オンライン スナック 料金。 あなたもオンラインスナックを始めてみませんか?│オンラインスナック

苦境のスナックがオンライン営業 チケット制、Zoomで接客

オンライン スナック 料金

福井県鯖江市のスナック「Haru(ハル)」は、5月7日から「オンラインスナック」と銘打った営業を始める。 客は自宅などで飲みながら、ビデオ会議アプリを使って女性従業員と会話を楽しめる。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため酒場の営業自粛が広がる中、飲みに出掛けた気分を味わってもらう狙いだ。 新型コロナ感染拡大を受け県内では4月初旬、杉本達治知事が接客を伴う飲食店の利用を控えるよう要請した。 ハルも3月末から営業を自粛している。 経営する竹内依里さんは「自粛要請はやむを得ないが、いつ再開できるか分からない状態では従業員たちの給料も支払えない」と苦境を明かす。 打開に向け、鯖江商工会議所青年部の活動を通じて親交があった地元の会社役員らの協力を得て、オンラインスナックを行うことにした。 当日はビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、オンラインで女性従業員と会話しながら、ひとときを過ごす。 試験運用した会社役員は「他の利用客に顔を見られたりせず、安心して楽しめる」と感想を話す。 ハルはおつまみのテークアウトも始めており、生き残りへ知恵を絞る毎日だ。 竹内さんは「インターネットの利点を生かし、業界全体が元気になれるよう頑張りたい」と意気込んでいる。 オンラインスナックは午後6時~午前0時で日曜定休。

