引っ越し見積もりが安い。 格安の引っ越し見積もり|100円引越しセンター

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引っ越し見積もりが安い

満足度 4. 00 引越日 2019年02月16日• 満足度 4. 25 引越日 2016年04月04日 良かった点を3つ述べさせて頂きます。 1つ目は作業のスピードです。 梱包からしていただいたのですが、あっという間…• 満足度 3. 50 引越日 2015年09月25日 女性二人の方が、担当者でした。 最初は重いものばかりなのに大丈夫なのかな、と思いましたが挨拶も明るく、養生から積込み、…• 満足度 4. 00 引越日 2015年07月14日 荷物の積み込み、また搬入作業で特に問題なく作業を進めてもらい安心して任せることができました。 仕事も正確で早く、愛想も…• 満足度 5. 00 引越日 2015年07月14日 暑い中、丁寧な仕事に満足です• 満足度 4. 75 引越日 2015年06月25日 何社か見積もったのですが、他のところはトラックを多めに出すと言ったり、かなり高い金額を提示されましたが、アートさんは… 業者ロゴ PR文 お問い合わせ 当社は1971年の創業以来「まごころこめておつきあい」をモットーに、 お客様の新しい生活をサポートすべく高品質なサービスを提供することを心掛けてきました。 おかげさまで多くのお客様にご指示いただき、昨年度には引越作業件数&売上高で業界No. 1になることができました。 最近では47都道府県のすべてに190を超える営業所を展開し、グローバル化にも対応すべく海外引越にも注力しております。 またお客様が引越時に求められるご要望にお応えするために、 電気工事や不用品リサイクルのサービスも関係会社と協力して行っております。 これからも引越業界のリーディングカンパニーとして、お客様に安心して任せていただけるサービスを提供してまいります。 新サービスとして、6月より東京都内のお引越を均一料金で行うサービスを開始いたしました。 お申込みと同時に契約となるため、面倒な訪問見積やお電話でのやりとりも不要となっております。 その他の引越商品は、作業終了後3ヶ月以内) 要相談 レンタルあり 単身パック当日便は無料 一部有料 あり 全国 現金 カード 無料(本数は、ダンボールの枚数に応じる) 最大50枚 1回分のみ あり 最大5個 無料(枚数はプランに応じて) あり 一部有料 全国 現金 カード(らくらく家財宅急便を除く) 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何本でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 「引越らくらくタイムリーサービス」「建替引越パック」なら、引越後に使用済資材をすべてお引き取り。 「単身引越サービス」は、別途3,000円(税抜) あり 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何個でも無料 引越らくらくタイムリーサービス利用者は何枚でも無料 あり(TV・洗濯機の取付も無料) あり•

次の

引っ越し 見積もり

引っ越し見積もりが安い

引っ越し料金が一番安い時期はいつ? 引っ越しの料金が一番安い時期は、何月なのでしょうか。 まずは、以下の図をご覧ください。 年間引っ越し平均費用を、単身と家族ごとに分けて月別で表しています。 まず、単身の引っ越しは何月が一番安いのか見ていきましょう。 一年間の中で一番引っ越し費用が安いのは、9月となっています。 次いで、8月、6月、2月が安い時期だと言えるでしょう。 続いて、家族の引っ越し年間平均費用をご覧ください。 一番安い時期は1月となっています。 次いで、2月、6月、10月が安い時期だといえるでしょう。 単身と家族の引っ越し料金を比較すると、安くなる時期は若干異なりますが、共に2月と6月は安いといえそうです。 引っ越しシーズンのピークについて 次に、引っ越しシーズンのピークについて解説していくことにします。 先程の図を、今一度ご覧ください。 