マヤ 文明 2020。 (Lidar関連)マヤ文明最大最古! 階級社会がない時代の大規模構造物、Lidarにより発見!

(Lidar関連)マヤ文明最大最古! 階級社会がない時代の大規模構造物、Lidarにより発見!

マヤ 文明 2020

既に「外れた」とも言われているマヤ暦ですが…。 実は計算が間違っていて2020年の3月20日こそがマヤ暦の終わり、人類滅亡の日という説があります。 ちなみにマヤ歴の人類の終わりとは…。 オリオン座のベテルギウスの超新星大爆発によってオゾン層が破壊され、地球の生物が全て燃えるという恐ろしい予言です。 もうすぐ2020年3月20日になることから、Twitterでは「ベテルギウス」についてのツイートなども増えています。 マヤ歴終了の2020年3月20日まで、もってくれよ。 ベテルギウス。 — ぽんにゃん 16. 2評価中 ponnyan 元々、マヤ暦では2012年12月21日が終わりの日と予想されていたのですが、フランスの科学者が日付の計算が違うのではないかと再度日付の計算をしました。 その結果、なんと2020年3月20日が本当の人類、地球の滅亡の日という計算になったのだとか。 そうなると、2020年3月20日にベテルギウスが爆発してしまうのでしょうか。 実は2020年3月20日は「2020年に人類が滅亡する」というインドのスーリヤ寺院の予言まであります。 インド暦には2020年3月20日までしかなく、「破壊神カルキ」が時代を終わらせるとされているとか。 マヤ暦、インド暦共に2020年3月20日が「人類滅亡」「地球滅亡」の日となっているわけですが、本当に2020年3月20日に何かが起きるのですかね。 今現在、新型コロナウイルスが流行しつつありますが、何か関係があったら…怖いです。 スポンサーリンク 3月20日は100日後に死ぬワニの日! 「100日後に死ぬワニ」 — きくちゆうき yuukikikuchi 3月20日はtwitterを賑わせている「100日後に死ぬワニ」が100日後を迎える日でもあります。 これについては、「3月20日はたまたま?」「マヤ歴に合わせたの?」といった声も既にあり、作者が3月20日をワニくんの100日後にしたことについてTwitterでも複数の方の言及がされていました。 100日後に死ぬワニ…もしかして100日後にはワニくんだけでなくネズミくんたちも…のようなオチになってしまうのでしょうか。 マヤ歴やインド歴のままだと、ワニくんの世界でも超新星爆発が起きてしまうのですかね。 100日後に死ぬワニのワニくんはとても可愛くて、人気も出ているので、ワニくんがどうなるかも気になるところです。 2020年3月20日の人類滅亡説はネットでも話題に オカルトちょっと好きだからマヤ歴で2020年3月が人類滅亡説をちょっとワクワクしながら見てる。 元々2012年だったけど計算の仕方が間違っていて実は2020でしたっていうなんじゃそりゃな話だけど。 最近は南海トラフで地震が増えたらしいけどどうなんでしょう。 世界は次の段階に入るらしい。 — 鈴木一也 a. a 大司教 baelzebub 都市伝説だと2020年3月20日に人類滅亡説があるらしい。 マヤ暦とインド歴の終わりの日のようです。 100日後に死ぬワニの設定も同日。 — ピノピノピノコ 相互フォロー祭開催中! pinopinopino369 ワニが死ぬことより、マヤ歴とインド歴が同じ日に終わることの方が怖いわ、 — 千葉 kuroyanagi1122 3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!まとめ 【3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!】ということでまとめてみました。 マヤ歴のことは、とっくの昔に終わったと思っていたのですが、2020年3月20日だったという計算方法もあるのですね。 インド歴は2020年3月20日までしかないということで…本気で信じている方もいるとか。 2020年3月20日はもうすぐですが、予言はどうなるのでしょうか。 100日後に死ぬワニの、ワニくんの行方も気になりますね。 スポンサーリンク.

