ベルジアン タービュレン。 ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレンの特徴と性格・価格相場|犬図鑑|いぬのきもちWEB MAGAZINE

ペットショップCoo&RIKU

ベルジアン タービュレン

日本はFCI(国際畜犬連盟)の加盟国であり、JKC(ジャパンケンネルクラブ)ではFCIの規定するスタンダードが適用されているため、JKCスタンダードを基準として紹介します。 また、下記に記載されている失格事項はドッグショーの出陳や繁殖の際には参考にしなくてはいけませんが、失格事項があったとしても、その犬種として、家庭の良き伴侶として共に暮らす事には何ら問題ありません。 ドッグショーにおいては、下記のを持つ犬を出陳することは出来ますが、に該当する犬を出陳する事は出来ませんのでご注意下さい。 この状況を改善するため、何名かの熱心な愛犬家がグループを形成し、Cureghem獣医学校のA・Reul博士から指導を求めた。 彼はこの犬種の真の開拓者且つ設立者と目されている人物である。 この犬種は1891年から1897年の間に正式に確立された。 1891年9月29日、ブリュッセルにベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブが設立された。 同年11月15日には、A・Reul博士はCureghem獣医学校に117頭の犬を集めたので調査と繁殖が可能になった。 翌年には、実際に繁殖のプログラムを開始し、何頭かの種牡を用いて非常に近い血筋同士の交配を行った。 1892年4月3日には、ベルジアン・シェパード・ドッグ・クラブにより最初の詳しいブリード・スタンダードが作成された。 3つの被毛のバラエティーを有する1犬種が認められた。 しかしながら、その頃言われていたようにベルジアン・シェパードはまだ一般庶民にしか知られていなかったので、地位を確立することはできなかった。 結果として、1901年になるまでベルジアン・シェパードはベルギーKCのスタッド・ブックに登録を許可されなかった。 翌年以降、ベルジアン・シェパードの愛好家の間で、タイプを統一させ、欠点を正すという原動力が働き出した。 ベルジアン・シェパードのタイプと気質は1910年頃までに確立されたと言える。 ベルジアン・シェパード・ドッグの歴史上、認められたいくつかのバラエティーや毛色について、多くの白熱した議論が行われた。 一方、形態や気質、作業への適正については意見の相違が生じたことはない。 体型はスクエアで、剛健で、戸外での生活に慣れており、ベルギーの変わりやすい気候に耐えうる体をしている。 均整の取れた体型と誇らしげに掲げられた頭部により、作業犬として改良繁殖された先祖伝来の特徴であるエレガントで力強い印象を与える。 ベルジアン・シェパード・ドッグはハンドラーが肉体に触れることなく、自然な立姿で審査されるべきである。 胸は肘まで下りている。 マズルの長さはスカルに等しいか、僅かに長い。 又、活力に満ち、常に次の行動に移る用意ができている。 群れを守るという生来の能力に加え、土地や財産を守る最高の番犬としての高い質を備えている。 いささかもためらうことなく、主人を頑強に熱心に護衛する。 牧羊犬や護衛犬、防衛犬、サービス・ドッグに必要とされる質を全て兼ね備えている。 活き活きとした気質や機敏さ、自信のある態度そして臆病でも凶暴でもない性格は、物腰や誇り高く注意深い表情をたたえた目の輝きに見て取れなければならない。 審査の際には、「落ち着き」と「大胆さ」を考慮する。 スカルとマズルは長さがほぼ等しいか、マズルの方がごく僅かに長く、それが最終的に頭部全体の印象を決める。 