継続対プラウダ。 【ガルパン】雪国の強豪校!プラウダ高校の強さを徹底解析!【ガールズ&パンツァー】

カチューシャ(GuP) (かちゅーしゃ)とは【ピクシブ百科事典】

継続対プラウダ

プロフィール 所属校 プラウダ高校 学年 3年生 担当 隊長・戦車長 身長 127cm 出身 北海道網走市 現住所 プラウダ高校女子寮 家族 曽祖父・曾祖母・祖父・祖母・父・母 誕生日 1月31日 年齢 17歳 好きな食べ物 好きな教科 音楽 趣味 お昼寝 日課 ぶら下がり健康器 好きな花 好きな戦車 CV 概要 チーム隊長。 通称「小さな暴君」、またの名を「地吹雪のカチューシャ」。 劇場版での愛称は「カッちゃん」もしくは「」 とが即興で付けた。 容姿 彼女の容姿を語る上で外せないのが身長であり、127cmと女子高生とは思えないほど低い。 ちなみに 8歳女子の平均身長が128cmくらい。 ぶっちゃけの中でダントツの幼児体型キャラである。 『』での本人の弁によれば、小学3年生くらいから殆ど背が伸びていないらしい。 瞳の色は青。 がチャームポイント。 金色のショートボブで、両サイドが若干広がっている。 試合中は黒いヘルメットを着用する。 性格 前述のとおり身長は低いが、物言いはいつも上から目線であり、自分より背が高い相手に対してはに肩車してもらうことで上から目線を保つ(所謂「ナポレオン・コンプレックス」)。 一方で試合で負けると思わず泣きだす、子守歌が無いと寝られないなどと見た目通り子供っぽい面もある。 ドラマCD1でと練習試合を行った際はと口喧嘩をするが、最後は泣かされてしまっている。 同じくドラマCD3でがプラウダ高校に訪問した際、ノンナが麻子を肩車していた時は不機嫌になっていた。 前述のドラマCDではに、劇場版では西住まほに威圧されて大人しくなってしまうなど、不愛想な相手は苦手としている様子。 その横暴かつ子供っぽい性格から、チームメンバーからは「ちびっ子隊長」と陰口を叩かれることも。 しかし曲がりなりにも全国優勝の決め手となった実力は誰もが素直に認めており、絶大なカリスマによってチームを率いている。 人との別れ際の挨拶に 「~」と言うのが口癖だが、何で食べ物の名前なんか口にしているのか、ぶっちゃけ意味はよくわからない。 というのも、後述するが彼女自身はロシア語はあまり得意ではないとのこと。 ロシア語の勉強も苦手そうにしているが、それでも民謡のカチューシャを歌い切ることはできる。 交流関係 ノンナを忠実すぎる部下として従えているが、当のノンナには忠誠を誓いながらもおちょくられることが多い。 しかもなるものを付けられている。 と交流があり、特にと親しい。 本編 一年前には全国大会決勝戦でと戦い、率いるフラッグ車を撃破し優勝を決定付けたため今年の隊長に任命された。 そのため、のことは警戒しているがみほのことはさほど気にしていない。 との準決勝戦ではに搭乗し、味方の士気を上げる為にロシア歌謡 『』をノンナとロシア語で歌いながら進軍する。 大洗チームをのの戦いで軍が用いた包囲戦法(釣り野伏せ)で絶体絶命の状況に追い込む。 この時、で行われた「名誉ある降伏」を準ってに逃げ込んだ県立大洗女子学園チームに3時間の猶予を与えた上で「全員土下座で降伏」する事を勧告する。 ちなみに3時間の猶予を与えた理由は お腹が空いたから。 降伏しないと知るとわざと包囲網の隙を作り敵を誘っていたが、逆に包囲網の厚い所を強行突破され予期せぬ行動に隊員たちが一瞬対応を遅らせたため逃げられてしまう。 必死にフラッグ車を追撃するが、一歩及ばず味方のフラッグ車が先に撃破され敗北する。 試合終了後、みほの実力を認め、みほのことを「ミホーシャ」と呼んでいる。 決勝戦ではノンナとともにみほを激励しに行き、その後試合を観戦する。 優勝した大洗女子の表彰式の際は「 ロシア語で素晴らしいの意 」と叫んでいた。 