スマート ボーディング。 Smart Boarding(スマートボーディング)

スマートフォン用アプリケーション「ANA」

スマート ボーディング

こんにちは、スマートキャンプでエンジニアをやっている徳田 です。 社内ではとってぃと呼ばれています。 今回は弊社のエンジニアチームで行っているオンボーディングの取り組みについてご紹介します。 オンボーディングとは? On-boardingとは、新しくチームに加わったメンバーをはやく馴染んでもらい、戦力になってもらうための取り組みを言います。 直訳で 新入研修 です。 人事・総務で実施される全社的なものと、配属されるチームで具体的な業務に当たるためのものに大きく分かれますが、今回は後者をメインにお話ししていきます。 仕事に限らず、新しい環境に飛び込み、その中で必要な情報を取り入れ、成果を出すことは簡単ではありません。 ですが、採用活動をがんばって新しい方に入社をしてもらったとしても、入社した方が成果を出しチームに貢献しない限りは採用に成功したとはしたとはいえません。 そのため、採用フローを整備するぶん、オンボーディングにも力を入れていく必要があります。 オンボーディングで行うこと エンジニアに限らずですが、大きく分けて以下のふたつです。 仕事に必要な知識を手に入れる• チームに馴染んでもらう、仕事に慣れてもらう そのまんまだと思うのですが、少し解説します。 仕事に必要な知識を手に入れる 仕事に必要な知識、とは何でしょうか。 エンジニアでいうと、扱っている技術やアーキテクチャ、連携しているサービスといったものが多くを占めますが、それ以外にもサービスの仕様、サービスにかかわるステークホルダ、チームメンバ、競合などの知識も重要です。 技術、アーキテクチャといったスキル面は経験者であれば問題がないことも多いですが、当然 オープンしている情報だけで仕事ができることはほとんどなく、入社する前、した後で手に入れていくことになります。 チームに馴染んでもらう、仕事に慣れてもらう チームに投げ込んで放置しているだけで良い関係を構築できるほど全員がコミュニケーションが上手なわけはありませんし、 人間関係はそんなに簡単なものではありません。 チームの中だけでなく関連する別の部署や社外のステークホルダともかかわることは多いでしょう。 仕事のやり方はチームによって様々です。 誰がどんな役割を担っているか、どのタイミングでどんな作業をするのかといったことも明示したり説明ができないと理解や慣れに時間がかかります。 スマートキャンプのエンジニアチームで行っているオンボーディング 選考前後、選考中 基本的にオンボーディングは入社が決定してからはじまるものですが、選考をしている中でも、会社や人を理解してもらうための取り組みをしています。 を見てもらう、説明する• 選考、内定後に弊社エンジニア全員と会ってもらう• 要望があれば他部署の方とも会ってもらう、ランチに行く• 一日体験入社• などなど... 内定承諾後 入社が決定したら、入社後に必要な情報は可能な限り 事前に共有していきます。 入社する側の不安を無くす役割も持ちます。 内定承諾後にVISIONやMISSION, VALUEや、組織などの説明をする• 他部署とのコミュニケーションを取る• 可能であれば、会社に遊びに来てもらう。 中の様子を見る• 入社より前にSlackに入ってもらって、事前に質疑応答をしたり使用する技術を共有したりする 入社〜1ヶ月 入社したら、社内全体で使っているツールの説明やPCのセットアップなどを人事から行った後に配属されるチームに受け渡されます。 最初の1ヶ月が体験期間として設定されており、以下のようなスケジュールで仕事や会社に慣れていってもらうプロセスになっています。 これら以外にも、で部署、事業部を超えたコミュニケーションが積極的に行われており、どんな人がいるのかはとても理解しやすいです。 入社初日〜2週間:• 配属予定のチームに在籍。 サービス全体の説明、アーキテクチャの共有、チームメンバとのランチ• モブプロ、ペアプロでのOJTを兼ねたサービス開発• 一週間に一度、メンターと、チームリーダと1on1 3週間〜4週間目• 配属予定でないチームに配属。 サービスの説明、アーキテクチャの共有、ランチ• モブプロ、ペアプロでのOJTを兼ねたサービス開発• 一週間に一度、メンターと、チームリーダと1on1 1ヶ月後以降〜• 配属、チーム開発• オンボーディングの振り返り、改善 大きな特徴は、弊社エンジニアチームには開発チームと開発チームの2つがあるのですが、どちらに配属になるとしても 両方のチームに2週間ずつ在籍してもらうようにしていることです。 人数がそこまで多くないこと、サービス開発以外にも何かとかかわることが多いこと、隣のチームが何を作っていてどんなことをしているのかを理解することが目的です。 スクラムの一環でモブプロを活用していることもあり、いきなり一人で放り出されることがないようになっています。 二ヶ月目以降〜 一ヶ月が経ってからも、メンターとは随時1on1を行いなにか問題が起きていないかを確認します。 また、オンボーディング期間内外にかかわらず、リーダやマネージャとは定期的に1on1をすることで仕事上の相談や障壁の取り除き方、体調管理などをコミュニケーションを通じて共有しています。 その他 情報共有には主にSlackとKibelaを活用しており、新しく入った方でもキャッチアップできることを意識してドキュメントを整備しています。 入社したらKibelaに 自己紹介 フォルダに簡単な自己紹介記事を書いてもらう運用を最近はじめ、どんな人が働いているのかを理解できるようにしています。 同時に、新しく入った人が既存の社員が知ったり、コミュニケーションのきっかけとしても活用しています。 テンプレートを用意して、簡単に書けるようにしています。 PDCAを回す オンボーディングの施策は、作って終わりになることはありません。 採用活動が続き、人が入り続けるたびに発生しますし、オンボーディングプロセスを作って一回で完璧なものになることはそうありません。 そのため、オンボーディングで何が足りないか、何が必要かをオンボーディング期間中・期間後に ヒアリングし、改善し続けていくことが大切です。 高速道路を整備し続けていく感覚で、次に入社する人が更に楽に、早く成果を出せるようにオンボーディングを受ける側も協力しながら良いものを作っていきましょう。 最後に これらは現状のオンボーディングプロセスです。 PDCAを回す にも書いたとおり、今後も改善し続けていく予定です。 一緒にオンボーディングを考え、改善していきつつ成果を出していくメンバーを募集しています。 お待ちしています!!!! 次回のAdvent Calendarは siso9to の マネージャーになってから一年でやったことまとめを書く です!お楽しみに! hazeblog.

