尼崎 発砲 事件。 「川崎発砲事件」ヒットマンに立ち向かったのは組長の姐さんだった……暴力事件の連鎖は続くのか?

尼崎市で機関銃発砲事件 暴力団抗争で神戸山口組の幹部死亡 犯人逃走

尼崎 発砲 事件

この記事はざっとこんな感じ!• 尼崎市で発砲事件!古川組の犯行か? 兵庫県尼崎市の路上で、60代の男性が複数発撃たれ意識不明の重体を負いました。 発砲事件が起きたのは、11月27日の午後5時10分ごろで、尼崎市神田南通の路上で現場を通りかかった通行人から消防に通報がありました。 銃撃に遭った男性には入れ墨が入っていて、警察では、指定暴力団神戸山口組幹部ではないかとしています。 報道された内容がこちら 報道された内容がこちらです。 27日午後5時10分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で、通行人の女性から「入れ墨の入った人が腕を撃たれて倒れている」と119番があった。 尼崎市消防局によると、男性が西宮市内の病院に搬送されたという。 捜査関係者によると、男性は指定暴力団神戸山口組幹部とみられ、現場は男性が働いている飲食店のそばだった。 一般人のけがは現在、確認されていないという。 十数回の発砲音が響いており、機関銃のようなものが使われた可能性があるという。 2人組が白い軽乗用車で逃走したとの情報があり、県警が緊急配備して行方を追っている。 速報 兵庫県尼崎市 犯人現在逃走中とのこと 気をつけてください。 尼崎市発砲事件の現場(お店)はどこ? 尼崎市で起きた発砲事件の現場は、阪神尼崎駅から西に約500メートルの繁華街でした。 27日午後5時5分ごろ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で「男性が撃たれた」と119番があった。 県警によると、指定暴力団・神戸山口組幹部が腹部を撃たれたとみられ、意識不明の重体という。 県警によると、ライフルのような銃で撃ったとの目撃証言があり、薬きょうが約10個落ちていた。 現場は阪神尼崎駅から西へ約500メートルの繁華街。 被害にあった60代男性が経営するお店の近くでした。 人通りのある場所で、時間帯的にも通行人がかなりいたのではないでしょうか。 2次被害が無かったのは不幸中の幸いですね。 尼崎市発砲事件の被害者は古川恵一総裁! 尼崎市で起きた発砲事件で、襲撃された60代男性は古川恵一総裁だったことが分かりました。 古川恵一総裁の顔画像がこちらです。

次の

【尼崎で発砲事件】京都で男(52)を逮捕、神戸山口組幹部が死亡

尼崎 発砲 事件

抗争勃発まで [ ] 1950年、の組長は、・組長が縄張りとする、神田中通り南十字路にをオープンさせた。 1952年、陳三郎は、尼崎市神田中通一帯のパチンコ店、キャバレー、バーなどの用心棒を請け負い、松本組の縄張りに進出した。 1954年4月、丸三組組員が、尼崎市の松本組組員・を刺身包丁で刺殺した。 これを受けて陳三郎は田岡一雄に応援を求めたものの、田岡一雄は即座に応援部隊を送れなかった。 そのため陳三郎は、笠田隆平と山本長次に詫びを入れた。 1959年4月、陳三郎は、暴力行為で有罪判決を受け服役。 田岡一雄は、・組長を派遣し丸三組を統括させた。 抗争 [ ] 1960年3月1日夕方、尼崎市神田北通り3丁目の路上で、大平組組員・が山本組組員・を刺殺。 同日、大平一雄が、丸三組組員と大平組組員の合計30人を国際パチンコに集め、松本組・山本組の殴り込みに備えた。 大平は22口径を持参した。 笠田隆平は松本組組員と山本組組員の合計43人を国際パチンコ近くの建設会社倉庫に集めた。 笠田は日本刀を持参した。 3月2日午前0時30分、笠田隆平や山本長次ら松本組組員・山本組組員43人が、拳銃、日本刀、あいくち、鉄棒、木刀を持ち、国際パチンコへ向かった。 大平組組員・が、松本組組員・山本組組員の殴り込みに気がつき、大平一雄に報告した。 大平一雄ら大平組組員・丸三組組員30人は、国際パチンコを出た。 パトロールカーの警察官が、無線で警察署に、大平組・丸三組の出撃を報告した。 警官隊は、国際パチンコに向かった。 松本組組員・山本組組員が尼崎市神田中通り南十字路で大平組組員・丸三組組員と遭遇し乱闘となった。 大平は拳銃で発砲した。 やがて警官隊が尼崎市神田中通り南十字路に到着。 森田警部がラウンドスピーカーで乱闘を中止するよう求めた。 しかし乱闘は続いた。 森田警部が再度乱闘の中止を求め拳銃の使用を警告。 その後、松本組組員が警官隊に向かって発砲した。 警官隊は発砲した松本組組員を射殺した。 午前1時、警官隊は、乱闘する大平組・丸三組・松本組・山本組に突入し、乱闘を抑えた。 重軽傷者は20余名となった。 この後、松本組、山本組は消滅した。 関連項目 [ ]• 出典 [ ] [].

