも、ドライフライとなると尚更難しいですよね。 そんな憧れとも言えるような尺ヤマメが、自分の目の前で何回もライズをしている光景は 鳥肌が立ち、手が震え、緊張の中に何とも言えない幸せなひとときが流れます。 今回はその鬼怒川の解禁当初から5月中旬位までの釣り方のポイントを紹介致します。 時期的にはブログ発信が遅れたため、来シーズンの参考にして頂ければと思います。 ポイント 私がメインとして通っているところは、上流は小林橋付近から下流は岡本頭首工までの区間です。 もちろん、鬼ヤマメはそれ以外の区間でも釣れます。 狙うポイントとしては長い瀬の下流にあるトロ瀬やプールが一級ポイントです。 このようなポイントは水生昆虫が瀬に卵を産み、それが羽化する際に流され、トロ瀬やプールで羽化したり、瀬で溺れた水生昆虫が、このようなポイントに流れ着き、さらにヤマメが捕食しやすい水流だったりします。 しかも、ポイントは流れが緩い所が多い為、ラインの着水音が静かな#4がベストだと思います。 鬼怒川の釣りスタイル 鬼怒川を釣るときに最も重要な事はライズを見つける事です。 その見つけ方には大きく分けて2つあります。 季節や天気もよりますが、3月はお昼前後、4月上旬はお昼前後と夕方4時以降、中旬以降は夕方4時頃から日没がライズが起きやすい時間帯です。 この時間の前後に有望なポイントで待っている方法です。 ハッチが起きる頃になるとセキレイが川に目立つようになってきますので、鳥の動きを見ているのも良いと思います。 また、もう一つの楽しみとして、ただ待っているのではなく、イスやバーナーなどを持っていき、ちょっとした河原でピクニックのような事をしながら待っていると、非常に有意義な時間になります。 大きく広い鬼怒川にはたくさんの種類の水生昆虫が生息しています。 もちろん、羽化するタイミングも少しズレたりします。 そこで、河原をライズを探しながら歩きます。 他の釣り人が見逃してしまうような小さなポイントを見つけられたりすることもあります。 サイズが小さい割には、羽がグレーで大きい為、すごく目立ちます。 ライズの回数が多い時にはこの水生昆虫を捕食していることが多いようです。 鬼怒川はなぜか、3月上旬からハッチしていますが、盛んに成るのは4月以降です。 私はイブニングをあまりやらないので詳しくはわかりませんが、5月以降の夕方はヒゲナガのピューパやアダルトパターンが良いと思います。 この他にも捕食されている水生昆虫はいますが、上記のパターンを抑えておけば、十分に釣りになると思います。 最後に 鬼怒川にはたくさんの方が釣りを楽しんでいます。 フライの方、ルアーの方、エサ釣りの方、漁師さんなどなど。 その方々が皆さん平等に楽しむ事が重要です。 その為には先行者が居たら、必ず一声かけてから釣りをしましょう。

次の