ドコモ あんしん パック ホーム。 NTTドコモ、「あんしんパック」をリニューアル-モバイル機器と家庭のデジタル機器をトータルサポート :日本経済新聞

もしものときにポイント還元|いちおしパック|ドコモ公式-スマホアプリならスゴ得コンテンツ

ドコモ あんしん パック ホーム

あんしんセキュリティ のサービス内容 「あんしんセキュリティ」は、メールやアプリ、WEBサイト閲覧など、スマホに関するセキュリティがまとまったドコモのサービスです。 実際に利用する際には専用のアプリをインストールして、上記の機能にプラスしてウイルスのスキャンや迷惑電話のナンバーチェックなども行う事ができるのが特徴ですね。 個別に申し込む場合の料金は、• Androidスマホ:220円(税込)• iPhone:350円(税込) です。 基本的にAndroidスマホもiPhoneもセキュリティ対策をしなくても安全に利用できるように設計されていますが、さらにセキュリティ強化をしたい人や迷惑電話対策を行いたい人におすすめです。 あんしんパック モバイル は必要か 「あんしんパック モバイル」には、ドコモの携帯電話補償サービス「」が含まれている為、「ケータイ補償サービス」のみで申し込みするか、「あんしんパック モバイル」で申し込みするかで迷ってしまいますよね! 「あんしんパック モバイル」と「ケータイ補償サービス」の料金差は月額220円(税抜)なので、• :月額400円• :月額200円 のどちらかのサービスに加入するなら、全部に加入して「あんしんパック モバイル」を適用させたほうがお得という事になります。 個人的には、「あんしん遠隔サポート」が スマホの初心者にとってはかなり便利なサービス なので、サービス内容に魅力を感じるのなら「あんしんパック モバイル」で申し込んだほうが使いやすいと思います。 「あんしんセキュリティ」は、お子さんに初めてスマホを持たせる時などには安心かもしれませんね。 「あんしんパック モバイル」はスマホを使い慣れていない操作が不安な人におすすめなオプションサービスですが、以前からスマホを使っている人には「ケータイ補償サービス」だけで十分かなという印象です。