額溝は目立たない。 側望すると、スカルとマズルは平行であり、オクシパットの隆起はほとんどなく、眉弓と頬骨弓は目立たない。 【ストップ】 ほどよいストップがある。 鼻先に向かって徐々に細くなり、くさびを長くしたような形である。 鼻梁は真っ直ぐで、スカルと平行である。 口はよく割れている。 つまり、口を開いた時、口角が奥の方にあり、口を大きく開くことが出来る。 【唇】(リップス) 薄く、引き締まっており、色素が濃い。 【顎/歯】(ジョーズ/ティース) 歯は強く、白く、正しい歯列で、よく発達した顎にしっかりついている。 シザーズ・バイトだが、牧夫に好まれるピンサーズ・バイトも許容される。 歯列は完全である。 第1前臼歯の2本の欠歯は許容される。 第3後臼歯の欠歯は欠点としない。 【頬】(チークス) 引き締まってかなり平らであるが、筋肉が発達している。 【目】(アイズ) 大きさは中位で、出目でも奥目でもない。 僅かにアーモンド形で、斜めについている。 色は褐色で、ダークであるほど好ましい。 眼縁は黒い。 眼の表情は率直で、活き活きとしており、利口そうで、問いかけるような眼差しをしている。 【耳】(イヤーズ) どちらかというと小さく、頭部に高く付き、すっきりとした三角形で、耳朶の縁はよく丸みを帯び、先端は尖り、固い。 警戒時には、真っ直ぐ垂直に保持される。 デューラップはなく、うなじは僅かにアーチしている。 体長は体高とほぼ等しい。 肋は丈夫にアーチしている。 前望すると、前胸は幅広くないが、狭すぎることもない。 腹部はたるんでおらず、巻き上がってもいないが、僅かに上がっており、適度に発達している。 休息時には、垂れて尾先は飛節の高さでやや後ろにカーブしている。 活動時には更に上に掲げられるが、水平線を越える事はなく、尾先のカーブはより強くなるが、決してフック状になったり、横にそれたりしない。 筋肉はしっかりと張り、力強い。 どこから見ても良好な角度構成で、両前脚は前望すると完全に平行である。 【肩】(ショルダー) 肩甲骨は長く、傾斜し、ボディにしっかりついている。 上腕との角度は十分で、110度から115度が理想である。 【上腕】(アッパー・アーム) 長く、十分に傾斜している。 【肘】(エルボー) しっかりとし、内向も外向もしていない。 【前腕】(フォアアーム) 長く、真っ直ぐである。 【手根】(カーパス) たいへんしっかりし、すっきりしている。 【中手】(パスターン)(メタカーパス) 力強く、短い。 地面に対して出来るだけ垂直であるか、またはごく僅かに前方に傾斜する。 【足】(フィート) 丸く、猫足で、指はアーチし、緊握している。 パッドは厚く、弾力がある。 爪はダークで太い。 【大腿】(アッパー・サイ) ほどよい長さで、幅広で、筋肉がよく発達している。 【膝】(スタイフル) 寛骨のほぼ真下にあり、良好な角度である。 【下腿】(ローワー・サイ) ほどよい長さで、幅広く、筋肉質である。 【飛節】(ホック) 地面に近く、幅広で、筋肉質であり、ほどよい角度である。 【中足】(リア・パスターン)(メタターサス) しっかりとし、短い。 デュークローは好ましくない。 【足】(フィート) ややオーバル(楕円形)気味である。 趾はアーチし、緊握している。 パッドは厚く、弾力がある。 爪はダークで太い。 ギャロップで駆ける時は見事だが、普段はウォークか特にトロットの歩様である。 四肢はボディの中心線に対して平行に動く。 スピードを増すと、中心線に近づく。 トロットは、ほどよい歩幅で、動きは均整がとれ、軽やかで、後脚の推進力は十分で、トップラインは安定しており、前脚は高く上がらない。 絶え間なく動いても、疲れを見せない。 