避難勧告 避難指示 避難命令 違い。 【わかりにくい?】避難準備・避難勧告・避難指示・避難命令の違い【警戒レベル】

避難指示や避難勧告、避難準備の意味とは?緊急性の違いを解説

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

避難指示は、避難勧告よりも状況がさらに悪化し、災害による人的被害の危険性が非常に高まった場合や、人的被害が発生した場合に発令されます。 避難勧告よりも強制力は強く、避難指示が出されたら直ちに避難をしなければなりません。 ただし、この避難指示に従わなかったからといって罰則はありません。 罰則がないからといっても危険な状況にあることには違いありません。 緊急に、避難場所への非難をしましょう。 また、避難勧告と同じく、外出することでかえって命の危険が及ぶ状況では、無理に避難所に行かないという判断も大切です。 日頃から避難場所の確認や、そこへ行けなかった場合の対処法を考えておくと良いでしょう。 法律で規定されているのは、さきほどの避難勧告と、この避難指示の2つだけです。 しかし、他にも避難命令などがニュースで流れることがあります。 これらの言葉についても解説していきます。 避難命令 避難命令は、避難勧告や避難指示よりも強い通達です。 ただし、この避難命令は法律で規定されているものではありません。 ならば避難しなくてもいいか、この命令に従わなくてもいいかというと決してそうではありません。 避難命令は、明確な被害が間近に迫っている状況で、もし避難しなければ人命に大きくかかわる場合に発令されます。 「命令」という名がついているので、当然ながら従わなかった場合には罰則があります。 また、法的な強制力とあわせて、救急隊員などには避難地域住民への身柄拘束の権限が与えられます。 ただし、先程も述べたとおり、避難命令は法律で規定されたものではありません。 よって、事実上は避難指示がもっとも強い強制力をもちます。 なお、日本では、警戒区域への立ち入りに罰則がある警戒区域指定がこの避難命令に該当します。 避難準備情報 警戒区域は、災害が発生したりその災害が予想される場合に、住民の生命や身体への危険を防止することを目的として、一般市民の立ち入りが制限もしくは禁止する地域のことで、災害情報の伝達や避難が早くできるように警戒避難体制の整備が図られます。 災害対策基本法・水防法・武力攻撃事態法などの法律を基に、市町村長や都道府県知事などが設定を行い、住民は区域外への退去を命じられます。 警戒区域に指定された場合、たとえその土地の地主であったとしても、新たに家を建てることができないことがあります。 事前に市町村の窓口か、土木事務所へ行って、警戒区域の図面をみせてもらい確認しておくことをおすすめします。 避難勧告と避難指示を出すのはどこか 避難勧告の強制力 避難勧告は、災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合に発せられるもので、居住者に立ち退きを勧め促します。 これに従わなかった場合はどうなるのかといえば、特に何もありません。 罰則も強制力もないからです。 しかし、2008年7月に起きた中国・九州北部豪雨では、北部九州で12人の犠牲者が出ました。 福岡、佐賀、長崎3県の36市町が計34万人以上を対象に避難勧告や避難指示を出しましたが、約98%の住民が避難していなかったことが、国土交通省九州地方整備局による実態調査で明らかになっています。 過去に被害が出なかった体験や、自宅の立地場所などを考慮して避難しなかったと見られていますが、この数字の高さには驚きです。 ゲリラ豪雨など、一昔前では考えられなかった異常気象が近年頻発しています。 自分の経験則に頼らず、自治体からの情報にも耳を傾けましょう。 避難指示の強制力 避難指示は、避難勧告よりも危険が差し迫っている状況です。 避難勧告よりも拘束力が高いものですが、避難勧告と同じく、強制力はありません。 強制まではしないものの、「避難しなさい」という指示です。 避難しない、あるいは避難できないのにはそれぞれ事情があるでしょうが、避難指示が発令された場合は、強制力や罰則がなくても「避難しなさい」と命令されていると考えましょう。 実際には、災害の種類、状況によって判断することが賢明です。 「遠くの避難所に行くより近くの頑丈な建物の3階に逃げる」ことのほうが良い場合もあります。 自分たちが「自身の命を守る行動」を取るようにしましょう。 避難勧告と避難指示の基準 それでは、避難勧告や避難指示はどのような基準で判断され、発令されるのでしょうか。 これをあらかじめ知っておくだけで、状況に応じた行動がよりとりやすくなります。 避難勧告や避難指示が出される基準について、それぞれ詳しく見ていきましょう。 避難勧告の基準 避難勧告を出す明確な一定の基準というものはありません。 市町村の判断に任されいます。 ではその判断基準はどのようになっているのでしょう。 それは、各種機関から寄せられた情報をもとに、それぞれの地域特性を加味して判断されます。 したがって、住民が判断するよりも、行政の判断の方が誤りが少ないと言えるでしょう。 市町村が判断する材料の1つに、気象庁が出している注意報などがあります。 大雨注意報が発令されていて、夜間に警報に変わる可能性が高いとされている場合は、避難準備が発令されます。 また、たとえば台風が発生している際に大雨警報が出ている場合も、暴風圏内に入る前に避難準備が発令されます。 土砂災害を警戒する避難勧告が出るのは、気象警報が出ていて、土砂災害警戒情報や記録的短時間大雨情報が出ている場合です。 土砂災害危険地域に住んでいる場合は、市町村からの避難情報に留意するとともに、「土砂災害警戒判定メッシュ情報」を確認し、すみやかに避難しましょう。 避難指示の基準 避難指示の発令基準はどうなっているのでしょうか。 避難指示も、先程の避難勧告と同じく、明確な一定の基準はなく市町村の判断に任されています。 では、市町村ではどのように判断するのか、詳しくみていきましょう。 避難指示は、たとえば大雨警報が出ていて、土砂災害危険情報や記録的短時間大雨情報が出ているとき、最大危険度のメッシュ内の土砂災害警戒区域に出されます。 避難指示は、よりわかりやすくするために「避難指示(緊急)」に名前が変わりました。 避難指示が出ると、すでに重大な災害が発生していてもおかしくない極めて危険な状態です。 避難しようとしたときに屋外に出るとかえって命の危険があると考えられる場合は、少しでも命が助かる可能性が髙い行動として、屋内の高い場所で、山からできるだけ離れた部屋で待機しましょう。 大雨特別警報と危険性 大雨特別警報が発令されたら、極めて危険な状態です。 数十年に一度の、これまでに経験したことがないような異常事態と定義されています。 市町村からすでに発令されている避難情報に直ちに従うなど適切な行動をとりましょう。 これより前の段階で、最大危険度のメッシュが出現するまでに、避難を完了させておくことが重要です。 出された情報をしっかり確認.

