一 日 も 早い ご 回復 を お祈り し て おり ます。 『祈り~サムシンググレートとの対話~』明日まで!

メッセージカード|Good Luck Flowers

一 日 も 早い ご 回復 を お祈り し て おり ます

番号 用途 文例 HE01 入院 お体の具合はいかがでしょうか。 心よりお見舞い申し上げます。 一日も早いご回復をお祈りしております。 HE02 入院 体調不良にて休暇をとられているとのことですが その後のご病状はいかがでしょうか。 十分のご加療とご静養で、 全快されますよう心よりお祈り申し上げます。 HE03 入院 お体の具合はその後いかがでしょうか。 遠方ゆえお見舞いに伺えませんから、ほんの気持ちですが 別便にてお見舞いの品を送りました。 早く元気になってください。 HE04 入院 ご容態はいかがでしょうか。 遠方のためお見舞いに伺えず申し訳ありません。 この機会に十分ご静養なさって、 一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。 HE05 入院 入院されたと聞き、 突然のことに大変驚いております。 その後のご病状はいかがでしょうか。 心からお見舞い申し上げます。 HE06 入院 入院の報告を聞き、とても驚いております。 その後のお加減はいかがでしょうか。 十分にご静養ください。 HE07 入院 入院されたと聞き、案じております。 徹底した検査を受けられ、十分なご養生をなさってください。 一日も早いご回復を心からお祈りしております。 HE08 入院 この度入院されたことを伺い、大変驚いております。 ご多忙の御身でしょうが、十分にご加療なさいまして、 一日も早い全快を心からお祈り申し上げております。 HE09 入院 お体の具合はいかがでしょうか。 入院されたことを伺い、大変驚いております。 気がかりなことも多いかと存じますが、十分に養生され、 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 HE10 入院 この度入院されたとのこと、大変驚いております。 突然のことで、さぞお辛いことでしょう。 また、ご家族の皆様の心痛はいかばかりかとご拝察いたします。 しばらくは治療に専念され、 一日も早く全快なさることを心よりお祈り申し上げます。 HE11 入院 入院されたと伺い、驚いております。 お仕事のことなど気がかりも多いでしょうけれど、 休息の好機とお考えになって 十分なご静養をとられますよう願っています。 HE12 入院 事故のお知らせに、とても驚いています。 お怪我はいかがですか。 一日も早く、元気なお顔を拝見したいと願っております。

次の

メッセージカード|Good Luck Flowers

一 日 も 早い ご 回復 を お祈り し て おり ます

お見舞のフレーズ お見舞のお決まりフレーズ・常套句・言い回し フレーズ 使用例 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 くれぐれもお大事になさってください。 まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお大事になさってください。 お大事にどうぞ。 ご無理なさらず、お大事にどうぞ。 心からお見舞い申しあげます。 地震により被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。 慰めの言葉もありません。 残念な結果には、慰めの言葉もありません。 慰めの言葉もございません。 ご家族の皆様のご心境を思いますと、お慰めの言葉もございません。 ご同情に堪えません。 皆様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。 ~はいかがかとご案じ申し上げます。 大雨による被害が甚大とうかがいました。 支店の皆さまはいかがかとご案じ申しあげます。 ~はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 皆様のご様子はいかがでしょうか。 ご案じ申し上げております。 おかげんはいかがですか。 体調不良にて休暇をとられているとのことですが、その後おかげんはいかがでしょうか。 ~とのことで、大変心配しております。 死傷者も出ているとのことで、大変心配しております。 大変驚いております。 ご病気にて入院と承りまして、大変驚いております。 ただただ驚くばかりです。 突然の悲報に接し、ただただ驚くばかりです。 突然のことに言葉もありません。 突然のことに言葉もありません。 心身ともにおつらいところ、お知らせいただき本当にありがとうございます。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 死傷者も出ているとうかがいました。 突然のことに我が耳を疑うばかりです。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご家族が入院されたとうかがいました。 ご心痛のほどお察しいたします。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 被害に遭われたとうかがいました。 ご苦労のほど痛いほど分かります。 何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 長引く復旧作業で、何かとご困窮のこと、拝察申しあげます。 ご傷心のこととお察し申し上げます 思いもかけないご災難に、さぞご傷心のこととお察し申し上げます。 お仕事が気にかかることとは存じますが お仕事が気にかかることとは存じますが、この際十分にご静養なさってください。 ご多忙の御身でしょうが ご多忙の御身でしょうが、どうぞ十分にご加療なさいまして、一日も早くご全快なさるよう心からお祈り申しあげております。 ここしばらくは健康回復につとめられ お仕事が気にかかることとは存じますが、ここしばらくは、健康回復につとめられ、一日も早く退院なさいますことをお祈り申しあげます。 この際十分にご養生に励まれ この際十分にご養生に励まれ、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 この際十分なご静養をなさるよう願っております。 この際ですから、いままでお休みになれなかった分、十分なご静養をなさるよう願っております。 十分のご加療とご静養で くれぐれも十分のご加療とご静養で、一日も早く全快されますようお祈り申しあげます。 一日も早いご回復をお祈り申しあげます。 ご病状はいかがでしょうか。 一日も早いご回復を、心からお祈りしております。 一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、一日も早く全快されますよう、お祈り申しあげます。 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします。 一日も早くお元気になられ、お顔を拝見できますよう、お祈りしております。 元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 十分に養生され、元気なお顔をお見せくださいますよう、お祈り申しあげます。 ご自愛のほどお祈りしております。 何かとご苦労が多いことと存じますが、どうぞご自愛のほどお祈りしております。 ご静養のほどお祈りしております。 気がかりなことも多いかと存じますが、ご静養のほどお祈りしております。 ご養生のほど念じております。 1日も早く回復されますように、ご養生のほど念じております。 お見舞いの言い換えフレーズ フレーズ 使用例 お見舞い• お大事にどうぞ• くれぐれもお大事になさってください• 心よりお見舞い申し上げます 調子はどうですか• おかげんはいかがですか• ~とのことで、大変心配しております• ~はいかがかとご案じ申し上げております 大変ですね• 大変驚いております• ご心痛のほどお察しいたします• 突然のことに言葉もありません 早く元気になってください• 一日も早いご回復をお祈り申し上げます• このさい十分なご静養をなさるよう願っております• 一日も早くお元気なお顔を拝見できますよう、お祈りいたします.

