手足口病 軽い 写真。 【写真】手足口病の大人の初期症状は軽い?喉・舌の痛みや口内炎・熱・発疹も!

手足口病 【医師監修】 原因・症状・予防法 大人にもうつる 何度もかかる可能性 【病院なび】

手足口病 軽い 写真

手足口病っていうと子どもがかかる夏風邪というイメージがあるけど、大人もかかるらしい! しかも、なかには深刻化するケースがあるみたい・・・。 何だかこわいな。 そもそも手足口病って、手と足と口がどうなっちゃうの? 三大夏風邪の一つ「手足口病」 風邪というと、寒い時期にひくものというイメージがありますが、暑い夏でも風邪をひくことがありますよね。 それは、インフルエンザウイルスのように低温低湿の環境を好むウイルスがいる一方で、高温多湿の環境を好むウイルスもいるからです。 高温多湿時に元気になるウイルスが引き起こす風邪が、いわゆる夏風邪です。 「手足口病」は、「ヘルパンギーナ」「プール熱(咽頭結膜熱)」とともに、三大夏風邪の一つとされています。 手足口病とは、そのインパクト大の名のとおり、手のひら、足の裏、口の中に痛みをともなう発疹が現れる夏風邪です。 発疹は米粒大でやや盛り上がっており、水疱化するものもあります。 また、かかった場合、3割程度は発熱をともないます。 手足口病にかかるのは乳幼児が多く、子どもを持つ親には知られた病気です。 しかし、子どもだけがかかるのでなく、大人でもかかるので注意が必要です。 大人がかかると症状が重めに 実は、手足口病は、子どもよりも大人のほうが、症状が重く出やすいことが特徴です。 まず、発疹の痛みは大人のほうが強く出ます。 とにかく痛く、足裏などにひどく出ると歩けないほどになります。 また、インフルエンザにかかる前のような、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛などの症状が出ることがあるのも、大人の特徴です。 身近に、手足口病にかかったお子さんなどがいない場合、多くの大人は発疹が出ても手足口病には思い至らないため、「何だ、このよくわからない発疹は?そういえば体もだるいし、いったい何?」ということで病院に来られるパターンがほとんどです。 また、1度かかって免疫ができても、何度もかかる場合もあります。 それは、ひとくちに手足口病といっても、ウイルスがいくつもあるからです。 メインは「コクサッキーウイルスA6・A16」「エンテロウイルス71」で、まれに「コクサッキーウイルスA10」によるものもあります。 あるウイルスにかかれば、そのウイルスに対する免疫はできますが、他のウイルスに感染すると、また発症してしまいます。 インフルエンザウイルスに、A型、B型など複数のタイプがあるのと同じです。 そのため、かかったことのないウイルスと接触すると、何度も発症することになるのです。 手足口以外にも症状が 手足口病は、かかった人の咳、くしゃみなどから感染する飛沫感染で、ウイルスの侵入門戸は口であるため、発疹も口内が最初と考えられます。 ただし、実際には手足口、ほぼ同時に症状が出るという印象でしょう。 口の中の発疹は見えにくいため、まず手足の発疹で気づく場合がほとんどだからです。 口の中の発疹は口内炎と同じような感じなので、「口内炎ができたなあ」と思っていたら実際には手足口病だった、ということもあります。 ただし口だけでなく、手足の発疹も認められないと、手足口病という診断はつきません。 また、発疹が、手足口以外にひじ、ひざ、お尻などに見られることもあります。 特に近年では、手足口に加えてお尻に出る傾向が強くなっています。 これはおそらく、ウイルスが少しずつ変異しているからだと考えられます。 危険な合併症につながることも 手足口病は、抗ウイルス薬はないため、かかった場合は、熱を下げたり、発疹の痛みを抑えたりする解熱鎮痛剤による対症療法が中心となります。 多くの場合は、一週間程度で治っていきます。 ところが、なかには「髄膜炎」「小脳失調症」「脳炎」といった中枢神経系の合併症や、「心筋炎」「神経原性肺水腫」「急性弛緩性麻痺」などを引き起こすケースもあります。 高熱が続いたり、頭痛、嘔吐などの症状が見られたりした際は、すぐに医療機関を受診してください。 その症状、手足口病かも!? 夏期に次のような症状が見られたら、手足口病かもしれません。 勝手に自己判断せず、早めに医療機関を受診しましょう。 口内炎ができており、よく見ると手や足にもうっすら発疹のようなものが出ている• 口の中が痛く、熱がある• なんだかよくわからない発疹が、手足やほかの箇所に見られる• 風邪の前触れのような悪寒がある• 全身がだるい• 関節痛や筋肉痛を感じる 手足口病に大人がかかるケースで最も多いのは、自身のお子さんがかかり、そこからもらうというパターン。 お子さんがかかったあとに、これらの項目のうち一つでも当てはまれば、かかっている確率は高いといえます。 お子さんのいない大人でも、公共交通機関などの場で子どもと接触することはありますから、免疫力が落ちていればかかってしまいます。 症状の出方はまちまちですが、チェックがつく項目が多いほど、かかっている確率は高いといえるでしょう。 手洗い、うがいは念入りに 予防するには、かかった子どもの看病をする際に感染しないよう、十分気をつけることと、免疫力を高めること。 それ以外に方法はありません。 手足口病は基本的には飛沫感染ですから、かかった人の唾液などが口の中に入らなければ感染を防ぐことができます。 全ての風邪予防にいえることですが、やはり手洗い、うがいは念入りに行ってください。 また、お子さんがかかった場合、看病する大人は要注意。 必ずマスク着用で接し、いつも以上に手洗い、うがいをきっちりと行なってください。 また、ウイルスは便中にも出ます。 便から感染する糞口感染は少ないですが、オムツ替えのあとは、いつもより念入りに手洗いをするようにしてください。