次の

【ドコモ】毎日をお得に安心して過ごそう!~いちおしパック×あんしんパック~

ドコモ あんしん パック ホーム

ドコモでは、対象のサービスを利用する場合、 セット割引が適用になって月額料金が通常よりも380円安くなる「いちおしパック」というパックサービスを提供しています。 便利でお得なサービスですが、いちおしパックが必要か必要でないかはユーザーによって違いますので、 使わないサービスなのに料金を支払っているから解約したい という人もいますよね。 逆に、 いちおしパックを使ってみたいけど、いつでも解約することはできるのか?解約するときはデメリットがあるのか? ということが気になる人もいると思います。 いちおしパックはいつでも解約が可能ですし、必要になればいつでも改めて申込むことが可能です。 ただし、 解約するときは各サービスのデータが消えてしまうということに注意しなくてはなりませんし、 各サービスの月額料金が変わってくるということにも注意しなくてはなりません。 NAVITIME 駅すぱあと 旅と路線図 フォトデコレ 超ブルーライト削減 家計簿 つみネコゲームス 三國志 妖怪ウォッチ 細木数子六星占術 AI手相鑑定 通常なら月額100円や200円がかかる有料コンテンツ・アプリも、スゴ得コンテンツなら使い放題で利用できます。 毎日抽選プレゼント・割引クーポンが貰える スゴ得コンテンツでは、 月曜から金曜まで毎日スイースやギフトコードが抽選で当たる特典もあります。 抽選の他に、 お買い物やランチ、映画鑑賞など様々なシーンで使える約2,000種類の割引クーポンもゲットすることができるので、コンテンツ・アプリを使用しない人にもスゴ得コンテンツはおすすめです。 さらに、 いちおしパック契約者なら、月曜~金曜だけでなく土日も抽選できる特典があってさらにお得に使えます。 いちおしパックを初めて契約する場合は、ローソン商品などが貰える限定特典もありますよ。 dマガジン(月額400円) dマガジン全ラインナップから毎月1冊を選んで読める 毎月第1土曜日は1日限定で全誌が読み放題になる• dアニメストア(月額400円) 人気・話題のアニメ約30作品を毎日3~5話ずつ限定配信 期間限定の見放題作品も楽しめる もしものときにポイント還元 いちおしパックとあんしんパックモバイルを両方契約している場合は、あんしんパックモバイルのケータイ補償サービス利用時に 最大5,000ポイントが還元される特典もついてきます。 スマホが壊れてしまったときや紛失してしまったとき、ケータイ補償サービスを利用した場合は、androidスマホなら7,500円、iPhoneなら11,000円の負担金がかかります。 いちおしパックに加入していれば、5,000円分のポイントが還元されるので、ケータイ補償サービスの負担を抑えることができて万が一のときも安心です。 my daiz my daizとは、グーグルホームやアレクサといった話しかけると会話の内容をAIが認識し、自動で操作を行ってくれるスマートスピーカーのようなサービスのことです。 端末にmy daizをインストールすることで、 スマホに話しかけるだけでmy daizが生活をかしこくサポートしてくれます。 my daizは、日々のスケジュールや端末の位置情報を登録することで、ユーザーの生活リズムや好みを学習し、天気や交通情報などの毎日の生活に役立つ豊富なコンテンツから、 ユーザーに合った情報をお知らせしてくれるようになりますよ。 いちおしパックで利用する場合は、 調べなくてもmy daizが先回りしてプッシュ通知でお知らせする機能も利用することができます。 例えば、朝の通期時間帯に電車の遅延情報があるときは設定したアラームの時間よりも早めにアラームを鳴らしてくれたり、天気予報を照合して帰宅時間ごろに雨の予報があるときはお知らせしてくれるので、日々の生活に役立ちます。 