次の

いつ避難すればいい? 「避難勧告」と「避難指示」と「避難命令」の違いとは

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

2019年6月25日更新 質問 避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急)の発令について 回答 災害時における住民のみなさんへの避難の呼びかけには、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の3種類があります。 この3つの違いを説明します。 警戒レベル3【避難準備・高齢者等避難開始】 避難が必要となるような災害が起こると予想されるとき。 地域の皆さんが、速やかに避難できるよう準備をうながします。 警戒レベル4【避難勧告】 安全のため、早めの避難をうながす時に出されます。 拘束力はありませんが、必要に応じて早めの避難をして下さい。 警戒レベル4【避難指示(緊急)】 火災・洪水などにより著しい危険が切迫している時に出されます。 垂直避難する、親類の家に避難するなど、すみやかに避難して下さい。 避難勧告等の発表については、市の広報車や防災行政無線等により該当地域に広報します。 また、においても広報します。 避難情報の発表とあわせ、公民館や小学校の体育館等に避難所を開設しますので、そこへ避難しましょう。 風水害の場合は、各地域の地域公民館(予想される災害によっては市立小学校)を優先して開設します。 または、危機が迫った場合の命を守る行動として、洪水時に、自宅の上階に避難する垂直避難を指します。 注意書:岐阜市内の避難場所等については、下欄の関連リンクをクリックしてご覧下さい。

次の

「避難勧告」・「避難指示(緊急)」とは?

避難勧告 避難指示 避難命令 違い

「 勧告」は、災害による被害が発生する恐れのある場合に発令されるもので、強制力はありませんが、対象地域の住民に安全な場所への避難を促します。 「避難指示」は、被害の危険が切迫したときに発令されるもので、 「避難勧告」より状況がさらに悪化した場合や、人的被害が出る危険性が非常に高まった場合に発令されます。 「避難指示」が発令された場合は直ちに避難する必要があります。 ただし 「避難指示」が発令された地域の住人が避難しなかったとしても、 などは規定されていません。 「 」は、当該 に居住・滞在している全ての人間は避難しなければならない強制力を持った命令で、従わない場合は身柄を拘束の上での強制避難や、罰則が科せられることもあります。 ただし、日本には 「避難命令」という はなく、 区域への立入りに罰則がある「警戒区域指定」が該当します。 なお、 「避難勧告」や 「避難指示」が発令されることが予想される場合、身体障害者や老人、子供といった災害弱者を早期に避難させるために「避難準備情報」が発令される場合もあります。 「避難勧告」災害による被害が発生する恐れのある場合に発令される避難を促す勧告 「避難指示」被害の危険が切迫したときに発令される指示で直ちに避難する必要がある 「避難命令」日本では「警戒区域指定」にあたる制度で警戒区域への立入りに罰則がある よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 440.

次の