次の

マヤ文明の予言!これから世界で起こる恐ろしい予言6選

マヤ 文明 2020

遺跡や考古学と聞けばエジプトのピラミッドや葬祭殿、中国は始皇帝の兵馬俑、日本ならば全国各地に16万基を数える古墳あたりを思い浮かべるかもしれないが、今、一番アツいのは南米だ。 Lidarを使った上空からのスキャンによる大規模発見が相次ぎ、当ニュースでも何度か取り上げさせてもらっているマヤ文明が更なる新発見に沸き返り、世界の考古学ファンの胸をざわつかせているのだ。 今回の発見の舞台となったのはメキシコ・タバスコ州。 かの有名なタバスコソースの原材料・キダチトウガラシの原産地だ。 紀元前1200年頃には巨石人頭像で有名なオルメカ文明が栄え、メソアメリカ文明の源となったことでも知られている。 グアテマラと国境を接し、先日大量にマヤ時代の遺跡が発見されたグアテマラ・ペテン県と隣接した位置にある。 もともとこのタバスコ州はマヤやオルメカの遺跡で知られビヤエルモサのパレンケ遺跡が有名なだけでなく他にも多数の遺跡が点在しているのだが、今回の遺構はこれまで確認されていたものとは規模が違う。 その桁外れな巨大さは研究者たちにも驚天動地の発見だったようだ。 アグアダ・フェニックス遺跡で発見された巨大遺跡は、南北1,413m、東西399m、高さ15m、舗装された最長6. 3kmにも及ぶ9本の大通りと人口貯水池が確認されており、これまで発見されたマヤ文明史上最大規模だ。 更に発掘調査と放射性炭素年代測定を行なった結果、遺構が建造されたのは紀元前1,000〜 紀元前800年頃の先古典期中期。 つまり、定住生活や土器の使用を始めた頃に作られたものだということが判明したのだ。 これまでこの遺跡周辺には当時、小規模な村が点在するのみだったと考えられてきたが、この発見によりマヤ史は大きく重要な転換点を迎えるかもしれない。 発見の発端はアリゾナ大学の猪脵健教授とダニエラ・トリアダン氏が、メキシコ政府が集めた低解像度Lidarのデータに奇妙なズレがあるのに気が付いたことからだ。 巨大な構造物のように見えるそれを、さらに詳しく高解像度Lidarで調査すると、正しく、巨大プラットフォームのような構造物の姿がありありととらえられていたのだ。 発見された場所は密林ではなく割と拓けた平地で人も居住しているのだが、構造物が巨大すぎてそこに遺跡があることに誰も気が付けなかったらしい。 マヤ文明古典期に王の権力を示す為に建造された神殿ピラミッドのような高さのある遺構ではなく、平面的な基壇は周囲の風景に紛れ、その巨大さも相まって地上からでは大昔の遺構なのか、元々そういう地形なのかの判断がつかないのだ。 まさにLidar技術無くしては発見できなかった遺跡の一つと言えるだろう。 また、注目すべきは、この巨大な遺構が建造されたのはオルメカ文明が衰退した直後で、絶対的な権力を持つ者が存在しなかったこと。 この周辺に居住していた人類は小規模な集団で採集生活を営んでいたということだ。 つまり、この遺跡は採集生活から定住生活への転換期に、互いに大きな身分の差のない集団が共同作業によって建造したと可能性が非常に高いのだという。 大規模な建造物の建造には絶対的な君主や階級社会の存在が不可欠というのが定説だが、このアグアダ・フェニックスの以降の発掘は、その定説を覆すものになるかもしれない。 南米では、このアグアダ・フェニックス遺跡と同様に上空からのLidar技術で発見された遺跡がある。 アグアダ・フェニックス遺跡のあるメキシコ・タバスコ県と隣接するグアテマラのペテン県では密林の下にマヤの巨大都市と6万点もの建造物の存在が確認され、ベリーズでは同じくマヤの巨大農地ネットワークを発見。 また、ホンジュラスでは伝説の「白い都」(猿神の都)の実在が確認され、考古学者のみならず、考古学ファンたちの熱い注目を集めた。 ジャングルに覆われた遺構・遺跡の発見は困難を極めてきたが、Lidar技術の導入により近年、新発見が相次いでいる。 最早、考古学界では不可欠な技術と言えるだろう。 密林に覆われた遺跡や気付かずに人々がその上を行き来している遺構は、地球上にあとどれくらい残っているのだろうか。 次の発見が待ち遠しい限りだ。 blogimg. blogimg. blogimg. ibaraki. nature. nature.