単身の引っ越し、家族の引っ越し共に、3月がピークとなっています。 その後、4月になると落ち着き始め、5月はほぼ通常通りの料金です。 3月と4月以外で引っ越し費用が高くなっている時期は、単身の場合5月と7月。 家族の場合は7月と12月であることが分かります。 尚、引っ越しシーズンのピーク時は、引っ越し料金が通常の倍以上になることも珍しくありません。 もしも、引っ越しの時期をずらすことができるなら、ピーク時は避けて引っ越しをするようにしましょう。 引っ越し費用の節約にもなりますし、ピーク時以外の方が割引に応じてもらいやすくもなります。 注意!家賃の二重払いを防ぐポイント 次に、退去するタイミングについて触れていくことにしましょう。 引っ越し費用を安く抑えるためには、退去するタイミングと、入居するタイミングを合わせる必要があります。 そうすることで、家賃の二重払いを防ぐことができるからです。 下図をご覧ください。 旧居、新居の家賃発生期間をできるだけ作らないことが、家賃の二重払いを防ぐポイントとなります。 賃貸契約の場合、退去する1ヶ月前には退去日を申告しなければなりません。 契約内容によっては、2ヵ月前というケースもあるでしょう。 また、退去する2週間前の申告であれば、家賃の半月分で済むこともあるようです。 詳細は不動産管理会社へ問い合わせるか、契約書の内容を確認しましょう。 それでは、以下で更に詳しく見ていくことにします。 もしも、入居日までの期間が1ヶ月以上空いている場合は、そのタイミングに合わせて、旧居の賃貸契約を解約しましょう。 そうすることで、家賃の二重払いを防ぐことができます。 その上で、家賃の二重払いを防ぐためには、更に2つのポイントがあります。 1つは、翌月の家賃が発生する前に退去すること。 もう1つは、新居の家賃発生日を遅らせてもらうことです。 旧居にてどうしても翌月の家賃が発生してしまう場合は、日割りにしてもらえないか相談しましょう。 契約満了日から数日ずれ込む程度であれば、応じてもらえる可能性があります。 もしくは、支払わずに済むこともあるでしょう。 他にも、礼金や不動産仲介手数料を割引か無料にしてもらうよう、交渉するのも一考です。 また退去後は、部屋のクリーニングやリフォームを行います。 そのため、実際に入居するまでにかかる日数は、1週間から1ヶ月程度と様々です。 どうしても家賃を二重払いしなければならないときは、不動産仲介業者の担当営業マンへ相談してみましょう。 交渉次第では、新居の家賃発生日をずらして、家賃の二重払いを回避できるかもしれません。 もしくは、敷金や礼金、不動産仲介料を割引にしてもらえないか相談してみるのも1つの方法です。 それから、旧居の不動産管理会社へ連絡をして、発生してしまう翌月分の家賃を安くできないか交渉する方法もあります。 契約満了日から数日ずれ込む程度であれば、日割りか無料にしてもらえるかもしれません。 しつこくならない程度に、相談してみましょう。 月末に入居すると、入居月の家賃が無料になる可能性があります。 担当してくれた不動産仲介業者の営業マンへ相談すると、大家さんや不動産管理会社へ直接交渉してもらえるでしょう。 家賃の二重払いを防ぐポイントは以上となりますが、もう1つだけ注意しておきたいことがあります。 それは、フリーレント契約をしていた場合です。 フリーレントとは、入居してから一定期間、家賃が発生しない契約形態のことを指しています。 格安で入居できるため大変便利なのですが、契約満了前に退去すると違約金が発生することがほとんどです。 違約金の相場は家賃1ヶ月分程度ですが、余分な費用を支払いたくない場合は、契約満了前に退去しない方が良いでしょう。 家賃の二重払いに加え、違約金も支払うとなれば、引っ越し費用がより高くついてしまいます。 引っ越し費用が一番高いタイミングと安いタイミングとは? 前項で解説したとおり、引っ越しの費用が一番高い月は、単身の引っ越し、家族の引っ越し共に3月でした。 逆に一番安い月は、単身の引っ越しと家族の引っ越しではばらつきがあるものの、共通して安い月は、2月と6月です。 厳密に言うと、単身の引っ越しは9月が最も安く、家族の引っ越しは1月が最も安い月でした。 