次の

全国のスナックやクラブを自宅から体験できる「オンラインNomy」を公開

オンライン スナック 料金

スナックやクラブをLINEでかんたんに予約できるサービス、のなっちゃんです。 新型コロナによりバー、ナイトクラブ、スナックなどは自粛を余儀なくされ、たいへんな思いをされているママさんが多くいらっしゃると思います。 かくいう私も自分で経営している店がありますが、GW開けまでの休業を決めました。 先が見えず不安な中、落ち着くのには1年はかかる、という声もちらほら聞かれるようになりました。 以前から、冗談まじりにオンラインスナックできないか?という相談はあったのですがここにきて、真剣に初めてみようと考えているママさんが増えたようです。 ただ、使い方がわからない、何をすればいいの? という方のために、ツールの比較や始める前に準備しておくことについてまとめました。 この先の記事の内容は、下記のコミュニティの中でも投稿しています。 (こちらはママさん同士のみで情報交換をしたり、安心してお悩み相談できるためのグループです。 チャンネル開設やわからないことがありましたらこちらでサポートしています) オンラインスナックって何? そもそもスナックとは何でしょうか。 深夜における酒類提供飲食店営業。 一般に女性がカウンター越しに接客する飲酒店を指す。 店の責任者は女性であることが多く、その女性は「ママ」と呼ばれる。 深夜0時以降まで営業している店が多い。 客が酒や軽食を口にしながら、「ママ」や店員、あるいは客同士で会話を楽しんだり、カラオケを歌ったりするのが主たるサービス。 提供するアルコール類、料理類はあくまでその補助にすぎず、ブランデーなど高価な商品がある一方で、安価な甲類焼酎などが提供されることも多いのが(狭義の)バーとの違いである。 ーwikipediaより引用ー 最近では1日スナックと銘打ってスナックに見立てた飲み会を有名人が開催したり、仲間内でイベント的にやる人が増えてきました。 対面で、お酒を飲みながら、会話や歌を楽しむ というのが現在使われている「スナック」の意味ではないでしょうか。 こうした飲み会を、オンラインでやることもオンラインスナックと呼べると思います。 もちろん、すでにスナックをやっていらっしゃるママさんがお店からオンラインでお店の様子を配信する、これぞ本当のオンラインスナックです!今日はこの方法について書いていきます。 何のためにやるのか目的を整理しておこう とにかくこれから先どうしよう!何かしなきゃ!という焦る気持ちがあると思います。 ただ、やみくもに始めるのではなく、いつまで続けて、コロナが収束した時にどんな環境にしていたいのかイメージしてみましょう。 ・コロナが落ち着くまで一時的にやるのか ・お店が再会しても営業ツールとして続けていくのか ・うまくいったらこの先オンラインだけでやっていくのか まずは考えてみましょう。 いずれのスタンスでやるにしても A. 再開時の来店を促すためのプロモーションと割り切って無料で行う B. 店舗運営費の足しにするため、無料で動画を配信し投げ銭をしてもらう C. リアル店舗をオンラインに置き換え、時間毎に金銭を払ってもらい接客する 方向性を先に決めること、またお店の業種(バーなのか、スナックなのか、クラブなのか)、それぞれの価格帯によっても、準備すべきことや選ぶツールが変わります。 オンラインスナックで使うツールの比較 オンライン配信で使えるツールとしては、 ・YouTube Live ・facebook Live ・zoom ズーム ・Whereby ウェアバイ などがあります。 すでにSNS(InstagaramやFacebook、LINEのストーリー などでお店の様子を配信している方もいるかもしれませんがここでは割愛します。 また17LiveやShowroomなどのライブ配信アプリも利用できるかもしれませんが、手数料の高さやユーザー層を考慮し今回は選択肢にいれていません。 YoutubeLive 今やお年寄りから子供まで夢中になっているYoutubeの Live機能は、動画編集なしに"今"を届けることができる手軽さが人気です。 お店や自宅から配信をしてみましょう。 配信側は音声と映像、お客様はチャットで参加できます。 Yourtubeには投げ銭 スーパーチャット 機がありますがチャンネル登録が1000人以上にならなければお客様は投げ銭ができません。 したがって、Aや、チャンネル登録者が多い場合はBの方法に向いています。 