ネット 繋がり にくい。 突然インターネットが繋がらない!そんなときの確認と対処法

解決!スマホがネットに繋がりにくいときの対応法|SIMラボ

ネット 繋がり にくい

<目次>• 雨の日にネットの調子が悪くなる原因は? 原因は状況や環境によりさまざま考えられますが、一般的に以下のようなものがあります。 電波が届きにくい 無線LANやモバイルルーターなど、Wi-Fiでインターネットを利用している場合、影響が出ます。 電波は水に当たると吸収されてしまうという性質を持っています。 そのため、通信会社の基地局から電波を飛ばすモバイルルーターは、 特に雨の影響を受け、不安定になりやすいのです。 なら自宅のWi-Fiは大丈夫かというと、そうとも限りません。 Wi-Fiの電波は横へ移動する性質で、上下の移動は苦手です。 例えば2階建ての家で、1階にルーター、2階でインターネットを利用している場合、電波は直接真上の天井を突き抜けては行けません。 そんなときは、 窓から一度外へ出て、二階の窓から入って受信している場合も多いです。 そして一度外へ出た時に雨の影響を受け、電波が弱くなってしまうのです。 また、固定回線でも ADSLは天気の影響を受けやすいです。 教えて、コンさる! 持ち運びができるルーターで、いつでもどこでもWi-Fiに繋げられるんです。 自分専用のWi-Fiスポット、のようなイメージですね。 ネット利用者が多い ウソかと思うかも知れませんが、 インターネットの利用者が多いことが原因で繋がらないことは意外に多いです。 特に天気が悪いと外出を控える人が増え、その分多くの人がインターネットを利用します。 また突然の雨では、いつごろ止むかと天気予報を検索する人も多いです。 そのため インターネットの回線が渋滞し、遅くなってしまうのです。 夜間や昼休み時に遅く感じるのも、実はこれが原因です。 通信設備のトラブル インターネットは、家とインターネットを提供する会社の設備を回線で繋げることで、利用できます。 激しい雨風で回線の中継機器が漏電したり、雷雲からのノイズで悪影響がでたりして、調子が悪くなることがあるようです。 近所では弱い雨でも、設備の近くで落雷などがあると、影響は出てしまいます。 自分のネット環境はどうなってる? 通信設備のトラブルは残念ながらどうにもなりませんが、個人でもできる対策はあります。 まずは、ご自身のネット環境を確認してみましょう。 遅くなっているのか確認 実際に遅くなっているのかは簡単に確認できるので、一度試してみることをおすすめします。 googleの検索で、 「スピードテスト」と検索してください。 すると、検索結果に上図のインターネット速度テストが表示されます。 「速度テストを実施」をクリックすれば、1分ほどで速度がわかります。 このテストなら速度だけでなく、下図のようにメントをくれるので、わかりやすいですね。 基本的にプロバイダが提示している速度はベストエフォート型と言って、 あくまで理論上最大で出る速度のことです。 実際はさまざまな要因から、そのスピードを出すのは難しいのです。 しかし、たとえば Youtubeの動画を見るだけなら5Mbpsもあれば十分なので、ご安心ください(4K画質になると別ですが)。 速度を確認してみて遅いなら、以下を試してみてください。 ルーターの移動 ルーターに近づく、または ルーターを近づけることで、速度が上がる可能性があります。 すぐにできる方法なので、可能であれば試してみてください。 ルーターを置く場所によっても、速度が改善される可能性があります。 詳しくは、下記ページでご紹介しています! プロバイダに確認 光回線は天候の影響をほとんど受けません。 しかしよほどの悪天候であれば、断線したり、通信機器のトラブルが発生している可能性はあります。 トラブルの有無はプロバイダに確認できますが、トラブルがあった場合は 復旧を待つしかありません。 ネット利用者が多くても、もう怖くない? ネット利用者が多くて遅くなったとしても、他のネットユーザーに「控えてください!」なんて言うわけにはいきませんよね。 また、たとえ利用者数が多くなかったとしても、 近くにネットヘビーユーザーがいる場合、回線が圧迫され、遅くなることがあります。 そんな問題を解決してくれるのが、 「IPv6」です。 