次の

エンジニアチームで行っているオンボーディングを紹介するよ

スマート ボーディング

日本スケートボーディング連盟、選手のパフォーマンスに合わせて スマートフォンで演出を楽しむ「Japan Skate Fun App」を提供 一般社団法人 日本スケートボーディング連盟(所在地:新潟県村上市、代表理事:佐藤巧、以下日本スケートボーディング連盟)とエヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川淳、以下エヴィクサー)は、2019年12月1日 日 に開催される『ブルボン presents JSF Park Style Contest 2019 Vol. 3 村上』(主催:日本スケートボーディング連盟)に出場する選手のパフォーマンスに合わせてスマートフォンで演出を行うスマートフォンアプリ「Japan Skate Fun App」を提供いたします。 本取り組みは、日本スケートボーディング連盟が目指すエンターテインメント性の向上の新たな施策として、音響通信技術により選手のパフォーマンスをスマートフォンアプリで演出するものです。 日本スケートボーディング連盟が主催するイベントや大会で、選手のパフォーマンス中に観客がスマートフォンアプリ「Japan Skate Fun App」を起動すると、選手のトリック(技)に合わせてスマートフォンが光る、トリック(技)が決まった後に観客がスマホを振って音を出して応援する、等の演出が楽しめます。 また、演出だけでなく、選手情報やイベント・大会情報、協賛するスポンサーによるお得な情報も提供する。 アスリートの若年化が著しい昨今、日本スケートボーディング連盟はトレーニング環境の整備はもちろん学業との両立や進路拡大、雇用創出まで一気通貫のサポートに取り組んでおります。 雇用=プロ活動創出プロジェクトの第一歩として、アスリートや施設に対してスマートフォンと選手のパフォーマンスを融合させたエンタテインメントコンテンツをエヴィクサーの音響通信技術により提供することに至りました。 また、今大会より本アプリと連動したライブ配信にも取り組んで参りますので、ぜひご覧ください。 「暗号化したデータを埋め込んだ特殊な音(透かし音)」やデータベース上に保存されている音(音源)の「特徴点(フィンガープリント)」をスマートフォンやスマートグラス、ロボット端末などのデバイスが自動認識することで、デバイスをリアルタイムにコントロールする。 ブルボン presents JSF Park Style Contest 2019 Vol. 3 村上 パークスタイル 2019年度ファイナル。 国内最高峰施設である村上市スケートパークにて開催。 演出だけでなく、選手情報やイベント・大会情報、協賛するスポンサーによるお得な情報も提供する。 一般社団法人 日本スケートボーディング連盟 担当:佐藤 TEL: 050-5363-8643 E-mail:planning japanskateboardingfederation. エヴィクサー株式会社 広報 Tel:03-5542-5855 Fax:03-5542-5856 Another Track R (アナザートラック)は、エヴィクサー株式会社の登録商標です。 Another Track R は、エヴィクサーが独自に開発した音響通信ソリューションで、取得済みおよび出願中の複数の特許によって構成されています。 Another Track R は、「2017年 世界発信コンペティション」製品・技術(ベンチャー技術)部門(主催:東京都)で東京都ベンチャー技術優秀賞、「MCPC award 2017」サービス&ソリューション部門(主催:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)で特別賞、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウエア部門(主催:りそな中小企業振興財団/日刊工業新聞社)で優秀賞を受賞いたしました。 お問い合わせフォーム.