次の

お見舞い・ご挨拶のメッセージ文例|電報はKDDIグループ「でんぽっぽ」

一 日 も 早い ご 回復 を お祈り し て おり ます

入院した人などへのお見舞いや 励 ( はげ )ましの表現として、「ご 快復 ( かいふく )をお祈り申し上げます」という言い回しがあります。 しかし時折、この「快復」の部分を「 回復 ( かいふく )(恢復)」と書く方をお見かけする事も。 どちらでも十分に意味は通じますが、両者に違いがある事を知らないで使ってらっしゃる方もいるようです。 今回は、「快復」と「回復」、この似て非なる二つの言葉について、その違いを解説していきたいと思います。 まずは、それぞれの言葉をお馴染み「デジタル大辞泉」で引いてみましょう。 「快復」は、『病気がなおること』とあります。 一方の「回復」は、『悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。 また、もとの状態に戻すこと』『一度失ったものを取り返すこと』とあります。 つまり、「快復」は主に病気が治る事に限定して使われる言葉であるのに対し、「回復」はそれ以外にも使える表現、という事ですね。 「失地回復」や「名誉回復」といった言い回しを思い浮かべると、「回復」のニュアンスがより分かりやすいかもしれません。 ゲーム等でも「回復魔法」というものが存在しますね。 あれも失ったHP(ヒットポイント)や毒・呪い等の悪い状態を「元に戻す」ものです。 また、病気に対してのみ使用した場合でも、実は両者の間には、ある違いがあります。 少々古い辞書ですが、中高生向けの辞書の定番「旺文社 標準国語辞典 改訂新板」に、「快復」と「回復」の使い分けについての注釈が掲載されていました。 また同じく病気の場合でも、「快復」はすっかりなおりきったときにしか使えないが、「回復」は「少しずつ回復に向かう」のような使い方もできる。 おなじみの「言い換え」をしてみると分かりますが、「少しずつ す っ か り 病 気 が 治 る」では、あまり綺麗な表現とは言えません。 逆に、「少しずつ回復する」ならば、「少しずつ(悪くなる前の)元の状態に戻る」ですから、違和感は覚えないと思います。 その他、「快復」より更に強く『病気や傷が完全に治ること』を示す「全快」や、『病気や傷がだんだん治ってくること』を意味する「快方」、等という言葉も存在しますので、状況や伝えたいニュアンスによって、使い分ける事が肝要と思われます。 また、なにより一番大切なのは、怪我をしたり病気になったりした方を思いやる気持ちです。 型通りのお見舞いの言葉よりも、自分らしい労りの言葉の方が相手にとっては嬉しい場合もあるでしょう。 それこそ、「正解のない」お話になってしまいますので、一生懸命に考えましょう。 相手にどんな気持ちを伝えたいのか、相手はどんな言葉を欲しがっているのか……。 病気やケガで苦しんでいる人に、どういう言葉をかければ励ませるのか。 嬉しい気持ちにさせてあげられるのか。 まさにあなた自身の 語彙 ( ごい )が試される場面かと思います。 頑張りましょう。 【今回のまとめ】 ・「快復」は、『病気などがすっかり治りきった』というニュアンスを持つ。 ・「回復」は、「元の状態に戻る」という意味で、より広い範囲で使われる。 「少しずつ回復に向かう」のような言い回しもあり。 ・他にも、病気やケガを見舞う言葉は沢山あり、一番大切なのは相手を思いやる気持ち。 日本語に「正解」はありません。 日々刻刻 ( ひびこくこく )とその意味やニュアンスが変わっていきます。 本稿の内容を踏まえて、様々な出版物で「快復」や「回復」がどのような使われ方をしているのか実際にチェックして、常に「生きた日本語」を意識しましょう。

次の