お悔やみ ご冥福。 お悔やみを手紙で伝える際の正しい書き方・送り方

お悔やみの言葉・参列者の挨拶…最低限のルールとは

お悔やみ ご冥福

「ご冥福をお祈りします」とは 「ご冥福をお祈りします」とは、お通夜やお葬式の場で使われるお悔やみの言葉です。 お通夜やお葬式に参列すればよく耳にしますし、弔電や弔辞などのお悔やみの参考文にもよく使われている言葉です。 この言葉を使う際は、多くの人が「死後の世界でも幸せに暮らせますように」という気持ちを込めて使っていると考えられます。 しかし、「ご冥福」の「冥」に表されている言葉や、死後の世界への考え方によっては、言葉自体が相応しくない場面も多々あります。 では、冥とは死後のどのような世界を表しているのでしょうか。 次に、「冥」についてご紹介します。 「冥福」の意味 冥福の「冥」とは「冥途・冥土(めいど)」と言われる仏教における死後の世界のことで、「あの世」「黄泉(よみ)」とも呼ばれます。 昔話などで、「嘘をつくと閻魔大王に舌を抜かれる」といった表現を聞いたことがあるでしょう。 薄暗い闇の中で、死者が一人一人順に裁かれて行く場面は子供心には恐ろしく感じるものです。 冥途には「修羅道」「人間道」「天道」の三善道と、「地獄」「餓鬼」「畜生」の三悪道の行く場所があり、生前に善い行いをして入れば三善道へ、悪事を働いていれば三悪道へ送られるのです。 冥途を「悪事を働いていたかどうかを裁く場所」だと考えれば、お悔やみの言葉としてふさわしくないと感じる人もいるでしょう。 また、浄土真宗のように宗派によっては、「死後の裁きの世界」の存在のないものがあります。 お葬式が浄土真宗で行われている場合には、やはりお悔やみの言葉として不適切だと言えます。 特に、死後に冥途に送られると考える他の宗派と違って、人が亡くなると同時に阿弥陀様に救われる「往生即成仏」が基本の考え方となっています。 そのお葬式も、仏式の中ではめずらしく般若心経を読まないところが特徴的な宗派です。 故人が生前に唱えていた念仏によって既に救いを得られているため、死と同時に成仏し、冥途で閻魔大王に悪事を裁かれることはありません。 そのため、浄土真宗の教徒に「ご冥福をお祈りします」というお悔やみの言葉は不適切だということになります。 もし事前に故人が浄土真宗の教徒だと分かっている場合は、避けるようにしましょう。 「キリスト教式」や「神式」のお葬式でも同様に避けたほうが良い言葉です。 「冥途」という言葉がそもそも仏教用語であるために、どちらにも「冥途」という発想が無いのが一番の理由です。 そのため、お葬式は故人を家の守り神として迎え入れる儀式となり、冥界で悪事を裁かれるといった発想はなく、「ご冥福をお祈りします」という言葉が相応しくないということになります。 キリスト教式や神式のお葬式は分かりますが、仏式の場合、宗派まで把握するのは難しいものです。 故人の宗派が分からない場合は、「ご冥福をお祈りします」は避け、「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」などの言葉を使うほうが無難でしょう。 お通夜やお葬式に参列する行為は、故人の死を悼む気持ちと、遺族へのお悔やみの気持ちを表しています。 せっかくですから、少しでも遺族の気持ちに負担をかけない言葉を選びたいものです。 一般的なお悔やみの言葉は以下でご紹介していますので、参考にしてみて下さい。 「」 お葬式のマナー• その他のマナー• 参列者のマナー• 喪主・施主のマナー•

