アルテミス 計画 名前 の 由来。 【アルテミス計画】米、月面探査の参加国に協定要求

アルテミスは何語ですか??

アルテミス 計画 名前 の 由来

NASAは人類を再び月に向かわせる「アルテミス」と呼ばれるプログラムを進めています。 アルテミス計画では、将来の火星探査の足掛かりとするために、段階的にロケットを月に送り月面の調査を行う予定です。 積み込まれる13の機器のうちの一つには、「ルナ・フラッシュライト Lunar Flashlight 」と呼ばれる小型衛星があります。 ルナ・フラッシュライトは、宇宙飛行士の月での滞在を可能にするために、月の表面に存在する氷や水の成分を探し出します。 搭載されたレーザーは、水に容易に吸収される近赤外線を使っており、地表からの反射率によって水分の有無を特定することができます。 月の北極と南極にあるクレーターには、太陽の光が照らされていない部分 永久影 があり、そこには数十億年にわたって蓄積されてきた水の分子が存在していると考えられています。 月で水分を得られれば、宇宙飛行士の飲み水やロケットの燃料として使うことができます。 NASAのゴダード宇宙飛行センターのルナ・フラッシュライトの主任研究員バーバラ・コーエン氏は、「月面の寒くて暗いクレーターの中に氷があることはわかっているが、以前の測定結果は少し曖昧なものだった」と過去の研究に触れたうえで、「科学的にはそれで十分だが、実際に宇宙飛行士を派遣し水を飲もうとするならば、それが存在することを確認しなければならない」と話しています。 ルナ・フラッシュライトの観測範囲は月の表面部分のみであり、その下の地層にさらなる氷が存在しているかまでは判別することができません。 しかしこのミッションは、将来の月面探査にとって重要な情報を提供します。 コーエン氏は、「ルナ・フラッシュライトのデータと、他の月周回ミッションで得られたデータを比較することで、地表の氷の全体的な分布が把握できる」と述べ、またプロジェクトマネージャーであるジョン・ベイカー氏は、「ルナ・フラッシュライトのような低コストの技術実証ミッションは、私たちの知識のギャップを埋めるだけでなく、月での長期滞在に向けてより良い準備をするのにも役立つ」と話しています。

