中学生 お小遣い。 【2020年版】中学生、高校生のお小遣いは平均月いくら?若年層のお小遣い調査!

中学生のお小遣いの額はいくら?相場に関する相談

中学生 お小遣い

しかし、比較的お金がある家庭にもかかわらずお小遣いがもらえない場合もありますよね。 親からお小遣いがもらえない中学生が、お金が欲しいと思った時、どうすればいいのか?解決するには自分で稼ぐしかありません。 自分でお金を稼ぐ方法を分かりやすく説明します。 中学生の頃、お小遣いがもらえなかった 僕も、お小遣いがもらえない小学生・中学生でした。 他の友だちは毎月1000~3000円をもらっていると言い、それで半年くらい待ってゲームを買ったりして楽しんでいるようでした。 そういう友達を見て僕は非常にイライラしていました。 いわゆる 嫉妬という感情ですね。 僕は毎月お小遣いがもらえないので、親と交渉しました。 僕の提案はこうです。 離婚したから家事が回っていない。 洗濯物も放置されることが多い。 こういう面倒な作業を代わりにやってあげるけど、作業1回つき100~200円のお小遣いを払って欲しい。 by 当時中学生の僕 家事をやるから、その代金を払って欲しいと交渉したんです。 僕はPlayStation3を手に入れるために、非常に賢く家事をこなし、そして仕事の数も交渉して増やしました。 例えば、最初は皿洗い・廊下の掃除・洗濯の3つしかなかったけれど、交渉を繰り返すうちに、風呂掃除・部屋の掃除・トイレ掃除・晩ごはんを作る・日用品の買い物・洗濯を干すなどが加わり、仕事の種類は10個くらいになっていました。 学校が終わったら毎日そういう作業を繰り返し、月に10000円を稼ぐようになりました。 お小遣いがもらえないなら、交渉して自分で稼げる仕組みを作ってもらえばいい。 ただ、これは長く続きませんでした。 親は祖母を家に呼んだ なんと・・困ったことに、親は 祖母を家に連れ戻したんです。 おそらく、僕が家事で月に1万以上を稼ぐので気になったのかもしれません。 祖母がやって来た結果、 僕のやる仕事はほとんど無くなってしまい、気づけばお小遣い表も意味がなくなっていました。 また僕は、 お小遣いがもらえない中学生になってしまった。 好きなモノを買うことは出来ないし、お小遣いが欲しいと交渉する材料もない。 絶望的でしたね。 想像してみたら分かると思いますが、月10000円もらっていたのに、それが突然もらえなくなったら相当にショックですよ。 元から貰えなかったら良かったと思いました。 本当に自分の力でお小遣い稼ぎをするしかない 悩んだ末、僕は 自分の力だけでお小遣い稼ぎをすることにしました。 親に頼っていては、親の気が変わった時にお小遣いがもらえなくなる。 これでは不安定です。 まるで会社に入って会社から給料をもらっていた社員がクビになって、給料がゼロになる社会人と似ています。 ということで、自力でお小遣いを稼ぎます。 当時、ボロいノートパソコンが僕にはあったので、そのノートパソコンからインターネットに行って、毎日学校から帰って来たらインターネットでの作業をやりました。 その結果、 毎月3000~5000円くらいならなんとか 稼げるようになった。 月1万円よりは少ないけれど、それでも自分の力だけで稼いだ金額としては上出来だと思います。 中学生がインターネットでどうやって稼ぐの? では、僕がいったいインターネットで何をして稼いでいたか? 当然気になるのはここですよね。 親がお小遣いをくれない人は、インターネットで稼ぐのが一番良い方法です。 僕がやっていたのは ポイントサイトという稼ぎ方。 ポイントサイトは 無料でお金を稼ぐことが出来るサイトのこと。 例えば、無料会員登録をすると100円がもらえます。 無料会員登録を10回やったら、1000円になりますよね。 僕は無料会員登録や、資料請求などを毎月30回以上繰り返して、1ヶ月で3000~5000円を稼いでいました。 ポイントサイトは中学生でも本当に簡単に稼ぎやすいです。 もし、パソコンとインターネットがあるなら、今からでもやってみてください。 親に頼らなくてもお小遣いが稼げる、ということが分かると思います。 ポイントサイトのやり方 ポイントサイトが初めての人にも分かるように、やり方をまとめていきます。 この作業を毎日やって、 1ヶ月3000~5000円の お小遣いを稼ぎました。 中学生のお小遣いとしては十分な金額だった。 そして、モッピーというサイトは今も本当に稼ぎやすいサイトです。 さっそくお小遣い稼ぎをやってみたい人は、モッピーから始めてください。 稼ぐ方法がたくさんあって、初心者でも使いやすいサイトだからです。 モッピーの無料会員登録のやり方は お小遣いがもらえない・・と悩む必要はなくなりました。 今は、インターネットで 小学生や中学生でも簡単に稼げる世の中になったんです。 「親がお小遣いをくれない、ケチすぎてうんざり。 」と文句を言うのもいいですが、親がくれないなら 自分でお小遣いを稼いでしまえば大丈夫。 こうして僕のサイトを見ているということは、パソコンとインターネットがある、ということですよね?だったらすぐにポイントサイトにとりかかることが出来るので、お小遣いを 稼ぎたいなら今すぐ行動するべきです。