次の

お悔やみ状の書き方

お悔やみ ご冥福

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 今回は友達に送るお悔やみの言葉について考えてみます。 幼少の頃から共に遊んだ友達や学生時代に青春を謳歌した友達、現在も日常的に交流のある友達など、人生の折々でかかわりを持つ友達は、互いの人間性を彩り合う大切な存在です。 先輩・後輩や上司・部下といった関係とはまた違った心の許し方・腹の割り方のできる、頼もしい存在でもあります。 そんな友達の家庭や親族に起こった不幸ごとに際して、ぜひなんとかして慰めてあげたいと思うのは人間としてのきわめて自然な感情でしょう。 ただ、お弔いごとという特殊な場で送る言葉だけに、単なる日常的な親密さだけで済ませてしまうわけにもいかないように思われます。 そこで、 友達に送るお悔やみの言葉とはどのようなものか、具体的に見ていきましょう。 どんな言葉をかければいいの? 友達から訃報を電話で伝えられたらどうしたらよいでしょうか。 突然のことで、心の準備は全くできていない状況ですから、多くのことを語ることは無理でしょう。 短い言葉の中に友達への思いやりを込めるだけで精いっぱいかもしれません。 それで構いません。 うまく言葉が見つからない中にも、 友達の心痛を気遣う優しさだけは忘れないという気持ちで語ることが大切でしょう。 メールでの連絡の場合や直接顔を合わせた場合も電話の場合とほぼ同じような形で、心の整理がつきかねている文面で構わないでしょう。 心をこめることが一番大事です。 次に、お通夜や告別式の場で友達と直接顔を合わせてお悔やみの言葉を述べる場合は、友達同士であっても 正式な場での慣例的な言葉を用意しておいた方がよいでしょう。 下記の文例の項でも述べますが、「この度はご愁傷さまです」「突然の訃報で何とのお悔やみ申し上げたらよいかわかりません」や「どうか皆様にはお力落としのございませんように」など、誰もがお悔やみの場で使う決まり文句的な言葉を、心を込めて丁寧で控えめな口調で伝えることが大事です。 ここでも決して長いお悔やみの言葉は不要です。 短いながら心がこもった言葉であることが必須であることに留意しておいてください。 お悔やみの言葉を送る際の注意点 お通夜などのお悔やみの言葉を述べる場でまず基本的に守らなくてはいけないことは、 長話をしないということです。 友達の心の痛みを少しでも和らげてあげたい気持ちは大事ですが、遺族は礼儀を維持しつつ多くの参列者からの挨拶を受けなければいけない遺族の立場を考えるべきです。 さらに、故人が亡くなる直前の様子や亡くなった原因・理由をお悔やみの場で質問するのも、遺族の気持ちを考えると避けるべきです。 故人を悼む気持ちと遺族へのいたわり・思いやりを、短い言葉の中に込めることを忘れずにお悔やみの場に臨むようにしましょう。 そういったことを念頭に置きながら、 お悔やみの言葉を送る場合に使ってはいけないとされている禁忌の言葉を確認しておきましょう。 忌み言葉に気をつける まず、繰り返しを表現する言葉は 、不幸ごとが重なって起こることを連想させる不吉な言葉とされます。 具体的には、「重ねて」「重ね重ね」「重々」「再度」「また」「たびたび」「次々」「ますます」「いよいよ」「返す返す」などがあげられます。 同じように継続を表す言葉も忌み嫌われます。 たとえば「続いて」「引き続き」「追って」「これからも」「この先も」などです。 また、「生きる」「生存」「死ぬ」「死亡」「死去」など命に関する直接的な用語・表現も避けるべきです。 「御生前」「ご逝去」といった正式で慣用的な儀式用語に置き換える必要があります。 さらに、「切れる」「離れる」「浮かばれない」「とんでもない」「九」「苦」「四」など縁起が悪いとか不吉であると思われる可能性が高い言葉も避けてください。 あらかじめこれらの禁忌とされる言葉をお悔やみの言葉に入れないように練習しておくなどして、遺族の前でうっかり使わないよう十分な注意が必要です。 宗教用語に気をつける 宗教・宗派によるお悔やみ用語の違いにも注意しておくことをおすすめします。 基本的に仏教では、生前の行いによって天国へ行くか地獄へ行くかといった考え方があるため、故人が天国へ行って幸せになることを願う意味で、「ご冥福をお祈りいたします。 」という言い方が慣習的に使用されます。 