歩様は敏捷で、しなやかで、活発である。 又、全速力で走っていても、急激に向きを変える事が出来る。 活力に溢れ、保護、護衛する欲求があるので、サークル状に動く傾向がある。 唇と眼瞼は色素が濃い。 :グローネンダール、タービュレン、マリノア、ラケノア。 これらの4バラエティーは別々に審査され、各々賞位が与えられる。 長毛 グローネンダール、タービュレン】 頭部、耳朶の外側、脚の下部の被毛は短い。 但し、前腕の後部は肘から手根にかけてフリンジと呼ばれる長毛に覆われている。 ボディの他の部分の被毛は長く、なめらかである。 頸周りと前胸の被毛はより長く、豊富で、ラフやエプロンを形成する。 耳朶の内側は、叢状の被毛に覆われている。 耳の基部から始まる起立した被毛が、頭部を縁取っている。 大腿の後ろはたいへん長い豊富な被毛で覆われており、キュロットを形成する。 尾は長く豊富な被毛に覆われており、プルームを形成する。 最低限、皮膚の6カ所に色素沈着が見られる事が厳しく求められる。 つまり、両耳、両上眼瞼、上下の唇がブラックでなければならない。 【ブラック・オーバーレイ】 ブラック・オーバーレイ(被毛の先が黒くなっている)があり、地色に陰影を与えている。 この黒はあくまで「炎形の模様」として現れるのみであって、斑やストライプ(ブリンドル)になってはならない。 【タービュレン】 ブラックマスクで、フォーンにブラックオーバーレイ、あるいはごく淡いイエローにブラックオーバーレイだが、フォーンにブラックオーバーレイが好ましい。 フォーンは暖色系の強い色合いで濃くなければならず、明るい色のものや、色褪せたようなものは好ましくない。 フォーン以外の毛色にブラックオーバーレイがあるものや、理想とされる色の濃さが見られないものは良い手本とはみなされない。 【全てのバラエティー】 前胸と指趾に僅かにホワイトが見られるのは許容とされる。 それまでは、改訂前の『淡黄褐色(フォーン)から赤褐色(マホガニー)まであり、毛先は黒い。 顔面、耳は黒い。 』が準用されます。 上限4cmまで。 【 体重 】 牡:約25〜30kg。 牝:約20〜25kg。 【 測定 】 牡の成犬の場合/ 体高:平均62cm。 体長62cm。 頭長:25cm。 吻長:12.5〜13cm。 【グローネンダール及びタービュレン】 ウール状の被毛。 ウェーブ状の被毛。 カールしている被毛。 十分な長さのない被毛。 指趾を越えて広がったホワイト。 【タービュレン】 グレー。 【タービュレン及びマリノア】 ブリンドル。 フォーンに暖色系の強い色合いが不足しているものや、強すぎるもの、またボディに斑になっているもの。 マスクが十分でないもの。 【タービュレン、マリノア及びラケノア】 フォーンが明るすぎるもの。 地色が非常に薄い、すなわちウォッシュトアウトと呼ばれるものは重大な欠点と見なされる。 アンダーショット(逆シザーズバイトを含む)。 乱杭歯。 犬歯の1本の欠歯。 裂肉歯1本の欠歯(上顎の第4前臼歯1本、あるいは下顎の第1後臼歯1本の欠歯)。 後臼歯1本の欠歯(第1後臼歯1本あるいは第2後臼歯1本の欠歯で、第3後臼歯は除く)。 第3前臼歯1本プラス他の歯1本の欠歯。 合計3本以上の欠歯(第1前臼歯を除く)。 人為的な立耳。 断尾された尾。 高く掲げられた尾。 輪状尾。 前胸にホワイトの広がりが、顎にまであがっているもの。 足に入っているホワイトが前脚や後脚のパスターンの中間を越えて上がり、ソックスを形成しているもの。 前胸或いは指趾以外の場所にホワイトのマーキングが入っているもの。 マスクの欠如、及び逆マスク。 アンダーサイズ。 (1974年、パリにおいて合意).