引っ越しの費用を安く抑えたいのであれば、高い月を避けて安い月に引っ越しをするのがベストだといえますが、それだけでは不十分です。 更に細分化していくと、一番高いタイミングと安いタイミングに分けることができるからです。 まず、1ヶ月を上旬、中旬、下旬に分けてみていくことにしましょう。 一番高い月は3月でしたが、引っ越しが集中するタイミングは、3月の下旬です。 特に最終週の土日は大変混雑します。 引っ越し業者は、予約が殺到する日の割引はほぼ行いません。 そのため、3月最終週の土日は、1年の中で引っ越し費用が最も高い日だといえるでしょう。 一方、一番安い月は単身の引っ越しが9月、家族の引っ越しが1月でしたが、共に最も安いタイミングは月の上旬から中旬となっています。 次に、時間帯別で見ていくことにしましょう。 繁忙期、閑散期に関係なく、引っ越しの予約は午前中に殺到します。 午後から新居でゆっくりと片づけをしたいと考えている人が多いからです。 また、閑散期であっても午前中は混雑しがちとなります。 つまり、引っ越し費用が一番高いタイミングは、3月下旬最終週の土日の午前中。 そして、一番安いタイミングは、単身の引っ越しが9月上旬から中旬の平日午後以降、家族の引っ越しは、1月の上旬から中旬の平日午後以降となります。 ベストな見積もりのタイミング・時期について ベストな見積もりのタイミングや時期をご紹介する前に、以下の図をご覧ください。 この図は、引っ越し業者へ見積もりを依頼したタイミングをグラフ化したものです。 最も多いタイミングは、3週間以上2ヵ月未満となっていますが、おおよそ3週間から1ヶ月前に見積もりを依頼している人が多いといえるでしょう。 見積もりを依頼する時期としては、3週間から1ヶ月くらいがベストではあるのですが、その際に引っ越し先の住所や、引っ越しをする日にちが決まっていると尚良いといえます。 閑散期の引っ越しであれば、大まかな地域が決まった時点で見積もりを出して貰うことはできますが、正確な金額ではありません。 荷物の量によって、手配するトラックやコンテナの積載量が変わるからです。 引っ越し業者の営業マンであれば、荷造りが済んでいなくても、部屋を見渡すだけでおおよその荷物量は判断できます。 以上のことから、引っ越し先の住所が決まった時点で引っ越し日をピックアップし、見積もりの依頼をするようにしましょう。 尚、早めに引っ越しの見積もりを依頼し、予約は済ませたものの、やはりキャンセルしたい場合はどうしたら良いのでしょうか。 実は、引っ越しの2日前であれば、キャンセル料は一切掛らない決まりとなっています。 これは、標準引越運送約款で決められているため、引っ越し業者によって異なることはありません。 ただし、ダンボールなどの資材を受け取っている場合は、買い取りか返却をする必要があります。 一部使用してしまったのであれば、使った分だけ買い取ることもあるでしょう。 ただし、引っ越しの時期をずらすだけであれば、買い取りも返却も不要です。

次の

格安の引っ越し見積もり|100円引越しセンター

引っ越し見積もりが安い

とにかく引っ越し業者は安いに限る!! 長い人生の中で、一度も転居を経験しない人もいれば、何十回と経験する人もいます。 もし、初めて引っ越しをすることになった場合、何から始めたらいいかさえ分からない人も多いのではないでしょうか? でも大丈夫! 当サイトでは、 一番安い引っ越し業者や運送会社の探し方、 一括見積もりで安くするコツなどを紹介しています。 ぜひ参考にして下さいね。 一番安い引っ越し業者ランキング!料金比較で格安な会社はどこ? 安い順 業者名 料金相場 1位 サカイ 10,000円〜 2位 ヤマト 13,000円〜 3位 日通 15,120円〜 4位 ハート 15,750円〜 5位 アリさん 20,000円〜 6位 アート 25,000円〜 7位 アーク 30,000円〜 こちらは単身パックでの引っ越し料金相場のランキングです。 金額に相当な差がありますよね? 一括見積もりを利用すると、こんな感じで一番安い引っ越し業者が簡単に分かります。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 利用はもちろん無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 一番安い見積もりを引っ越し業者からとるコツは? 