クラウド容量オプションプラス50GB クラウド容量オプションプラス50GBは、 スマホで保存した写真や動画などのデータをクラウド上に保存できるサービスです。 スゴ得コンテンツ・my daiz クラウド容量オプションプラス50GBの3つのサービス全てに申込むこと いちおしパックの適用条件は、 上記の3つのサービス全てを利用することです。 3つのサービスをそれぞれに申込みし、3つ全てのサービスに加入していることが確認されれば、自動でいちおしパックが適用されます。 いつでも申込みと解約が可能 いちおしパックは、 対象の3つのサービスをいつどのタイミングで申込んでも対象になります。 初めていちおしパックが適用になる場合は、 初回31日間の月額料金は無料で利用することが可能。 いちおしパックを解約する場合も、いつでも自由に好きなタイミングで解約することができ、解約後にまた必要になったら再契約することもできますよ。 ドコモいちおしパックを解約するデメリット お伝えしたように、いちおしパックはいつでも申込みができて解約するときも自由に解約ができます。 しかし、いちおしパックを解約する場合は、 気を付けなくてはならないデメリットがあります。 いちおしパックを解約するデメリットについて詳しく解説していきます。 月の途中で解約したら日割り計算で請求される いちおしパックは、 月の途中で解約した場合は月額料金が日割りで請求されます。 もしも、3つのサービスのうちどれか1つだけを解約した場合は、いちおしパックの割引も日割りになってしまいます。 いちおしパックを解約するなら、 できるだけ月を跨がずに月末に解約するほうがいいですね。 なので、 3つのサービスのうち2つのサービスを使用するならいちおしパックで使用した方がお得です。 クラウド容量オプションプラス50GBに保存していたデータは削除される クラウド容量オプションプラス50GBを利用しているのに解約してしまうと、 無料で保存可能な5GBの容量を残して全てのデータが削除されてしまいます。 削除されてしまったデータは元に戻すことはできないので、解約する前にクラウド上に保存しておいたデータは、パソコンや他のクラウドサービスなどを利用して移動させておかなくてはなりません。 ドコモいちおしパック解約デメリットのまとめ 月額880円の3つのサービスが月額500円で利用できる いちおしパックで利用すると、いちおしパック加入者しか利用できない特典がついてくる いちおしパックはいつでも解約可能 解約時は月額料金は日割りになる 3つのサービスのうち、2つのサービスを利用するならいちおしパックとして利用した方がお得 クラウド容量オプションプラス50GBを解約するときはデータが消滅する可能性がある ドコモのいちおしパックについて、解約時はデメリットがないのか解説してきました。 いちおしパック自体は 解約しても違約金などもかかりませんし、3つのサービスを申込めば、再度いちおしパックが適用されるのでデメリットはありません。 ただし、クラウド容量オプションプラス50GBは、解約してしまうと保存していたデータが消滅してしまうので、もしもデータをクラウドに保存していた場合は、解約する前にデータを移動させるようにしてくださいね。 いちおしパックを利用すれば月額料金が380円も安くなってお得に利用することができますし、初めていちおしパックが適用になる場合は、初回31日間は無料でサービスを利用することができてお得です。 いちおしパックをまだ利用したことがない人は、データの消滅さえ気を付ければいつでも解約することができるので、無料期間を利用して一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