投げ銭(スーパーチャット)はYouTube側の手数料が3割、またiPhoneから課金すると更にApple側で上乗せ手数料があります。 1000人登録があるお店はそんなにないと思います。 画面越しにQRコードなどで課金してもらうと規約違反になりますので注意してください。 公開設定をオープンにしてる場合、Liveが始まるとチャンネル登録をしているお客様に通知されます。 facebook Live 配信側は音声と映像、お客様はチャットでのみ参加できます。 facebookでお客様の友達が多ければこの方法が一番良さそうです。 Liveが始まるとfacebookのフィードに出ますのでお客様に気がついてもらいやすく通知に便利ですしコメントも流れにくいです。 LIVE画面にPayPayなどのQRコードを貼って課金してもらうお店もあるようです。 PayPayでの店舗向け決済サービスの非対面での決済は規約で禁止されています AやBの方法に向いています。 zoom ズーム 配信側は音声と映像、お客様は音声とチャットで参加できます。 お酒を飲みながらだとチャットに書き込むのが面倒臭いというお客様もいますから、普通に会話ができて他のツールより双方向性があるという点でより気軽に参加してもらえそうです。 お客様は自宅にいると会話できない場合がありますがその場合はチャットで参加してもらえますし、100人まで利用可能です。 有料プランだとyoutube Liveやfacebook Liveとの統合ができるので、ママや女の子がそれぞれの自宅にいながら複数で接客する様子をyoutubeやfacebookでも配信できます。 AやBやCの方法に向いています。 Bの場合はQRコードを背景画面に設定する人もいるようです。 こちらもペイメントアプリでの非対面での決済は規約で禁止されています Cの場合、課金は簡単にネットショップを作れるサービスを使ってチケットなどの商品を販売する方法があります。 Whereby ウェアバイ 配信側は音声と映像、お客様も音声とチャットで参加できます。 お客様はダウンロードや登録をすることなくURLをクリックするだけですぐに参加可能です。 無料プランだと4人までしか参加できませんが簡単なので、年齢の高いお客様と始めるにはハードルが低そうです。 有料プランは9. 9ドルで12人までの参加が可能です。 Cの方法に向いています。 Cの場合、課金はBASEやSTORESなど簡単にネットショップを作れるのでそこで商品としてチケットなどを販売する方法があります。 始める前に準備しておきたいこと (LIVE配信の場合) ・一緒に配信する人と参加する人を探そう LIVE配信の場合、いきなり一人でしゃべるのは難易度が高いかもしれません。 ゲストを呼んでみたり、一緒に配信できるホステスさんをみつけてみましょう。 会話形式だと普段お店でやっている接客とそんなに変わらないですし、配信者が他にいると、会話に詰まった時に助けてくれます。 また、初めは何人かのお客様にお願いして配信時間にチャットに参加してくれるように頼んでおきましょう。 反応がない中、ただ喋りつづけるのは辛いものです。 チャト欄で質問があったり、こちらの質問に答えてもらえると盛り上がった感がでますし、チャットの参加者同士でお互いレスしている様子はまるでお店の常連さんが隣同士で仲良くなっているような感覚です。 ・SNSで告知しよう 事前にSNSで告知をしておく他、LIVEが始まる1時間前にリマインドしましょう。 せっかくのLIVEを楽しみにしていても時間を忘れて、気がつくと終わっているなんてことはよくあります。 SNSに開始予告とLIVEのURLを貼るのを忘れずに。 (LIVE以外の場合) オンラインということ以外は、普段の接客とかわらないかもしれません、複数のお客様が参加する場合、ルームに入ってきたら、いらっしゃいませ、と反応してあげる、名前を呼ぶ、これは普段のお店と同じですね、お客様に呼びかける、だらだら続けないためにも最初に終わりの時間を決めておきましょう。 大変なこの時期ですが、人と会えなくなることで、より人と人とのつながりが見直される時代がきました。 今できるかぎりことをやり切って、乗り超えていきましょう! さいごに Nomyでは、この度オンラインスナックを簡単に始められるポータルサイトをオープンします。 掲載を希望されるママは、からお問い合わせください。 全国のママ友に会えることを心から楽しみにしております。