ところが浄土真宗に限っては「冥福を祈る」ことは、「死後には必ず阿弥陀如来の導きで極楽浄土へ行くことができる」という教えに反し、信心の浅さを表す考えとして受け入れられません。 同じようにキリスト教や神式でも「冥福」という語は不適切とされています。 「成仏」「供養」という語も仏教の言葉ですので仏教以外では使用しない方がよいでしょう。 キリスト教では「安らかなお眠りにつかれますようお祈り申し上げます。 」、神式では「御霊(みたま)のご安寧(ご平安)をお祈り申し上げます」といった表現に変えたほうがよいでしょう。 敬称について 友人の家族が故人である場合の呼び方について見てみましょう。 基本的には、お父様、お母様と言っても失礼には当たらないと思われますが、正式な言い方も確認してできれば儀式性が必要な雰囲気の中ではそちらを使うようにしたほうがよいでしょう。 友人の両親の場合 基本はお父様・お母様ですが、 ご尊父(ごそんぷ)・ご母堂(ご母堂)という言い方もあります。 友人の祖父・祖母の場合 おじい様・おばあ様が基本的ですが 、ご祖父様(ごそふさま)・ご祖母様(ごそぼさま)という言い方もあります。 友人の子供の場合 ご令息様(ごれいそくさま)・ご子息様(ごしそくさま)や、ご令嬢様(ごれいじょうさま)・ご息女様(ごそくじょさま)・お嬢様という言い方があります。 友達に送るお悔やみの言葉の文例 友達にお悔やみを送る場面を想定しながら、場面ごとの文例を考えていきましょう。 基本的には、最初の訃報の連絡を受ける場合の想定で、文例を作成していきます。 直接会った時 友達から直接面と向かって口頭で家族の訃報を知らされたとします。 この際友達の口から、死因などの深刻な話を聞かされるかもしれません。 友達が話す範囲であればしっかりときいてあげるほうがよいでしょう。 自分から詳しく聞き出すことさえ避ければ問題ありません。 ただ、長話する状況ではないでしょうから、 適度なタイミングでお悔やみの言葉をかける必要があります。 しどろもどろでもどぎまぎしながらでも構いません。 友達の心の痛みに寄り添おうとしている思いをしっかり伝えることが大きな励ましになるのです。 文例をあげてみます。 文例:「この度はご愁傷様です。 ご遺族にはお力落としのございませんように」 例文 ただ、実際の場面では最初の「この度はご愁傷様です」の一言と深々とした礼だけで十分な場合も多いです。 電話の場合 友達から電話で家族の逝去の連絡を受けた場合も基本的には、上記の 直接顔を合わせて知らされた場合と同じような状況だと考えてよいでしょう。 こちらから、死因など深刻な内容の質問は避けるべきですが、友達のほうからいろいろと故人の最期の様子などを伝えてくるときはできるだけ聞いてあげたほうがよいでしょう。 そうした上で、と友達を思いやる気持ちを前面に出す言葉をかけてあげましょう。 文例:「ご愁傷様。 突然のことで何と言っていいかわからないんだけど、もし僕に(私に)できることがあったら言ってね。 文例:「この度は本当にご愁傷様。 何と言って励ましたらいいかわからないけど、どうか気を強く持ってね。 できたらご家族の皆さんもお力落としのないように伝えて。 」 メールやLineの場合 メールやLineだと口頭ではなく文字による表現になりますが、場合によっては口頭と同じ形ということもあるでしょう。 また、場合によっては儀式的なお悔やみの言葉ほど固い言い回しは必要ではありませんが、口頭でのお悔やみや日常的なやり取りよりは整った形の文面にする事もあるでしょう。 基本的には口頭でのお悔やみに沿って文章を作成することになります。 文例:「突然の訃報で驚いたよ。 ご愁傷様です。 心からご冥福を祈ってるよ。 どうか気を強く持ってね。 家族の皆さんもね。 何か僕に(私に)できることがあったら遠慮なく言ってね。 文例:「突然の訃報に驚いています。 どんな言葉を送ったらよいのかもわからない状態で申しわけありません。 ご家族の皆さまもお力落としのないように。 友人関係の連絡など僕に(私に)できることがあれば遠慮なく言ってください。 」 手紙の場合 遠方にいる級友から手紙による訃報が届いた場合は、すでに通夜・告別式などは終わっていることになります。 友達の心の中の悲しみを思いやりつつ、遠方ゆえ駆けつけて手伝いや励ましをすることができないことの謝罪や、遠方からではあるが故人の冥福と友達の健勝を願っている旨の手紙を送りましょう。 