エスケイ 通信 訴訟。 いいねタウン

エス&ケイ(株)が通信ネットワークでおこなっている集団訴訟対策

エスケイ 通信 訴訟

エス&ケイ(株)はカメラや双眼鏡などの映像機器を中心に、顕微鏡などのバイオサイエンス製品や測定器などの産業機器製品まで幅広く取り扱う会社とも取引を行っています。 高度な技術をもとにして、社会に役立つ製品やソリューションを提供しています。 昨今では、企業に対する集団訴訟が増加傾向にあります。 集団訴訟とは、アメリカでクラスアクションと呼ばれるもので、消費者一人ひとりで訴えるのではなく、同じような問題を抱える人が集まって企業を訴えるものです。 製品で例えると、カメラでの写真撮影時に余計な点や線が画面に入っているなどの欠陥があればクレームがきます。 これが、仮に結婚式や七五三など一生に一度の記念撮影だったりすれば、訴訟にまで発展するおそれは十分に考えられます。 そのため、集団訴訟対策を事前に準備しておかなければなりません。 アメリカの集団訴訟と比べて、日本の集団訴訟は少し特徴が異なることは押さえておきましょう。 まず、消費者自らが企業を訴えることはできません。 企業を訴えられるのは特定適格消費者団体と呼ばれる団体に限ります。 さらに、利用できる場面も限られています。 契約解除による返金要望や欠陥品による損害賠償という種類の訴訟に限定されており、精神的苦痛による慰謝料を求めるような訴訟では利用できません。 実際に訴訟を起こす場合、まずは前述したような内容の訴訟で金銭請求権があるか否かの権利の存否が争点となります。 権利が存在すると判断が下ったら、特定適格消費者団体によって同じ状況にある消費者を募り、債権届を出してもらう流れになります。 このように集まった債権届が裁判所に提出されます。 以上のような状況を踏まえて、企業ができる集団訴訟対策としては、消費者から訴訟されるような契約をしないことが大前提として挙げられますが、どれだけ注意を払っても不可能に近いと言えるでしょう。 よって、権利の存否の争いに全力を注ぐことが大切です。 権利の存否を争う際には、企業と消費者の契約に問題がなかったことを証明する必要があります。 そのため、営業トークの内容から説明に使った資料まで、あらゆるものを記録に残すことが重要です。 契約の締結だけではなく、消費者が購入に至った動機までもストーリー仕立てで不自然にならないように確認が必要です。 例えば、80代の独居老人が一年間のうちに布団を5枚も6枚も購入するようなケースは明らかに不自然です。 そのため、エス&ケイ(株)では、契約動機が合理的である証拠として、可能な限りすべてを記録に残すようにしています。

次の

顧客情報流出なのでは?

エスケイ 通信 訴訟

勤務時間・休日休暇:私の所属していた部署は、お客様に直接商品を届け説明するチームと、商品を使いはじめたお客様からの電話対応・アフターサポートのチームと大きく分けて2種類仕事がありました。 前者は基本ひとりでの業務になり、直行直帰や出張が好きな人には向いているかもしれません。 ただ所属している人数が少なく一人あたりが抱える件数が多いため、早く終わる日もあれば、前入りや帰る日のズレで土日があまり休みに感じられず実質的に拘束時間に波がありますが総合的に長かったように感じます。 後者はいわゆる電話対応や内勤業務が好きな人には向いているのかもしれませんが、同じく人数が少なくかかってくる電話にも一人あたりが対応する件数が多くなるので9時-18時という定時で退勤できることはほぼなく終電があるまで残業をしていました。 現在は改善されていることを願います。 口コミ投稿日:2020年05月19日 給与水準:面接時の条件では支給額26万円ということでしたが、虚偽というか正確に伝えてない内容でした。 基本給10万円くらい+残業代+手当などで26万円となってます。 また遅刻欠勤が月に一回でもあると1万円減らされますし、福利厚生として月に5千円~1万円が控除されます。 勤務時間が1日16~17時間になることを考えると非常に低い給与水準だと思います。 歩合率がかなり高いので、稼ぐチャンスはありますが、一度支給した分を回収されることも多いです。 会社的には理由があるのでしょうが(商品のキャンセルや追加費用で売上が減ったなど)一方的に控除されるので、給与明細を開いてビックリ!今月の生活費をどうしよう!ということにもなりかねません。 キチンとコントロールする必要があります。 口コミ投稿日:2016年04月13日.