次の

【小学生のお小遣いの平均は?】抑えたい10個の注意点から渡し方まで

中学生 お小遣い

中学生のお小遣い事情について 中学生の収入源で代表的なのはお小遣いです。 どのくらいの中学生がお小遣いをもらっていて、どのように使っているのでしょうか?中学生のお小遣いについて解説します。 お小遣いをもらっている中学生は半数 中学生のうち、定期的にお小遣いをもらっているのは58. 2%という調査結果が出ています(2015年度『子どものくらしとお金に関する調査』)。 また、別の調査では52. 4%の中学生が、お小遣いをもらっていると回答しています(テスティーラボ調べ)。 これらの調査結果から分かるのは、中学生の半数以上がお小遣いをもらっている、ということです。 お小遣いをもらう頻度はさまざまで、月1回の場合もあれば、週に1回の場合もあります。 お小遣いのルールは家庭ごとに違いますが、きちんと管理すれば、中学生でも自由に貯金や買い物ができるというわけです。 お小遣いの平均額 『子どものくらしとお金に関する調査』によると、中学生のお小遣いは平均で2536円です。 また、別のアンケートでも、回答した中学生の半数以上が、お小遣いの金額を1000~3000円未満と回答しています。 これらの調査結果から分かるように、中学生が自由に使えるお金は、1ヵ月に2000円前後というのが一般的です。 お小遣いからいくら貯金している? 中学生のお小遣いに関する2つの調査を見ると、お小遣いから貯金している中学生が一定数いることが分かります。 定期的に貯金している中学生は31. 2%です。 余裕があるときに貯金する43. 3%と合わせると、74. 5%の中学生がお小遣いを貯金しています。 貯金している理由はさまざまです。 代表的なのは『欲しいものができたときのため』『ライブに行きたいから』など、趣味や遊びで大きな買い物をするときのために貯金していることが分かります。 効率よく貯金をするには? 中学生でもコツさえ押さえれば、お小遣いからきちんと貯金できます。 ここでは、中学生にも無理なくできる貯金のコツを紹介します。 お小遣い管理に取り入れて、貯金しましょう。 毎月初めに一定額を先取り貯金 確実に貯金するためには、先取り貯金が原則です。 1カ月の終わりに余った分を貯金しようとすると、お金はなかなか貯まりません。 そこで、お小遣いをもらったら、すぐに決まった金額を貯金します。 例えば、2000円のお小遣いのうち、500円を貯金するとします。 貯金額を決めたら、お小遣いを使う前に、すぐ貯金箱や貯金用の口座にお金を入れてしまいましょう。 また、お年玉や入学祝いなど、臨時のお小遣いは全額貯金するのが目標です。 このルールをきちんと守れば、貯金額は確実に増えていきます。 節約して貯金額を増やす 中学生はアルバイトができないので、貯金額を増やすためには節約が大切です。 