次の

日本スケートボーディング連盟、選手のパフォーマンスに合わせてスマートフォンで演出を楽しむ「Japan Skate Fun App」を提供

スマート ボーディング

「個々人に頼っていた」 創業期は、みんな最初は個々人に頼っていましたね。 縁故採用も多かったので、問題なく何も指示しなくても、みんなバリバリ新しいこと見つけてきて仕事するという環境でした。 「本格採用スタート。 ついてこれないメンバーが出てきた」 人をもっともっと拡大していこうとなったときに、純粋に縁故じゃない採用も始まってきて、若いメンバーとか、社会人経験短いメンバーもどんどん増えてきたときに、ついてこれないメンバーが何人か出てきたんです。 僕たちも「感覚」でやってきたことなので、体系化ができていなくて。 それで「あれ?やばいな」と思い始めて、教育制度をちゃんとつくらなきゃね、と話しはしていました。 でも、僕らもむちゃくちゃ忙しかったので、途中で合流してきた社員の「育成」が大事だとわかっていても、ずっと後回しにしていたんですよね。 でも、後回しにしているうちに、会社の状態も雰囲気がすごく悪くなってしまったんです。 働きがいなんて、言えないような状況でした。 それまでは一人一人の個の力で伸びてこれたけど、途中で合流してきた社員をちゃんと「育成」しないと駄目だったんですよね。 「OJTはやっていた。 「ベンチャーなんだし、先輩の横について自分で学べよ」とよく言ってたんですが、もう無理だな(笑)本当にもうそう感じました。 そこで、育成に対する時間を経営陣を筆頭にとるようにしました。 でも、それはすごくジレンマがあって。 育成の時間をとる分、今までトップランナーで走ってきたみんなが同じパフォーマンスが出せない。 育成しても、すぐにはパフォーマンスに返ってこないじゃないですか。 かといって、そのまま後回しにすると、 新しいメンバーは「なんにも教えてくれないじゃないですか」になっちゃうんですよね。 そういう時期を経て、中途社員に対して、何をどう最初に学んでいけばいいのかフォローをもらいながらSmart Boarding(スマートボーディング)を導入しました。 戦力化は3倍くらいのスピードに」 僕たちの会社で言えば、経営陣が育成に費やす時間は25%くらいに減りました。 でも今の育成ステップで、戦力化は3倍くらいのスピードで進んでいると思います。 時間がたてばたつほど、どんどん効率よくなっていくイメージがありますね。 「教えてほしい」という欲求がある これは、実際にうちの新人が言っていたことなんですけど、 「自分はあまり教えてもらってない」という負い目があったと、何人かに言われました。 最近の合流メンバーには、Smart Boarding(スマートボーディング)を使って効率的に育成をはじめているので、それがうらやましいと。 どんなメンバーでも最初はやはり「教えてほしい」というのがあるのかもしれませんね。 なので、僕自身は、営業するわけじゃないですけど、成長しているベンチャー企業にはすごくいいんじゃないかと思っています。

次の