インターネットの広告などで、目にしたことはあるかもしれません。 IPv6とは簡単に言うと、インターネットの通り道、道路のようなものです。 インターネットを利用して、行き来するデータが車です。 現在ほとんどの人が、IPv4という道路を使っています。 ネット利用者が多いと、IPv4道路に大量の車(データ)が通り、渋滞してしまいます。 そこで渋滞緩和のために、新しい道路を作ることにしました。 それが、IPv6です。 IPv6道路を走れるのは、 IPv6に対応したプロバイダと機器を使っている人だけ。 なのでネット利用者が多くても、IPv6道路を走る車が少ないので、渋滞の心配がありません。 IPv6の確認方法 ご自身がIPv6に対応しているかどうかは、ご利用中のプロバイダにご確認ください。 対応している場合、すでにIPv6の道路を使用している可能性があります。 今使っている道路がどっちなのかは、 判定サイトにアクセスするだけで簡単にわかります。 例えばにアクセスし、右上の表示を見てください。 「via IPv6」と表示されていれば、既にIPv6に対応しています。 「via IPv4」と表示されている場合、残念ながらIPv4道路を走っています。 IPv6に対応しているのにIPv4と表示された方は、まずお使いの ルーターがIPv6に対応しているか、ご確認ください。 また、パソコンでも IPv6の設定をする必要があります。 STEP7 OKをクリックして閉じます インターネット環境を見直してみる モバイルルーターやADSL、一部のケーブルテレビでインターネットを利用している場合、天気の影響はあります。 電波やケーブルが雨風の影響で弱くなったり、ノイズが入ってしまうのが原因です。 天気に左右されずインターネットを楽しみたいなら、 光回線への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。 また、激しい雨や雪、台風などでテレビが映らなくなった経験はありませんか? これは、雨や雪で電波が遮られたり(特に衛星放送)、強い風でアンテナの向きが変わったり、台風で折れたりすることが原因の一つです。 光回線を引けば、 光テレビというサービスも利用できます。 この光テレビは悪天候に強い光回線を使い、さらにアンテナも必要ないため、 快適にテレビ視聴ができるんです。 参考記事 光回線はどう選べばいいか、おすすめは? とはいえ、今は多くの光回線があふれていて、どれを選べばいいか分からないですよね。 いろいろ見ているうちに、今のままでいいや……となってしまったり。 そこでおすすめするのが、 ご利用中のスマホキャリアの光回線です。 docomoユーザーなら「ドコモ光」、auユーザーなら「auひかり」、SoftBankユーザーなら「SoftBank光」ですね。 ドコモユーザーはドコモ光一択! ドコモをご利用されている方は、ドコモ光セット割で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。 またドコモ光にすれば、支払いも一括管理ができ、dポイントも貯まりやすくなります。 auユーザーはauひかりがおすすめ! auをご利用されている方は、auスマートバリューの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。 またauひかりにすれば、auWALLETポイントも貯まりやすくなります。 SoftBankユーザーはSoftBank光をチェック! SoftBankをご利用されている方は、おうち割 光セットの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。 SoftBankユーザーはSoftBankAirもチェック! どうしてもご家庭の事情で固定回線をひけないひともいらっしゃると思います。 そんなひとにオススメです。 さらにSoftBankをご利用されている方は、おうち割 光セットの適用で毎月最大1,000円(税別)の割引が、対象の家族全員受けられます。 検討される場合は、見直しは慎重に、そして快適なインターネットライフを楽しんでください。 ノジマ店頭では、お客様のニーズに合った光回線をご案内いたします。 ぜひ、お気軽に店頭スタッフまでお問い合わせください。