次の

手足口病とヘルパンギーナ(大人も注意!)

手足口病 軽い 写真

アスクドクターズ監修医師 この記事の目安時間は6分です• 手足口病が最も流行するのは夏から秋にかけてです。 また秋から冬にかけても多少見られます。 手足口病は5歳以下の幼児に多く見られる病気で、最も発症しやすいのは1歳児です。 この季節には他にも「ヘルパンギーナ」や「プール熱 咽頭結膜熱 」が流行りやすく、「手足口病」と合わせて「三大夏風邪」と呼ばれたりもします。 いずれも子どもに多く見られる病気ですので、この季節には特にお子さんの体調を注意深く観察するようにしましょう。 手足口病の原因となるのは「エンテロウイルス」「コクサッキーウィルス」と呼ばれる種類のウイルスです。 「コクサッキーウイルスA16」や「エンテロウィルスA71」といった種類が手足口病を引き起こします。 これらのウイルスは口や腸内で増殖して、ウイルスに感染した人の鼻水やくしゃみ、便などから感染します。 感染して3日から5日後に口の中に「腫れ物」ができます。 その後に手のひらや足の裏などを中心に、2ミリから3ミリくらいの楕円形の白い水ぶくれができます。 手足口病の発疹は白い水ぶくれの周りが赤くなっているのが特徴です。 子どもでは発熱することはあまりなく、高熱になることはほとんどありません。 手足口病は感染症なので、人の集まるところに出かけることは控えたほうがよいですが、 ほとんどの場合、軽症ですむ、約1週間をめどに治ります。 ただし原因となるウイルスの種類によっては重症化することもあるので、小さなお子さんがかかった場合はしっかりと様子を観察するようにしてください。 手足口病になると最初に、口の中に「できもの」ができます。 唇の裏や、ほおの裏の粘膜に、水ぶくれや潰瘍のような口内炎ができます。 熱が出る、倦怠感があるなどのわかりやすい症状がないので気づきにくいですが、お子さんが食べるのを嫌がったりするときは口内炎ができているかもしれませんから、口の中を注意深く見てあげて下さい。 初期症状は大人でも同じですが、子どもではあまり発熱しないのに対して、大人では高熱が出ることがあります。 子どもが手足口病を発症してもほとんどの場合には、それほど重い症状にはいたりません。 発疹が消えるまでは何日かかかりますが、寝込むこともなく発疹の跡が残ることもありません。 これに対して、 大人が発症してしまうと、ほとんどの場合で子どもよりも重い症状を示します。 高熱や頭痛、咳が続き、口の中だけでなく唇にも水ぶくれができます。 発疹は、子どもでは痛みを訴えることはありませんが、大人ではたいてい痛みをともないます。 手足口病では特別な治療を行わなくても、発疹が出てから数日から1週間くらいで、症状は治まります。 体の発疹が消えて、口内炎が治ってくれば大丈夫でしょう。 また、水ぶくれが、かさぶたになることはありません。 しかし、手足口病の原因となるウイルスは、発疹が消えてからも数週間くらいは便や鼻水などにまじっていることがあります。 ウイルスを含んだ、便や鼻水を介して、他の人にうつることがありますから、周りの人は手洗いや衣類の洗濯などをこまめに行いましょう。 子どもでは発疹や水ぶくれなどの症状は出ますが、たいていは軽い症状で済みます。 また大人がこのウイルスに感染しても「不顕性感染(ふけんせいかんせん)」と言って、多くの場合には発症しません。 そのためウイルスに感染していることに気づかないこともあります。 しかし、大人が発症すると、重症化する例が多く見られます。 手足口病はほとんどが軽症で済む病気です。 ただ、原因となるウイルスはまれに「髄膜炎(後述)」「小脳失調症(脳から脊髄にかけての神経細胞が破壊される病気)」などの神経に影響する疾患や、「神経原性肺水腫(肺に液体がたまり、呼吸困難になる病気)」「心筋炎(心臓の筋肉の炎症)」「急性弛緩性麻痺(急激に筋肉の力が弱まり、まひが起きる)」など、さまざまな病気を起こすことがあります。 中には、発疹など手足口病の典型的な症状を示すことなく、重症になることもあり、死亡例も報告されています。 特に「エンテロウイルスEV71」に感染した場合には、他のウイルスよりも、脳の病気を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 エンテロウイルスによって起こる脳の病気に「無菌性髄膜炎」があります。 「髄膜」とは脳を包んでいる膜のことで、髄膜炎はこの髄膜に含まれる「クモ膜」や「軟膜」に炎症を起こす病気です。 「無菌性」とは、「菌が原因ではない」ということです。 手足口病の原因は細菌ではなく、ウイルスです。 発症してからすぐに適切な処置を行えば改善しますが、手足口病の後に意識障害が起こり、髄膜脳炎を起こしたことが原因で、アジアの他の国々では命を落とした例も報告されています。 手足口病は軽い病気ですが、このような重症の合併症に注意する必要があります。 もし頭痛、嘔吐があり、高熱が2日以上続くようであればすぐに医療機関を受診してください。 子どもでは発疹がかゆくなったりすることはほとんどないので、特に塗り薬などは用いません。 回復後も通常では跡が残ることもありません。 ステロイドは症状を悪化させてしまうことがあるので用いません。 手足口病からまれに無菌性髄膜炎を発症すると、重症にいたることがあります。 エンテロウイルスによる髄膜炎は比較的症状が軽く後遺症を残さないといわれますが、早期に処置することが大切です。 【医師による医療ページ評価 - Doctors Review】• 手足口病関連の他の記事• 手足口病の初期症状や合併症などについてご紹介しました。 子供やご自身が手足口病のような症状になって不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、活用してください。