次の

古代マヤ文明の都市の放棄 毒素や水銀で水源を汚染されたためか

マヤ 文明 2020

20日に滅亡しません。 本当に人類が滅亡するのは50億年後です。 今後の地球は以下のようになります。 1600年代のマウンダー極小期は、現在と比べて琵琶湖と屋久島で4度、江戸と京都で3度下がりました。 太陽活動による200年周期、1000年周期、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動による65年周期で気温は変動します。 過去100年で地磁気は10%減少しました。 あと500年位で78万年前に起きた地磁気逆転が生じる見込みです。 一時的に地磁気が大きく減りますから、宇宙線が増え、スベンスマルク効果による雲が日射を遮って、78万年前と同様に3度低下します。 1000年後には1000年おきに太陽活動が特に活発になることで現れる温暖期になります。 2000年前のローマ温暖期、1000年前の中世温暖期、現在の現代温暖期はそのような例です。 海面は120m下がります。 ミランコビッチ・サイクルは地球の公転の離心率、地軸の傾き、歳差の周期で決まります。 5万年続く間氷期になります。 気温は現在並みですが、ピーク時は6000年前のように現在よりも2度高くなります。 数百万年後、銀河の中心に対して公転する太陽系は銀河の腕を抜けて、超新星爆発による宇宙線が大幅に減りますから、スベンスマルク効果により雲が大幅に減って、氷河期が終わり、気温は7度上昇します。 南極とグリーンランドの氷床は全て融けて、寒帯がなくなり、海面は67m上昇します。 およそ1億年に一度の確率で、恐竜を絶滅させたような直径10km級の小天体が衝突します。 火山の火砕流のような数百度の熱風が地球全体に吹いて、地上のものを焼き尽くします。 その後、成層圏まで巻き上げられた膨大なエアロゾルが日射を妨げ、夏でも雪が降るほど、一時的に寒冷化します。 海に落ちると、高さ300mの超巨大津波が沿岸を襲います。 5億年ごとに公転する太陽系は銀河の腕に入り、超新星爆発による宇宙線が増えてスベンスマルク効果により雲が増え、氷河期となります。 20億年後に大マゼラン雲と、40億年後にアンドロメダ銀河と、わが天の川銀河とが衝突、合体し、ガス雲が圧縮されて、恒星が爆発的に誕生する、スターバーストが起こります。 大質量星は短い寿命を終えて次々に超新星爆発を起こし、地球に猛烈な量の宇宙線が降り注ぎ、スベンスマルク効果で雲が地球を覆い、地表はー50度となって、7億年前、23億年前のような全球凍結が起こります。 全球凍結は超新星爆発による宇宙線が少なくなると終わります。 50億年後、寿命が尽きかけた太陽は赤色巨星となって地球の公転軌道の近くまで膨張し、地上を焼き尽くします。 以前、地球は赤色巨星となった太陽に飲み込まれるとされていましたが、最近は太陽がガスを放出して質量が減るため、地球の公転軌道が大きくなり、太陽に吸収されないというのが定説になっています。 53億年後、太陽は恒星としての寿命を終えて白色矮星となり、日射はわずかになって、地球は極寒の世界になります。

次の