引っ越しは回数を重ねるたびに上手に、手際よくなるものです。 私もそうでしたから(笑) 最初は、引っ越し業者に言われるままに事を進めていたのが、次第に自分が主導するかたちで準備を行うことが可能になります。 更に住居を移すというのは、何かとお金が掛かるものですので、料金を安く押さえるとなるとどこを削っていくのがいいのか? 転宅転勤で会社から手当てが出る場合でも、大抵は足が出てしまうものですので、引っ越し業者の費用は少しでも安い方がいいですよね? それには・・・ちょっとしたコツがあります! 一番安い引っ越し方法1:見積もりは少しでも早く安い時期に! 1年の中で一番引っ越し業者が忙しい日といえば、3月の土曜日の大安の日です。 この繁忙日が、どのくらい前に満車になったと思いますか? なんと3ヶ月も前です! 実は引っ越し業者の価格には定価というものがありません。 トラックの空き状況に応じて、弾力的に決められているのです。 荷物を運ぶためのトラックや正社員の人件費などは固定費です。 仕事がなくても引っ越し業者の負担は変わりませんので、空きが多い状況の時には、値引き交渉に応じてくれやすいのです。 安い料金でも、とにかく予約をとって売り上げを確保しておく、ということです。 反対に、予定が詰まっていれば値引きには応じてくれなくなります。 どんな引っ越し業者も無尽蔵に人員を抱えているわけではありません。 ある程度予定が埋まっていれば、無理して安い料金で売り急ぐ必要もありませんし、自社のトラックや人員で賄えない量になると、下請けの運送会社に作業を回す分、料金も上乗せされてしまいます。 ですので引っ越しの達人は、なるべく早く見積もりをとって、安い価格になるよう、有利に交渉を進めているのです。 ちょっとしたコツですが、意外に有効なので実践してみてください。 一番安い引っ越し方法2:日にちに幅を待たせる! 業者から見積もりをとる際、通常は引っ越し日を指定すると思いますが、この日程に幅を持たせるほど安い金額で交渉しやすくなります。 分かりやすく言うと、例えば「3月5日で見積もって下さい」よりも「3月1日から3月7日までで一番安い日で見積もって下さい」という方が、絶対に安くあがるのです。 理由は上でも説明しているように、予約の空き状況によって価格が変動するためです。 一番暇な日に予約を入れてくれるなら、引っ越し業者としても値引きしてでも、とにかく仕事が欲しいわけです。 トラックや人員を遊ばせておくよりはいいわけですから。 要するに、引っ越し業者が一番暇な日時を狙えば良いのです。 そうすれば、無理な価格交渉などしなくても、ちょっとしたお願いで値引きしてくれますよ。 一番安い引っ越し方法3:とにかく一番料金の安い業者を探す! 引っ越し業者と言えば、テレビCMやインターネット広告等で有名なところはもちろん、地域密着型の会社まで沢山ありますよね。 とは言え、いくら安いからといって、あまり小さな会社では、大切な家財道具をちゃんと運んでくれるか心配です。 それに引っ越し業者に払う料金は、同じ内容でも天地ほども差があるのです。 それこそ、安いところと高いところでは、びっくりするくらいに違います。 ですので、初めての引っ越しでも損をしない為には、依頼する側にも注意が必要です。 例えば処分する家具があるケースです。 自治体によっては、無料で処分してくれるところもあれば、家具一個ごとに処分費を払う必要がある自治体もあります。 小さな家具であれば処分も簡単かもしれませんが、大きな物になると自分で運ぶことさえ困難ですよね。 そういった時、引っ越し業者による引き取りも可能ですが、処分費をきっちり見積もりに入れるところもあれば、サービスしてくれる会社もあるのです。 逆に考えてみれば、そういった処分費は、依頼する側からの交渉により、カットすることもできるものなのです。 ちょっとした交渉が、大きな節約につながるのです。 一番安い引っ越し業者を探すには見積もりを多く取って比較する! 一番安い引っ越し業者を探したいなら、なるべく多くの業者で相見積もり取って価格交渉をしましょう。 