形としては、メールでのお悔やみに近い文面でも構いませんが、相手の家族も手紙を見ることを考慮に入れて、 より正式で儀式的な言葉遣いを意識した方がよい場合もありえます。 ご冥福を心から祈っています。 直接声をかけて励ましたり、雑用を手伝ったりといったことができず、申し訳ありません。 できるだけ早く元気な日常を取り戻されることを願っています。 なお、心ばかりですが、香典を送りましたので、ご仏壇に供えてください。 お悔やみを申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 遠方在住の身としては直接のご挨拶やお手伝いをすることがかないませず、申し訳ございません。 どうか皆様にはお体に気を付けられてご健勝に過ごされますよう心よりお祈り申し上げます。 なお、はなはだ些少(さしょう)ではございますが、ご香料を送らせていただきましたので、ご仏壇に供え頂ければ有難く存じます。 」 友達に英語でお悔やみの言葉を送るには?• I don't konw what to say. 何と言っていいかわかりません。 I will miss him her. 逝去を悼みます。 I'm really sorry for your loss. ご逝去(心より)を悼みます。 I(My thoughts) will be with you. 私(の思い)はあなたとともにあります。 Please let me express my deepest sympathy. (深く)哀悼の意を表します。 express=表現する、 sympathy=同情、憐み=哀悼• May he she rest in comfort and peace. 安らかにお眠りください。 ~になりますように。 comfort=慰安 peace=平安・平和 お悔やみの言葉で「残念」は使いにくい? お悔やみとしての「残念」という言葉について取り上げてみます。 「残念」はお悔やみの言葉で使ってもいい? 一般的には、お悔やみの場での「残念」という言葉はそれほど違和感なく、 きわめて普通に使用されることが多いと思われます。 ただ、場合によっては、気付かないうちに「残念」という言葉が遺族の気持ちを逆なでするような不快感を与えてしまう場合もあるようです。 なぜ「残念」に違和感があるの? もし、故人が若い年齢で亡くなられて、まだやり残したことが多いという場合は、もしかしたら「残念」という言葉に違和感はないかもしれません。 しかし、たとえば長い間病気と闘ってきた故人の場合は、遺族がそのつらく苦しい期間のことを振り返っているかもしれません。 そして、故人へのねぎらいと感謝の気持ちでお別れの日を迎えているかもしれません。 あるいは人生でやり残したことがないと言えるほど努力と成果を積み重ねてきた故人に対して、遺族が逝去を「誇り高き大往生」と見ていることもあります。 そのような場合「残念」という言葉は、 それだけでは片づけてほしくない遺族の気持ちを踏みにじることもありうるのです。 そのような場合、あえて「残念」という言葉を使うとしたら、下記のように個人的な気持ちに限定するなどの心遣いが必要です。 お悔やみの言葉とは故人の逝去を悼み、遺族へのいたわりやねぎらいの気持ちを述べるものである。 お悔やみの言葉では、不幸ごとの連鎖や不吉を表すような言葉、さらには宗教・宗派による禁忌にも注意が必要である。 口頭か、メールやlineか、手紙か、さらには英文かなど、状況に応じたお悔やみを送ることが大切である。 「残念」という言葉はお悔やみの場では、マナー違反ではなく使える場面もあるが、遺族の気持ちにそぐわない場合も考えられるので注意が必要である。 以上のようなことを中心に、友達へ送るお悔やみの言葉について述べてきました。 皆様の人生の中で遭遇する可能性無きにしもあらずの一場面で、何らかの参考にしていただけるようであればありがたいです。 最期までご覧いただいて誠にありがとうございました。 なお、ここ「終活ねっと」では以下のページで、お通夜での参列者・喪主側それぞれのあいさつややり取りについてわかりやすく説明しておりますので、ぜひそちらの方もご覧になってください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お悔やみ申し上げますとご冥福をお祈り致しますの注意点