次の

つながりにくい・途切れる時間帯がある|接続・設定方法|eoユーザーサポート

ネット 繋がり にくい

本元である回線(インターネット業者)が原因なのか• 家の中のネットワーク機器が原因なのか• パソコンやスマートフォン等の端末機器が原因なのか 原因を特定する必要があります。 ここではその原因を解明する3つの手順を説明します。 繋がらない機器を確認する まず一番初めに パソコンやスマホ、タブレットが原因なのかを確認するために障害が出ている機器を確認します。 これは単純に同じネットワーク内にある複数の端末をインターネットにつないで確認してみましょう。 スマートフォン、タブレットはWi-Fiでホームネットワークに繋がっている場合のみが対象です。 複数のパソコンやデバイスでインターネットに接続してみて他のパソコン(スマホなど)は繋がるけどこれだけ繋がらない、などの場合はそのパソコン(スマホなど)に原因があります。 その場合はしてください。 もしすべて繋がらなければ原因はネットワーク機器(ルーターやハブ、ケーブル、Wi-Fi機器等)か回線(インターネット業者側の問題)になるので次の項目まで進んでください。 もし家庭でインターネットを接続している機器が一台しかない場合はそのまま次の項目へ進んでください。 ネットワーク機器か回線自体が原因かを確認する パソコンが原因ではないと判明したら次は ネットワーク機器かインターネット回線そのもののどちらかに絞られます。 ネットワーク機器とは主にルータ、ハブ、LANケーブルです。 インターネット回線とは終端装置から外のこと。 こちらが悪い場合は手の打ちようがないので回線業者(NTTや各種プロバイダなど)に問い合わせするしかないです。 これを手っ取り早く確認するために次の手順を踏みましょう。 手順1.機器の電源やネットワークの表示を確認する プロバイダが提供する終端装置や自分で用意したルータやハブ等には すべて正常に作動しているかどうか確認するための表示ランプがあります。 回線終端装置はADSLのモデムでも光回線のONUでも 基本的に常時光りっぱなしが正常です。 なので消灯していたり点滅している場合はネット回線自体が繋がっていないか装置自体の故障が考えられます。 電源ケーブルの抜き差しで直る場合もありますがそれでも直らない場合は回線業者に問い合わせするしかないです。 画像はONUの正常な状態。 点滅していたら回線側で障害が出ています。 ルータの場合は機種にもよりますが基本的に一部ランプがつきっぱなしで一つだけ不規則に点滅しているランプがあります。 全部消灯している場合は 故障か電源ケーブルが抜けている、規則正しく点滅しているランプがある場合は 故障かネットワークの設定がうまくいってない可能性が高いです。 その際はこちらを参照して再設定してみてください。 手順2.LANケーブル、電源ケーブルの確認 オフィス等でネットワーク障害の問い合わせがあった時、原因が ハブの電源ケーブルが抜けていたということは多いです。 その際手順1で判明すると思いますが、念のため電源ケーブルがしっかり接続されているか確認しましょう。 その際同時にLANケーブルも確認してください。 これが抜けていて繋がらなかったってことも意外と多いです。 何かに挟まれて切れていないか、外傷がないか等も確認しましょう。 手順3.終端装置とパソコンを直接接続する 手順2まで行ってそれでもわからない場合は 終端装置(ONUやADSLモデム)とパソコンを直接LANケーブルで接続してインターネットが繋がるか確認しましょう。 その際、インターネットの初期設定をする必要がある場合があります。 そのまま繋いでネットに繋がらなかった場合は下の記事を参考にして設定してみてください。 