一番安い引っ越し業者を相見積もりで探すときの注意点 とは言え、相見積もりを取るにしても、最低限まともな引っ越し業者がどこか、きちんと調べる必要があります。 とんでもない不良会社で、大事な家具や貴重品が傷だらけにされたのでは、いくら費用が安いと言っても話になりません。 引っ越し業者の担当者のミスで、トラックが手配されてなくて引っ越しできなかったという話も中にはあるのですから・・ そこで当サイトでは、インターネットによる一括見積もりをおすすめしています。 一番安い引っ越し業者を探すなら一括見積もりがとにかく便利! 一括見積もりサイト側が、きちんとした引っ越し業者を厳選していますので、安心して比較することが可能です。 基本的には大手企業、または評判の良い地域密着型の会社です。 参加している業者数は190社以上、その中から最大10社に同時に見積もりを依頼することが可能です。 引っ越し一括見積もりの依頼をし、実際に見積もりをしてもらうと、安い高いの値段の差にびっくりすると思いますよ(笑) 私が初めて利用した時には、「何故こんなに値段が違うの?」と驚いてしまいました。 引っ越し業者はどこが一番安い?一括見積もりで探した体験談 いくら安いと言っても、インターネットの一括見積もりを不安に思う方もいると思いますので、実際の体験をお話します。 私の引っ越し歴は9回。 最初の引っ越しは、不動産会社からの紹介でそのまま業者を決めてしまったという、今思えば苦い経験があります。 昔のことなので、今のような便利な一括見積もりなどは無い時代です。 今のように安い引っ越し料金で済ませることなんて無理な時代でした。 それでも複数の業者から見積もりを取って交渉することくらいできたかもしれません。 でもそういったことも知らないほど、若かったんですね。 一番安い引っ越し業者は一括見積もりを利用して要領よく探す! その後、主人の仕事の都合で、日本全国を2〜3年に1度ずつ引っ越しするという人生を過ごしていますが、回数を重ねる毎に、費用をどんどん安くしていけています。 要領が分かってきて、どんどん賢くなったんです(笑) 今から2年前に引っ越しをした際にも、実際に一括見積もりを利用して、一番安い引っ越し業者を探しました。 インターネットで条件を入力し依頼すると、すぐに3社から連絡が入ってきました。 今までの経験上、実際に引っ越し業者の人が見に来て見積もりしないと、本当の費用が出せないのは知っていたので、連絡が来ることには特に抵抗はありませんでした。 一番安い引っ越し見積もりは複数業者を比較する必要がある! 私はその3社から見積もりを貰うことに決め、自宅に来て貰いました。 大手の引っ越し業者2社と地元密着型1社です。 大手は丁寧に家財道具を扱ってくれる安心感がある上に、元の値段はこんなに高いけど即決してくれたらこの値段にしてあげますよ、というお決まりの決め台詞を出してきます。 思わず「お願いします!」と言ってしまいそうになりますが、ここは我慢して3社すべてに見積もりを出して貰いました。 そうした所、地元密着型の引っ越し業者が見積もりに来る時間に遅れてしまったとの理由で、一番安い値段の提示をしてくれました。 一番安い引っ越し見積もりは高い業者の半額以下の格安だった! 処分する家具が3つありましたが、それも交渉して、すべて無料引き取りしてくれるとのこと。 この時点で地元密着型の引っ越し業者に決めました。 ちなみに大手2社の見積もり金額は約15万でしたが、約7万円まで交渉で引き下げる事ができました。 金額の交渉をする際、大手引っ越し業者の即決金額より安い額をベースに、そこから引き下げの交渉を行ったのが、良かったのだと思います。 実はあまりに安いので本当に大丈夫かと心配しましたが、当日は丁寧に作業をしてくれました。 おかげで2年前の引っ越しは、過去一番の最安値となりました(笑) 一括見積もりが一番簡単で安い引っ越しのためのコツ! 実際の体験もありますが、一括見積もりは簡単に出来て連絡をしてきてくれる上に、うまく交渉することにより納得いく引っ越しを行うことも可能です。 もちろん大手には大手の良いところもあります。 でも誰だって同じ条件での引っ越し内容になるのであれば、一番安いところに依頼したいのではないでしょうか。 