「エンカイ・ウォー」では、大洗チームに祝電を贈る。 でをに入れるのを好まず、ジャムを舐めながらを飲む事に拘る(実際にロシアではこれが一般的な作法とされる。 ただしウクライナなどでは紅茶にジャムを入れても無作法にはならない)。 劇場版 エキシビジョンマッチ 『』では聖グロリアーナ女学院と組み、大洗チームとの混成チームを相手にエキシビションマッチを行う。 陽動、分断作戦に惑わされることなくフラッグ車を追い回す。 途中振り切られるも、釣り野伏せを仕掛け、海岸に追い詰める事に成功。 フラッグ車同士の一騎討ちに持ち込み逆転勝利を狙うみほの作戦を読んだダージリンからの要請を受け、自チームフラッグ車の盾になる形で割り込む。 撃破されるも、勝敗を分ける決定的な一瞬を作り出して見せた。 劇中でそれほどロシア語は堪能ではないことが発覚し、ロシア語でしか会話しないとそれをロシア語で対応するノンナを叱る。 だが実はクラーラは 日本語を流暢に話せる。 大洗女子の制服を着て援軍に現れた際、姿になっていた。 制服を用意したのはダージリンらしいのだが… ちなみにBDに収録されたミリタリーコメンタリーではこのサイズで発注した犯人はだろうと確信めいて推測されている。 また、一番乗りしていいところを見せようと画策していたのだが、寝坊してしまったため3番目に現れた。 ひまわり中隊の副隊長を務め、中央の高台を「203高地」と命名して陣地確保に進行する。 しかし、「203高地」が一体どういうものなのかよくわかっていない においてロシアが凄惨な戦いの末に敗北した戦場であり、ソ連をイメージしたプラウダにとっては非常に不吉な場所 様子で、に「負ける気か?」と心配された。 もしかして、名前を何となく知ってるだけのロシア関連ネタを適当に披露してカッコつけた気になっているだけなのでは……。 「203高地」を確保し、あさがお中隊を突破したの中隊を迎え撃とうとしたが、の砲撃を受けて陣形が崩れ、さらに敵が攻勢を始め包囲されたため撤退を余儀なくされる。 撤退の途中、最後尾にいたカチューシャは敵の猛烈な追撃を受け、危機にさらされてしまう。 すると、クラーラ、と、さらにはノンナまでもが彼女を逃がすべく反転し、敵の前に立ち塞がる。 カチューシャは仲間を見捨てることが出来ず立ち止まってしまうが、ノンナたちに後を託され、苦渋の末、単身での撤退を決断。 無事に逃げ切ることが出来たが、ノンナらは全員撃破されてしまった。 そのことで悲嘆に暮れていたが、ダージリンに励まされて元気を取り戻す。 遊園地跡地に後退後は南正門の守備に就いて敵からの攻撃を防いでいたが、目の前の部隊が少数の囮部隊と気付くと反撃に出て、1両を撃破する。 味方が野外音楽堂の包囲網に追い詰められた際には、救援に向かうものの見張りに付いていた敵にこれを阻まれる。 しかし、包囲されていた味方が敵陣をすることに成功。 その後はとと行動する。 ノンナたちへの負い目と意地からか単独で戦おうとするが、両チームから諭されて共闘する。 ウェスタンゾーンに進入し、セットの建物をレオポンさんチームに強引に突破させて敵の背後を突かせ、パーシング1両を撃破させる。 敵からの反撃は割り込んで防ぎつつ、自らも攻撃、1両撃破する この際レオポンさんチームとアリクイさんチームから「」とあだ名をつけられその度にムキになっていた。 終盤、撃破されたアリクイさんチームに代わって加わったと協力し(ついでにもいたのだが、残念ながらあっさりやられてしまった)、がと合流するのを阻止しようとする。 レオポンさんチームのスリップストリームを利用して突撃し、に体当たりして隙を作り撃破に貢献するも、に撃破される。 ほぼ同時にエリカの方もに倒されてしまうが、ここで三姉妹の一角を落としたことが、最後に残った西住姉妹に勝算を与えたのは間違いない。 …以上、自分の直属の部下達は試合の序盤で早々に失ってしまったものの、中盤以降はその場の流れでたまたま共闘態勢に入っただけの他所の学校のメンバー達の実力を巧みに引き出す、高い指揮能力を発揮しており、よーく見れば見る程、実はかなり活躍しているという、なんともな戦いを繰り広げていた(台詞だけ見ると同然だが)。 ノンナたちが捨て身で守り通した甲斐はあったと言える。 最終的に大洗チームが勝利しメンバーが沸く中、カチューシャは 何故かその場にいたエリカに肩車させていた。 最後の連携プレイの一件でエリカのことが気に入ったのだろうか? (よく見るとエリカの方も意外とような顔をしていたりする) 後日談 劇場版の後日談であるドラマCD5では、ノンナとクラーラにより「お風呂上りにこっそりぶら下がり健康器を使用していること」「牛乳を一気飲みしていること」「お昼寝の際子守唄がないと寝付けないこと」が発覚した。 この際、赤ん坊の頃の写真がクラーラの手に渡っていることが判明。 入手経路についてクラーラは 父親に情報部から手に入れて貰ったと話している……いくら有名校の戦車道隊長とはいえ、たかだか日本の一女子高生のプライベートな写真なんぞを何の目的でどうやって入手したんだ……。 ロシア語で話すノンナとクラーラに憤慨した彼女はニーナとアリーナを呼びつけ、「何を話したか言わないとこの二人を酷い目に合わせる」と脅迫 ? するが、全く通用しなかった。 次にニーナたちに「じゃあノンナ達を酷い目に合わせなさい」と命令するも「そんだら事できるわけない」「ノンナ副隊長に後から何をされるか」と全力で拒否される。 ニーナらに「隊長がやったほうがいいんでねーが?」と提案されるが、震え声で 「そんな怖いこと出来るわけないでしょ!」と即刻拒否する。 ノンナたちは「怒ると怖い人」という認識が、彼女にも一応あったようだ。 勿論「自分でできねーことをわだすらにやらせてほしくはねーじゃ」と猛抗議された。 最終章 『最終章』第1話では、卒業後にロシアへ留学する予定とのことで、クラーラからロシア語が分からないことを心配されていた。 一応、ノンナにロシア語を教わっているそうなのだが、すぐに寝てしまうらしい。 『』での活躍 彼女の教育を受けたニーナが、圧倒的物量に基づいたスチームローラー作戦を展開していた。 全国大会の時とは大きく様相が異なるが、本気のカチューシャの戦法は、むしろこちらであるとのこと。 「大鍋(カルドロン)」では、ニーナら「カチューシャ義勇軍」とは別にノンナ、クラーラを従えて覆面チーム「礼儀正しい少女たち」の隊長して参戦する。 正体を隠すために目出し帽を被っている(だが、バレバレ)。 『』での活躍 基本的には本編よりも幼稚な内面が強調されており、頻繁にノンナとクラーラにいじられたりしている。 また、よく間違ってノンナじゃない人(現時点ではエリカ、、)の肩に乗って肩車させてしまう。 『』での活躍 本作ではノンナとともに主人公を務める。 物語はプラウダ高校の新入生の時から始まり、当時からノンナを凌ぐ首席入学者であることが判明する。 だが、当然その見た目でガラの悪い新入生達に絡まれるが、体格が回る相手に一歩も引かない気概と知恵を駆使してボロボロになりながらも返り討ちにする実力を持っていた。 なお、物語冒頭で優勝した全国大会の場面が描かれているが、川に落ちた味方車輌を救出するために無防備になった黒森峰のフラッグ車を撃破したことで、その優勝の正当性に賛否両論が上がり、否定派から「汚れた王者」、「勝利の簒奪者」と罵られていた。 その他 「朝まで生戦車!」ではわがままを繰り返して進行を遅らせ、見かねたノンナに粛清(教育的指導)されてしまう。 再登場時はすっかり落ち込んでしまい優等生発言しかしなくなっていた。 因みにカチューシャ不在時には彼女の席に。 余談 基本的にノンナとセットで扱われることになっており、隊長たちの集合写真や抱き枕のイラストにおいても、必ずノンナとセットで登場するようになっている。 関連イラスト.