次の

大人の手足口病の症状とは?

手足口病 軽い 写真

夏に多い子供の病気の代表選手です。 5~ 8月にかけて乳幼児の間で流行します。 名前のとおり、手や足、口の中に発疹や小さな水疱(みずぶくれ)ができる病気です。 原因となるウイルスは何種類かあり、違う種類のウイルスにかかると何度でも発症します。 風邪と同じように、空気中のウイルスを吸い込んだり、ウイルスのついたものに触ってそれが口から入ることで感染します。 潜伏期間は3~6日。 熱が出ない場合もあり、また、口の中の水疱が破れて痛み、食べたり飲んだりするのをいやがることもあります。 発疹・水疱はふつう、 1週間~ 10日ほどで自然に治ります。 治療は? ウイルスの感染症なので、抗生剤 細菌にしか効きません は無効です。 抗ウイルス薬があるのはインフルエンザウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、ヘルペスウイルスだけです 家庭で注意することは? 口の中が痛んで食べ物や飲み物が摂りにくくなっているときは、酸っぱいものや刺激の強いもの、熱いものは控え、水分補給をまめに行いましょう。 夏は脱水症状になりやすいので注意が必要です。 脱水でぐったりしているときなどは、すぐに病院へ! また、まれに髄膜炎になることがあります。 高熱や頭痛、嘔吐などがあるときも、すぐに病院を受診してください。 予防できるの? 有効なワクチン(予防接種)はありません。 手をよく洗うこと、衣服などを清潔に保つことなどが予防法になりま す。 特に便に含まれるウイルスは 1ヶ月ほど排出されますので、おむつの始末のあとなどは念入りに手洗いをしましょう。 熱がなく元気があればお休みする必要はありません。 主症状から回復した後もウイルスは長期にわたって排泄されることがあるので、急性期のみ登校登園停止を行って、学校・幼稚園・保育園などでの流行阻止をねらっても、効果はあまり期待ができない。 本症の大部分は軽症疾患であり、脱水および合併症、ことに髄膜炎・脳炎などについて注意がおよんでいれば、集団としての問題は少ないため、発疹だけの患児に長期の欠席を強いる必要はなく、また現実的ではない。 通常の流行状況での登校登園の問題については、流行阻止の目的というよりも患者本人の状態によって判断すればよいと考えられる。 (国立感染症研究所感染症情報センター).

次の