次の

その名は「アルテミス」

アルテミス 計画 名前 の 由来

スポンサーリンク アルテミス計画の命名由来はアポロから 出典:Wikipedia かつて50年前に人類初の有人月面探査が 「アポロ計画」と呼ばれていましたが、アポロという名前はギリシャ神話に出てくる太陽の神なのに何故、月に行くのに太陽の神である「アポロ」と名づけたのか・・・ アポロ計画を発表したのは当時の大統領であるJ・F・ケネディでした。 彼が大統領になる前に交際していたジャクリーヌ(後の妻)との雑談中、ケネディが大統領になったらロケットを打ち上げたいとの夢を打ち明けたとき、ジャクリーヌが太陽の車に乗って宇宙を駆け巡る「アポロ」と名づけてはと提案したためその名前を採用したのだとか。 月に行くのだから月の神である「アルテミス」を採用した方がマッチしていると思われるかもしれませんが、ケネディにしてみればロケットで宇宙を駆け巡ることが出来れば何でも言い訳で、それがたまたま月面探査であっただけというところでしょう。 今回の有人月面探査は史上初めて女性を月面に送ることもあるため、狩猟、荒野、月の女神で知られる「アルテミス」を採用したのでしょうね。 しかしギリシャ神話ではアルテミスはアポロと双子とされており、そういった意味では関連性は濃いのかも知れませんね。 しかも宇宙船として採用されているのが「オリオン」 出典:Wikipedia オリオンといえばギリシャ神話でアルテミスの恋人とされ、5年も前から試験飛行していたのもすでに採用を見込んでいたのかも知れません。 あわせて読みたい: スポンサーリンク アルテミス計画は火星探査へのファーストステップ 近年の月探査では、月の地下で水が確認されたり空洞が発見されるなど、新たな利用価値が高まっています。 また中国やインドも月面探査に乗り出しており、宇宙開発でトップを走るアメリカは宇宙の覇権を意識しているのかもしれません。 かつて50年前のアポロ計画も旧ソ連との軍拡競争の意味合いもあったことから、アルテミス計画は近年、軍事予算を急速に増やしてきた中国との対抗意識が大きいのではないでしょうか。 アルテミス計画はどのようなことを目指しているのか・・・ その大まかな内容を描いたイメージ動画があります。 英語が分からない方は自動翻訳を「日本語」にしてご覧ください。 出典:NASA 2022年~2024年 月面着陸のための拠点となる小型宇宙ステーション「ゲートウェイ」建設資材を輸送するため5回の打ち上げ 2024年 有人月面着陸(史上初の女性飛行士) ちなみに1~3回目まではNASAが実施、ゲートウェイ建設資材の輸送は民間企業がNASAの資金により行うとされています。 報道によればアルテミス計画に当初の計210億ドル(日本円で約2兆3千億円)に追加予算として16億ドルを要求しているようです。 43兆円の予算を組んでいることに比べて、アルテミス計画が2. 5兆円かけるのは多いのか少ないのか・・・ 新たな飛行システムを採用 アルテミス計画では大型打ち上げロケット、「スペース・ローンチ・システム(英語で Space Launch Systemの頭文字をとってSLSと呼ばれる)」を採用の予定といいます。 このシステムは小惑星やラグランジュ点、月やといった地球近傍の天体まで宇宙飛行士や機材を運ぶことを目的とし、国際宇宙ステーションも経由可能との事。 あわせて読みたい: 運用が終了したスペースシャトルの代替とされているようで、スペースシャトルの事故で多くの宇宙飛行士が犠牲になっただけでなく、再利用という考え方が危険性をはらむだけでなく、費用も莫大になったことなどの反省点を踏まえて再出発との意味合いが大きいといえます。 JAXAも有人月面探査を目指している 出典:JAXA 世界中で有人月面探査が進められている中で、有人宇宙飛行の経験の無い日本はどうするのか・・・ 実はJAXAが2030年に日本人による月面探査を目指す計画が進められているそうです。 先日月面探査専用車の開発でトヨタと提携したとの報道があったのでいずれは月面探査に挑戦するのはわかっていましたが、それが10年後を目標にしているとは驚きです。 日本が開発したロケットで人間を乗せたことがないのに月に送るのに10年で達成できるものなのか・・・ 今後の展開には目が離せません。 今回のアルテミス計画をきっかけにも高騰するかもしれませんね(笑).

次の

NASA、有人月面着陸計画「アルテミス」のスケジュール発表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

