紫式部 と 清少納言。 清少納言と紫式部!性格の違いを徹底比較!恋人にするならどっち?

【清少納言と紫式部】の関係 二人はライバル?それぞれの性格の違いやエピソードも解説

紫式部 と 清少納言

清少納言: 一条天皇の中宮、定子・藤原道隆の娘、 993年頃〜1000年頃 紫式部:一条天皇の中宮、彰子・藤原道長の娘、 1006年頃〜1012年頃 あれ?と思った方がいらっしゃるかもしれません。 清少納言と紫式部は、宮中にいた期間が重なっていません。 つまり、宮中で顔を合わせることはなかったのです。 清少納言が仕えた定子は藤原道隆の娘ですが、関白の藤原道隆が亡くなると、定子の兄、弟が左遷されます。 そして権力は道隆の系統から藤原道長の手に渡ります。 後ろ盾を失った定子は宮中での力を失い、権力を握った道長は娘彰子を中宮として宮中に送り込みます。 ですので、 清少納言と紫式部の宮中在籍期間にズレがあるのです。 2人はライバルではない?性格の違いなど 宮中で才女2人がバチバチとライバル心を燃やす、という状況ではありませんでした。 となると、この2人の関係はどうなのでしょうか?ライバル関係は後世の創作なのでしょうか? 紫式部は手厳しい 紫式部については、他の女流作家への批評を書き記したものが紫式部日記に残っています。 和泉式部に対して: 素行は良くないのですが、歌はすばらしい。 当時、漢字は主に公文書に使われており、男性が使う文字でした。 女性は仮名を使っていたのです。 「 こんな人の行く末に、いったい良いことがあるのでしょうか。 」漢字については、主に歌を作る家の出身である清少納言に対して、漢文などを主とする家出身の紫式部が噛みついた、ととることもできます。 とにかくひどいですね、酷評です。 「あんな人、大したことありませんわ。 」という気持ちだったのでしょう。 清少納言の紫式部評 それでは清少納言は紫式部をどう思っていたのでしょうか?紫式部を直接評価した文章は見つかっていません。 やはり清少納言のほうが一歩先にメジャーな舞台にデビューしたので、紫式部という名前を聞いたとしても問題にしなかったのかもしれません。 しかし、紫式部の夫である藤原宣孝、紫式部の従兄弟である藤原信経を揶揄するような文章は枕草子にあるので、何かの思いはあったという可能性はあります。 宮中を退いてからは謎 そして、2人に共通なこととして、宮中を退いてからはどちらの生涯も正確にはわかっていない、という点があります。 清少納言は退いてから、再婚相手の藤原棟世の任地である摂津国(現在の大阪北部と兵庫南部)に行き、晩年は和泉式部、赤染衛門と交流があったという事くらいしかわかっていません。 清少納言の没年は不明です。 また墓所が各地にあり、どこで亡くなったのかも不明です。 紫式部の没年も不明です。 最近の研究でも、1014年説から1031年説まで、かなり幅があります。 まとめ 宮中にいた期間以外がなかなかはっきりわからない2人です。 しかし、それが逆に宮中での2人の活動を際立たせる結果になっているのかもしれません。 約10年くらいの間に現れ、枕草子と源氏物語という不朽の名作を書き上げて消えていった2人だからこそ、いろいろな想像ができるのではないでしょうか?史実的には2人は宮中で顔を合わせなかったでしょう。 しかし、作家は顔を合わせなくても、作品さえ読めば、ライバル心を燃やすには十分な理由になります。 少なくとも紫式部は清少納言に思うところはあったようです。 清少納言はどうだったんでしょうか。 そういう想像をするのも歴史の楽しみ方ではないでしょうか。

