ビーフ インパクト ランチ。 ビーフインパクト江別店が閉店!2020年4月30日【北海道江別市】

ビーフインパクト江別店が閉店!2020年4月30日【北海道江別市】

ビーフ インパクト ランチ

本格的なステーキが手軽に食べられる店といえば「いきなり!ステーキ」が全国的に有名だ。 しかし北海道では今、あるステーキチェーンの人気が高まっており、続々と店舗が増えている。 そのステーキチェーンの名前は「ビーフインパクト」。 まさにインパクトのあるネーミングだが、果たしてどのようなビーフが食べられるのだろうか? 筆者はその味を確かめるべく店に足を運んだ。 ・「ビーフインパクト」とは 「ビーフインパクト」は北海道内に11店舗、千葉県に1店舗を構えるステーキチェーンだ(2019年1月23日現在)。 なお、1号店の「狸小路店」がオープンしたのは2014年11月。 つまり、5年経たずにここまで店舗数が増えたことになる。 今回足を運んだのは札幌市内の「平岡店」だ。 13時頃に到着したところ、午前中が大雪だったこともあってか席には十分余裕がありすぐに着席。 カジュアルでありながら落ち着いた雰囲気の店内には、テーブル席とカウンター席が用意されていた。 ・肉々しさと脂のバランスが絶妙な『ビーフインパクトステーキ』 待つこと7分ほどでジューッという音と共に料理が到着。 店の説明書きによると、オーストラリア産リブロースサーロインから肩側のリブロースの芯だけを使用しているという。 なるほど、「いきなり!ステーキ」のリブロースステーキも1グラム7円前後なので、価格的にはかなり近い。 さて、お味はどうか? 食べてみると…… 柔らかくジューシーでウマァァァアアアアアーーーーーッ! 炭火の香ばしい風味と牛肉の旨みが口いっぱいに広がった。 肉々しさと脂の絶妙なバランスがたまらないぞ。 これなら2枚くらいはいけそうだ。 また、甘めの同店オリジナルステーキソースが肉とライスを食べる時に超ピッタリ!! こりゃもう食がグイグイ進んで止まらない。 こちらのステーキはアメリカ産アンガスビーフでリブロースの隣の部位を使用しているらしい。 いただいてみたら…… オゥ、ワイルド!! 前述の7円ステーキよりもジューシーさが控えめな分、肉々しさがアップしていて食べ応えバツグンだ。 そして今回、 最も強烈なインパクトを受けたのがカレーである。 完全に油断した状態で何気なく食べたところ……こ、これは! 超濃厚&ビターな味が激ウマ!!! しかも肉がゴロゴロッと入ってる! カレーの味そのものがウマい上に、これ一皿でステーキと煮込んだ肉をダブルで楽しめるところが最高だ。 筆者は一発でこのステーキカレーの虜(とりこ)になってしまった。 ぜひまたリピしたい。 その他、同店では『1000円ステーキランチ(200g)』という、5円ステーキ、味噌汁、サラダ、ライスのセットや、830円の『鉄板カレーランチ』などリーズナブルなランチメニューもあった。 興味のある方は、まずはそちらから試してみるのもいいだろう。 ちなみに「いきなり!ステーキ」のホームページで店舗数を確認してみたところ、北海道内にあるのは11店舗で「ビーフインパクト」と横並びだった。 どちらかといえば、筆者は店の落ち着いた雰囲気とカレーのウマさで「ビーフインパクト」の方が好みだったが、今後いったいどちらの人気が伸びるのだろうか? これからも注目したい。

次の

ランチメニュー : ビーフ インパクト 狸小路店 (BEEF IMPACT)