次の

オンラインNomyで夜のお店を応援します!

オンライン スナック 料金

「これからスナック始めてみたいけど、そもそもスナックってどういうお店?」 「何か自分のお店を持ちたい!スナックはどういう感じなの?」 「ホステスでの経験を次はスナック経営に活かしたい!」 この記事は、これからスナックを開業したいと考えている方向けの記事となっております。 特にホステスの経験がある方は、 スナックのお店を持ちたい!という方が多いのではないでしょうか。 ホステスの経験を活かすのにスナックは適したお店です。 しかし、ここで問題になるのがスナックの知識です。 水商売の経験がない方や、 ホステスの経験はあるがスナックでの経験がない方も多いかと思います。 そこで今回の記事では、• スナック とはどういったお店なのか?• 料金 システム はどうなっているのか?• スナック は経営に関して素人でも経営できるのか? 大きく分けて上記の3つの項目に関して説明していきたいと思います。 では見ていきましょう。 システムの前に!そもそもスナックって何? システムの説明に入る前に、そもそもスナックとはどういったお店なのか説明していきます。 スナックでの就業経験がない方は、まずスナックの理解を深めることが大事です。 スナックとは スナックとは、スナックバーの略称で、スナック(軽食)を提供するバーを指します。 意外に思われるかもしれませんが、スナックはコンビニよりも多いと言われています。 明確な数字ではないですが、 コンビニが5万程なのに対し、スナックは10万程と言われています。 それだけ自分のお店を持ちたい人が多く、また需要があることを表しています。 スナックでの責任者は「ママ」と言われています。 ママや店員さんとの会話やカラオケを歌って楽しむ場がスナックです。 昔はカラオケ専門店がなく、カラオケと言えばスナックでした。 スナックというと「昔のお店」と思われがちですが、現在は若いママ・店員さんが中心で営業しているお店も多く存在します。 よってガールズバーやキャバクラに似たスナックも存在します。 基本的にスナックはカウンター越しの接客です。 この場合、 深夜酒類提供飲食店営業の許可が必要です。 しかし、お店によっては隣に座って接客を行うお店もあります。 隣りに座った営業の場合、風俗営業となるため深夜0時以降の営業はできないので注意して下さい。 この場合、風俗営業の許可が必要です。 深夜酒類提供飲食店営業と風俗営業の違いについてより詳しく知りたい方は、 とはを参考にしてください。 キャバクラとの違い よく比較されるのがキャバクラです。 キャバクラとの大きな違いは 料金が安いことです。 キャバクラですと1万円以上かかることが普通です。 しかしスナックでは5000円程で済みます。 もう1つの大きな違いが 雰囲気です。 キャバクラは色恋要素が強いですがスナックは「 会話を楽しむ要素」が強いです。 スナックはアットホームな場であり、ママによってそのお店の雰囲気が変わるのが特徴的です。 スナックにはコミュニケーションを主体とした暖かい雰囲気があります。 スナックの現状 スナックいうと昔のイメージが強いとは思いますが、若いママ・店員さんを中心としたお店があるように、まだまだスナックの人気は衰えていません。 また、昔ながらのお店にも現代社会ではなくなりつつある古き良きモノがあるものです。 最近ではスナック専用のサイトが登場しています。 例えば「スナッカー」や「スナックナビ」です。 またサイトだけでなくスナック専門の雑誌もあります。 このようにスナックは現在でも人気があるお店です。 スナック開業を考えている方はぜひこの機会にチャレンジしてみてください。 スナックの料金システムはお店によってとても違う? それではようやくスナックのシステムについて説明していきたいと思います。 スナックの料金システムはお店によって異なりますがここでは基本的なシステムの例をご紹介いたします。 セット料金 セット料金とは、お酒を割るための水や氷、おつまみ、ハウスボトルのことを指します。 ハウスボトルとは、お店が用意している飲み放題のお酒のことです。 お店によりますが 5000円くらいの料金が多いです。 セット料金は1時間や2時間と時間制を設けているお店もありますし、無制限のお店もあります。 無制限のお店の場合は、 ボトルキープ ボトルキープとは、ボトルごとお客様に購入していただき、そのボトルをお店に置いておくことを言います。 ボトルキープをしていただいたお客様はまたお店を訪れる可能性が高いです。 ボトルキープを行って再度お店に行かなければもったいないからです。 ボトルの料金は 5000円~が多いです。 基本的に初回のお客様は飲み放題で楽しんでもらい、再度来店してくださったときにボトルキープをしてもらうことがオススメです。 お客様側からすると、ボトルキープをするということは再度来店しなければ意味がありません。 ですが初めてのお店の場合、また来店したいと思うかは分かりません。 