次の

ベルジアン・シェパード・ドッグ・タービュレン

ベルジアン タービュレン

ベルジアンタービュレンってどんな犬? ベルジアンタービュレンの基本データ ベルジアンタービュレンの大きさ 56~66cm ベルジアンタービュレンの体重 18~29kg 平均寿命 10年以上 原産国 ベルギー ベルジアンタービュレンの歴史 ベルジアンタービュレンは元々、「」、「」、「」という犬種とあわせ「ベルジアンシェパードドッグ」という名前でまとめられていました。 ベルジアンシェパードドッグは牧羊犬としてベルギーで活躍していましたが、牧羊が機械化されるにつれて仕事が減り、犬種がどんどん減少することになります。 そこでベルジアンシェパードドッグを保護する活動が始まり、ベルギー国内で調査が行われました。 すると地域ごと4つのタイプにはっきり分かれていることがわかり、それぞれ別の犬種と認識できる特徴を持っていたため、別々の犬種クラブが立てられてブリーディングが行われていきました。 ベルジアンタービュレンはタービュレン村原産のワンちゃんです。 元々牧羊犬ですが、近年では警察犬や麻薬探知犬、また穏やかさを生かし介助犬や誘導犬としても活躍しています。 ショードッグとしても人気が高く、日本ではベルジアンシェパードドッグの中で最も飼育されている犬種です。 ベルジアンタービュレンの性格 ベルジアンタービュレンは穏やかで愛情深く、従順な性格をしています。 警戒心を持っていますが臆病ではないので、番犬にも適しており、家族を守ってくれる存在となりますよ。 見知らぬ人に対しては距離を置いたり攻撃的になったりすることもあるようなので、子犬の頃から社交性を見付けさせてあげるようにしましょう。 子どもや他のワンちゃんとも仲良く遊ぶことができ、身体能力が高いので一緒にドッグスポーツを楽しむこともできます。 賢く冷静ですが活発なワンちゃんなので、トレーニングなどにも積極的になってくれるはずです。 家庭犬として優秀なワンちゃんで、飼い主のよきパートナーとなってくれるでしょう。 ベルジアンタービュレンの飼い方としつけのポイント photo by ベルジアンダービュレンには、ストレスを溜めさせないようたくさんの運動が必要です。 また、繊細な性格をしているので、しつけは褒めながら行うことが大切になりますよ。 飼い方と注意点 ベルジアンタービュレンは屋外でも室内でも飼育可能ですが、できれば家の中と外とを自由に行き来できるような環境が望ましいです。 運動量はかなり多く、1日2回、それぞれ60分程度の散歩を毎日行うようにしましょう。 その他には定期的にドッグランに連れて行ったり、広い公園などでボール遊びをしたりし、運動不足にならないようにしっかりと体を動かす必要があります。 十分な運動をさせないとストレスから攻撃的になってしまうことがあるので、注意しましょう。 しつけのポイント ベルジアンタービュレンは賢く物覚えがよいので、しつけは入りやすいです。 しかし独立心が強いので、初心者の方はブリーダーやプロのトレーナーと協力しながら行うことがおすすめです。 優しくデリケートなワンちゃんなので、厳しく怒るようなトレーニングでは落ち込ませてしまいます。 褒めながら行うようにしましょう。 吠え癖がついたり攻撃的になったりしないよう、子犬の頃から他の人やワンちゃんと交流するようにして、社交性を身に着けさせるようにしてください。 被毛のお手入れや毛色について ベルジアンタービュレンの毛色は、顔はブラックのみ、体はフォーンにブラック・オーバーレイか淡いイエローにブラック・オーバーレイが認められています。 フォーン・・・金色がかった色にわずかに黒の差し毛が混ざった色 ブラック・オーバーレイ・・・毛先が黒い被毛 また、同じベルジアンシェパードドッグである「ベルジアングローネンダール」とは毛色のみの違いであり、全身がブラックの場合はグローネンダール、それ以外の場合はダービュレンということになるそうですよ。 被毛はダブルコートで、密集して生えているアンダーコートと、直毛のオーバーコートに覆われています。 毎日ブラッシングやコーミングを行うと綺麗な毛並みを保つことができます。 