臨界ブラキ ジョジョブラキ。 拡散砲撃レベル7!臨界ブラキ「砕光の銃槍」覚醒武器とどっちが良い?比較考察

モンハンワールド2chまとめ速報

臨界ブラキ ジョジョブラキ

「猛り爆ぜるブラキディオス」ついに実装!! ざっとやってみたのでメモしておきます。 でかい• 活性化した粘菌を殴るとボタっと落ちて爆発する• ベヒーモスのようにエリアチェンジする仕様• 最終エリアに追い込むと演出あり• 捕獲できない(罠が設置できない) デカいからか、 脚に傷入れが可能です。 普段の立ち回りだと比較的殴りやすい部分なので、余裕をみて傷を入れておくといいと思います。 体感的にあまり転倒しない印象ですが、転倒させられれば柔らかい腕やら頭を殴りやすいです。 転倒時など、殴るときは粘菌が活性化している部分に注意が必要です。 光る部分を殴ると、ポトリと粘菌が落ちて爆発します。 ある程度ダメージを与えるとエリアチェンジしていくようです。 ということで、罠を使うなら最終エリア前までにさっさと使いましょう。 乗りは最終エリアまで取っておくといいと思いました。 閃光玉もそれなりに有効なので、砥石タイム捻出やヤバいときの一時しのぎに使えます。 最終エリアで低い位置にいったとき、乗り狙いで撃つのも良さそうです。 あと体力が低いみたいなので、ソロであれば爆弾も有効だと思います。 最終エリアは溶岩地帯みたいなのが生成されるので、 地形ダメージ無効と火耐性が20以上あるといいと思いました。 なんでやねんねん。 スラアクでの立ち回り 相性どうかなーと思いましたが、なんか相性ピッタリかもしれません。 初見でも15分くらいでクリアできました。 大きさのため頭を殴りにくいですが、斬り上げ、斬り下がりは打点が高く、装衣着込んでの零距離属性解放突きもあるから部位破壊は問題ないと思います。 あと、 回避距離を積んでおくといいと思います。 粘菌を避けるのにも使えますし、ダウン時などに距離を詰めるのにも使えます。 (コレに限らず、個人的にはスラアク使うなら1か2は積んでおくとストレスが少ないと思います…) 慣れたら10分くらいでクリアできるはずです。 スラアク装備 カイザーとルナを組み合わせて、体力増強+体力回復量UP+加護を組み込みました。 回復カスタムしてあれば多少のダメージは零距離属性解放突きで回収できるので安定すると思います。 総合的に… とってもいい調整だと思いました。 適度に難度があって、でも付け入るスキも工夫の余地もある…そして演出もカッコいい。 きっと名のある調整師に違いない…。 砲術極意はスラアクには関係ないけど、シリーズで使うのも全然アリですね。 ブラキウム装備 臨界ブラキ装備は素で紫が少しあり、達人芸で運用してくださいって感じなので、カイザーと合わせてみました。 カブカカブ構成だとビシッとハマる感じがします。 爆破属性強化もムダになりません。 研ぐのが面倒でなければ、達人芸を外す構成もありですね。 砕光の剣斧 いやカッコイーっすねぇ!! こういうのだよぉ!! 砕光の剣斧 砕光の黒曜杵 ア… そのデザインか… 猟虫強化【気・力】なのは超グッドです!!これは使える!! 砕光の黒曜杵 砕光の暁刀 なにこれカッケェ!! 柄が熱そう!! 砕光の暁刀.

次の

【MHWアイスボーン】臨界ブラキ対策スキルや対策装衣の紹介

臨界ブラキ ジョジョブラキ

特定の手順を踏むことなく、挑戦が可能です。 特別任務クリア後はフリーで受注可能 臨界ブラキは特別任務のクリア後、フリークエストで受注可能です。 臨界ブラキの素材が欲しい方は、フリークエストを繰り返し挑戦しましょう。 なお、導きの地や歴戦個体の登場は確認できていません。 剥ぎ取りやクエスト報酬では入手しにくい素材なので、部位破壊報酬で効率よく集めましょう。 護石 なし 発動スキル シリーズスキル 臨界ブラキには整備極意と龍脈覚醒を両立したスラアク装備がおすすめです。 装衣を装着した零距離主体で立ち回ることで、効率よくダメージを与えられます。 装衣は不動の装衣と転身の装衣に爆破やられ耐性を付けて、爆破やられを防ぎましょう。 減少速度は大して速くないものの、粘菌の上で戦い続けると事故に繋がりかねないので注意しましょう。 爆破やられ耐性は必須 臨界ブラキに挑む際は、爆破やられ耐性を必ず採用しておきましょう。 通常種よりも爆破やられに陥りやすく、爆発の威力も格段に向上しているので無対策では力尽きる可能性が非常に高いです。 水属性で活性化を防ぐ 臨界ブラキの粘菌活性化は、水属性の攻撃で防ぐことができます。 水属性の攻撃を行えない場合は、フィールド内に落ちている ミズタマリゴケで代用可能です。 臨界ブラキの攻撃パターン 攻撃名称 解説 旋回前脚攻撃 片方の前脚を振りかぶり、横方向に振り回して攻撃する 前脚叩き付け 片方の前脚を振り上げ、地面を殴ると同時に粘菌爆発を起こす 突進 前脚で交互に地面を殴り、 爆発を起こしながらハンターめがけて突進 頭突き突進 頭を地面に突き刺して突進し、 頭を振り上げて直線上に粘菌爆発を起こす 尻尾振り攻撃 尻尾を振り上げ、左右に振り回して攻撃する 尻尾叩きつけ攻撃 尻尾を地面に叩きつけ、同時に粘菌爆発を起こす 飛びかかり攻撃 前方に跳躍して地面を殴りつけ、粘菌爆発を起こす 広範囲爆発 前脚を大きく振り上げ、地面を殴ると共に 広範囲にかけて粘菌爆発を発生させる攻撃 粘菌部位を攻撃すると粘菌が落ちる 臨界ブラキは、粘菌が付いた部位を攻撃すると、その場に粘菌が滴り落ちます。 粘菌が落ちても攻撃を続けてしまうと、粘菌爆発に巻き込まれる可能性があるので粘菌が落ちたら位置を変えるようにしましょう。 広範囲に爆発を繰り返し発生させる 臨界ブラキが右脚を大きく振り上げて地面を殴ると、ブラキを中心として周囲に広がるように粘菌爆発が発生します。 ブラキから離れるほど回避のタイミングを取りやすいため、予兆が見えたらすかさず逃げるようにしましょう。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【MHWアイスボーン】砕破極臨の出し方と仕様

