ワットソン パッシブ。 【Apex Legends】ワットソンのアビリティ・立ち回り・オススメの武器 |エーペックスレジェンズ|

【Apex Legends】ワットソンの能力や立ち回り【エーペックス レジェンズ】

ワットソン パッシブ

・クールタイム 30秒。 パイロンの近くだと 3秒 ・電気フェンスを生成するノード(基部)を設置する。 ・手持ち ストックは4基、 最大12基まで設置。 13基目を置くと1基目が消える。 ・始点となるノードを置くと青白い円と予測線が出て、終点となるノードを円内に置くorノードに繋ぐと電気フェンスが生成される。 ・フェンスに敵が接触している間、 10ダメージと共にアークスターのような視界不良と移動速度低下を与える 秒間20ダメージ。 ・味方チームに対して、 電気フェンス に敵が接触した 場所が通知される。 ・味方が触れた場合はフェンスが 一時的に消える。 ・1つのノードに繋がるノードは 2つまで。 ・敵のノードは破壊できて 耐久は25。 アルティメットアビリティ ・ インターセプターパイロン…電気パイロンを設置する。 パイロンは 飛んでくる軍需品を破壊して、シールドの損傷を修復する。 ・クールタイム 180秒。 ・その場に電気パイロンを設置する。 使用時間は90秒。 ・ 3基まで設置でき、 新たに設置すると古いものが消える。 ・範囲内に飛んできた敵味方の軍需品を自動で 迎撃・無力化する。 ・ 範囲内から外に投げることは可能。 ・範囲内にいるプレイヤーのシールドを 毎秒2ずつ回復する。 敵も回復する ・本体は銃撃で破壊できる、 耐久力は150程度。 ワットソンの立ち回り 立ち回りのポイント ワットソンは電気フェンスやパイロンによる、 敵の行動妨害・防衛に特化したレジェンドです。 アビリティが待ちに向いているため、こちらから攻め込むよりは先に安全エリアにはいり有利なポジションに、電気フェンスとパイロンを設置して 待ち構える立ち回りを意識しましょう。 電気フェンスを作る際のノードの置き方は基本的には敵から破壊されにくい位置に複数本設置するようにしたいです。 アルティメットアビリティのパイロンは、 投げ物 フラグ、アークスター、テルミット や アビリティ コースティックのガス、バンガロールのスモークグレネード、レブナントのサイレント の他にも アルティメットアビリティ ジブラルタルの爆撃、バンガロールの空爆 も防げます。 投げ物を無効化する上に、アビリティのリチャージが高速化、味方のシールドの回復と非常に使い勝手が良いアビリティです。 いつでも使えるように アルティメット促進剤を最低でも一つは持ち歩くようにしたいです。 注意したいこと 電気フェンスは目立ちやすく遠距離から 位置がバレやすくなってしまいます。 そのため、自分たちが安全エリアから外れて移動しなければいけなくなったときに狙い打たれることがあるということは注意しましょう。 アサルトライフル+サブマシンガン 中近距離構成 例)R-301+R-99• スナイパーライフル+サブマシンガン 遠距離構成 例)トリプルテイク+R-99 ワットソンは待ちが多くなるため、 遠距離で戦える武器を一本持って、サブに近距離用のサブマシンガンやショットガンを持つようにしましょう。 まとめ 電気フェンス、パイロンを使った待ちの戦い方で強さを発揮するレジェンドです。 同じく待ちが強いコースティックとも相性がよく、トラップを使っての戦略の幅が広がります。 待つ、という戦い方が苦手な人には向かないかもしれませんが、どのアビリティも使いやすく強いためパーティーを組んでしっかり連携が取れるのであればワットソンを入れることでチームの戦績は上がっていくことでしょう。

次の

【ワットソン】立ち回りガチ解説!海外勢の評価と攻略がやばすぎた【Apex Legends / 日本語訳付き】

ワットソン パッシブ

スポンサーリンク ワットソン【アビリティ一覧】 パッシブ【天才のひらめき】 アルティメット促進剤でアルティメットがフルチャージされる。 ワットソンは他のレジェンドより多く促進剤を携行できる。 パッシブ【小柄】 被弾しづらいが、被ダメージが5%上昇する。 戦術【周辺セキュリティ】 ノードを繋いで電気フェンスをつくる。 フェンスは敵にダメージを与えて移動速度を低下させる。 アルティメット【インターセプターパイロン】 電気パイロンを設置する。 パイロンは飛んでくる軍需品を破壊して、シールドの損傷を修復する。 ワットソンはパイロンの近くにいると戦術アビリティのリチャージ速度が上昇する。 その後自動で消滅。 敵の侵入を防ぐ周辺セキュリティーですが、電流フェンスの軸である根元を攻撃されてしまうと簡単に 壊れてしまいます。 なので、設置の際は軸の根元が狙えない死角である場所に設置することを心がけましょう!なお、 周辺セキュリティーやパイロンの天敵であるクリプトのアルティメットスキル『ドローンEMP』 を受けると建物越に全ての設置物が壊されてしまうので、注意が必要です! ワットソンおすすめ武器 籠城作戦における狙撃 迷ったらこれ!2倍か3倍サイトでチクチク 進入してきた敵を速やかに排除.

次の

【Apex Legends】籠城戦ができるワットソンの使い方と立ち回り

ワットソン パッシブ

アルティメット促進剤を使用することで、実質シールドを回復することができます。 ワットソンの使い方 建物の出入り口に周辺セキュリティを設置し、インターセプターを自身の近くに設置することで、建物に籠ることができます。 また、ラウンド終盤の安全地帯が狭まった状況では、軍需品を避ける場所が無くなってしまいますが、そういった状況でもインターセプターを設置することで難を逃れることができるでしょう。 ワットソンの立ち回り アルティメット促進剤を集める パッシブスキルを活かすために、アルティメット促進剤をできるだけ多く集めましょう。 アルティメット促進剤はアイテム枠を圧迫するので、味方と連携が取れる場合はレア度の高いバックパックを譲ってもらうようにすると良いでしょう。 籠城戦を行う 周辺セキュリティとインターセプターを建物内に設置して、籠城戦を行いましょう。 周辺セキュリティは壊されると音が出るので、敵の侵入を把握することができます。 2階建ての建物に籠る場合は、1階の出入り口に設置すると良いでしょう。 インターセプターは、籠城戦の弱点となる軍需品を無効化することができるので、自身の近くに必ず設置しておきましょう。 まとめ ワットソンは他のレジェンドとは違った立ち回りをすることができます。 立ち回りの幅を広げたい方や軍需品を無効化して撃ち合いたい方は、ワットソンを使ってみてはいかがでしょうか。

次の