次の

「川崎発砲事件」ヒットマンに立ち向かったのは組長の姐さんだった……暴力事件の連鎖は続くのか?

尼崎 発砲 事件

川崎の発砲事件の現場 それは夜の食事を終え、車で帰宅後すぐのことだった。 五代目稲川会三代目山川一家の若頭補佐である大井組・大井司組長が乗る車両に1人の男が近づいてきた。 1月17日、午後8時25分頃のことである。 場所は神奈川県川崎市川崎区。 男はまるで大井組長らが帰ってくるのを待っていたかのように、運転する組員に話しかけた。 「運転していた組員は客人が来たのかと思い、対応にあたったようだ。 そこに話しかけてきた男が背中に隠し持っていた拳銃を取り出して、組員に向け発砲している」(捜査関係者) 銃弾は組員の右首に当たったものの、幸い生命にかかわる事態にはなっていない。 その直後、危険を察知した1人の人物が車を飛び出し銃弾を放った男へと立ち向かっている。 その人物とは、大井組長の姐さんだったのだ。 「組長の姐さんは男が背中から拳銃を取り出した瞬間に、男の後ろから男に立ち向かっていったという話です。 姐さんといえども女性です。 普通なら悲鳴を上げるでしょうが、この姐さんは違いました。 男は立ち向かってきた姐さんにも銃弾を放ち、肩に怪我を負わせたのです」(前同) その後、男は現場から逃走しており、現在のところまだ男の正体すらわかっていない。 そのため、業界関係者の間では、事件の背景についてさまざまな憶測が取り沙汰されている。 「こんな大事件をしかけた人物として、大井組長とは因縁浅からぬ、ある組織の元幹部の名前が浮上してくる。 両者はいがみ合っていた時期があったからだ。 捜査当局から漏れ伝わる話でも、その元幹部の関係で、稲川会とは異なる関東の有力組織が事件に関与していた可能性もあるようだ。 だが、こればかりは犯人が逮捕され、その供述を待たない限りはっきりしたことは言えない。 ただその有力組織では、この事件に絡んでいないか、上層部が幹部組員らに確認したなんて話も聞こえてきている」(某組織幹部) 男は躊躇することなく、降りてきた組員と組長の姐さんに向け引きがねを引いている。 初めから脅しなどではなく、殺意を持って銃弾を放った可能性が高い。 だが、撃たれた組員らは、男の顔に見覚えはないと語っているらしいのだ。 すると、男はヒットマンということになる。 ヒットマンを送ってまで命を狙うというのは、ヤクザに対する当局の締め付けが厳しくなるなかで、よほどのことだ。 業界関係者の間で、その背後関係についてさまざまな憶測が飛び交っているのも必然なのかもしれない。 宮崎では六代目サイドと神戸サイドが衝突 事件解明まで時間がかかるのではないかと思われるこの事件に対して、すぐさま犯人が逮捕された事件も起きている。 川崎市の発砲事件の翌日18日。 埼玉県さいたま市内に本拠を置く住吉会系組織の事務所で、同事務所の幹部組員ら2人が、別の組織に所属する組員に刃物で刺されるという事件が起きたのだ。 犯行に及んだ組員は、そのまま事務所から逃走したのだが、防犯カメラの映像などからすぐに特定され、自宅にいる所を逮捕されている。 そして、まるで暴力は連鎖するかのように、この事件の数時間後には、宮崎県内で六代目山口組系組織と神戸山口組系組織が衝突。 組員同士の乱闘にまで発展したというのだ。 「六代目山口組分裂後、この地域では両組織による衝突が一向に絶えない。 1980年代には、宮崎県内で宮崎抗争と呼ばれ、実の兄弟同士が敵味方に分かれて激しくやり合った大抗争が起きている。 その系統を受け継ぐ組織が、くしくも今度は六代目サイドと神戸サイドに分かれてしまうことになった。 いつ激しい衝突が勃発してもおかしくない緊張状態が続いている」(地元関係者) 川崎、埼玉、そして宮崎と立て続けに事件が起きている。 最近は、ヤクザ同士の派手な衝突が少なく、比較的静かな日々が続いていたが、これまで水面下で燻り続けていたものが一気に噴き出そうとしているのか。 負の連鎖が続かないことを願いたい。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新刊は、元山口組顧問弁護士・山之内幸夫氏との共著『山口組の「光と影」』(サイゾー)。

次の