是非、一括見積もりを利用して、お得な引っ越し業者を見つけましょう! 一番安い引っ越し業者を比較したいけど電話がしつこいのは嫌という人は? 一括見積もりは、複数業者から電話がかかってくるので、煩わしく感じる方もいると思います。 そういう方には、新しい一括見積もりサービス、スーモ引越し見積もりがおすすめです! スーモ引越し見積もりは電話番号の入力が必須ではないので、電話なし、ネットだけで見積もり依頼が完結できるところが特徴です。 スーモは大手企業リクルートが運営する不動産ポータルなので、利用者も多く安心ですよ。 一番安い引っ越し業者がどこかは時期や荷物量によって違う! 引っ越し業者について考えたとき、丁寧で料金が一番安い所が選ばれやすいのは当然ですよね。 反対に、高くて作業が雑な会社は、人気がありません。 ですが、引っ越し業者と言っても、数多くの会社が存在しています。 経験が少ない人などは、一体どこをどう選べばいいのか、見当も付かないことも多いのではないでしょうか? 大手、中小と大きく分けることもできますが、大手だからといって安心することができるのか、中小だからといってダメなのかは、実際のところ分かりませんよね。 引っ越しで一番大事なのは、先にも挙げたとおり、料金が安いことや、サービスがどういった内容なのかで決まってくると思います。 ランキング1位の業者でも引っ越しが一番安いとは限らない 金額は、転居のタイミングなども関係してきます。 おすすめランキングのサイトで一番安い1位の業者でも、地域や時期によっては、値引きが渋くなることも珍しくありません。 さらに細かく言えば移動距離、トラックの空き状況なども見積もり金額の高い安いに関係してきます。 大手は有名だから大丈夫という考え方は、実は信じてしまうと後で後悔することになるのです。 また中小企業の引っ越し業者のように、地域に密着したサービスなどもあるかもしれませんので、そこも視野に入れて考えておく必要があります。 もしどちらがどうなのかで迷うようなことがあれば、ネットなどの口コミも参考にはなりますが、実際のところ、人それぞれで捉え方も違っている事も踏まえておきましょう。 訪問見積もりで一番安い引っ越し業者を決める事をおすすめ 引っ越しの見積もりには、業者に自分の家の中まで来てもらい、そこで実際に荷物の量を確認して見積もりを行う、訪問見積もりという方法があります。 これは荷物の量を担当者が直接見て確認をするために、より正確な見積もりをすることができるというメリットがあります。 それ以外のメリットとして、引っ越し業者の従業員の様子を間近で見られるチャンスでもあります。 実はこれ、一番重要です。 つまり、見積もり依頼をした引っ越し業者の従業員が、どういう態度で働いているのか? ちゃんと話を聞いて理解できているのか? こういった点についてチェックできれば、それは引っ越し業者選びにおいて、一番参考になるポイントになるはずです。 さすがに真面目に仕事をしていないように見える従業員がいる会社に、依頼はしたくありませんよね? だからこそ、引っ越し業者に訪問見積もりを依頼するときには、料金が一番安いのかといった事だけではなく、しっかりとその様子をチェックしておく必要があります。 その結果、ちゃんと仕事をしてくれているとか、真面目な態度がうかがえるという場合には、見積もりの金額次第では、その会社に決めても問題ない場合もあるでしょう。 見積もり金額が一番安いからといって、家や家財道具を傷だらけにされては本末転倒ですから。 訪問は単に見積もりをする機会だけではなく、引っ越し業者の選定においても重要な役割を発揮する可能性があるので、日程に余裕があるならば、絶対に利用するべきだと思います。 見積もり金額が安いと思って依頼したら、当日、作業員が来なかったといったトラブルもありますので、人間を見て依頼するというのは重要な事なのです。 一人暮らしなら単身パックのある引っ越し業者が一番安い! 引っ越し業者の中には、一人暮らし用のサービスとして単身パックをプランとして用意している会社があります。 安い見積もりをゲットするのは、かなり重要なポイントですよね。 単身パックは、一人分の荷物であるような場合に利用できて、通常の引っ越しと比べても割安感があるサービスです。 