次の

継続高校 (けいぞくこうこう)とは【ピクシブ百科事典】

継続対プラウダ

黒森峰に次ぐ強豪校で、全国大会では決勝戦の常連です。 大洗女子学園が優勝する1年前は、プラウダ高校が優勝を果たしました。 所在地は青森県ですが、作品内の他の学校と同様、学園が大型船舶の上にあります(学園艦といいます)。 基本的に雪国を巡航しているため、雪上戦が得意です。 ロシアとの関係が深く、時折ウラジオストクに寄港するそうです。 プラウダ高校の戦力・ソ連の名戦車たち! 所有戦車 出典: プラウダ高校では、ロシア産の戦車のみを編成しています。 ロシア戦車は、広大な土地を走り回るための高い機動性と、大口径砲を搭載することで高い攻撃力を兼ね備えています。 その厚い装甲と76mm砲はドイツ軍に大きな衝撃を与えました(T-34ショック)。 砲塔内が広くなり、戦車長が砲手などを兼任する必要がなくなり、指揮に専念することができるようになりました。 KV-2・・・ソ連の誇る重戦車です。 152mm榴弾砲を搭載した大きな車体は、ドイツ軍に「ギガント」「街道上の怪物」と呼ばれました。 一発の威力は高いですが、装填速度に難があります。 その風貌と横暴な様から、「 小さな暴君」と呼ばれることもあります。 身長は127cmとかなり小柄。 高校3年生とは思えない見た目で、趣味はお昼寝、お腹が空いたら戦闘を中断するなど、子供っぽい様子が見て取れます。 しかし、他人より上から目線でないと気が済まず、いつも右腕のノンナに肩車されています。 劇中で言うところの昨年には、隊長としてプラウダ高校を優勝に導きました。 圧倒的なカリスマ性でプラウダ高校のメンバーを統制しています。 ですが、彼女の統率力があまりにも高いが故、他隊員は咄嗟の判断力が鈍く、そこが悩みの種だと言います。 ロシア語に堪能で、カチューシャにロシア語で子守唄を歌ったり、「ypaaaa! 」と叫んだり、かなりロシア色の強いキャラクターになっています。 身長がかなり高く、いつもカチューシャを肩車しています。 かなりカチューシャにべったりで、趣味も「 カチューシャの日記をつけること」と、過保護を通り越しているような気がします(笑)。 射撃能力が群を抜けて高く、作品随一と言えるかもしれません。 プラウダ高校の活躍 吹雪の中の激戦!大洗vsプラウダ 第63回全国戦車道高校生大会、準決勝にて、大洗女子学園と、昨年の優勝校・プラウダ高校の試合が行われました。 大雪の中、長時間にわたるこう着状態となり、厳しい戦いとなりました。 プラウダ高校の得意とする物量作戦により、大洗女子を包囲し、倉庫へと追いやりました。 カチューシャの食事タイム・・・ではなく、カチューシャ様のお情けにより、降伏するかどうか、3時間の猶予が与えられました。 3時間後、大洗女子は降伏はしませんでした。 これに対しプラウダは、包囲網にわざと隙をつくり、おびき出す作戦を立てましたが、包囲網の一番厚い部分を破られてしまいます。 ノンナはIS-2に乗り換え、敵フラッグ車を撃破しようと試みます。 2輌仕留め、フラッグ車に弾が命中するも、プラウダのフラッグ車が先に撃破されてしまい、紙一重で大洗女子の勝利となりました。 出典: TVアニメ第8話にて、試合開始直後、綺麗な隊列を組んで直進していました。 すると、「ypaaaa! この曲は、カチューシャという娘が恋人を思って歌う姿を書いた歌です。 当初は2番まででしたが、戦時中になると、その恋人が徴兵されるという設定で3番と4番も書き足されました。 独ソ戦が始まると、兵士たちの間で愛され歌われるようになりました。 赤軍の使用していたロケットが「カチューシャ」という名前なのも、この曲の影響であると言われています。 カラオケなどでも配信されているので、ロシア語を覚えて歌うと楽しいかもしれませんね。 youtube. プラウダ高校には今回紹介した以外にも、優れた選手や特徴があります。 惜しくも優勝を逃したプラウダ高校でしたが、これからも応援し続けましょう!.