ここで紹介する節約方法を参考に、貯金額アップを目指しましょう。 お手伝いでお小遣い稼ぎ アルバイトでお小遣い稼ぎができない中学生は、家庭内のお手伝いでお小遣い稼ぎするのがおすすめです。 例えば『風呂掃除50円』『皿洗い30円』『洗濯物の取り込みと片付け70円』という具合に、金額を決めてお手伝いをします。 お手伝いは家族として当然の仕事です。 そのため、最初は反対されてしまうかもしれません。 そのときには、お金を貯めたい理由をきちんと伝えるようにしましょう。 納得してもらえれば、親も頭ごなしに反対することはないでしょう。 飲料やお菓子は家から持参 お菓子やジュースをお小遣いで買っていると、あっという間にお金はなくなってしまいます。 お小遣いを節約するなら、お菓子やジュースは家から持っていくようにしましょう。 100均に売っているおしゃれな容器に入れて持っていけば、見た目にもいいですし、余計なお金を使わずにすみます。 お小遣いアップの交渉も 効率的に貯金するためには、お小遣い額アップの交渉をするのもよいでしょう。 平均的なお小遣い額よりも低い場合おすすめです。 希望のお小遣い額にしてもらうためには、今のお小遣いでは足りないことをはっきり分かるようにしなければいけません。 お小遣い帳をつけ、何にいくら足りないのか、一目で分かるようにしてください。 また、テストの点数や順位を条件に、お小遣いアップの交渉をするのも1つの方法です。 おすすめの貯金アプリ 貯金アプリは、管理やモチベーションの維持に役立ちます。 デザインや機能など、使いやすいものを選んで貯金しましょう。 おすすめの貯金アプリを紹介します。 可愛いデザインが人気の貯まるメモ 『貯まるメモ』は、家計簿アプリです。 その中にある『ゆめ貯金』という機能を使えば、目標金額と期限を設定して貯金できます。 ライブに行きたい・ゲームを買いたいなど、はっきりした目標がある場合におすすめのアプリです。 また、可愛いキャラクターやアイコンも、アプリの魅力といえます。 簡単に使えるお金の貯まる 貯金箱アプリ 『貯金箱アプリ』は、貯金の記録ができるアプリです。 貯金箱にお金を入れるのと同時にアプリに記録しておけば、今いくら貯まっているかがすぐに分かります。 目標貯金額や目標までの金額も分かるので、管理がラクにできるのもポイントです。 ダルマやカエルなど縁起のよいキャラクターを背景画面に設定できるのも、魅力の1つです。 楽しく貯金を続ける手助けになるアプリといえます。 まとめ アルバイトのできない中学生でも、お小遣いを計画的に貯めれば貯金ができます。 まずは目標貯金額を決めて、毎月定期的に貯金する習慣を身につけましょう。 また、より多くの貯金をするために、お手伝いでお小遣い稼ぎをしたり、お菓子を家から持参したりするのもおすすめです。 節約すれば、それだけたくさんの貯金ができます。 貯金のコツを掴んで、効率よくお小遣いを貯めましょう。