特に換毛期には、ダブルコートで長毛のためたくさんの毛が抜けます。 丁寧にブラッシングを行い、抜け毛をしっかり取り除けるようにしましょう。 散歩のあとなど汚れた際には硬く絞ったタオルで拭き取るようにし、シャンプーも月1など定期的に行うようにしてください。 ベルジアンタービュレンのかかりやすい病気 photo by 注意が必要な病気として、「股関節形成不全」、「てんかん」、「アレルギー性皮膚炎」が挙げられます。 それぞれの病気について症状や原因などを知っておきましょう。 股関節形成不全 股関節形成不全とは、股関節の形に異常が起こり様々な症状を引き起こす病気です。 大型犬に発症しやすい傾向があるので、ベルジアンダービュレンも注意が必要になります。 原因は遺伝の他に、成長期の偏った栄養や過度の運動があるといわれています。 栄養を過剰に与えないよう、食事管理をしっかりと行うようにしましょう。 肥満は症状を進行させてしまうので、注意が必要です。 また、ベルジアンダービュレンは体を動かすが大好きですが、過度な運動は避け、運動と休息のメリハリを大切にしてくださいね。 ご自宅では、フローリングなどの滑りやすい床を避ける、ワンちゃんの足の裏の毛を短くカットするなどの工夫が予防に繋がりますよ。 治療には、一般的に内科的治療と外科的治療があり、ワンちゃんの年齢や股関節の状態、飼い主の希望などによって治療法を決定します。 てんかん てんかんとは、ワンちゃんの中で最も一般的な発作です。 発作を引き起こす他の疾患との鑑別が必要になり、血液検査やレントゲン検査、MRI検査などのあらゆる検査を行った上で診断されます。 発作には全身性の発作と意識が消失しない軽度な発作があり、その前兆や症状として以下のようなものが挙げられます。 落ち着きがなくなる• 口をくちゃくちゃさせる• よだれが出る• 手足や顔の一部が痙攣する• 全身が痙攣する• 意識が消失する• 後ろにのけ反る• 手足を無意識にばたつかせる• 自分の尻尾を追いかけてその場でくるくる回る 発作は一時的に意識を失うこともありますが、通常数秒から数分でおさまり、その後は何事もなかったように過ごします。 重度の場合は短い間隔で発作を繰り返したり、発作が長く続いたりすることもあるようです。 原因不明のてんかん発作を防ぐことは難しく、治療は症状を軽減するため抗てんかん薬でコントロールしていくことになります。 投薬は、たとえ発作が現れなくなったとしても、時間や量などをきちんと守り独断で中止しないことが大切です。 発作が起きてしまった場合は、どのような症状がどのくらい続いたかなどを記録し、その後の治療に役立てられるよう冷静に対処するようにしましょう。 アレルギー性皮膚炎 アレルギー症状の原因物質であるアレルゲンには、ノミ、ハウスダスト、花粉、食物などがあります。 痒みが主な症状で、顔や脇、股、足先などで発症することが多く、ワンちゃんが痒そうに体を舐めたり噛んだりする行為が見られます。 症状が進行すると皮膚が赤くなったり脱毛したりし、細菌の二次感染を起こしてさらに悪化することもあります。 遺伝や体質によるので病気を予防することは難しく、またワンちゃんが痒がる仕草は皮膚炎でない場合にもよく見られる行為なので、毎日しっかりと観察してあげることが大切です。 治療は、まずはアレルギー検査などで原因物質の特定を行い、アレルゲンを除去していきながら薬で痒みのコントロールを行うことが主になります。 その他にもアレルギーの原因物質を体内に入れ、アレルゲンに体を慣れさせるという減感作療法という治療法もありますが、こちらは費用や期間がかかるので、動物病院とよく相談しながら行うことが大切です。 また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。 さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。 ベルジアンタービュレンの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