お悔やみ ご冥福

「お悔やみの言葉」をメールで伝える時のマナー 近年は日常的なやりとりをメールやSNSで行うことが一般的となり、訃報の連絡がメールで入ったり、ラインなどを通じて知人の訃報を知ったりすることが増えています。 そのような時、メールなどでお悔やみの言葉を伝えてよいのかや、マナーなどを迷う人もいるでしょう。 日常的にメールなどでやり取りをしている間柄であれば、お悔やみの言葉も普段使っているメールやメッセージツールで送ることは問題ないといえます。 逆に躊躇して何もしないより、メッセージを送った方が、相手に追悼の気持ちやねぎらいの素直な気持ちを伝えることができます。 さらにメールは相手の都合のよい時に確認してもらえるため、電話よりも相手に負担をかけないメリットもあります。 ただし、マナーにのっとってメッセージを送るように気をつける必要があります。 お悔やみの言葉をメールで伝えるときのマナーを説明します。 ラインなどで伝える場合も参考にしてください。 お悔やみの言葉は「短く簡潔に」 お悔やみの言葉を伝える時は、哀悼の意を伝える言葉や相手を気遣う言葉を、短く簡潔に伝えるようにします。 メールで伝える時も直接伝える時も同様です。 お悔やみの言葉の表現は「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます。 」が一般的な表現です。 この言葉は会社の上司や友人や親戚など、どのような相手に対しても使うことができます。 親しい友人であっても、お悔やみの言葉を伝える時は改まった言い方で伝えましょう。 「忌み言葉」を使わない お悔やみの言葉を伝える時は、死や苦しみなど生死にかかわる言葉・不吉な言葉や、重ねる言葉・繰り返す言葉など、忌み言葉を使わないように気をつけます。 <忌み言葉の例>• 重ね言葉・繰り返す言葉:再び、重ね重ね、ますます、追って• 生死にかかわる言葉:死、死去、急死• 不吉な言葉:苦しみ、浮かばれない、消える 相手に負担をかけないことを心がける 不幸があったばかりの相手には、負担をかけない配慮が必要です。 亡くなった理由を聞いたり、詮索したりする内容はマナー違反です。 メールなどでは返事を求めるような文面や、自分の気持ちを一方的に伝えるような文面は避けるようにします。 返信の負担をかけたくない時は「返信不要」の旨を伝える言葉を添えるようにします。 「お悔やみメール」の文例 お悔やみメールの文例を状況別に紹介します。 メール以外のメッセージツールの場合も参考にしてください。 メールの件名は内容がすぐにわかるよう「お悔やみ申し上げます」なとどします。 一般的な文例 このたびは〇〇様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 心よりご冥福をお祈りいたします。 〇〇様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 突然のことでご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいますよう。 ご冥福をお祈り申し上げます。 ご主人様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご壮健と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 この度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 ご冥福をお祈りいたします。 奥様のご逝去を知り、驚いております。 あまりに思いもかけないことで、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんように。 心よりお悔やみ申し上げます。 取引先担当者への文例 このたびはお身内にご不幸があったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 心身ともに大変な時だと存じますがどうぞご無理をなさいませんように。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 上司への文例 ただ今、〇〇様のご逝去の悲報に接し、驚いております。 心からお悔やみ申し上げます。 お気持ちはいかばかりかと、お慰めの言葉もありません。 ご実家が遠方とのことでご弔問に伺えず、心苦しく存じております。 〇〇様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 なお、ご返信は不要でございます。 やむを得ない事情によりまして、お通夜とご葬儀に駆けつけることができず、大変申し訳なく思っております。 お悲しみの深さを思うと、お慰めの言葉もございませんが、どうかお力を落とされませんよう、願っております。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 友人への文例 このたびはお父様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 無理をされていないか心配しています。 私にできることがあればいつでも連絡してくださいね。 ご冥福をお祈りいたします。 お母様のご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 なお、返信は不要です。 突然の訃報に接し、驚きと悲しみでいっぱいです。 すぐにでも最後のお別れに駆けつけなければならないのですが、参列できず残念です。 心よりご冥福をお祈りいたします。 何かできることがあればすぐに連絡してください。 悲しみいかばかりかと察しています。 お父様の在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 訃報の連絡をメールで受けた時の「返信メール」の文例 訃報の連絡をメールで受け取った場合の、返信メールの文例を紹介します。 上司からの連絡に返信する例文 ご悲報を知り、大変驚いております。 大変な時にご連絡くださりありがとうございます。 仕事についてはどうかお気になさらず、落ち着かれましたらご連絡くださいませ。 心よりご冥福をお祈りいたします。 このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 何かお手伝いできることがあればご遠慮なくお申し付けください。 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 友人からの連絡に返信する例文 大変な時に連絡してくれてありがとう。 このたびは突然のことで驚いています。 心よりお悔やみを申し上げます。 無理をしないようにと心配しています。 何かお手伝いできることがあれば、遠慮なく連絡してくださいね。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 まとめ 普段気軽に使っているメッセージツールで、生死に関わることに触れるのは気が引けるという人もいるでしょう。 そのような時は、マナーにのっとって、改まった気持ちでお悔やみの言葉を伝えれば、失礼にはなりません。 ただし、メールやラインでお悔やみを伝えた場合でも、次に会った時にお悔やみの言葉を伝えることを忘れないようにしましょう。

次の