次の

金額は?使い道は?イマドキ中高生の「お小遣い事情」

中学生 お小遣い

中学生のお小遣いの使い道 中学生のお小遣いの使い道を紹介します。 「昔からある使い道」「現代特有の使い道」など、さまざまなお小遣いの使い道があって面白いです。 本・教科書・参考書 義務教育といっても勉強は大切なので、教科書や参考書などの本代は必要不可欠です。 中学3年生になると高校受験もあるので、勉強と本への出費は多くなるでしょう。 また、読書が好きな人は小説や文学作品を買うでしょうし、今の時代は自己啓発本も人気なので、お小遣いを本に使う中学生は多いと思います。 ただし、中学生のお小遣いなんてすぐに底がつきるので、欲しい本をすべて買うのではなく、図書館を利用することも大切です。 関連記事: ゲーム・スマホ課金 お小遣いをPS4やニンテンドーDSなどのゲームに使う中学生は多いです。 私が中学生のときもそうでしたが、お年玉・誕生日の使い道はゲームソフトでした。 そして、今の時代は技術も進歩しているので、ゲームのリアリティ、臨場感、操作性、ストーリー性は過去とは比べものにならないでしょう。 中学生がお小遣いをゲームに使う気持ちはわかります。 また、スマホゲームにお金を使う中学生も多いです。 スマホゲームに課金して、アイテムを手に入れたり、ゲームを有利に進めたりできるのですが、誕生日プレゼントにスマホ課金をお願いする子どもがいるから驚きます。 いつでも手軽にゲームができて、スマホならではの面白さがあって、中学生がスマホゲームにハマるのも仕方がないかもしれません。 CD・DVD CDは売れなくなりましたが、ファンであれば購入するはずです。 今はYouTubeで音楽が聴ける時代ですが、好きなアーティストであればCD・DVDが欲しくなると思います。 AKB48のファンはCDを買うでしょうし、嵐のファンはDVDを買うでしょう。 中学生でもファンの気持ちは同じです。 漫画・雑誌 漫画への興味は今の中学生も変わらないと思います。 私が中学生のときは週刊少年ジャンプの漫画を中心に集めていました。 漫画を買えばいつでも読むことができるし、部屋に並べたときの満足感が幸せでした。 今の時代は書店にいかなくてもKindleで購読できるので、とても手軽に大量の漫画が読めます。 私も中学生のときに電子書籍が欲しかった。 買い食い 中学生のお金の使い道で意外と多いのが買い食いです。 特に多いのが学校帰りのコンビニだと思います。 授業や部活動が終わってお腹が減っているとき、コンビニのお菓子、フライドチキン、肉まんは最高の買い食いです。 夏はアイスクリーム、冬はおでん、季節ごとに買い食いの楽しみがあります。 コンビニは探せばどこにでもあるので、育ち盛りの中学生が買い食いの誘惑から逃れるのは難しいでしょう。 部活動 中学生から部活動が始まって、ユニフォーム、道具、遠征費などのお金はかかります。 スポーツによって金額の大きさはありますが、出費ゼロで部活動を続けることは難しいでしょう。 道具が古くなってきたら買い換えないといけないし、新しい道具が発売されたら欲しくなるものです。 また、全国レベルになってくると、公式試合や練習試合で遠出することが多くなるので、その分の遠征費がさらにかかります。 部活動のお金は親が負担することが多いですが、足りない分は中学生のお小遣いから出すしかありません。 関連記事: ファッション 中学生になると異性の目を気にするようになり、ファッションにお金を使い始めます。 オシャレな洋服が欲しくなりますし、男子であればワックス、女子であれば化粧品を使い始める時期だと思います。 そして、校外学習や修学旅行など、私服で友達と会うときの身だしなみにも気合いが入ります。 修学旅行に着ていく服を買いに行った経験は誰でもあるはずです。 思春期ですから友達や好きな人に少しでも良く思われたいですし、ファッションや化粧品にお小遣いを使うことは悪くありません。 関連記事: スキンケア 今の時代は男女ともにスキンケアを強く意識しています。 女子中学生が化粧水をつけるのは当たり前ですし、男子中学生がスキンケアをしてもおかしくありません。 中学生の時期から化粧水・乳液・保湿クリームを使って、美肌を手に入れたいと思う気持ちはわかります。 「お金がないけど美肌が欲しい」とコスパの高い化粧品を探している中学生は多いです。 関連記事: インスタグラム 「インスタ映え」という言葉がありますが、10~20代の女子にインスタグラムは大人気です。 もちろんですが中学生もインスタグラムにハマっています。 そして、インスタグラムにハマるとお小遣いを使ってしまうのです。 