次の

ベルジアンタービュレン 子犬販売

ベルジアン タービュレン

この記事でまとめたこと• ベルジアンタービュレンの性格は? ベルジアンタービュレンは穏やかで愛情深く、友好的で従順な性格をしています。 頭がよく飼い主にはなつきますが、見知らぬ人や動物には強い警戒心を持ちます。 番犬として優秀ですが、他の動物や子どもと触れ合う機会が多い環境での同居には注意が必要です。 時々子供のかかとを軽く噛むことがありますが、群れを管理する牧羊犬の本能により、子供の動きをコントロールしようとする行動です。 子どもも含めて家族を「自分の属する群れ」と認識させることで仲良くなってくれますよ。 ベルジアンタービュレンの特徴は? ベルジアンタービュレンは容姿の良さからペットやショードッグとしても人気が高く、世界中で多く飼育されています。 世界的にはベルジアンシェパードドッグ4種の中でグローネンダールに次ぐ2番目の人気ですが、日本では最も人気が高いのがベルジアンタービュレンです。 ベルジアンシェパードの中では一番野性的な顔つきをしており、優雅さと力強さを兼ね備えた振る舞いは、誇らしげな印象を与えています。 正方形に近い胴体と、適度な大きさの骨格を持ち体高は56~66cm、体重は26~30kg前後の大型犬に分類されます。 グローネンダールとは、被毛の長さと毛色の違い以外はそっくりです。 被毛はダブルコートで密に生えた下毛と、長くまっすぐで程よい硬さの上毛に体全体が覆われています。 毛色はフォーンにブラック・オーバーレイ 毛先が丸い か淡いイエローにブラック・オーバーレイが認められており、顔はブラックフェイスのみが認定されています。 ベルジアンタービュレンのしつけは? ベルジアンタービュレンは独立心が旺盛なので、初心者の方にはしつけが難しい犬種といえます。 飼い主との信頼関係構築と徹底した服従訓練が欠かせないので、幼犬の頃から毅然とした態度でしっかりと教え込むことが重要です。 ベルジアンシェパードの中では優しく繊細なタイプなので、恐怖や痛みで強制するトレーニングをすると、心が折れてしまうこともあります。 訓練に知的な遊びを組み込みながら、褒めることで才能を上手に伸ばしていってあげてください。 ベルジアンタービュレンの寿命や病気は? 平均寿命は12~13年といわれています。 基本的には丈夫な犬種なのですが、他の犬種でもよく聞く遺伝性疾患を発症することが多いです。 遺伝性てんかん症や歩行困難になる可能性のある股関節形成不全、進行性網膜萎縮という目の病気などが注意する病気です。 ほとんどは遺伝子検査をすることで防げる場合が多いので必ず検査してから子犬を入手してください。 ベルジアンタービュレンの飼い方は? 警戒心が強くエネルギッシュなベルジアンタービュレンは、精神的、かつ肉体的に刺激を与えるような運動をさせるとその能力を発揮してくれます。 かなり多くの運動量を必要とするので、1日に2回、60分程度の散歩を欠かさないようにしてあげてください。 十分な運動をさせないと、攻撃的になることもあるので注意してくださいね。 周囲の安全に配慮した場所での自転車引き運動、ドッグランなどの広い場所でのボールもってこい運動など、全身をたっぷり使う運動や、アジリティーやオビディエンス競技(服従訓練競技)などに参加するのもおすすめですよ。 被毛の手入れは、それほど神経質になる必要はありません。 美しい毛並みを保つためにも毎日ブラッシングとコーミングをするのが一番良いのですが、週2回程度でも問題ありません。 汚れは、硬く絞ったタオルで拭き取り、定期的にシャンプーしてあげてくださいね。 換毛期には、コーミングをいつもより丁寧に行ない、抜け毛をきちんと取り除くことを忘れずに。

次の