これで接続できればルータの設定の問題です。 何らかの原因で設定がリセットされていたと思われます。 繋がらない場合は 回線自体の問題なので回線業者に問い合わせするしかないです。 早急に必要な場合はWi-Fiをレンタルするのもあり 回線業者自体のトラブルや、ONUなどの機器が問題でつながらない場合は復旧に数日掛かることがあります。 その場合はこちら側ではどうすることも出来ないので待つしかありません・・・ ネット環境が早急に必要な場合はモバイルWi-Fiをレンタルすることも可能です。 下記ページにレンタルWi-Fiの詳細をまとめているのでご参考ください。 パソコン等の端末が原因の場合の対処法 ネット回線、ネットワークに異常がない場合、原因は パソコンの設定の可能性が高いです。 まずコマンドプロンプトでネットワークとパソコンが接続されているか確認しましょう。 コマンドプロンプトで確認(windows) 左下にあるwindowsアイコンをクリックし「プログラムとファイル名を検索」で「cmd」を入力しEnterを押します。 すると下のような画像が出てくるのでその画面で「ipconfig」と入力しましょう。 その中にIP(v4やv6)アドレスという項目がるので画像のように(192. 168・・・)と正しく表示されていれば正常です。 空欄の場合はネットワークが正しく繋がっていません。 さらにその下のデフォルトゲートウェイが画像のように正しく表示されていればネットワークに問題ありません。 それでもインターネットが繋がらない場合、(特殊な設定をしていなければ)パソコンの故障が疑われます。 メーカーや購入したショップに問い合わせした方がいいかもしれません。 IPアドレスやデフォルトゲートウェイが空欄の場合はネットワーク設定がうまくできていません。 ネットワーク設定を確認しましょう。 知識が全くない人はパソコンショップで見てもらった方がいいかもしれません。 無線接続端末の設定 ノートパソコンやスマートフォン、タブレット等の無線端末が繋がらない場合、 普段自動接続しているwi-fi設定が解除されている可能性があります。 その際は下記のページを参考に再設定してみてください。 wi-fi接続時のパスワードは初期設定から変更していなければ本体に貼っているステッカーに書いてある8ケタの英数字を入力してください。 もし変更して忘れてしまっている場合はブラウザを開いてデフォルトゲートウェイのアドレスを入力してください。 そこから無線LANルータの設定画面に入れるのでパスワードも確認ができます。 無線LANルータのデフォルトゲートウェイの初期値や設定画面に入るためのユーザー名、パスワードはメーカーによって決まっているので調べてみてください。 インターネットが繋がりづらい時に回線元に問い合わせることはできますか? [a] サポートの手厚い回線であればしっかり相談にのってくれますが、手厚くない場合は自分で調べて原因特定していかなければなりません。 どうしても駄目なら端末の製造元に相談してみるのも手です。 回線がやたら遅いのはネット回線そのもののこともありますがルータの故障も考えられます。 で確認するとどちらが原因なのか判明しますので是非活用してみてください。 それでもダメなら・・・ 家で使っている機器に問題がなく、回線業者に問い合わせしても問題ないと言われ、それでも「遅い」という場合はもう 回線自体を乗り換えてみるしかありません。 特に新しく始まったドコモ光やソフトバンク光等の光コラボレーションは回線速度が遅い、安定しないという声が少なくありません。 auひかり等乗り換えで高額キャッシュバックキャンペーンを行っている光回線もあるので手間は掛かりますが乗り換えを検討するのもありかと思いますよ。

