プレイディア。 プレイディア

プレイディア (ぷれいでぃあ)とは【ピクシブ百科事典】

プレイディア

ひと昔前のプレイディアが高額で売れることも? プレイディアは、1994年にバンダイから発売された家庭用ゲーム機である。 ソフトの規格はCD-ROMとなっており、当時は 画期的なゲームとして人気を集めていた。 ゲームだけでなく、通常の音楽CDの再生も可能。 さらにコントローラーは電池による赤外線接続だった。 こうした 先進的なメカニズムを搭載している反面、操作性が良好とは言いがたかったので、アクションゲームのようなスムーズな操作性を要求されるゲームは発表されなかったようだ。 1万円以上で取引されているものもある 最近では、プレイディアが中古市場で1万円ほどで取引されており、未使用品ほど高額査定が期待できる。 中古品だとしても 付属品が揃っていると買い手がつきやすいため、状態の良いプレイディアは高値で買い取ってもらえるのではないだろうか。 しかし、売却するとなるとプレイディアの 価値を見出してくれる業者に依頼する必要がある。 今回は、プレイディアの 買取価格を6社間で徹底的に比較してみたので、 高額売却の実現に向けて是非とも参考にしてみて欲しい。 尚、本コラムに記載する価格は2016年6月6日現在のものであり、変動する可能性があるので十分注意しよう。 プレイディア Playdia では早速プレイディアの本体の買取価格を見てみよう。 駿河屋:6,300円 レトロゲーム買取の専門店、レトロゲーム買取. com。 やや控えめな買取価格となっている。 本日の買取価格はこちら! 買取業者6社による比較結果 今回は、プレイディアの買取価格を6社で比較してみた。 下記に考察をまとめているので、是非チェックしてみて欲しい。 マニアック商品に強いのは「駿河屋」 今回、最高買取価格を提示してくれたのは 駿河屋だった。 同社は、ゲーム、CD、DVD、古本トレカ、フィギュア等の趣味嗜好品を中心に、様々な商材を取り扱う総合買取業者だ。 店頭買取と宅配買取を選ぶことができ、ユーザーの都合に併せて選択することができる。 さまざまなレトロゲームを買い取っているので、安心してプレイディアを売却することができるのではないだろうか。 プレイディアの高額買取を実現するために 発売されてから 20年以上経つプレイディアは、中古市場では意外と高値で取引きされているようだ。 では最後に少しでも 高額でプレイディアを売却する方法を紹介しよう。 買取業者は最低でも3〜4社ほど比較するべき プレイディアは 1,000円〜6,300円ほどで買い取られているようだ。 この買取価格からも分かるように、業者によってかなり 査定額に差が生じる。 そのため高額査定を目指すのであれば複数社比較する必要があるだろう。 業者ごとの査定額を比較しないと、最も高い相場で買い取ってもらうことができないのだ。 なので業者を選ぶときは 最低でも3〜4社ほど比較して、好条件を提示してくれるところに依頼することをオススメする。 付属品はなるべく揃えておく プレイディアは専門性も高く、ユーザーによっては喉から手が出るほど欲しいという人もいるだろう。 こうした希少性の高い商品の売却を行う際は、他の商材に比べて、 外箱などの状態に関して厳しく判断されるケースがある。 特に、 外箱が不足しているとかなり査定額を差し引かれることもあるため注意しておこう。 レアであればあるほど付属品に価値がでるため、なるべく完備させた状態で売ることを覚えておこう。 まとめ プレイディアは20年ほど前、小学生を中心に人気を集めたゲーム機器だ。 最近では見かける機会も減ってきたため、存在すら忘れている人も多かったのではないだろうか。 プレイディアは本コラムで紹介したとおり、 買取業者によってはかなり高額で買い取っている。 また付属品が完備していると、より高額査定が期待できるだろう。 もしも自宅に昔買ったプレイディアが眠っているなら、気軽に 査定へ出してみてはいかがだろうか。 意外と高値で買い取ってもらえるかもしれない。

次の

プレイディア (ぷれいでぃあ)とは【ピクシブ百科事典】

プレイディア

概要 プレイディアとは、が発売した家庭用ゲーム機である。 1994年9月発売。 当時の定価は24800円。 特徴 おもに低年齢層をターゲットとしたゲーム機。 青色とエメラルドグリーンのツートンカラー、赤外線を使った無線方式のコントローラが特徴。 ソフトウェアはCD-ROMで供給された。 発売されたゲームは子ども向けの教育ソフトや特撮、アニメを題材としたものが大半である。 その他• やとおなじ第5世代ゲーム機分類されているが、ハードウェアは 8ビットである。 また、バンダイはプレイディアを厳密にはゲーム機と定義していない CDプレーヤーという扱い。 旭化成が独自開発したビデオプロセッサを搭載しており、8ビット機ながらアニメなどのムービーの画質はPSやセガサターンなどの32ビット機をも凌駕していた。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

プレディアゴルフのゴルフ場予約カレンダー【GDO】

プレイディア

概要 [ ] CD-ROMドライブを装備し、ソフトウェアはCD-ROMで供給された。 音楽CDの再生も可能で、再生中の画面はで再生状態やトラックナンバーなどは表示されない。 は赤外線によるワイヤレス方式で単5電池2本を使用する。 使用しない際には本体にはめ込んで格納することが可能。 ターゲットとなる年齢層はをメインとして設定されており、当時の家庭用ゲームとしてはハード・ソフト共に安価であった。 は発売当時はので、本機そのもののには必ず出演しているどころか、プレイディア用の非売品ソフトにまで出演している。 それが縁となり、祐実の子役時代の代表作ののである『』は、ソフトが展開されている最中に放送されたため、バンダイがではなかったのにも関わらず、本機でゲーム化されている。 のパッケージには、「QIS」というロゴと、「このソフトはQIS規格専用ソフトです」とある。 QISとは、「 Quick Interactive System」の略であり、CD-ROMへの高速アクセス機能を指す。 現在、バンダイの公式サイトにはプレイディアの情報はなく社史にも記載がない。 情報はアンケート結果にソフトが言及されているのみである。 からに稼働したの『 みちゃ王』は、内部にプレイディア本体そのものを改造したうえでそのまま搭載している ため、みちゃ王用のディスクは、ながらそのまま家庭用のプレイディア本体で利用することが可能となっている。 なお、競合他社製品が軒並み32ビットや64ビットCPUを搭載したため、本機は 5世代目ゲーム機としては唯一の8ビットである。 構成 [ ] プレイディアの基板• LC89515 - CD-ROM ホスト インターフェース• TA2035F - CD フォーカス、トラッキングサーバー• 東芝 TC9263F - CDシングルチッププロセッサー• BA6398FP - 4チャンネルBTLドライバー CDプレイヤーモーター用• 東芝 TMP87C800F - 8 Bit マイクロコントローラ(8K ROM, 16K RAM) - 8 MHzで作動64K(TLCS-870シリーズは大部分をに基づいている)にアクセス可能• DA8772AH - トリプル 8Bit DAC• ローム BA10324AF - クアッド Opアンプ• 三洋 LC78835K - 18BIT フィルタ付DAC• ローム BU3052BCF - デュアル 4 チャンネルアナログマルチプレクサ プレイディアのソフト一覧 [ ].

次の