次の

カチューシャ(GuP) (かちゅーしゃ)とは【ピクシブ百科事典】

継続対プラウダ

プラウダ高校(Praa s' ho)とは、にするである。 学校概要 と関係の深いであり、は軍のに近似する。 校章は地に鋏との組み合わせのを使用。 港は大であるが、利便性の観点からに港を停泊地としている。 開校以来の経緯から友好港としてウス港を持ち、しばしば寄港する。 歴史 プラウダ高校のは、とを経たころに遡る。 そもそもといえば、がウスの開発を始めて以降、側やの諸に船が寄港するようになったのが両の交流の始まりであり、には・ウス間に航路が開設され、はとの結びつきを深めていく。 その後、この航路から人の亡命を大々的に受け入れたことで、居住地を兼ねる形でその子向けに開校されたのがプラウダ高校である。 初期のプラウダ高校ではさほどは広まってはいなかったが、のちに拡大。 ウス経由での確保に加え、後半にはなどを導入して戦を強化し、ではに迫る全大会決勝戦の常連となっている。 校風 らしく、訥で面な性格のが多く、弁で会話していることも多い。 その一方で、開校の経緯から食文化方面を中心に文化のが色濃く、ビーツを使用した本場のが売り。 を徴するかのようないといのが名物となっている。 は色のシャツに深いの上着を組み合わせたもの。 で使用するは、これに加えのを着用する。 施設 上の校内には補習のある北向き木造校舎があり、この校舎で床の枚数を数える、あるいは日間の補習を受けさせられる「」はにとして恐れられている。 また、のために艦内でビーツを栽培している。 交通 は走っていない (副談)。 である (談)。 艦内の交通としてはが存在する。 一方で、の下部には「」が存在し、接時にを艦内まで乗り入れさせることができるが、では止され、使用されていない。 名が「」となっているのは、・ではに行き先の名をつけることが多いことに由来する(例を挙げると、における行きのは『レニングツ 』である)。 なお、副は 「はではありません」としてにはが存在しないとっているが、中の架線からを得て走行するであるは 軌法あるいは事業法に基づくれっきとしたであり、いかな軌上を走らないといえ的に認められた本物のである。 その運転には大許だけではなくが必要とされ、ではほとんど見られなくなったものの、の諸ではと並びいまでも現役で交通を担う存在である。 ウスにもは運行されているが、近年では大きく系統を減らしてしまった。 戦車道について 第回全大会時のプラウダ高校 と副 においては、プラウダ高校は全屈の強校の一つであり、実・保有数とも内最大級のを保有している。 特に中戦における活躍は覚ましい物があり、二重包囲と一旦後退し相手を引きずり込んで逆撃する戦法に長けている。 その総数は両を越え、物量にと両同士のができる一のでもある。 そのほか、B4、-13(共に移動用)、-8アサン(就寝用)などの補助も保有している。 整備面でも、極めて優秀な手腕を有する整備科の活躍により各とも万全の状態を維持。 他製の良質部品などを駆使した良も加えられ、質的には本ののを越するほどである。 これらのことから、内の友好校からを依頼されることもしくない。 搭乗員の面では、どの隊員も規に良く従い、に忠実である。 その反面、各独自での判断に難があり、単純な策の前に大敗を喫した経験もあるなど、プラウダ高校のはひとえにの戦術と隊員握にかかっているともいえるだろう。 現在の戦車道チーム 第回全大会終了後のにおいて、は三年生の 、副は同じく三年生の が務めている。 は前年の第回大会決勝戦において、当時9連覇中のにするにあたりを立案したことでに選ばれたが、重厚で堅実な揮を振るうなとして知られている。 また、副はの信頼厚い補佐役であり、同時に全でもの手である。 第回大会においては、一回戦でプル、二回戦で産を打ち破るも、準決勝においての奇策の前に惜しくも敗れた。 その後にも、との間に両対両で演じた試合を引き分けに持ち込み、さらにと組んだ内でのエキシビション・において、およびのと対戦している。 はをよく握し、各もの揮に応じて璧に動くなど隊員からの信頼も厚いが、先述したような、揮への忠実と並存する長たちの判断不足をいかにして善するか、という点がの近いの下の悩みとなっている。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目• の旧称のこと.

次の