臨界ブラキ ジョジョブラキ

覚醒能力• 装填数【属性】III 「猛り爆ぜるブラキディオス」の攻略には、 ボウガンや 弓など遠距離から攻撃できる武器がおすすめです。 今回紹介する装備は覚醒武器の 氷速射ライト。 「氷属性攻撃強化」を「水属性攻撃強化」に変更すれば 水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」の運用も可能です。 序盤は水速射ライトを使い、最終エリアでは氷速射ライトを使うといった戦い方もありだと思います。 必要なスキルは以下の2つ。 爆破やられ耐性• 属性やられ耐性 爆破やられ状態でダメージを食らうと誘爆し大ダメージを受けてしまいます。 爆破やられ耐性は優先して装備しましょう。 砕破極臨:クエスト内容 クエスト内容• 猛り爆ぜるブラキディオスの狩猟• 受注・参加条件:MR24以上• 場所:導きの地• 制限時間:50分 無料大型タイトルアップデートで新しく「 特別任務:砕破極臨」が追加されます。 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』エンディング後、フィールドマスターに話しかけることで受注可能になります。 偵察任務「 戻らずの底」の調査を完了していないとクエストを受注することができないので注意しましょう。 猛り爆ぜるブラキディオスの初期エリアは 導きの地エリア2です。 エリア2から徐々に溶岩地帯へと追い詰めていくことになります。 猛り爆ぜるブラキディオスの特徴 モンスターの肉質 有効な属性は「 氷」、弱点部位は「 頭」、「 前脚」、「 尻尾」です。 状態異常攻撃、罠はどちらも有効。 通常個体よりも体格が一回り大きく、攻撃範囲も広いです。 粘菌が活性化している状態ではダメージ(属性)が通りにくくなります。 活性化を解除して弱点部位を攻撃、あるいは粘菌が付着していない尻尾部分を攻撃しながら立ち回ることになるでしょう。 粘菌の活性化 「猛り爆ぜるブラキディオス」の粘菌は活性化が激しく、攻撃後すぐに爆発します。 活性化の解除方法は以下の通り。 近接武器による攻撃• 水属性攻撃、ミズタマリゴケ• 可燃石などスリンガー弾による攻撃 ただし、 解除の際に活性化した粘菌が 地面に落下し爆発します。 ダウン中の追撃の際に被弾してしまうことがよくあるので注意しましょう。 最終エリアは脱出不可能 導きの地エリア15(溶岩地帯)まで追い詰めると、「猛り爆ぜるブラキディオス」は臨界状態になり、エリア移動が制限されます。 エリア15では、 モドリ玉や シビレ罠といった一部のアイテムが使用できなくなるので注意しましょう。 力尽きてエリアを離れた場合、エリア15南の通路から再びエリアへ入ることができます。 最終エリアでは、 継続ダメージのある粘菌を地面に付着させ、時間経過で爆破してきます。 咆哮が爆破の合図です。 咆哮時、プレイヤーは身動きできないことが多いので、なるべく粘菌が付着していない場所で戦いましょう。 耳栓スキルや回復の煙筒などがあると便利。 猛り爆ぜるブラキディオス感想まとめ 粘菌が常に地面に落ちているので、近接武器はかなり戦いにくいと感じました。 攻撃するチャンスが少なく、事故も多いです。 左フックや直線の粘菌爆破攻撃など、遠距離潰しの攻撃も多用してくるのでボウガンでも気は抜けません。 モンスターとの距離を調節しながら立ち回る必要があります。 ですが、一撃必殺や初見殺しのような技は使ってこないので、慎重に立ち回れば必ず討伐できると思います。 爆破やられ耐性を装備すれば、ガチガチにスキル固めなくても大丈夫。 「猛り爆ぜるブラキディオス」に苦戦している人は氷速射ライトを試してみてください。 水速射ライトのカスタマイズについてはこちら。

次の