アルテミス 計画 名前 の 由来

2019年12月20日 19時00分 人類を再び月面に送る「アルテミス計画」の詳細をNASAがムービーで解説 NASA は2024年までに再び月面に人類を送る「 」を構想しています。 このアルテミス計画ではいかにして月面を目指すのかについて、NASAが公式YouTubeチャンネル上で解説しています。 NASAは1968年から1972年にかけて、9度にわたって有人宇宙飛行での月探査ミッションを実施しました。 これらのミッションの結果、アポロ計画では12人の男性を月面に送り出すことに成功しています。 そして、NASAは2019年5月になって新たな月探査ミッションの「アルテミス計画」を発表しました。 このミッションではただ月面に人を送るというだけでなく、月とその周囲に長期にわたり人間を滞在させられるようにすることで、火星の探査ミッションへの準備を行うための任務でもあるそうです。 つまり、アルテミス計画は火星で有人ミッションを行うための予行演習を月で行うようなものです。 アルテミス計画は、宇宙探査における最も重要な要素である「宇宙飛行士」を念頭に置き、設計・テストされた計画です。 宇宙飛行士を送り込むための宇宙船には が利用されています。 オリオンは3つのモジュールで構成されており、宇宙飛行士たちが乗り込むことになるのは「クルーモジュール」で、最大4人まで収容可能。 クルーモジュールの天面には別モジュールと接続するためのドッキングポート、底面には熱を遮断するためのヒートシールドが搭載されています。 クルーモジュールの下には「サービスモジュール」。 サービスモジュールは乗組員の生命維持装置および独自のエンジンと燃料を積み込んでいます。 そして、クルーモジュールの上部には「射出モジュール」が取り付けられており、これがクルーモジュールを安全に引っ張る役割を担います。 ところまで素早く安全に射出します。 なお、射出モジュールには3つの固体ロケットエンジンが搭載される予定です。 このほか、貨物倉 Cargo Hold ・ EUS …… Core Stage、さらに2つの固体補助ロケットブースターを合わせて…… 大型打ち上げロケットの SLS となります。 NASAはSLSについて「世界で最も強力なロケットになる」と説明。 このSLSは、さまざまな点でアポロ計画で使用されたロケット・ よりも優れているとのこと。 発射台に設置され、燃料も供給された状態のSLSの総重量は600万ポンド 約2700トン となります。 なお、そのうちの520万ポンド 約2360トン が燃料となり、各燃料の内訳は以下の通りです。 そんなSLSでは、最初に4つの エンジンと2つの固体補助ロケットブースターが点火。 エンジンに点火してから2分が経過すると、射出モジュールの燃料が尽き、SLSから切り離されます。 さらに点火から8分が経過すると、ロケットのCore Stage部分に積み込まれた燃料が消費し尽くされ、Core Stageも分離。 Core Stageが分離すると、EUSが短時間だけ点火され、オリオンが地球の周回軌道上に乗ります。 このタイミングで乗組員がオリオンを点検し、システムが宇宙を旅する準備ができているかどうかを確認して、ミッションコントロールからゴーサインが出たら、EUSのエンジンを再点火。 そして地球の周回軌道上からオリオンが離脱を図ります。 なお、周回軌道上からの離脱のタイミングによりオリオンの速度が変化するため、エンジン再点火のタイミングは非常に重要とのこと。 地球の周回軌道上から離れて数日が経過したのち、EUSエンジンの燃焼が終了。 ここで、EUSを分離。 月に近づくと、アルテミス計画とアポロ計画の根本的な違いがより明確になっていきます。 アポロ計画では宇宙船を「月面コマンドモジュール」もしくは「月面着陸機を輸送するため」に使用しました。 しかし、アルテミス計画では全く異なるアプローチが取られています。 なぜなら、月面ミッションに必要なあらゆるもの 月面ローバーや科学実験用の設備など は、既に商業パートナーおよび国際パートナーによって事前に月周辺に用意されているから。 そして、月面ミッションに用いられる設備の中には、月軌道上に建設予定の も含まれます。 月軌道プラットフォームゲートウェイでは堅牢な月着陸船を事前に準備しており、強力な通信を確立するためにも活用されるとのこと。 なお、月軌道プラットフォームゲートウェイはオープンスタンダードで設計されているため、新しいミッションやパートナーシップにより自由に拡張していくことが可能です。 また、月軌道プラットフォームゲートウェイは軌道を調整することも可能。 これはアポロ計画では実現不可能でした。 月軌道プラットフォームゲートウェイの軌道を調整することができる本当の目的は、同宇宙ステーションを月の に乗せるためです。 宇宙探査は商業的にも広がりを見せているため、ハロー軌道に月軌道プラットフォームゲートウェイを配置することができれば、月軌道プラットフォームゲートウェイは地球とその先に存在するあらゆるものとの「理想的なハブにすることができる」とNASAは語っています。 オリオンが月軌道プラットフォームゲートウェイの近くまでやってきたタイミングで、オリオンは月のハロー軌道に乗る必要があります。 そして月軌道プラットフォームゲートウェイとドッキング。 オリオンに乗ってきた宇宙飛行士たちは月着陸船に乗り込み、オリオンはそのまま月軌道プラットフォームゲートウェイで待機ということになります。 月着陸船はまずハロー軌道から月へと降下していきます。 月の低軌道まで移動したら、月着陸船は月面へと一気に降下。 これで月面についに到着。 月から地球へ戻る道程は以下の通り。 まずは月着陸船から月軌道プラットフォームゲートウェイへ。 宇宙飛行士は月軌道プラットフォームゲートウェイでオリオンに乗り込み、ハロー軌道から離れ、月の重力を用いて加速し地球を目指します。 地球まで間近となると、サービスモジュールからクルーモジュールが分離。 クルーモジュールは時速2万5000マイル 約時速4万km で地球の大気圏に突入。 空気の摩擦によりクルーモジュールは減速します。 この時、クルーモジュールの表面温度は5000度まで上昇すると予測されています。 時速300マイル 約時速480km まで減速したところでパラシュートが展開。 なお、パラシュートによりクルーモジュールは海面に着水するまでに時速20マイル 約時速32km まで減速します。 これで地球から月までの往復の行程は終了です。

次の