よって、初めてのお客様にボトルキープを選択させることは再来店を強制させるようなものです。 お客様の中にはそのシステムに不満を持ち再度来店しなくなってしまう可能性が高いです。 チャージ料金 チャージ料金とは席料のことです。 チャージ料金を取る場合は、時間無制限のお店が多いです。 料金は大体 1000円~2000円です。 時間制 何度か触れましたが、1時間毎に料金が発生する時間制と時間無制限のシステムがあります。 出店する地域にある他のスナック店のシステムなどを参考にして、時間制を採用するかを考えてみて下さい。 カラオケ料 スナックといえばカラオケです。 一曲200円のような値段設定もあれば、5000円のセット料金にカラオケ歌い放題を付けているお店もあります。 料金システムの例 以下は料金システムの例です。 1: チャージ料金 1500円 セット料金 500円 ボトル 5000円~ 時間 無制限 2: セット料金 6000円 時間 無制限 3: セット料金 2000円(1時間) 4: チャージ料金 1000円 飲み放題 3500円(2時間) カラオケ 1000円(歌い放題) システムは理解したけど、そもそもスナックは儲かるのか スナックを開業する上で気になることの1つが「 儲かるのか?」ということではないでしょうか。 スナックはキャバクラほど客単価は高くないです。 しかし、それでも利益率は普通の飲食店に比べて高いため、魅力的な商売です。 また、キャストを多く集める必要がないなど、キャバクラよりも開業するハードルが低いのも魅力的な点です。 加えて、未経験でも開業してお店を軌道に乗せることは十分可能です。 お店を成功させる上で重要なことはリピーターを作ることです。 一人一人のお客様に感謝の気持ちを込めた接客をすることを意識しましょう。 でも水商売関連の情報を提供しているのでぜひ他の記事も参考にしてみて下さい。 スナックのシステムが理解できたら次は本格的に経営を考えてみましょう スナックの基本的なシステムは理解できたでしょうか。 次はスナック経営に少し踏み込んで考えてみましょう。 スナック経営で注意しなければならないのが会計! ここではスナック営業に欠かせない会計業務に焦点をあてていきます。 スナックを開業する方で多いのが、売上計算などの事務業務を疎かにしてしまうからです。 理由としては、経営に関して正確に管理せずとも、自分で管理できていると思える費用規模の場合が多いからです。 しかし、お店を安定して営業するには日々の売上計算や給与計算などのお金の管理が欠かせません。 スナックに限らず成功するお店は、こうしたお金の管理を徹底しています。 大きく負担のかかる会計業務 しかし、 お店を経営するママからすると日々の売上計算や給与計算はとても負担のかかることです。 なぜなら、スナックは小規模のお店であることが多く、経営に関することは全てママが行わければならないからです。 ママは営業中の経営に加えて、営業後に売上計算などお金の管理を行う必要があります。 こうなるとなかなか自分の時間を確保することができません。 パソコンがあまり使えないという方からするとさらに大変な作業になります。 そこで、自動化できるものは自動化し、負担のない安定した経営を目指すことをオススメします。 スナック業界に最適なPOSレジ「TRUST」 スナック経営の大幅な負担削減を実現するのが、 です。 他にものPOSレジは存在します。 しかし、スナック業界専門のPOSレジではないものが多いです。 確かに普通のPOSレジでもある程度は効率化されます。 しかし、そのPOSレジで対応できない面を新たに解決する必要があるため、本質的な問題の解決にはなりません。 ですが、TRUSTはスナック業界専用のPOSレジです。 紙伝票での営業や、普通の飲食店向けのPOSレジよりも 圧倒的に業務の解決を狙うことができます。 「TRUST」は面倒な給与計算や売上計算を自動で且つ、一瞬で処理します。 給与計算や売上計算は毎日行う必要があり、多くの時間が必要でありとても面倒な作業ではないでしょうか。 加えて「TRUST」には以下のような役立つ機能があります。 iPadによる簡単な注文受け取り(伝票をキャッシャーに渡す必要なし!)• 自動で売上計算• 自動でキャストの給与管理• 不正防止(レジからお金を抜かれる心配なし)• iPadなので最新な雰囲気をお客に与える• 明朗会計 このようにTRUSTによって効率化できることは数多く存在します。 スナック開業を考えている方はぜひこの機会にTRUSTの導入も検討してみて下さい。 とは言っても疑問に思うことも多いかと思いますので、まずはお気軽に下さい。 まとめ:スナックのシステムを理解してスムーズな開業を いかがでしたでしょうか。 スナックのシステムはご理解いただけたでしょうか? 今回説明したものは基本的な料金システムです。 お店によって値段設定やメニューは変わります。 システムの理解は開業の第一歩の段階です。 スナック開業に関してより細かく知りたいという方は、 を参考にしてみて下さい。

次の