次の

清少納言と紫式部の関係は不仲?コキ下ろしたり自慢したり嫉妬心がスゴイ

紫式部 と 清少納言

紫式部の生い立ち 紫式部は、漢学者・ 藤原為時の娘として生まれました。 はっきりした生没年は不詳です。 また、平安時代の女性にはよくあることですが、本名も不明です。 漢学者の家で育ったので、紫式部は小さいころから学問を学ぶのに恵まれた環境にありました。 平安時代、公家の女性は、 「漢詩」を学ぶ必要はありませんでしたが、彼女は、兄の習う 「史記」を、そばで聞いているだけで暗唱できたほどの秀才でした。 (兄よりずっと覚えが早かったそうです。 ) しかし、当時は女性が漢詩など学ぶと可愛げがないと思われる風潮があったため、あまり周りに言わなかったといわれます。 紫式部には、藤原賢子という娘がいます。 (娘の名前は分かっています。 ) 彼女は、 大弐三位(だいにのさんみ)と呼ばれ、18歳頃、母と同じ 彰子のサロンにつとめるようになりました。 ちなみに、 紫式部、大弐三位は、共に「百人一首」に選ばれ、57・58と連番で載っています。 当時の女流歌人は、紫式部の他、 和泉式部も母子共に歌人として活躍していますよ。 和泉式部の娘は、 小式部内侍(こしきぶのないし)です。 紫式部と清少納言 紫式部は、父が厳しかったこともあり、なるべく才能をひけらかさず、目立つのが苦手な内向型の性格だったようです。 宮中の人々の前では、読めるはずの屏風に書かれた漢詩を、読めないふりをしています。 (「紫式部日記」より) 周りの人から、反感や嫉妬の感情を受けないように、心配りをしていたのでしょうね。 目立ちたくないという気持ちは、すごくよくわかります。 清少納言が宮中を去ったのが 1000年、そして、紫式部が宮中に入ったのが 1005年とされています。 つまり、紫式部が宮中につとめたのは、清少納言が宮中を去った5年後なのですね。 ですから、2人が宮中で顔を合わせることはなかったと思われます。 でも、紫式部は 「紫式部日記」に、清少納言に対する、かなりの悪口を書いています。 」という感じです。 かなり正反対の気性だったのでしょうね。 でも、もしも、宮中で知り合いになっていたら、意外と才媛同志、意気投合したかもしれませんよ。 本当に、すごーく長い小説で、400字詰原稿用紙で約2400枚もの量があります。 全部で54帖の、都のきらびやかな宮中生活を描いた物語です。 主人公・光源氏は、顔よし、頭よし、家柄よし、スポーツ万能、センスも抜群、大金持ち、ついでにほとんど最高権力も持つに至るというスーパーヒーローです。 ついでに、(当時の女性目線では)性格もよいので、女性にもてまくります。 この話の見どころは、光源氏もそうですが、その周りに集まる様々な個性きらめく 「女性陣」なんですよ。 いろんなタイプの美女が、大勢登場します。 たまに、ブス認定される女性も出てきますが、心根は清らかで美しいと、長所もしっかり描かれています。 バラにはバラの、スミレにはスミレの美しさがあるのだわと、なぜか勇気づけられるのでした。 そして、宮中行事や宮中の女房たちの生活などの描写も、とても面白いですし、この時代の公家についていろいろ学べます。 紫式部は、彰子に仕える前からこの話を書いていましたが、彰子のサロンで公表すると、大評判だったようです。 時の、権力者・ 藤原道長はじめ、 藤原公任など、エリート高官たちも、回し読みしていたそうです。 この「源氏物語」、最後の10帖は、主人公と舞台が変わります。 主人公は、光源氏の息子の薫(実は、源氏の子じゃない不義の子)と、光源氏の孫・匂宮が、主な男性登場人物です。 薫(かおる)と匂宮(におうのみや)は、光源氏の息子と孫ですが、同年代の青年です。 そして、舞台は、京の都より南東にある 「宇治」に変わります。 そこから、この10帖は、 「宇治十帖」と呼ばれるのです。 「源氏物語」は、文豪・ 谷崎潤一郎氏が現代語訳しています。 他にも、多くの人が現代語訳を出していますが、私が読みやすいと思うのは、 田辺聖子さんの訳です。 でも、サラッと全体像を理解するなら、名作漫画 「あさきゆめみし」をおススメします。 大手予備校でも、古典の参考書として推薦していますよ。 大和和紀さんは、この作品を書きながら、すごく勉強したんだろうなあと感心する、完成度の高さです。 特に、光源氏晩年の、因果応報の苦悩などが、しっかり描かれていて素晴らしいです。 当時の彰子のサロンは、 伊勢大輔・和泉式部・赤染衛門など、当時の才女の集まりでした。 お互いに刺激を与えあって、和歌や文学の技量を磨いたのでしょうね。 最後に、紫式部について、まとめておきます。

