ブライン 液 唐 揚げ。 鶏肉をぷるぷるにする魔法の水 ブライン液の黄金比!鶏もも肉・胸肉をもっと美味しく

鶏の唐揚げの作り方(レシピ)

ブライン 液 唐 揚げ

ブライン液とは!! えらそうな名前の「ブライン液」とは、ただの塩水だったりします。 塩分濃度 4~5%くらい。 海水の塩分濃度は3. 1~3. 8%なので、それよりちょっと濃い感じ。 浸透時間は4時間~一晩(大きさにもよる) スーパーブライン液を作る うちでは、水ではなく、日本酒:水を1:1の比率で割ったものに、塩を加えてブライン液を作ります。 こうすることで、塩分及びアルコールでの「制菌作用」も働き、冷蔵庫内、密封タッパで、数日間の生肉保存も可能になります。 それをタッパごと「チルド室」に入れておくと完全ですね。 -・-・-・-・-・-・-・ 今回は、この酒ブライン液に1.5日漬けちゃったやつを使用しています。 (ただし、3日以上保存してから唐揚げにすると、アルコール分が残っているので、お子様にはデンジャラスな唐揚げ、酒飲みお父様にはゴージャスな唐揚げになります。 ) ハーブ&チーズのチキンステーキ 1.ブラインした鶏肉は、さっと水洗いし、ペーパーでふき取り、アミ付きバットに取り出し、室温に戻しておきます。 2.油をひいたフライパン(中強火)で両面をあぶってから、皮目を下にします。 3.今回のハーブは、庭でとれた大葉を刻んだもの。 これを鶏肉の上に載せています。 4.フライパンに蓋をして、中~弱火でじっくり火を通していきます。 5.おおよそ火が通ったら、スライスチーズをのせて、上からバーナーであぶり焦げ目をつけました。 本日のお買い物は、鳥もも肉で決定ですね。 安いし、うまいし・・・・ 半分は、塩酒ブライン。 もう半分は、酒、しょうゆ、みりん。

次の

プロ技(テク):ブライン液でジューシーチキンステーキ!!

ブライン 液 唐 揚げ

【材料】1~2人分 ・鶏モモ肉(300g前後) ・片栗粉 ・揚げ油(サラダ油) 【下味A】 ・料理酒 大さじ1 ・鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ2分の1 ・しょうゆ 小さじ1 ・塩 小さじ4分の1 ・こしょう 少々 ・おろしにんにく 少々 ・おろししょうが 少々 【作り方】 1. 鶏肉の皮、脂肪、軟骨などを取り除き、表裏両面にフォークでぷすぷすと穴を開ける。 鶏肉を一口大に切る。 ボウルに鶏肉と下味Aを入れ、手で揉みこむ。 (15分ほど放置) 4. 汁気を切った鶏肉に片栗粉をつける。 乾いたフライパンにサラダ油を底から1cmほど入れて火をつける。 油が温まってきたら鶏肉を入れ、菜箸でころがしながら揚げ焼する。 全体が薄いキツネ色になったら、一度バットに上げて5分ほど放置する。 再びサラダ油を熱し、今度は高温で揚げる 9. 菜箸でころがし、全体がこんがり揚がったら完成!しっかり油を切ります。 そこで私は、以下のことに気をつけて作っています。 スポンサーリンク 唐揚げをフライパンでカリカリにする方法は? 唐揚げは、最初から強火で揚げると身が締まり固くなってしまいます。 また、外側はこんがり揚がっていても中まで火が通っていない、という事態になることも。 中はジューシーで柔らかく、外側がカリカリとした唐揚げを作るには、二度揚げがおすすめです。 一度目はやや低温で揚げ、バットの上でしばらく置きます。 この間に余熱で鶏肉の中まで火が通ります。 唐揚げをフライパンで作ると油がはねる? 唐揚げを揚げ焼きで作ると、油はねが心配という声を耳にします。 パチパチッと熱い油が飛んでくるのは怖いですよね。 揚げ物をしていて油がはねる原因となるのが、 水分です。 エビやイカの天ぷらを作るときに油はねがあるのも、水分を多く含んでいるためです。 水分が熱っせられて水蒸気に変わるとき、揚げ油をまとって破裂状態で膨張しパチパチと飛び跳ねます。 そこで唐揚げを作る際は、衣となる片栗粉をつける前にしっかりと水分を除いてからつけましょう! 残った下味の調味液は捨て、鶏肉にしっかりと片栗粉をつけると、油はねは少なくなります。 さらに高低差による油はねを防ぐため、熱した油に鶏肉を入れる際は皮目を下にしてゆっくりと入れるのもポイントです。 油の使用量が減ると経済的ですし、後始末も簡単に済ませることができます。

次の

【鶏の胸肉の唐揚げ】ブライン液で劇的に柔らかい!山賊焼き風レシピ

ブライン 液 唐 揚げ

スポンサーリンク 特損ヒーローズ001の 家事えもんの正体は若手芸人松橋周太呂さん。 家事に精通しそのテクニックが詰まった本は12万部を突破。 今回は主婦歴3年の本田朋子さんと一緒に新定番唐揚げを作っていきます。 ネギは縦切りにして1㎝幅に。 ブライン液と鶏肉と一緒に袋に入れ冷蔵庫で 15分以上寝かせます。 この黄金比のタレは鶏の照り焼きや豚のしょうが焼きなどにも応用可能。 溶き卵を入れる前に、余計な味付けタレは捨てます。 食べた感想もジューシーでサクサクの衣が最高とのこと。 なんとこの唐揚げ、 ブライン液のジューシーさとコーンフレークのサクサクを冷めてもキープできるんだとか。 お弁当にピッタリですね。 スタジオで作ってから3時間経った唐揚げを試食した石塚英彦さんからも「まいうー」をいただいていました(笑) コーンフレークのサクサク感はなんとなく想像できますね。 マシュマロに含まれるゼラチンが水分を閉じ込めるので、時間が経ってもしっとり感を保てます。 そしてマシュマロの甘さがちょうどいい味付けに。 片栗粉を入れると含まれるでんぷんがすき間をふさぎ、水分がとびにくくなります。 マシュマロと片栗粉を使うことで、時間が経ってもふんわりとした卵焼きを作ることができます。 そしてふりかけを使うことで、玉子焼きのバリエーション無限大に。 味もブレなさそうでいいですね。 追記:10月5日放送の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」でも「クリスピーフライドチキン」ということで、同じようにコーンフレークを衣にするレシピが紹介されていました。 衣は一緒なんですが、鶏肉の味付けが全然違っていたので参考までに材料だけ載せておきます。 家事えもんのレシピの方が簡単ですが、こちらだと大人っぽい味に仕上がりそうですね。 こちらのレシピにも挑戦してみたいと思います。

次の