次の

エス&ケイ(株)が通信ネットワークでおこなっている集団訴訟対策

エスケイ 通信 訴訟

どこまでも一人ひとりに向き合う そこが「ウチらしさ」です 株式会社エス・ケイ通信 代表取締役 廣瀨 勝司 「人財のチカラ。 設立以来、17期連続の増収増益を記録。 成長を続けるWebサービス業界においても、その成長スピードと圧倒的な営業力で一際異彩を放つエス・ケイ通信。 冒頭の言葉は、その成長の原動力について聞いた際の、廣瀨代表の答えだ。 時流にマッチしたサービスを開発しながら、人財の大 切さも忘れない同氏の経営哲学について聞いた。 O2Oマーケティングに特化したWebソリューションを展開しています。 もともとは通信回線や市外電話割引サービスの販売でスタートした会社ですが、業界が過当競争におちいるなか、Web業界へと事業の主軸を移していきました。 それが2005年前後。 「会社を大きくしよう」と明確に意思決定した時期と重なります。 当社にとってひとつのターニングポイントでした。 「社員のしあわせを追求していきたい」という想いから出た結論が規模拡大だったのです。 規模が拡大すれば、社内の制度や待遇の改善にもつながり、会社の信用力も高まる。 それが、ゆくゆくは社員のしあわせにつながるからです。 そこで、まずは営業力の強化を図りました。 従来の「テレアポ」や「営業回り」といったアナログ的な手法だけに頼らず、顧客管理のIT化やビッグデータの活用、テレマーケティングシステムの導入などデジタルな仕組みも導入。 両軸で営業力を磨きました。 しかし、もっともこだわったのは、「組織力をいかに強くするか」という命題でした。 営業力は組織力の後ろ盾があって初めて発揮され、会社としての強さになる。 それが私の持論です。 いくら優秀な営業がひとり、ふたりいても会社は成り立たない。 個人の力には所詮、限界があります。 個の力をいかに有機的に結びつけ、会社としての営業力を高めるか。 それには、社員一人ひとりを「個性をもった存在」として認め、その成長にどこまでも深くコミットすることが必要です。 社員の存在を大切に思い、その人生を本気になって考える。 その思考の行き着く先が、社員を本当の家族の一員と考える「大家族主義」という考え方でした。 これは当社の経営理念として掲げています。 それは、かつて所属していたベンチャー企業での経験からです。 その会社の思想は、「営業は兵隊」。 朝から晩まで、地道に泥臭く営業に走り回ってくれていたメンバーに対し、「ダメになったら切り捨てればいい」というのが会社の姿勢でした。 「いいから、黙ってやっとけ」というような心無い言葉が社内に飛び交っていました。 営業メンバーを率いていた私は、その思想が許せなかった。 そんな状況で、腐っていく有能なメンバー、崩れていく組織の姿を見せつけられ、「自分は絶対にこんなやり方はしない」と心に誓ったのです。 大局的な経営判断を下す際も、一人ひとりの顔を思い浮かべています。 現在、社員数は200名を超えますが、一人残らず顔と名前を記憶しています。 全社員の顔写真が入った組織図はつねに私のカバンの中にありますから。 たとえば、転勤や単身赴任を指示しなければならないときは、その社員の家族構成や子どもの就学状況まで当然、考慮に入れています。 たったひとりの社員のために社内制度や組織構成を変えたこともありました。 そうした決断が、かりにその時点では不合理だったとしても、いずれ同じ立場の社員が生まれたときに活きる。 なによりも、そんな会社のことを社員はきっと好きになるはず。 一見、不合理にみえる判断ですが、社員から「ウチらしいよな」などと自嘲気味の声が聞かれたときは、むしろ誇らしい気持ちになりますね。 どんなに会社が大きくなっても、この考え方を変えるつもりはありません。 「どうしたら、あいつの人生をよいものにしてあげられるか」。 そんな想いでどこまでも深く一人ひとりと向き合うのが、「エス・ケイらしさ」です。 今は明確な夢や目標がなくてもいい。 社会人としてのキャリアの記念すべき第一歩を、ぜひ当社で踏み出してみませんか。 その一歩をすばらしいものにする自信が、当社にはあります。

次の