なぜかというと、フォロワーを集めて、いいねをもらうために、インスタ映えする場所や物をスマホで撮りに行くからです。 インスタ映えのためにオシャレなカフェに行ったり、オシャレなランチを食べに行ったり、オシャレな場所に行ったりと、インスタグラムに関係してお金を使っている中学生は多いです。 今の中学生にとってインスタグラムは立派なお金の使い道だと思います。 中学生はお金を使いすぎても問題ない 中学生のときはお金を使いすぎても問題ないと思います。 お金を貯める能力は大切ですが、それは社会人になってからであって、中学生のころはお金を使いたいだけ使えばいいです。 お金を使うことは勉強であり経験です。 お金の使い方を知らないで大人になるほうが怖いと思います。 中学生が使う金額なんてかわいいものですし、お金を使いすぎたからといって生活苦になることはないでしょう。 中学生がお金の使い方に失敗しても、社会人になってから挽回することは可能です。 お金を使いすぎて後悔するかもしれませんが、それも人生経験のひとつですし、そうやってお金の使い方を学んでいくのです。 また、あなたが中学生のときにしか経験できないことはたくさんあります。 中学生のときに経験したことが人生を大きく変えるかもしれませんし、いろいろな経験は人間としての深みにもつながるはず。 関連記事: 【失敗しない】中学生のお金の使い方 中学生のお金の使い方の注意点として、欲しいものを買う前には徹底的に調べることです。 その商品が本当に良いのか• 他の製品と比べてどうなのか 可能なかぎり調べてから、欲しいものを購入するようにしましょう。 中学生の間違ったお金の使い方は何も考えずに買うことです。 お金の使い方を間違うと、何も得るものはありませんし、貴重なお小遣いが減るだけです。 また、調べるクセをつけないと、間違ったお金の使い方をくり返すと思います。 中学生にかぎらずですが、お金を使って後悔した経験は誰にでもあるはず。 今の時代はネットで何でも調べることができるので、欲しいものを買う前にリサーチは絶対しましょう。 中学生のときにお金の使い道で悩みすぎるのはいけない お金を貯める必要はないと言われても、お金の使い道に悩んでしまう中学生はいるでしょう。 中学生ならお金の使い道に失敗しても問題はないのですが、お金がなくなる不安から貯金を優先する気持ちはわかります。 なぜなら、私も必死に貯金をした経験があるから(大学生から貯金を頑張って1000万円を貯めました) 関連記事: お金の使い道に悩んでいるのなら「ひとまずは貯める」という選択をしても間違いではないでしょう。 中学生という繊細な時期に後悔するとわかっていてお金を使う必要はありません。 お金の使い道でいちばん良くないのは悩みすぎることです。 お金の使い道に悩みすぎて、時間を無駄にしてしまうのは最悪です。 お金の使い道に悩んで過ごすより、貯金する決めて楽しく過ごすほうが有意義だと思います。 お金の使い道を悩むより、目の前のことに100%の力で取り組みましょう。 中学生はお金の使い方より遊びのほうが重要 「そんなことにお金を使って大丈夫?」というように、中学生をもつ親はわが子のお金づかいを心配すると思います。 しかし、中学生が「お金をどう使っているか」よりも「どんな友達と遊んでいる」に注目してください。 お金の使い道に善悪があるとすれば、ほとんどが周りの友達に影響を受けた結果です。 「類は友を呼ぶ」はそのとおりだと思います。 勤勉グループと仲良くなったら、勉強にお金を使うことが多くなるでしょう。 ゲーム好きの友達ができたらゲームへの出費が多くなり、漫画好きの友達ができたら漫画への出費が多くなると思います。 不良グループと仲良くなったら、遊びやゲームセンターにお金を使って、夜遅くまで家に帰ってこないかもしれません。 中学生はいろいろと影響を受けやすいものです。 中学生を子にもつ親はお金の使い方だけでなく、どんな友達遊びをしているかを見るべきでしょう。 素晴らしい友達と遊んでいるのなら、お金づかいが少々荒くても問題はないと思います。 関連記事: まとめ 中学生のときは勉強だと思って、好きなようにお金を使えばいいでしょう。 中学生のお小遣いは使いすぎても問題ありません。 お金の使い道を悩んでいる中学生は、後悔することを極度に嫌がっているのだと思います。 誰でもお金を使って後悔はしたくないです。 後悔はゼロにできないので、後悔をひとつの経験としてとらえて、前向きに生きていくほうが有意義です。 中学生のときに後悔するようなお金の使い方をしても死ぬわけではありません。 次からは後悔しないように、しっかりとしたお金の使い方を身につければいいのです。 関連記事:.

次の