次の

いちおしパック|ドコモ公式-スマホアプリならスゴ得コンテンツ

ドコモ あんしん パック ホーム

そもそも「あんしんパック」とはどんなサービスか? あんしんパックは、冒頭でも触れたようにドコモが提供している補償サービスやサポートサービスのセットパックです。 セット内容には 「あんしんネットセキュリティ」「あんしん遠隔サポート」「ケータイ補償サービス」という3つのサービスが含まれています。 もし、あんしんパックを使わずに個別に3つのサービスを契約したとすると、例えばドコモのAndroid機種では、• またiPhone・iPad向けにも同様に• ところが、あんしんパックを利用することで、料金は格段に安くなります。 あんしんパックの月額料金はそれぞれ以下の価格となっています。 2017年冬モデル以降のdocomo with対象機種…550円• 上記以外のAndroid機種…720円• iPhone・iPadの場合…970円 いずれの場合も、 単体で全てのセキュリティサービスや補償サービスを申込んだ時の価格よりも380円安い金額となっています。 また、あんしんパックは 初回最大31日間無料キャンペーンを行っています。 初回というのは1回線につき1回のみという意味で、あんしんパックを適用してから最大31日間が無料となります。 「最大」については、利用者が31日間以内にあんしんパックを解約した場合は利用していた日数分だけが無料になるという意味であるため、特別な条件を満たしていないと最大日数が適用されないという訳ではないためご安心下さい。 それでは以下で各サービスの内容を見ていきましょう。 1-1. あんしんネットセキュリティ あんしんネットセキュリティでは、 スマホを利用する際のあらゆる危険からスマホを守ってくれます。 例えば「セキュリティスキャン」や「ウイルススキャン」ではドコモのデータ保管BOX内にあるデータにウイルスが潜んでいないかをチェックしてくれたり、「セーフブラウジング」という機能ではネット上に潜む詐欺サイトなどからスマホを守ってくれたりします。 さらに「迷惑メールおまかせブロック」という機能によって迷惑メールを自動で判別してくれるため、迷惑メールや詐欺メールに騙されてしまうという危険性がほとんどなくなります。 1-2. あんしん遠隔サポート 続いてあんしん遠隔サポートでは、 年中無休で運営している専用ダイヤルに電話をかけるだけでスマホの操作や設定だけでなくドコモ以外のサービスやアプリやパソコンや周辺機器との接続もサポートしてくれます。 多くのサポートサービスでは電話で操作方法を伝えられるだけという事が多いですが、あんしん遠隔サポートの場合は ご自分のスマホ画面をオペレーターと共有しながら操作できるため、どうしても操作方法や設定方法がわからない場合は操作や設定を代行してくれます。 そのため、スマホ初心者の方でも安心してスマホを利用することが可能となります。 1-3. ケータイ補償サービス 修理や紛失に対応! 最後にご紹介するケータイ補償サービスでは、スマホの画面割れや水濡れといった保証の対象外となる故障の場合やスマホを盗まれたり無くしたりといった紛失の場合に、お電話やドコモショップ窓口で受付をすることで 交換電話機を自宅や指定のドコモショップに届けてくれます。 利用しているスマホの種類によって発生する金額は異なりますが、有償で修理に出したり新しいスマホを購入したりするのに比べるとかなりお安い金額で交換電話機を手に入れることが出来ます。 あんしんパックは必要か? あんしんパックは、上記でご紹介した「あんしんネットセキュリティ」「あんしん遠隔サポート」「ケータイ補償サービス」という3のサービス全てが必要な方が申込んだ方が良いサービスパックです。 ネットセキュリティに関しては、カスペルスキーやノートンやウイルスバスターなどパソコンやタブレットを含む複数の端末を同時に保護できる有料のソフトやサービスを利用している場合、あんしんネットセキュリティは特に必要ありません。 また、あんしんネットセキュリティはAndroidスマホとiPhone・iPadによってセキュリティの範囲が異なります。 Androidスマホの場合、あんしんスキャンのサービス内容において「セキュリティスキャン」「プライバシーチェック」「セーフブラウジング」「セーフWi-Fi」という4つのサービスを利用することが出来ますが、iPhone・iPadの場合は「セーフWi-Fi」にのみ対応しています。 つまり、 iPhone・iPadを利用する方は受けられるサービスが圧倒的に少なくなります。 さらにあんしん遠隔サポートに関しても、操作方法や設定方法や接続方法に関してご自分で調べられる方は特に必要ありません。 飽くまで、スマホを使い始めて間もないまだスマホに慣れていない方へ向けたサービスです。 つまり、あらゆる方が入っておいた方が良いサービスは、AndroidスマホやiPhone・iPadを問わずさらにスマホ初心者や上級者を問わず 誰しもが起こりうるスマホの画面割れや紛失・盗難といった際に活躍するケータイ補償サービスのみということになります。 解約方法 ドコモのあんしんパックの解約は、 お近くのドコモショップやMy docomoから行うことが出来ます。 上記でご紹介したあんしんパックのサービス全てが不要である場合は、あんしんパックそのものを解約しましょう。 ですが、例えば「あんしんパックとして契約したがケータイ補償サービスのみを残したい」という場合は、あんしんネットセキュリティとあんしん遠隔サポートのみをそれぞれ個別で解約することが可能です。 その際には、どのサービスを残したいのかをドコモショップの窓口でスタッフに伝えるか、My docomoで不要なサービスだけを解約しましょう。 My docomoは利用しているドコモのスマホからアクセスしてdocomo IDとパスワードでログインして操作を行うことが出来ますが、もしdocomo IDやパスワードを忘れてしまった場合やご自分の操作で解約手続きを進めるのが難しいという場合は、ドコモインフォメーションセンターというお電話での窓口からオプションの解約を行うことが出来ます。 この方法であれば、ドコモショップに足を運ぶことなくドコモのスタッフに相談をしながら必要なサービスだけを残して不要なサービスを解約することが可能です。 あんしんパックの解約にあたって、料金は日割り計算されるためどのタイミングで解約をしても損をすることはありません。 本当にご自分にとって必要なサービスは何なのかをじっくりと考え、不要なサービスは解約しましょう。 まとめ ドコモが提供するあんしんパックは、加入することで確かにドコモのスマホを安心して使うことが出来ます。 しかしながら、不要なサービスに加入していると、いくらセット料金で割引されているとはいえ結局のところ高くついてしまいます。 加入するなら「ケータイ補償サービス」だけがおススメです。 スマホ購入時に本体価格の頭金を0円にするために加入するオプションとしても有名なあんしんパックですが、不要なサービスであると感じたらなるべく初回最大31日間無料キャンペーン期間中に解約をした方が良いでしょう。

次の