ビーフ インパクト ランチ

いきなりステーキの苫小牧店に行ってみた 今回コスケが訪問したのがいきなりステーキの苫小牧店です。 外観はこんなところ。 オープンしたばかりのようで、札幌の街中より車で訪問しやすいので近い方はお勧め。 営業時間は11時〜23時となっています。 今回は平日のランチの時間に訪問。 店内はこんな感じでした。 いきなりステーキといえば立ち食いのイメージですが、苫小牧店では全席椅子があります。 土地代の安い北海道だからでしょうかね。 このランチメニューがあるのは平日の11時〜15時のようです。 ワイルドステーキなんかは比較的割安ですね。 何が良いかなぁ〜 コスケは脂が多いのは嫌なので赤身メインが良いです。 事前にいきなりステーキにいった方のブログなどを調べて何を食べるかある程度考えていたのですが、その予定の通りにしようかな。 全て食べ尽くした人がそう言ってるんですからコスパがいいのでしょう。 ワイルドステーキをいただくことにします。 注文は、座席に案内された後、普通のその場で店員さんに伝える、ごく普通の注文方法でした。 ランチなのでカットの分量も決まってますからね。 少し待つとサラダとスープが運ばれてきました。 妻と私の分です。 サラダは普通にレタスメインのサラダ。 テーブルの上にナイフやフォークと共にドレッシングも置いてあります。 ペッパードレッシングといきなりドレッシング。 どっちも使ってみましたがいまいちかなぁ・・・ 同じような店舗のビーフインパクトの胡麻ドレッシングの方が断然美味しいです。 サラダ自体はまぁ、オマケ程度という感じでしょう。 スープは美味しかったです。 肉が入ってるスープでステーキ屋さんという感じですね。 このスープはなかなか美味。 サラダを食べながらスープを頂いていると、食べきらないうちにすぐにステーキが運ばれてきました。 早い! サラダを食べきる前に来ちゃいましたね。 いきなりステーキのワイルドステーキを食べてみた 今回頼んだのはいきなりステーキのランチメニュー、ワイルドステーキの300g1,390円です。 これがワイルドステーキ。 これは美味しそうだなぁ。 最初からカットされて出てきましたね。 完全にレアですが、レア好きのコスケにはたまりません。 う〜ん、美味しそう。 さっそく食べてみます。 ステーキソースは2種類あるようです。 いきなりソース甘口とホットステーキソースがあります。 肉も焼きすぎると硬いですが、レアなら柔らかくて美味しいです。 旨味も十分で脂も少なく全然いけます。 ただ、ステーキソースがイマイチかな〜 ホットステーキソースはなんか物足りない感じだし、いきなりソースは甘くて焼き肉のタレみたいでイマイチ。 ビーフインパクトのステーキソースが美味しかっただけに、なんかイマイチです。 それと本当に炭焼きなのかな?というくらい炭の香りはしません。 そしてしばらく食べ進めると段々辛くなってきました。 肉300gってそんなに食べるのが難しい量ではないのですが、身体が受け付けない。 多少、気持ち悪さを感じながらどうにか完食です。 最初に食べた感じだと、肉自体は悪くないハズなんですが、ソースのせいかイマイチ美味しくないし食べるのが辛かったです。 その要因の一つにはご飯が美味しくないということもあるでしょう。 ビーフインパクトはご飯、お米が美味しかったんですがここはイマイチ。 ソースもイマイチ、ドレッシングもイマイチ。 ついでにいうと、単体で飲むと美味しかったスープも肉を食べながらだとクドいです。 ビーフインパクトは味噌汁だったのですが、そっちの方が良いと思います。 というわけで、肉は美味しいのですが、それ以外がイマイチでコスケは最後気持ち悪くなってしまいました。 脂肪の多めの部位は残しちゃうくらい具合も悪く、そそくさとお店を後に。 う〜ん、もう二度と来ることはないだろうなぁ。 例え高い美味しい部位の肉を頂いても、あのステーキソースとご飯、スープで食べるのならもう良いかなという感じです。 それに店内も狭いし、臭いです。 店内全体に熱々の鉄板に熱せられてジュージューと油が舞っていて、体中焼き肉臭くなります。 座席も仕切りがあるといっても知らない人と向かい合って食べるのも落ち着かない。 正直、肉以外全ての面でイマイチというのがコスケの感想です。 コスケはほぼ全ての面で、数日前に行った北海道の炭焼きステーキの店、ビーフインパクトの方が美味しいと思いました。 肉は炭焼きの香りがある分ビーフインパクト優勢、価格はほぼ一緒。 サラダ、ドレッシング、ステーキソース、ご飯、スープ(味噌汁)、そして飲食する空間(座席)に料理のでてくるタイミング、全ての面でコスケはビーフインパクトが好み。 もちろん味って人それぞれ感じ方は違うのですが、ビーフインパクトはまた行きたいけど、いきなりステーキはもう来ることないでしょうね。 元々肉はそんなに好きじゃなく、焼き肉もいかないコスケの感想です。 肉好きな方は問題ないでしょうし、だからこそいきなりステーキは人気なんでしょうが、この価格出すならビーフインパクトか肉以外ならスシローにでも行きたいです。 以上、いきなりステーキに初めて行って来たけど微妙だったというお話しでした。 やっぱり味付けかなぁ。 あんまりいきなりステーキのようなスタイルでステーキを食べたことがないので、なんか違う感を感じているのかもしれません。 なななんと、ソースをかけて食べるんじゃないのですか! 今ちょっと調べたら、なるほど、ニンニクやブラックペッパーもあったんですね。 ちょっと、食べ方が良くなかった可能性もありますね。