次の

自宅のWi

ネット 繋がり にくい

インターネットに繋がりにくい、遅いなどのトラブルはルーターやPCなどのネット周辺環境を整えることで改善できることもありますが、光回線自体の 混雑が原因だった場合、混雑しにくい光回線に乗り換えることを検討してみてください。 現在利用中の光回線が混雑していて繋がりにくい、遅い場合は、利用中の光回線とは 別の光ファイバーケーブルを使って提供される他社の光回線に乗り換えることで、現在の光回線の混雑による速度遅延を解決できる可能性があるでしょう。 上記のようなケースなら、 独自回線を使っているNURO光、あるいはフレッツ光回線とは 別のKDDI回線を使っているauひかりへの乗り換えが適切でしょう。 光回線 特典• オプション契約なしで 45,000円キャッシュバック• 新規工事費40,000円が実質 無料 目次• インターネットが繋がらない・遅い時の原因と対処法について インターネットを利用するには現在大きく分けて3つあり、 ・固定の光回線 ・WiMAXなどの移動式通信機器 ・スマホ があります。 スマホの場合は繋がらなかったり遅い場合のほとんどは「速度制限」なので速度制限が解除されるまで待つしかありません。 というわけで今回は「固定光回線」に焦点を当てて、【インターネットが繋がらない時の対象法】をまとめていきたいと思います。 繋がらなかったり遅いなどのトラブルはPCでよく起きるので、PCに絞って書いていきます。 しかしほとんどは【PC側に問題がある】事が多いのでまずはPC側の不備を疑うのが近道なのかもしれません。 それでは一つずつ見ていきましょう。 PCが繋がらないのであれば、お手持ちのスマホなどで、契約している光回線のホームページ、プロバイダのホームページを開いてみてください。 障害などが発生していればHPに記載されています。 光回線やプロバイダ側ではまれに工事やトラブルなどで回線やプロバイダ自体が繋がらない事があります。 その場合は何をしても繋がらないので、待つしかありません。 また、このときに「いつ復帰しますか?」なんて問い合わせしても回答はありませんし、相手を困らせてしまう原因になりますからそのような事は控えましょう。 ルーターに原因がある場合の対処法について インターネットが遅い・繋がらないときの原因として2番目に多いのがルーター問題です。 PCやスマホを固定回線で使用する場合、ほとんどの方が無線LANでインターネットを使用していると思いますが、その際に使うのがルーターで、ルーター側に不具合があれば何をしても繋がりません。 インターネットが繋がらない場合は一度ルーターをリセットしたいので、電源を切った後、コンセントから引き抜いてみてください。 ルーターだけではなくスマホもそうなのですが、長期間電源が入ったままだと調子が悪くなってしまう事が多々ありますので、調子が悪いな?と思ったらまずは一度電源を落としてしまう事が有効です。 一度電源を切ってみてもうまくインターネットに繋がりにくかったり、遅かったりする場合はLANポートのケーブルが抜けたりしていないか確認してください。 こちらのケーブルに関しても一度抜き差ししてみると改善する場合もありますのでお試しください。 PC側に問題がある場合の対処法について ルーターをリセットしてもダメな場合はPC側に問題がある場合がほとんどです。 PCはウィルスソフトなど、自動的に動くプログラムなどがたくさんあるので、それらのプログラムが悪さをして通信速度が遅くなる場合があります。 ですのでルーターと同じく、一度電源を完全に落としてみてください。 再起動ではなく【シャットダウン】をして完全に消えたら電源コードから引き抜いて、数分たってから起動してみてください。 インターネットが繋がりにくい場合はPCを再起動すれば改善される事が結構ありますので、おかしいな?と思ったら電源を一度落としてみてください。 インターネットが繋がらない・遅いと感じたときは上記対策方法を試すだけで7. 8割は改善しますので一度お試しください。 インターネットの速度が慢性的に遅い場合の対処法について さきほどは繋がらないときの対策方法を書いていきましたが、このブロックでは、【普段からずっと通信速度が遅い】【1ヶ月前と比べるとかなり遅くなった気がする】など、突発的ではなくずっと遅い場合の対処法を書き込んでいきます。 各プロバイダごとに、このプロバイダは速い!このプロバイダは安いけど遅い!なんて違いはありませんが(厳密に言うとある)、たとえばお住いの近所に同じプロバイダを契約している人が密集していれば、そのプロバイダの通信速度が遅くなってしまう可能性があります。 ずっと遅いと感じていた人がプロバイダを変更するだけで通信速度が劇的に改善した!という事は良く聞く話ですので、一度検討してみてはいかがでしょうか。 ルーターにはいろいろな規格があり、【電子レンジなどの電磁波の影響を受けやすい】ルーターや【電磁波の影響を受けにくいルーター】などがありますので、例えばルーターを電子レンジやテレビの近くに置いているから調子が悪く、通信速度が遅くなってしまう原因になる場合があります。 一度その他の電化製品から話して置いてみてそれでも改善しない場合は一度買い換えてみてもよいかもしれません。 家電量販店にはかなりたくさんの種類のルーターがあるので、ルーターの選び方がわからない人は店員さんに今の現状を伝えて、ルーターを選んでもらうのがおすすめです。 光回線のサービスの特性上、どうしても同じエリアで同じ回線を使っている人がたくさんいたり、一番ネットを使う時間帯の夜間に、大量にデータをアップロードしたりダウンロードしたりする人が近所にいたりすると遅くなってしまう可能性があります。 近所のインターネットのヘビーユーザーを怒鳴りに行くわけにもいかないので、この場合は回線自体を乗り換えるしかない可能性があります。 回線自体を乗り換えるという事なので、転用ではダメです。 ・フレッツ光回線 ・KDDI回線 ・ケーブルテレビ系回線 ・NURO光回線 のどれかを使用していると思います。 ドコモ光やソフトバンク光などはフレッツ光回線で、コミュファ光やピカラ光、eo光などの地域限定光回線はKDDI系回線として考えてください。 回線自体を乗り換えるという事は、転用ではなくて回線ごと別会社の回線に乗り換えるという事です。 フレッツ光が遅いからといってソフトバンク光に転用しても意味がない事が多いのでご注意ください。 まとめ 現在利用中の光回線が混雑していて繋がりにくい、遅い場合は、利用中の光回線とは 別の光ファイバーケーブルを使って提供される他社の光回線に乗り換えることで、現在の光回線の混雑による速度遅延を解決できる可能性があるでしょう。 上記のようなケースなら、 独自回線を使っているNURO光、あるいはフレッツ光回線とは 別のKDDI回線を使っているauひかりへの乗り換えが適切でしょう。 光回線 特典• オプション契約なしで 45,000円キャッシュバック• 新規工事費40,000円が実質 無料.

次の