しかし、どこでもやっているサービスではありませんので、注意が必要です。 有名な業者は大抵やっていますが、引っ越し業者は全国に非常に数がたくさんありますから、やっていないところもあります。 なので、単身パックがあるかどうかを、必ず確認してください。 基本的には、この単身パックを利用すると、引っ越し料金は割安になるはずです。 一人暮らしの荷物で済むという場合なら、単身パックを使った方が安いと言えるでしょう。 一人で転居する人は、単身パックのある引っ越し業者を選ぶことをおススメします。 もちろん、お金は別にいくらでも良いという方は、単身パックにこだわる必要はありませんよ。 ですが殆どの人は、転居に伴う費用は、少しでも安い方が良いと思っている筈です。 単身パックがあるであろう、大手の引っ越し業者を中心に見積もりなどをお願いしていくと良いのではないでしょうか? 知名度が劣る業者の場合には、単身パックなどは実施していない可能性もありますから。 どういう引っ越し業者を選ぶにしろ、見積もりの前に、安い単身パックの有無を必ず確認しておくと良いです。 それから実際にいくらかかるのか?を調べていきましょう。 当サイトで紹介している引っ越し一括見積もりを利用するのも賢い方法です。 複数の業者で見積もりできるので、単身パックの有り無しの比較も簡単ですからね。 引っ越しは、業者で料金が大きく違います。 丁寧に作業してくれる会社でなければ駄目なのは当たり前ですが、どうせなら一番安い所が良いに決まってますよね。 ネットで一括見積もりすると、引っ越し業者間で競争してくれるので料金が下がってお得です! 入力は1分(スマホは30秒)、利用料は無料です! >>今すぐ一括見積もりしてみる<< 引っ越し費用の相場が一番安い時期は?業者の繁忙期と通常期 引っ越しには定価というものがありませんが、時期、距離、荷物量(家族・単身)によって大体の相場が分かります。 ここでは、通常期と繁忙期に分けで、引っ越し料金の相場を紹介します。 目安として参考にしてください。 通常期(5〜2月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 27,000円 33,000円 60,000円 65,000円 70,000円 80,000円 〜15km未満 同市区町村程度 20,000円 25,400円 50,120円 60,000円 64,800円 78,000円 〜50km未満 同都道府県程度 21,600円 30,000円 58,000円 70,000円 90,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 30,000円 42,000円 75,600円 82,000円 90,000円 140,300円 〜500km未満 近隣地方程度 43,100円 58,000円 125,500円 - 130,000円 195,000円 500km以上 遠距離地方程度 54,000円 73,500円 150,000円 185,000円 220,000円 - 繁忙期(3〜4月)の引っ越し費用は安い?だいたいの相場 単身 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 (荷物少) (荷物多) 全平均 37,000円 50,000円 78,000円 100,000円 108,000円 110,000円 〜15km未満 同市区町村程度 25,650円 35,000円 65,000円 76,000円 91,350円 - 〜50km未満 同都道府県程度 31,000円 43,000円 70,000円 111,500円 116,000円 - 〜200km未満 同一地方程度 47,260円 62,350円 97,500円 150,000円 160,000円 190,000円 〜500km未満 近隣地方程度 58,000円 85,000円 180,000円 205,000円 255,000円 345,000円 500km以上 遠距離地方程度 80,000円 105,000円 200,000円 300,000円 350,000円 357,500円.

次の