次の

ビーフインパクト江別店が閉店!2020年4月30日【北海道江別市】

ビーフ インパクト ランチ

本格的なステーキが手軽に食べられる店といえば「いきなり!ステーキ」が全国的に有名だ。 しかし北海道では今、あるステーキチェーンの人気が高まっており、続々と店舗が増えている。 そのステーキチェーンの名前は「ビーフインパクト」。 まさにインパクトのあるネーミングだが、果たしてどのようなビーフが食べられるのだろうか? 筆者はその味を確かめるべく店に足を運んだ。 ・「ビーフインパクト」とは 「ビーフインパクト」は北海道内に11店舗、千葉県に1店舗を構えるステーキチェーンだ(2019年1月23日現在)。 なお、1号店の「狸小路店」がオープンしたのは2014年11月。 つまり、5年経たずにここまで店舗数が増えたことになる。 今回足を運んだのは札幌市内の「平岡店」だ。 13時頃に到着したところ、午前中が大雪だったこともあってか席には十分余裕がありすぐに着席。 カジュアルでありながら落ち着いた雰囲気の店内には、テーブル席とカウンター席が用意されていた。 ・肉々しさと脂のバランスが絶妙な『ビーフインパクトステーキ』 待つこと7分ほどでジューッという音と共に料理が到着。 店の説明書きによると、オーストラリア産リブロースサーロインから肩側のリブロースの芯だけを使用しているという。 なるほど、「いきなり!ステーキ」のリブロースステーキも1グラム7円前後なので、価格的にはかなり近い。 さて、お味はどうか? 食べてみると…… 柔らかくジューシーでウマァァァアアアアアーーーーーッ! 炭火の香ばしい風味と牛肉の旨みが口いっぱいに広がった。 肉々しさと脂の絶妙なバランスがたまらないぞ。 これなら2枚くらいはいけそうだ。 また、甘めの同店オリジナルステーキソースが肉とライスを食べる時に超ピッタリ!! こりゃもう食がグイグイ進んで止まらない。 こちらのステーキはアメリカ産アンガスビーフでリブロースの隣の部位を使用しているらしい。 いただいてみたら…… オゥ、ワイルド!! 前述の7円ステーキよりもジューシーさが控えめな分、肉々しさがアップしていて食べ応えバツグンだ。 そして今回、 最も強烈なインパクトを受けたのがカレーである。 完全に油断した状態で何気なく食べたところ……こ、これは! 超濃厚&ビターな味が激ウマ!!! しかも肉がゴロゴロッと入ってる! カレーの味そのものがウマい上に、これ一皿でステーキと煮込んだ肉をダブルで楽しめるところが最高だ。 筆者は一発でこのステーキカレーの虜(とりこ)になってしまった。 ぜひまたリピしたい。 その他、同店では『1000円ステーキランチ(200g)』という、5円ステーキ、味噌汁、サラダ、ライスのセットや、830円の『鉄板カレーランチ』などリーズナブルなランチメニューもあった。 興味のある方は、まずはそちらから試してみるのもいいだろう。 ちなみに「いきなり!ステーキ」のホームページで店舗数を確認してみたところ、北海道内にあるのは11店舗で「ビーフインパクト」と横並びだった。 どちらかといえば、筆者は店の落ち着いた雰囲気とカレーのウマさで「ビーフインパクト」の方が好みだったが、今後いったいどちらの人気が伸びるのだろうか? これからも注目したい。

次の