次の

清少納言と紫式部の関係は不仲?コキ下ろしたり自慢したり嫉妬心がスゴイ

紫式部 と 清少納言

タップでお好きな項目へ:目次• 紫式部vs清少納言 出身と家柄 紫式部は名門藤原北家の出ですが、傍流であり、 受領階級の家の生まれです。 学者である藤原為時の娘で、歌人・藤原定方(さだかた)や三十六歌仙で堤中納言と呼ばれた藤原兼輔(かねすけ)などが一族にいます。 幼い頃より、女性はたしなまない、とされた漢文を読みこなす才女でした。 清少納言の父親は「 梨壺の五人 」と呼ばれる和歌選者メンバーの一人清原元輔(きよはらのもとすけ)、祖父は『古今和歌集』の代表的歌人・清原深養父(きよはらのふかやぶ)という文学的に恵まれた家庭に育ちました。 中流階級の貴族の出です。 やはり漢学の素養もあった優秀な女性でした。 年齢 紫式部の誕生年は970年から978年くらいの間、没年が1014年から1031年と幅があり、未詳です。 清少納言の誕生年は966年頃で、1025年ごろに亡くなったと言われていますが、詳細は不明。 清少納言のほうが 5、6歳年上のイメージでしょうか。 出仕先と勤務期間 紫式部の出仕先は、藤原道長の娘であり一条天皇の后である 中宮彰子。 1006年頃から1012年頃まで彰子の女房兼家庭教師として勤めました(それ以前に道長の妻源倫子付きの女房として出仕したとも言われます)。 清少納言の主人は一条天皇の最初の后である 中宮定子。 993年頃から1000年頃まで出仕していました。 つまり、一条天皇の二人の后である彰子と定子をそれぞれ支える女房が紫式部と清少納言だったわけです。 后の立場の対立は、そのまま女房たちの対立にも繋がりました。 ただ、紫式部と清少納言は出仕した時期がずれており、 宮中で顔を合わせることはありませんでした。 ここ、ポイントです。 作品比較 紫式部の作品には、物語『 源氏物語 』、宮中の様子を書いた日記『 紫式部日記 』、子供時代から晩年に至るまでの自分の歌を選び収めた『 紫式部集 』があります。 代表作、『 源氏物語 』は光源氏を主人公に、彼を取り巻く女性たちとの恋愛遍歴を赤裸々に綴った壮大な物語。 当時の貴族たちに人気があり、単純に小説として読んでも現代でも楽しめる平安時代の「 リアルなフィクション 」です。 清少納言の作品としては『 枕草子 』と小規模な家集『 清少納言集 』が伝わっています。 『 枕草子 』は、彼女の職場である定子サロンを巡る 事実を書いた随筆です。 清少納言の感性がきらめく作品であり、同時に、決して中宮定子の苦しみや悲劇などのネガティブな実情を描かなかった「 操作されたノンフィクション 」。 清少納言の固い決意で悲しいほどきっぱりと、明るく描かれた随筆です。 式部も少納言も共に中古三十六歌仙・女房三十六歌仙に選ばれるほどの歌人であり、小倉百人一首に歌が収められています。 性格 紫式部は、藤原道長と父親からのプレッシャーで中宮彰子に出仕したと言われます。 もともと 内向的で、宮中でも博学なせいでかえって周囲から敬遠された彼女は、ますます内気に。 漢学の才能をあえて隠そうとさえしたそうです。 しかし、一度筆をとった彼女の『 紫式部日記 』の人物批評はかなり辛辣です。 ネガティブ思考の人だったかも。 その内向的な性格が、小説を書くときの洞察力を生み、多くの読者をリアリティのある世界へと導きました。 さて、清少納言は、 博学で才気煥発。 理解ある主君定子の元で、得意の漢詩の知識を駆使して、殿上人たちとの機知のある応酬が大変上手でした。 彼女の記した『 枕草子 』には、現代の私たちが読んでも思わず笑ったり、同感したりする箇所が沢山あります。 自慢話を語る部分もありますが、それらも全て定子の価値を高くするための彼女の努力。 明るく一途で、からっとした人物像が感じられます。 ライバル意識していた? はい、少なくとも紫式部はね。 彼女が中宮彰子に仕えたのは清少納言が朝廷を退いてからはるか後のこと。 実際二人は顔を合わせたことも無かったはずです。 しかし、清少納言の噂を聞き、『 枕草子 』を読んだ紫式部は『 紫式部日記 』で、少納言の人格と業績を全否定してます・・・。 「 清少納言という人はとても偉そう。 頭が良いふりをして漢字を書きまくってるけど、その中身は稚拙。 他人より優れたフリをする人は後々見劣りするもの。 そういう人間の行く末って大丈夫? 」 とボロクソです。 清少納言は紫式部の存在を知らなかったので、ノーコメントです。 あはれの『 源氏物語 』、をかしの『 枕草子 』は今も 『 源氏物語 』は「 あはれ 」、『 枕草子 』は「 をかし 」の文学だと言われます。 『 源氏物語 』という光源氏の恋物語に人々は憧れ、驚き、そして彼の心の推移や取り巻く女性たちの境遇に、読者はいたく共感しました。 「 あはれ 」とは、人の心理を理解し、人生の真理に感じ入ったときに「 ああ 」と、 心の底からこみ上げてくる心情のこと。 「 あはれ 」の文学『 源氏物語 』は、時代によって左右されることのない永遠の情緒を描き、それが世界中の人々に愛されています。 一方、『 枕草子 』は宮廷生活の事柄が清少納言の光る感性で表現されている随筆です。 美しい風景、可愛らしいしぐさ、いやーな気分になることなど『 枕草子 』に共感して、「 そうそう、自分もそう思っていた! 」と気付かされる人が沢山いました。 「 をかし 」とは、そういう 新しい発見を喜ぶ気持ちです。 清少納言がひとつひとつ日常から拾い出した、ふとした、輝くようなフレッシュな視点は、1000年経った今でも私たちに「 をかし 」の気持ちを呼び覚ましてくれます。 おわりに 紫式部と清少納言。 アプローチも性格も、仕える相手も違う二人でした。 しかし、二人が共に成し遂げたことが一つあります。 それは、平安時代の男たちが富や権力に翻弄されている間に、彼女たち双璧がしっかり平安女房文学の金字塔を打ち立て一世を風靡したこと。 結果、藤原道長に負けないほどの知名度となった優秀な女房たち。 カッコイイと思いませんか。 [関連記事].

次の